本文へスキップ

RollsRoyce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTLEYHEADLINE

ARNAGE-R

 
  AUTOMAKER BENTLEY 
  MODEL

ARNAGE-
R


Special
 
  YEAR 2003
  EXTERIOR Daiamond-Black


(ダイヤモンド・ブラック)
  INTERIOR Autumn Leather
 

(オータム・レザー)
  PRICE \ ASK
  MILEAGE 40.458km
  AMMENITIES




ヨーロッパ仕様 左ハンドル



新車並行だとは思うが



国内登録 2004年4月

 




V型 8気筒 OHV 6747cc 水冷インタークーラー付き



「ツイン・ターボ」





400馬力/4000rpm



トルク:85.2kgm/3250rpm




最高速:249km







全長:539cm (車検証上:540cm)


全幅:193cm


全高:161cm (車検証上:151cm)



車重:2560kg



定員:5人



装備:





Wエアバック、サイドエアバック、電動チルトハンドル、ABS、



ESP、電動格納式ミラー(ヒーター付き)、



全席パワーシート+全席シートヒーター、Fメモリーシート(4人分



)+Fランバーサポート、ウッド張りバニティミラー、前後パーキング



センサー、ピクニックテーブル、前後にツインカップ・ホルダー、



ポップUP純正ナビ(日本にて交換済みながら古い)、ETC車載器、



他フル装備





オプション・オーダー装備!




1. 電動スライディング・ルーフ



2. 冷蔵庫(温度調整機能つき)



3. ドア4枚 内張り「ウッド」張り



4.「グラス・キャビネット」 






内外装極極美、機関系・弊社にて整備後・ご納車!





車検:2年つき渡し





 
  COMMENT


「アルナージ-R」











1998年に登場したル・マン・サーキットの名物コーナーの名を持



つ「アルナージ」



1980年から長きに渡って生産されていた「SZ系」モデルの新型



後継モデルである。



ベントレーは、「アルナージ」、ロールスは、「シルバー・セラフ」



双方ともに、当時、買収先と決まっていたBMW製のエンジンを積ん



で発売される。




発売当初の「アルナージ」は、BMW製 V型8気筒 4398cc 



ツインターボ付きエンジンを搭載していた。



過去の事例に基づけば、このモデルは、10年ほど生産されていたは



ずであるが、実際には、2000年で生産中止となる。



その理由は、ロールス社の買収にVWグループが勝利するから、、。



最終、ロールスの商標だけは、BMWが買収することになるから、



話が ややこしい。



まず、ベントレー・ブランドとクルー工場 及び 従業員を手に入れ



たVWグループがしたことが、BMW・エンジンを積むベントレーの



生産中止だったわけだ。



そうして、「アルナージ」には、急遽、一旦 生産中止となっていた



元のロールス製V8 6.75Lシングルターボ付きエンジンが積まれる。



これが、1999年10月に発表、2000年から発売された



「アルナージ・レッドレーベル」である。



同時にBMW「アルナージ」は「グリーン・レーベル」として改名、



区別できるようにして2000年までオーダーは受け付けていた。



それも、2000年末には完全に生産中止となり、ベントレー 4ド



ア・サルーンモデルは、なぜか、1959年から使い続けている伝統



のV8を積む「レッド・レーベル」のみのラインナップとなる。



これは、一般的には、前代未聞なことであろうが、、



結果、「レッド・レーベル」は、「グリーン・レーベル」より、、



売れた。




生産台数: 98’〜00’ 「BMW・エンジン」 :1130台


      
      00’〜02’ 「ロールス・エンジン」:2272台




そう、、ベントレーファンは、多くの場合、あのV8エンジンのファン



でもあったのだ。




一方「セラフ」は、BMWとの取り決めにより、2002年で生産中



止、聖地「クルー」工場で、ロールスが作られることは、その後、、



なくなる。



「セラフ」生産台数:98’〜02’ : 1552台





これにより、「クルー」工場で生産される車、、つまり、ベントレー



の方が正道という気運が高まる、、、



更に、2002年、エリザベス女王が歴史上初めてベントレーのステ



ート・リムジンに乗りパレードしたことによって、決定的に今後は、



ベントレーこそ英国的本流であることを世界中に知らしめた。








VWの大資本をバックに、



2002年3月には、レッドレーベル(シングルターボ)をツインターボ



化、「アルナージ・R」に進化させる。



翌4月には、スポーツモデル「アルナージT」を追加。



これにより、「アルナージ」は、2つのコンセプト分けされたモデル



を持つことになる。



スポーツ・サルーンの「T」と、



ラグジュエリー・サルーンの「R」だ。



このモデルは、単にモデル名の変更のみならず、大幅な改良が施され



ており、



それは、





・エンジンは、「総計で 50%が新設計、残り 50%のうち、80%に


  
 見直し」 


 
 つまり、それまでのエンジンの90%に改良が加えられている。



・「レッド・レーベル」に比べ、ボディ剛性が、57% 向上



・エンジン・パワーは、「レッド・レーベル」の405馬力から


 「T」の場合、457馬力にUP。             





この時点で、「アルナージ・T」は、「世界最速4ドア・サルーン」



の座に君臨する。





当時の新車価格:「T」 3150万円(税込)



因みに、スペック上は、レッドレーベルと変わりない「R」は、



2887万円(税込)




この時点で、「R」とは、263万円の価格差があったが、



2005年のマイナーチャンジ時、「R」と「T」は、同じ販売価格



となる。 実は「コスト」は同じだった。



エンジン・パワーで圧倒的に勝る「T」の人気は、より不動となり、



「R」を購入される方は、更に 稀となる。




生産台数:02’〜09’ 「T」:2100台


     
     02’〜09’ 「R」:1365台






当個体は、03’の「R」である。



では、「R」は、具体的に どのようなモデルなのか?



