本文へスキップ

RollsRoyce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTEYHEADLINE

CONTINENTAL-GT

  AUTO MAKER BENTLEY 
  MODEL CONTINENTAL-GT 
  YEAR 2007
  EXTERIOR SILVER-TEMPEST


(シルバー・テンペスト)
  INTERIOR FIRE-GLOW & BELUGA COMB-LEATHER
 

(ファイヤーグロー & ベルーガ コンビレザー)
  PRICE \ ASK
  MILEAGE 49.821km
  AMMENITIES




ディーラー車 左ハンドル 





W型 12気筒 DOHC 48バルブ 5998cc「IC ツイン・ターボ」



6速AT (パドル・シフト付き)





560馬力/6100rpm



トルク:66.3kgm/1600rpm




最高速:312km




0−100km :5.2秒







全長:481cm


全幅:192cm


全高:140cm




車重:2340kg


定員:4人





装備:





Wエアバック、サイドエアバック、カーテン・エアバッグ、電動チルトハンドル、



ABS、ESP、純正ナビ、電動格納式ミラー(ヒーター付き)、



16ポジション・パワーシート+シートヒーター、メモリーシート+



ランバーサポート、
ETC車載器、ほか フル装備









内外装機関ともに超極上車!





車検:2年付き渡し






 
  COMMENT


「コンチネンタル・GT」









戦後ベントレー最高傑作「Rタイプ・コンチネンタル」オマージュ・モデル



「コンチネンタルGT」!








ついに当社でも扱うことが増えてきた「コンチGT」。



それは、中古車流通相場が、当モデルにおける「費用 対 満足度」が釣り合ってきたこ



とを意味する。



逆に言うと、高年式個体は、まだ「釣り合っていない」ので扱わない。







「コンチGT」は、VWグループ傘下となったのちの 完全なる新生ベントレーである。



過去モデルとの接点は、まったくない最新鋭機であるが、伝統の「クルー工場」で生産



されている。





国内販売は、2004年から



「コンチネンタル」と名がつくモデルにして、最高速:312km!



