本文へスキップ

RollsRoyce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTLEYHEADLINE

ARNAGE

 
  AUTO MAKER BENTLEY 
  MODEL ARNAGE-Red-Label 
  YEAR 2000
  EXTERIOR BLACK-EMERALD

(ブラック・エメラルド)
  INTERIOR TANGIER-LEATHER 

(タンジャー・レザー)
  PRICE \ ASK
  MILEAGE 92.753km
  AMMENITIES



ディーラー車 左ハンドル 





V型 8気筒 OHV 6747cc 




水冷インタークーラー付き「ターボ」



4速フロア AT






405馬力/4000rpm



トルク:84.7kgm/2150rpm




最高速:249km







全長:538cm


全幅:193cm


全高:155cm


車重:2520kg



定員:5人







装備:






Wエアバック(着座センサー付き)、電動チルトハンドル、ABS、




ASC、電動格納式ミラー(ヒーター付き)、電動サンルーフ、



全席パワーシート+全席シートヒーター+全席ランバーサポート、



Fメモリーシート(4人分)+Fランバーサポート、



前後パーキングセンサー、ピクニックテーブル、



前後にカップ・ホルダー、バニティミラー、ETC車載器、












内外装機関ともに極上車!





車検:平成29年7月8日 まで






 
  COMMENT

「アルナージ・レッドレーベル」











1998年に登場したル・マン サーキット・名物コーナーの名を持つ




「アルナージ」



1980年から永きに渡って生産されていた「SZ系」モデルの新型後継




モデルである。






ベントレーは、「アルナージ」、ロールスは、「セラフ」



双方ともに、当時、買収先と決まっていたBMW製のエンジンを積ん



で発売される。




発売当初の「アルナージ」は、BMW製 V型8気筒 4398cc 



ツインターボ付きエンジンを搭載していた。



過去の事例に基づけば、このモデルは、10年ほど生産されていた



はずであるが、実際には、2000年で生産中止となる。



その理由は、ロールス社の買収に VWグループが勝利するから、。



最終、ロールスの商標だけは、BMWが買収することになるから、



話が ややこしい。



まず、ベントレー・ブランドとクルー工場 及び 従業員を手に入れ



たVWグループがしたことが、BMW・エンジンを積むベントレーの



生産中止だったわけだ。




そうして、「アルナージ」には、急遽、一旦 生産中止となっていた



元のロールス製V8 6.75Lシングルターボ付きエンジンが積まれる。



これが、1999年10月に発表、2000年から発売された「アルナージ・



レッド・レーベル」である。




同時にBMW「アルナージ」は、「グリーン・レーベル」として改名



区別できるようにして2000年までオーダーは受け付けていた。



それも、2000年末には完全に生産中止となり、ベントレー 4ドア・



サルーンモデルは、なぜか、1959年から使い続けている伝統のV8を




積む「レッド・レーベル」のみのラインナップとなる。



これは、一般的には、前代未聞なことであろうが、、



結果、「レッド・レーベル」は、「グリーン・レーベル」より、、


売れた。



そう、、ベントレーファンは、多くの場合、あのV8エンジンのファン



でもあったのだ。




一方、「セラフ」は、BMWの取り決めにより、2002年で生産中止、



聖地「クルー」工場で、ロールスが作られることは、その後、、



なくなる。





これにより、「クルー」工場で生産される車、、つまり、ベントレー



の方が正道という気運が高まる、、、



更に、2002年、エリザベス女王が歴史上初めてベントレーのステート



・リムジンに乗りパレードしたことによって、決定的に今後は、



ベントレーこそ本流であることを世界中に知らしめた。







「レッド・レーベル」






事実上・「コンチネンタル・T」と同じエンジンと考えてよいが、



メカニズムとして近代化されているのは、他の「全て」である。



足回りもブレーキ・システムも 全て過去モデルとは異なる。



それは、結論から言ってしまえば、、ドイツの それ と同じだ。



ボディ剛性の脅威的向上も 乗れば分かる ほど。



ベントレーは、高速化時代に対応するべく、ボディをオール・スティ



ール化、シングル・プレス加工のボディに高剛性のドア、もはや別物





機密性においても、もはや、世界トップレベルのドイツ車級で、



ドア・サッシのシールは3重と くる。



かといって、



イギリス車、ロールス・ベントレーらしさ の伝統は、しっかり 



残されている。








「コノリー」レザー!



