本文へスキップ

RollsRoyce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTLEYHEADLINE

ARNAGE-EIGHT

 
  AUTO MAKER BENTLEY 
  MODEL ARNAGE-EIGHT 
  YEAR 2008
  EXTERIOR BLACK-SAPPHIRE


(ブラック・サファイヤ)
  INTERIOR COTSWOLD-LEATHER
 

(コッツウォルズ&ネイビーのコンビ・レザー)
  PRICE \ ASK
  MILEAGE 92.239km
  AMMENITIES



ディーラー車 左ハンドル 





国内10台(世界でも10台)限定車






V型 8気筒 OHV 6761cc 



水冷インタークーラー付き「ハイパフォーマンス・ツイン・ターボ」





6速AT





507馬力/4200rpm




トルク:
102kgm/3200rpm




最高速:288km





0−100km :5.5秒




全長:540cm


全幅:193cm


全高:160cm


車重:2570kg



定員:5人




装備:





Wエアバック、サイドエアバック、電動チルトハンドル、ABS、



ESP、電動格納式ミラー(ヒーター付き)、



全席パワーシート+全席シートヒーター、Fメモリーシート(4人)



+Fランバーサポート、ウッド張りバニティミラー、



前後パーキングセンサー、ピクニックテーブル、



前後にツインカップ・ホルダー、ETC車載器、 他フル装備






・電動サンルーフ



・降下式 「フライングB」マスコット



・19インチ・ブレード・デザイン・ホイール







「エイト」専用装備





・サイドダクト



・4本だしマフラー



・スモーク・マトリックス・グリル



・ユニオン・ジャック エンブレム




・ボディ同色 リア・ライト廻り



・スモーク・エンジンチューンド・アルミ パネル



・上記アルミ張り ピクニック・テーブル



・ベントレー「刺繍」



・ベントレー「傘」X2



・ジュエル(メッキ)給油フタ



・スポーツ・ペダル










* HDDインダッシュ ナビ・TV&バックカメラ 









内外装機関ともに超極上車!