まず、機関系であるが、




前述のようにツインターボ化含み、大掛かりな改良を加えたにも係わ



らず、「数字」は、レッドレーベルと同様、、書き方によっては、



405馬力から400馬力に下げていたりする。



スペックを新型モデルで下げて書くメーカーは稀だ。



シングルターボから、わざわざツインターボにして、、だ。



面白い。 こういうところが好きだ。



トルクこそ、84.9kgmから85.2kgmと上げてカタログに書いてあ



るが、、「R」は、快適に余裕を残して街乗りや高速ツーリングをす



るためのセッティングが施されている。



「わざと」パワーを上げない、いかしたモデルなのだ。



スペックなど関係なし。



その「走り」は、余裕そのもの 王者の貫禄。




そて、内装は:



結論から言うと「T」よりコストは掛かっている。



高価な「バーウォールナット」の使用量はハンパじゃないし、



特筆はシートデザイン、



このシートの「革」の使い方は、コストが掛かる。



1枚1枚の面に使う「革面積」が広いから、ごまかせない。



ダメな革が使えないのだ。





内外装機関ともに「大人仕様」というわけ。




正解な使い道は、




日常の足! 究極のね。















さて、当個体の お話




2003年モデル「アルナージR」スペシャル・オーダー物!



ヨーロッパ仕様 = 日本仕様と同じ。



新車で持ち込まれた個体と思われるが、エンドユーザー名義に登録



されたのは、2004年4月である。



輸送に要する期間、通関や予備検査に要する期間、名義変更に要する



期間などなど、逆算すると



2003年に現地で購入していないと間に合わない。




走行距離:40.458km!



このデジタル・メーターは巻き戻せないし、それ以前に実車を見れば



実走行であることは明白。



好き個体であるから、仕入れたわけだが、入庫後「仕上げ」として



内外装リペア



ウッド全リペア



などなど「シーザー認定号」への道



やっと、HP写真が撮れる状態となった。






当個体で特筆すべきは、そのスペシャルな「装備」であるが、



その前に





外装は、「ダイヤモンド・ブラック」  



「セラフ」「アルナージ」の発売と同時に追加された新色。



名のとおり、塗料にはダイヤモンドの輝きを彷彿させるメタリック



粒子が含まれているので、太陽光の下ではキラッと輝く。




全長:539cm (車検証上は、540cm)  伝統的なサイズ



ボディも、「アルナージ・レッドレーベル」と、ほぼ変わらないが



トランクの形状が異なる。



エッジが盛り上がったことで区別できる。



それは、更なる空力を考えてのこと。いつもながら芸が細かい。








フレームごと新設計、、ボディ剛性は、以前モデルとは別次元物。



足回りも、SZ系の名残無し、、前後ともスタビ付きのダブル・ウィ



ッシュボーン、



ブレーキ・システムも別物(全輪ベンチレーテッド・パワーディスク



ブレーキ)、、



もう、以前の「ミネラルオイル」は使われていない。  



1965年(シャドウ発売時)より続いた伝統、、



オーナー自ら「ミネラルオイルを足す」から、



30年以上の時を経て、やっと開放されたことになる。



日常のメンテナンスは、ドイツ車と同じ、、と思って頂いてよい。






「アルナージ・T」は、「パワー」を楽しむモデルであるが、



「アルナージ・R」は、「トルク」を楽しむためのモデルであろう。



その大トルクは、余裕となり、街乗りは、フレキシブルに、長距離運



転では、疲れない ということに驚かれるはずである。








内装は、



メインハイドに「オータム」、ダッシュ上部やステアリングのコンビ



カラー用に「ブラック」レザー。



この「オータム」もアルナージからの新色レザーである。



「タン」に似ているが、若干 赤みのあるオレンジ色が入る。




この時代、もはや「コノリー」は使われておらず、バイエルン産の



革が使われている。 ドイツの おそろしく厳しい環境保護の元で



育てられた牛君のだ。



「コノリー」亡き後、世界最高とされるが、この革は、「コノリー」



に比べ、しわ がつきやすい。 これは、味 としよう。



当個体のレザー・コンディションも申し分なし。





内装造作も「レッドレーベル」に似ているが、シート形状が異なる。



あとは、伝統的な、まま、、なんとも寛げる。





さて、当個体最大のセールス・ポイント!



スペシャル・オーダー装備!




・電動スライディング・ルーフ  



・冷蔵庫            



・ドア4枚 内張りウッド    



・グラス・キャッビネット    





この4つのオプションをディーラーでオーダーすると、180万円ほど!




室内は、とんでもなく豪華で、気分好し!



ただし、この「グラス・セット」は、上記とは別オプションで、



オーナーの好みで選らんだようだ。



ベントレー社が選択する場合、「ロイヤル・ドルトン」となるが、



当個体の「グラス・セット」は、同じ英国製ながら、




「スタッフォードシャー・クリスタル」社製の「ハンドカット」物。





・シャンパン・グラス  x2


・ロック・グラス    x2


・ボトル        x2




ロック・グラスの一つだけ「シール」が剥がれているが、他は



「シール」つきの新品。




「冷蔵庫」は、温度調整機能つきで、シャンパン・ボトルが2つ入る。



また、右キャビネットには、あと2つ「穴」に空きがあるので、



「なにか」を収納することができる。オーナー様の好みで。





これほどの豪華装備が、今は 「オマケ」



こんなラッキーな個体はない。



しかも、クラウンなど、到底 買えないほど安価とくる。



まったくもって 都合の好い 個体である。



はっきり言って、今が買い時だ。








それでは、↓ 86枚の写真を ご参考に!