本文へスキップ

RollsRoyce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTLEYHEADLINE

ARNAGE-T

 
  AUTO MAKER BENTLEY 
  MODEL ARNAGE-T 
  YEAR 2005
  EXTERIOR BLACK-VELBET

(ブラック・ベルベット)
  INTERIOR COTSWOLD/REDWOOD-LEATHER 

(コッツウォルズ&レッドウッド・コンビレザー)
  PRICE \ ASK
  MILEAGE 51.400km
  AMMENITIES



ディーラー車 左ハンドル 





V型 8気筒 OHV 6.75L(6747cc)



水冷インタークーラー付き「ハイパフォーマンス・ツイン・ターボ」





457馬力/4100rpm




トルク:
89.2kgm/3250rpm




最高速:270km


0−100km :5.8秒




全長:540cm


全幅:193cm


全高:153cm


車重:2580kg


定員:5人




装備:





Wエアバック、サイドエアバック、電動チルトハンドル、ABS、ESP、



電動格納式ミラー(ヒーター付き)、


全席パワーシート+全席シートヒーター、Fメモリーシート(4人分)+Fランバーサ


ポート、前後パーキングセンサー、ピクニックテーブル、


前後にツインカップ・ホルダー、ETC車載器、 他フル装備




・電動サンルーフ



・「バーウォールナット」パネル



・ベントレー刺繍 4座



・純正「T」用18インチ・アルミホイール



・ナビ「ゴリラ」に変更(バックカメラ連動)











内外装機関ともに超極上車!





車検:平成28年3月15日まで付き(車検2年付き渡し)






 
  COMMENT

「アルナージ-T」







モデル解説:




1998年に登場したル・マン サーキットの名物コーナーの名を持つ「アルナージ」



1980年から長きに渡って生産されていた「SZ系」モデルの新型後継モデルである



ベントレーは、「アルナージ」、ロールスは、「セラフ」



双方ともに、当時、買収先と決まっていたBMW製のエンジンを積んで発売される。




発売当初の「アルナージ」は、BMW製 V型8気筒 4398cc ツインターボ付き



エンジンを搭載していた。




過去の慣例に基づけば、このモデルは、10年ほど生産されていたはずであるが、



実際には、2000年で生産中止となる。



その理由は、ロールス社の買収に VWグループが勝利するから、、。



最終、ロールスの商標だけは、BMWが買収することになるから、話が ややこしい。



まず、ベントレー・ブランドとクルー工場 及び 従業員を手に入れたVWグループ



がしたことが、BMW・エンジンを積むベントレーの生産中止だったわけだ。



そうして、「アルナージ」には、急遽、一旦 生産中止となっていた、元のロールス製



V8 6.75L シングルターボ付きエンジンが積まれる。



これが、1999年10月に発表、2000年から発売された「アルナージ・レッド



レーベル」である。




同時にBMW「アルナージ」は、「グリーン・レーベル」として改名、



区別できるようにして2000年までオーダーは受け付けていた。



それも、2000年末には完全に生産中止となり、ベントレー 4ドア・サルーンモデ



ルは、なぜか、1959年から使い続けている伝統のV8を積む「レッド・レーベル」



のみのラインナップとなる。



これは、一般的には、前代未聞なことであろうが、、



結果、「レッド・レーベル」は、「グリーン・レーベル」より、、売れた。



そう、、ベントレーファンは、多くの場合、あのV8エンジンのファンでもあったのだ




一方、「セラフ」は、BMWとの取り決めにより、2002年で生産中止、



聖地「クルー」工場で、ロールスが作られることは、その後、、なくなる。





これにより、「クルー」工場で生産される車、、つまり、ベントレーの方が正道とい



う気運が高まる、、、



更に、2002年、エリザベス女王が歴史上初めてベントレーのステート・リムジンに



乗りパレード(御料車として)したことによって、決定的に今後は、ベントレーこそ



本流であることを世界中に知らしめた。






VWの大資本をバックに、



2002年3月には、レッドレーベル(シングルターボ)をツインターボ化、「アルナー



ジ・R」に進化させる。



翌4月には、スポーツモデル「アルナージT」を追加。



これにより、「アルナージ」は、2つのコンセプト分けされたモデルを持つことになる



、、、スポーツ・サルーンの「T」と、ラグジュエリー・サルーンの「R」だ。



このモデルは、単にモデル名の変更のみならず、大幅な改良が施されており、



それは、



・エンジンは、総計で 50%が新設計、残り 50%のうち、80%に見直し


 
 つまり、それまでのエンジンの90%に改良が加えられている。



・「レッド・レーベル」に比べ、ボディ剛性が、57%向上



・エンジン・パワーは、「レッド・レーベル」の405馬力から


 「T」の場合               


 
  457馬力/4300rpm


  89.29kgm/3250rpm




と、劇的に向上!



この時点で、「アルナージ・T」は、「世界最速4ドア・サルーン」の座に君臨する。



(後に フライング・スパーに その座を追われるが、、)




そして、



2005年 :フェイスリフト ヘッド・ライトがボディ一体型に



ボディ剛性は、さらに〜、65%もUP!




