本文へスキップ

RollsRoyce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTLEYHEADLINE

ARNAGE-R

 
  AUTO MAKER BENTLEY 
  MODEL ARNAGE-R 
  YEAR 2005
  EXTERIOR BLACK-SAPPHIRE

(ブラック・サファイヤ)
  INTERIOR COTSWOLD/PEACOCK-LEATHER 

(コッツウォルズ& ピーコック・コンビレザー)
  PRICE \ ASK
  MILEAGE 23.127km
  AMMENITIES



ヨーロッパ仕様 新車並行 左ハンドル 





V型 8気筒 OHV 6.75L(6747cc)



水冷インタークーラー付き「ツイン・ターボ」





405馬力/4000rpm




トルク:
85.2kgm/3250rpm




最高速:250km



0−100km :6.3秒




全長:541cm



全幅:193cm



全高:152cm



車重:2560kg



定員:5人




装備:





Wエアバック、サイドエアバック、電動チルトハンドル、ABS、



ESP、
電動格納式ミラー(ヒーター付き)、



全席パワーシート+全席シートヒーター、Fメモリーシート



(4人分)+Fランバーサポート、前後パーキングセンサー、



ピクニックテーブル、前後にツインカップ・ホルダー、



純正ポップUPナビ、ETC車載器、 他フル装備







・電動サンルーフ



・「ピアノ・ブラック」ウッド



・リア・ヘッドレスト「モニター」







内外装機関ともに超極上車!





車検:平成29年4月23日まで






 
  COMMENT

「アルナージ-R」







モデル解説:




2005年 大幅リニューアルされた「アルナージのR」。








1998年に登場したル・マン サーキットの名物コーナーの名を持つ



「アルナージ」




1990年から長きに渡って生産されていた「SZ系」モデルの新型



後継モデルである。



ベントレーは、「アルナージ」、ロールスは、「セラフ」




双方ともに、当時、買収先と決まっていたBMW製のエンジンを積ん



で発売される。




発売当初の「アルナージ」は、BMW製 V型8気筒 4398cc



ツイン・ターボ付きエンジンを搭載していた。




過去の慣例に基づけば、このモデルは、10年ほど生産されていたは




ずであるが、実際には、2000年で生産中止となる。



その理由は、ロールス社の買収に VWグループが勝利するから、。




最終、ロールスの商標だけは、BMWが買収することになるから、



話が ややこしい。



まず、ベントレー・ブランドとクルー工場 及び 従業員を手に入れ



たVWグループがしたことが、BMW・エンジンを積むベントレーの



生産中止だったわけだ。



そうして、「アルナージ」には、急遽、一旦 生産中止となっていた



元のロールス製V8 6.75Lシングルターボ付きエンジンが積まれる。





これが1999年10月に発表、2000年から発売された「アルナージ・



レッドレーベル」である。




同時にBMW「アルナージ」は、「グリーン・レーベル」として改名



区別できるようにして2000年までオーダーは受け付けていた。



それも、2000年末には完全に生産中止となり、ベントレー 4ドア・



サルーンモデルは、なぜか、1959年から使い続けている伝統の



V8を積む「レッド・レーベル」のみのラインナップとなる。





これは、一般的には、前代未聞なことであろうが、、



結果、「レッド・レーベル」は、「グリーン・レーベル」より、、



売れた。






そう、、ベントレーファンは、多くの場合、あのV8エンジンのファン



でもあったのだ




一方、「セラフ」は、BMWとの取り決めにより、2002年で生産中止




聖地「クルー」工場で、ロールスが作られることは、



その後、、なくなる。





これにより、「クルー」工場で生産される車、、つまり、ベントレー



の方が正道という気運が高まる、、、



更に、2002年、エリザベス女王が歴史上初めてベントレーのステート



・リムジンに乗りパレード(御料車として)したことによって、



決定的に今後はベントレーこそ本流であることを世界中に知らしめた






VWの大資本をバックに、



2002年3月には、レッドレーベル(シングルターボ)をツインターボ



化、「アルナージ・R」に進化させる。



翌4月には、スポーツモデル「アルナージT」を追加。



これにより、「アルナージ」は、2つのコンセプト分けされたモデル



を持つことになる



スポーツ・サルーンの「T」と、ラグジュアリー・サルーンの



当「R」だ。



このモデルは、単にモデル名の変更のみならず、大幅な改良が施され



ており、



それは、



・エンジンは、総計で 50%が新設計、残り 50%のうち、



 80%に見直し


 
 つまり、それまでのエンジンの90%に改良が加えられている。



・「レッド・レーベル」に比べ、ボディ剛性が、57%向上!