当時の 2ドア・4人乗りモデルの世界最速モデル、、



それは、前述、戦後ベントレーの最高傑作モデル「Rタイプ・コンチネンタル」以来、



実に52年ぶりに「世界最速2ドア4座クーペ」の称号を手にしたモデルであった。





残念ながら、その称号を取り戻すのには、VWグループの資本力と技術力なくしては



ありえなかった、、のは間違いなかろう。




エンジンは、VWが自社ブランドで挑んだ超高級車、03年から発売していた4ドア・



セダン「フェートン」のものを元にしている。



ただし、商売上手に抜かりはない、「フェートン」の450馬力に対し「コンチGT」



は、ベントレーの技術者も加え、根本から改良され、「560馬力」を叩き出す。




最大トルクは、「66.3kgm」と以前のベントレーモデルには劣るものの、感服せざる



おえないのは、その最大トルクを僅か「1600回転」で発生させてしまうことだ。





最高速:318km




それを「停める」ブレーキも圧巻



当時世界最大の「405mm」巨大キャリパー



それはフェラーリ「チャレスト」の380mmをも凌駕するものだった。



おまけに、掟破りの「4WD」に「エアサス」



アウディでの成功と経験に基づかれた完成度の高さ、、



細かい芸も忘れちゃいない 任意で車高調整もできるが、



例えば、速度が 161kmに達すると 車高が 15mm下がったりなんかする。



ドアは、オートクローズ、、ボディデザインと一体化したリア・スポイラーは任意でも



飛び出す。



デュアル&サイドカーテン・エアバックにESP、安全面の装備も万全。



発売当初は付いていなかった「ナビ」も、06’モデル以降、日本仕様として標準装備。







結論として



文句のない車に仕上がっている。



ただし、



車というのは、文句の付け所がなければ「いい車」ってほど、単純ではない。



名車と呼ばれる、歴史に名を残す車に、スペックは関係なし。



名車は多くの場合「嗜好品」なのだ。



その観点から、当社は、一事「コンチGT」を扱わなくなっていた。



この車は完璧な実用車、そうなると一番大切なのは、前述のとおり、



「費用対効果」=満足度だ。



平たく言ってしまうと、、安く買った方がベスト。



この「安い」は、人それぞれ感覚が違うであろうが、当社が考える適正価格



=「この価格なら買い」の販売価格設定ができるまで、扱わないことにしていただけ。



もちろん、「コンチGT」の中古車は、売れ筋の商品、どこの中古車屋さんでも仕入れ



たいから、今後も当社で扱うことは少ないだろう。












当個体の お話





2007年モデル




ディーラー車  左ハンドル



以前弊社販売させていただいた「シーザー認定中古車」



全3オーナー




走行:49.821km




うちが扱うのであるから、当然 ドきれい。






全長、わずかに「481cm」



これは、過去ベントレー・カタログ・モデル至上、もっとも短い小さなモデルである。




よく切れるハンドルと相まって、取り回しは抜群によい。



道幅の狭い日本向けモデルといえる。



同じコンチネンタルと付く、以前の「コンチR」なんかは、全長:537cmだから、



56cmも短い。



あっという間に、歴代ベントレー年間生産台数の記録を超えたのも、うなずける。




「コンチGT」の後に登場した「フライングスパー」は、単純にドアを2枚足して



4ドア・セダンにしました・感が強いが、「コンチGT」のボディ・デザインは悪く



ない。



それもそのはず、前述の最高傑作モデル「Rタイプ・コンチ」を研究し尽くして、



オマージュしたモデルであるから。



ボディデザインも、まるで「後継モデル」と言わんばかり。



だから、世界中のディーラー新車発表会は、2台の車を並べて始まった。



そう、、1台は「コンチGT」、もう1台は、「Rタイプ・コンチ」



日本でも、そうだった。当時住んでいたワイン色の「Rタイプ・コンチ」が舞台に



並んでいた。



現在、この2台には決定的な違いがある。



「Rタイプ・コンチ」は、もはや1億円超、、ドキドキして乗れたもんじゃないし、



世界196台を後世に正しく残す義務が生じる。



一方、「コンチGT」は、1台.2台、後世に残せば好いモデル、



気が楽だ〜。







外装は、「シルバーテンペスト」




この時代のカラーチョイスは、16色(特注は別)から、「シルバー」系カラーは、



2色のみ、一つは、明っるい「ムーンビーム」シルバー、それと、濃い「シルバー



テンペスト」。このシルバーは、純血時代から引き継がれた。



当然、格式感じる お上品カラー。



塗装コンディションも申し分なし。



もっとも、この塗料は、野ざらしOKのヘヴィビューティ物で、色褪せなどしない。



屋外保管で、ぜーんぜん大丈夫。










内装は、「ファイヤーグロー」




カラーチョイスは、17色から、 赤系は、2色のみ



明っるい「ホットスパー」と、シックな「ファイヤーグロー」



こちらも、外装色同様、純血時代からの引継ぎカラー。



この「ファイヤーグロー」と「ベルーガ」のコンビレザーとくる。



「ベルーガ」キャビア・ブラックとのコンビ配置も秀逸。




ダッシュ上部、ステアリング、ドアレール上部、窓廻り、センターコンソール内側を



「ベルーガ」として、美しいコンビネーションをみせる。






内装コンディションも、まったくもってキレイ。



スレやヤレも ほぼ見当たらない。












乗ってみる:





もう何度も乗っているが、入庫した個体は、必ず試乗する。



当個体、よく整備されているのが乗っただけも理解できる。




6速のATで、「D」レンジの他「S」レンジもある。



「S」は、スポーツモード。 各ギア・シフトの間隔を長くするので



= 速くなる。



さらに、ステアリングには、パドル・シフトも、、



左レバーが、マイナス・シフトで、右がプラス。



これを使いこなすと、かなり楽しめる。



そこらのスポーツカーなど、ぶっちぎりだ。



かなり攻めても、まったく危険性を感じず動じない走行性は、特筆に値する。








結論:




「コンチGT」は、究極の「通勤車」である。




豪雨の日も、雪の日も、四輪駆動が活躍する。



人気の量産車であるから、 = 数がある = 惜しくない。



つまり、じゃんじゃん乗るべき車、後生大事にコレクションしておく車ではない。



「コンチGT」は、「働く車」なのだ。



室内空間は、十分広く窮屈ではない = 毎日乗っても、疲れない。



トランク容量も想像以上、、ゴルフバックも楽勝に入るし(↓写真参)



奥のフタを開けると、スキー板まで積むことができる。



遠くのゴルフ場にも、雪道のスキー場にも、快適に連れて行ってくれ



る。




流行の「コンチGT」おまけに、超極上個体。




一般受けは好いし、




玄人相手には、、、




「雨の日用です」 と言っておけば 逆に かっこいい。





ある意味、これが、一番のベントレー入門モデルかもしれない。





新車価格2千万円超の車を 通勤車専用、、




これこそ、贅沢。











まずは、写真、怒涛の「100枚」を ご参考に↓