車検:平成31年 7月9日






 
  COMMENT


「アルナージ-T」







10台限定車「エイト」







珍しい限定モデルが入庫したので、この機会に「アルナージ」の歴史



を少々 おさらいしておこう。







1998年に登場した「ル・マン サーキット」の名物コーナーの名を持つ



「アルナージ」



1980年から長きに渡って生産されていた「SZ系」モデルの新型後継



モデルであった。



ベントレーは、「アルナージ」、ロールスは、「セラフ」



双方ともに、当時、買収先と決まっていたBMW製のエンジンを積ん



で発売される。




発売当初の「アルナージ」は、BMW製 V型8気筒 4398cc 



所謂「5シリーズ」のエンジンをツイン・ターボ付きにしたものを搭載



していた。



過去の事例に基づけば、このモデルは、10年ほど生産されていたは



ずであるが、実際には、2000年で生産中止となる。



その理由は、ロールス社の買収に VWグループが勝利するから。



最終、ロールスの商標だけは、BMWが買収することになるから、



話が ややこしい。



まず、ベントレー・ブランドとクルー工場 及び 従業員を手に入れ



たVWグループがしたことが、BMW・エンジンを積むベントレーの



生産中止だったわけだ。




そうして、「アルナージ」には、急遽、一旦 生産中止となっていた



元のロールス製V8 6.75Lシングルターボ付きエンジンが積まれる。




これが、1999年10月に発表、2000年から発売された




「アルナージ・レッドレーベル」である。




同時にBMW「アルナージ」は、「グリーン・レーベル」として改名



区別できるようにして2000年までオーダーは受け付けていた。



それも、2000年末には完全に生産中止となり、ベントレー 4ドア・



サルーンモデルは、なぜか、1959年から使い続けている伝統のV8を



積む「レッド・レーベル」のみのラインナップとなる。



これは、一般的には、前代未聞なことであろうが、、



結果、「レッド・レーベル」は、「グリーン・レーベル」より、、



売れた。



そう、、ベントレーファンは、多くの場合、あのV8エンジンのファン



でもあったのだ。




一方、「セラフ」は、BMWとの取り決めにより 2002年で生産中止、



聖地「クルー」工場でロールスが作られることは、その後なくなる。





これにより、「クルー」工場で生産される車、、つまり、ベントレー



の方が正道という気運が高まる、、、



更に、2002年、エリザベス女王が歴史上初めてベントレーのステート



・リムジンに乗りパレードしたことによって、決定的に今後は、



ベントレーこそ本流であることを世界中に知らしめた。






VWの大資本をバックに、



2002年3月には、レッドレーベル(シングルターボ)をツインターボ



化、「アルナージ・R」に進化させる。





翌4月には、スポーツモデル「アルナージT」を追加。



これにより、「アルナージ」は、2つのコンセプト分けされたモデル



を持つことになる。



スポーツサルーンの「T」とラグジュエリー・サルーンの「R」だ。





このモデルは、単にモデル名の変更のみならず、大幅な改良が施され



ており、



それは、



・エンジンは、総計で 50%が新設計、残り 50%のうち、



 80%に見直し


 
 つまり、それまでのエンジンの90%に改良が加えられている。




・「レッド・レーベル」に比べ、ボディ剛性が、57%向上




・エンジン・パワーは、「レッド・レーベル」の405馬力から





 「T」の場合               


 
  457馬力/4300rpm


  89.29kgm/3250rpm



 
  最高速:257km



  0−100km :5.7秒





と、劇的に進化!



この時点で、「アルナージ・T」は、「世界最速4ドア・サルーン」



の座に君臨する。



(後に フライング・スパーに その座を追われるが、、)










そして、



2005年 :フェイスリフト、ヘッド・ライトがボディ一体型に



ボディ剛性は、さらに、65%UP!







2007年 :最後の改良




・ 排気量が、6747ccから 「6761cc」に!



・ 4速ATから ZF 6速ATに!



・ ターボ・タービンが「ギャレット」製から「三菱」製に!



・ 馬力は、457馬力から 怒涛の「507馬力」に!



・ トルクは、89.3kgmから 怒涛の「102kgm」に!



・ 最高速は、257kmから 怒涛の「288km」に!




・ 0−100km加速は、5.7秒から 怒涛の「5.5秒」に!