・エンジン・パワーは、「レッド・レーベル」の405馬力から


 
 「T」の場合、457馬力に向上



*「R」は、優雅な市街地走行用セッティングで、馬力は上げていない




そして、



2005年 :フェイスリフト ヘッド・ライトがボディ一体型に



ボディ剛性は、さらに〜、65%もUP!




この年の進化は、ヘッドライト廻りだけではない。かなり大掛かり。



ボンネット廻りなどのボディも変更されたし、室内造作も大幅に変更



なにより、足回りの進化が素晴らしい。



以前モデルと乗り比べれば 一目瞭然、、バタつき感がなくなり、



やっと、このエンジンにあったボディと足回りを手に入れた。





それが、当個体




2007年〜最終の09年モデルになると、さらにドーピングして、



「T」で、507馬力、「R」で、453馬力となる、



が、ATが、GM製4速からZF製6速になるので、これを嫌う昔な



がらのファンも少なくない。




ベントレーは、その大トルクを楽しむ乗りもの



ずおおお というイメージで乗るなら、4速のが適している 



というわけだ。



だから、05’と06’にしか存在しない当モデルは、意外とベスト・マッ



チングなのだ。





まさに「通」好みな1台




「アルナージ・T」は、2002’〜2009年の間に「2100台」が生産さ



れたが、



「アルナージ・R」は、同期間に、「1365台」



僅か それだけ、




そして、当モデルと同じ、4速ATの 05’ 06’モデルは、




「591台」の生産台数でしかない。














さて、当個体の お話






2005年モデル ヨーロッパ仕様 新車平行 左ハンドル  



以前、弊社で整備・販売させていただいた「シーザー認定中古車」



間違いがない。



この時代の新車平行車は、逆に珍しいが、、、ヨーロッパ仕様は、



=日本仕様と同じであるから、保障期間が切れた今、もはや関係なし




走行距離:23.127Km!




走行距離に伴うバツグンのコンディションを誇る。










外装:「ブラック・サファイヤ」







宝石のサファイヤ色(ブルー)が混ざる濃〜いコンメタ。



夕方以降には、ブラックに見えるが太陽光のもとでは、サファイヤが



キラキラと輝く。



メタリックの粒子が細かく 実に上品に煌く、世界的人気色。




今回、ボンネットが、コンビカラーになって戻ってきた。




05’「R」のカタログも、コンビカラーだったが、そのイメージだ。



とはいえ、センターのブルーは、カッティング・シートなので、



剥がす事も分けはない、、、のだが、これが、思いのほか似合ってい



る上に、飛び石防止の効果もあるので、このままで販売する。











内装:




「コッツウォルズ」に「ピーコック・ブルー」のコンビレザー。





コッツウォルズは、如何にもロールス・ベントレーのカラーで



クリーム系の人気色であるが、



これに「ピーコック」を組み合わせている。



これが、内装に 大きなアクセントとなり効いている。



ダッシュとステアリング、カーペット&ムートンを外装に合わせて



「コン」系としたわけだ。





当個体は、ウッド選択も渋い、、「ピアノ・ブラック」



その名の通り、ピアノのごとく深く艶のある漆黒カラー、実に高級感



があり、室内も落ち着いた風情。



リア・ヘッドレストの大型モニターも目を引く。



これは、今のところDVDを見れる設定にしてある。




まっ、後部シートに座った 子供にDVDでも見せておけば、飽きな




い って使い方だろう。





「R」と「T」は、シートのデザインも異なる。



これは、明らかに、「R」の方にコストが掛かっている。




革の各ピースの面積を比べても一目瞭然だ。



「R」というモデルを新車で購入する方の平均年齢は高い。



なぜなら、もはや、スピードは、要らない、それに世界中の高級車を



乗りつくした末に辿り着くのが、「R」だから。




そんな方々は、だまされない、、本物を知ってる。



「R」の作り込みは、そんな方々をも唸らせる仕上がりだ。






「T」と乗り比べてみると分かりやすいが、



バランス重視の「R」なのだ。




乗り味、足廻り、室内造作、実にバランスが良い。



個人的には、「R」の「シート」の素晴らしさを特筆したい。






若いうちには「T」に乗り、老いたら「R」に乗る、、



その次は(もう少し老いたら)、後部シートに、



最後は、助手席に座る。 ってのが、英国流だ。





だから、年齢にもよるが、「私は、250Km以上スピードを出すつもり



はない」 というなら、「R」で好い。



これが、世界の頂点セダン!




ロールス社の職人によって作られ、ロールス製エンジンを積むモデル



、、それは、間違っても、VW製エンジンを積む現行ベントレーや



BMW製エンジンを積む現行ロールス、、まして、メルセデスが



束になっても、、、負けるわけがない。




「性能」も「価格」も関係ない。




「格」が違うのだ。格がね。









まずは、お写真88枚を、ご参考に↓