この年の進化は、ヘッドライト廻りだけではない。かなり大掛かり。



ボンネット廻りなどのボディも変更されたし、室内造作も大幅に変更。



なにより、足回りの進化が素晴らしい。



以前モデルと乗り比べれば 一目瞭然、、バタつき感がなくなり、やっと、



このエンジンにあったボディと足回りを手に入れた。





それが、当個体




2007年〜最終の09年モデルになると、さらにドーピングして、502馬力となる、



が、ATが、4速から6速になるので、これを嫌う昔ながらのファンも少なくない。




ベントレーは、その大トルクを楽しむ乗りもの



ずうおおお というイメージで乗るなら、4速のが適している というわけだ。



だから、05’と06’にしか存在しない当モデルは、意外とベスト・マッチングなのだ。





まさに「通」好みな1台




「アルナージ」V8は、2000年〜2009年の間に「2100台」が生産された。



僅か それだけ。




そして、当モデルの05’06’ 4速モデルは、「667台」しか作られていない。














さて、当個体の お話






2005年モデル ディーラー車 左ハンドル  法人2オーナー



走行距離:51.400km!



この位が、ちょうど好い。



慣らし運転が やっと終了した程度。




走行距離をまったくと言って良いほど感じさせない◎コンディション。








で、何より 色が私好みで、超〜渋い。




外装:「ブラック・ベルベット」



珍しい〜



世界的に見ても、このカラーを選択した個体は、まず みない。



なんとも表現しずらいカラーで、朝晩 色が変わるものだから、これはもう実車を



ご覧いただくしかない。



ざっくり言うと 黒、茶、紫が混ざったメタリックカラーだ。



塗装コンディションも文句なし。









内装:「コッツウォルズ」に「レッドウッド」のコンビレザー。



これまた、珍しい。



コッツウォルズは、珍しくない人気色であるが、これにレッドウッドを合わせた個体は



実に稀。しかも正解。




かなり大人なセンスであることは間違いがない。




この個体の大人仕様を決定ずけるのは、アルTでは9割以上の方が選択した



「アルミ・パネル」ではなく、「バーウォールナット」パネルを選択しているところ。



このウッドは、無償選択できたのであるが、これを選ぶとまるで「アルナージR」に



見えてしまう。



05’時の新車価格



「アルナージT」:3145万円(税込)



「アルナージR」:2925万円(税込)



その差額、220万円



ただの見栄っ張りなら、「T」を買ったのに、「R」に見られたくない、、



が、本物の方々は、違います。



当個体、アルミ・ホイールも誰もが選択した「19インチTホイール」を選択せず、



標準の18インチアルミ。*このホイールは「R」のに似ているが実は「T」専用。



要は、本物の方々、好きなものを選んで人の目など気にせず、売るときのことなんかも



考えてない ってわけ。                                       




結果、お洒落上級者の完全「大人」仕様!




内装コンディションも↓(写真参)ご覧のとおり、◎ 距離など気にならない。




装備的には




純正ポップUPナビのところに「ゴリラ」ナビを取り付けている。



バックカメラ連動で、ワンセグTV付きと実用度も高いが、



ナビ依存症の方なら、純正オーディオのところに最新のインダッシュ・ナビを取り付け



る案もある。





さて、その走りは:




うるさいクルマではない。



が、ひとたびアクセルを踏む込めば、200km超の世界に息継ぎなしに加速していく。




最高速:270kmだが、それは、あまり、関係ない。



ロールス&ベントレーってのは、最高速や馬力なんかより、トルクが大事、



前述のとおり、ずおおお って感じで走らせる車であるから、大トルクこそ命。



当モデルの、89.2kgmのトルクは、、、必要以上にして十分すぎっ



これには、現行



ロールス 「ファンタム」の:73.4kgm



ロールス 「ゴースト」の :79.5kgm



ベントレー「フラスパ・スピード」と「コンチGTスピード」の:76.5kgm



も お呼びじゃない。




走りは、「これぞ ベントレー」だ。




当個体の場合、内外装が地味目のため、「走り」とのギャップが面白い。




羊の皮を被った狼 どころか、羊の皮を被った虎




向かうところ敵なしの超高級スーパーサルーン。




これ以後のモデルは、今のところ必要あるまい。




自動車の歴史は、コストダウンの歴史であることも忘れてはならない。



新しいクルマに乗ることは、ステイタスではあるけれど、それと満足するということは



異なる。



出した費用に対して、それに見合う、もしくは、それ以上の満足 = 幸福が



伴わなければ意味がない。



うちが扱うクルマは、いろんな側面を持っている、、



例えば、共通することは 「わくわくするクルマ」だったりするが、



肝心なのは、あくまで、費用対満足度(幸福度)だと心得る。



そして、当個体



費用対満足度は、必ず 期待を裏切らない。










さて、あとは、実車を ご欄いただいて、、



その前に(わざわざ ご来社いただく前に) お写真 81枚 を ご参考に ↓