まだ、この年式は、「コノリー」張り。



1台当たり:550平方フィートのレザーが使用されている。



相変らず、ダッシュも どこもかしこも、カーペットの縁取りに至る



まで、コノリー。



世界最高のレザーを世界最高の職人が縫う。



ロールス社のスーパー内装職人を持ってしても、、アルナージの



「ステアリング」の高度なステッチには、14時間を要する。



誰も褒めてくれないのに、、。






「バー・ウォールナット」張りも 昔ながらの職人仕事



車は、新しければ エライ わけではないのだ。








エンジンも「手組み」




こちらの方が、機械組みより「精度」が高いのだから、面白い。



エンジン上部には、プレートが張られている。




そのプレートには、誇らしげに 担当職人のサインが刻まれている。





伝説の超過剰品質ロールス製 V8エンジンを更に極限まで最善化




ターボ・チャージャーは、僅か1200回転から作動する。



水冷式ターボチャージャーは、比類なき効率の良さで、ターボラグな




しに、レッドゾーンまで加速していく。




6.0秒で 100kmに達し



その後、9.0秒で、160kmに達する。



250kmで スピードリミッターが働くが、それまでの間、息継ぎする



ことはない。




ロールス&ベントレー いつの時代も、その時代に対応した




「必要にして十分」














さて、当個体の お話





2000年モデル



ディーラー車・左ハンドル




以前弊社で販売させていただいた元「シーザー認定中古車」



それも、なんと平成14年から ずーーと お乗りいただいた個体。



メンテ、車検整備も弊社ファクトリーにて。




今回は、07’アルナージをお買い上げ頂き、下取での再入庫。



前オーナー様は、アルナージ大好き。





現在の走行距離は、92.753km



実用車として お使い頂いた。



とはいえ、流石に「シーザー認定号」、そこらへんの9万キロ号とは、



分けが違う。



「シーザー認定号」においては、この程度の走行距離など、まったく



気にすることはない。





もちろん、弊社 きたない個体は 販売しない。



実車を ご覧頂ければ ご理解いただける。













外色:「ブラック・エメラルド」





ブラック・メタリックに、エメラルド・グリーンが混ざる。




実に 美しいカラーである。




外装キズなし! 塗装の艶も申し分ない◎。




この時代の「塗料」は、もはや、全天候型、雨の日だろうが、雪の日




だろうが、お構いなし、気を使うことはない。




屋外保管だとしても、塗装の艶が 引ける ということもない。




全長:538cm



SZ系時代の「スパー」と同じ。



だが、「スパー」は、ロングホイール、こちらは、「ショート・ホイ



ール」(ロングはRL)、つまり、自分でステアリングを握るための



車というわけ。








内色:「タンジャー」レザー




アルナージ時代になって登場した新色。



高級感はバツグンだ。







僅かにあったスレは、匠の職人により、リペア済み。



無論、オリジナル・コノリーのまま。



あきれるほどキレイ。




内装は、メインにタンジャー、ダッシュには、外装のエメラルドに




合わせてグリーン=「スプルース」レザーを選択。




「レッドレーベル」特有のアンティーク超アイボリーの「メーター・




パネル」と相まって、実にセンスのよい内装仕上げとなっている。














「アルナージ」は、






完全なる実用車、メルセデスのSクラス や BMWの7シリーズの




親分、使い道は、同じ。




維持費も同じようなものであるが、それじゃ 高い って方なら、



週末の足にすれば良いだけの話。







以前モデル(SY、SZ系)のように、オーナー自ら 定期的に



「ミネラルオイルを継ぎ足す」という伝統の儀式は、この車には必要



ない。




セルを回す前に、3秒待つ・という儀式は 引き継いでいるが、




そのほかにも、夜は、トランク内の「バッテリー・キル・スイッチを




切っておく」という儀式もなくなった。




この車には、バッテリーが、2つ搭載されているからだ。



1つのバッテリーは、メインバッテリーが上がった場合、セルモーター




を始動する用。




これは、相当に ありがたいシステム、、、以前モデルの最大の欠点



は、とにかくバッテリーが上がりやすい ってことだった。




そんなわけで、当モデル、あれこれ考えないで、普通〜に乗れる。





そして




当個体





何よりの お勧めポイントは、




車のクォリティに対して




不当に 安価 ってことだ。




なにかが、どこかが、悪いから、安価なわけではない、、




本当に「不当に」、、なのだ。





「実車」と「値段」を比べて頂ければ、、百聞は一見にしかず。





乗ってみると、更に 分かりやすい。




とんでもない高級車の乗り心地、、なにせ新車時価格は、3千万円。




3千万円の車は、今も3千万円の乗り心地に変わりない。



そして、その美しさも、オーラも 何一つ 変わりない。




まさか、隣の おばちゃんが乗っているベンツの「C180」より




安いとは 誰も 思うまい。







まずは、70枚の写真を、ご参考に↓