2007年以降モデルは、見た目で分かる。



可降式「フライングB」マスコットが付く。



このマスコット、新デザインで、以前と「B」の向きが 逆になって



いる。



逆にしたのは ある種 正解で、本物「ベントレー」=1920年代の




「WOベントレー」時代の「B」と同じ向きとなった。




これが、2009年で生産中止となった「アルナージ」の最終進化系モデ



ルである。



その後は、「ミュルザンヌ」にバトンを渡す。







「アルナージ」は、この「6速AT」となった最終モデルで、



その集大成を見る事ができるが、07’〜09’ この間に新車を購入され



た方は極端に少ない。



当時は、そう、、安価な「フライング・スパー」の全盛期だった。











「エイト」の お話




名の由来




2008年の限定車だから、年式の「8」か、もしくは、



「エイト」と聞くとSZ系時代の「エイト」を思い出すが、、



違った、、



当モデルの「エイト」は、なんと1920年代の「WOベントレー」



時代、大パワーを誇ったモデル、名車「8リッター」をイメージ



してるそうだ。



「8リッター」というモデルは、「WOベントレー」の最終期、



1930’〜31’の間に100台だけ作られたWO最強モデルであるが、



おそらくは、そのあたりのイメージを最終期アルナージにオマージュ



させたモデルなのであろう。






前述の「エイト専用仕様」が施されているが 機関系は「T」と同じ。




国内限定「10台」 世界でも10台 つまり、日本限定モデル。






新車時価格:3450万円



スタンダードの「T」より、155万円UPのみ、、どう計算しても 



お得、




因みに




「アルナージT」は、2002年〜2009年の間に「2100台」の生産。



更に



最終期モデルである、07’〜09’モデルは、内「429台」のみ。



*2008年モデルは世界全体で「94台」




09’には、「ファイナル・エディション」として「96台」が追加生産



されるが、最終期モデルで限定車は、当「8」と「ファイナル・エディ



ション」の2モデルしか存在しないようだ。













さて、当個体の場合、外装は、「ブラック・サファイヤ」、、




当初「8」、10台の共通点は、外装「ブラック・サファイヤ」と



いう話だったが、違う色も存在する。





内装は、「ベルーガ」




これも、当初「8」10台の共通カラーとされたが、当個体のように




異なるカラーも存在する。





更に、その他の細かい仕様は、1台づつ異なっていたようだ。




10台 全て集めて比べれば、、実は同じ仕様は、まったくないのかも



知れない。




今まで(当個体)を含め、3台の「8」を扱ったが、3台で、共通して



いたのは、「エンブレム」と「スモーク・アルミ」、「4本出しマフ



ラー」、「ライトベゼル同色塗装」くらいのものか、、。
















さて、当個体の お話






2008年モデル「アルナージ・エイト」



ディーラー車・左ハンドル



以前弊社で販売させていただいた「シーザー認定号」




もう この段階で、走行距離など心配する必要はない。




それに、この位走ってくれていると、やっとエンジンは本調子となる



他の自動車メーカーとは「時間」の概念が違う。



このエンジンは、100万キロは軽く走るであろう事を前提に作られて



いるのだ。





うちが扱うくらいだから、コンディションは当然 ◎!










外装:「ブラック・サファイヤ」





ブラック・メタリックにサファイヤブルーが溶け込んでいる。



コキズも見受けられない、、まったくもってキレイ!




「8」は、ライトベゼル廻りが、ボディ同色。



グリルメッシュは、スモーク。




「8」のみの特徴であるFフェンダー・サイドのスモークド「ユニオン



・ジャック」も、やたら渋い。




知る人ぞ知る「世界10台限定車」は、控え目な外装を持つ。








内装色は、「コッツウォルズ」レザー。




昔ながらの村風景が残る風光明媚な英国地方都市の名であるが、、



まっ 早い話が ベージュ色。



「コッツウォルズ」には、私も行ったことがあるが、



なぜ、この名が、この色なのかは分からない。




ステッチ糸は、場所により「ネイビー」と「ホワイト」を使い分け



ている。




「フレンチ・ネイビー」カラーのダッシュ・ステッチは「ホワイト」



で、シート・ステッチとヘッドレストのB刺繍は、「ネイビー」と



して外装色と合わせている辺りは芸が細かい。




「エンジンチューンド・アルミ」が、スモークしている。








ナビは、純正のポップUP式に加え、HDDインダッシュナビ(地デ



ジTV)&バックカメラも奢られている。 即戦力!










「エイト」のキーワードは、「スモーク」、、




渋い大人の男・専用モデル の仕上がり。




このモデル、仕様も面白いが、




やはり、特筆すべきは、07’〜モデルの「走行性能」



開発陣営が一生懸命考えて、もう これ以上 進化させる箇所はない



ってとこまで追求したモデルが、これ。




古き良き時代のベントレー継承シリーズである。




やはり ロールス&ベントレーってのは、馬力なんかより、トルクが



大事、




ずおおおって感じで走らせて なんぼ車であるから、大トルクこそ命。



当モデルの、102kgmのトルク、、すごい!





これには、



ロールス 「ファンタムU」の:73.4kgm



ロールス 「ゴーストU」の :83.6kgm



ロールス 「レイス」も同じく:83.6



ベントレー「フラスパ・スピード」と「コンチGTスピード」の:



83.1kgmも 足元にも及ばない。




走らせれば、、「これぞ ベントレー」だ。










VWの大資本で「クルー工場」には最新の大規模製造ラインが作られ



そこで、「コンチGT」「フライングスパー」が、量産された。




しかし、当個体が生産された当時、、




工場の一角には、昔ながら、「ライン」のない場所が残っていた。




そこでは、私も工場見学に行った当時の風景を見ることができた。




熟練の職人が、ハンドビルドで組み上げていくエンジン、、



革職人、ウッド職人、塗装職人、皆、昔のまま、誇らしげに働いて



いた。




彼らが 作っていたクルマ



そう それが、「アルナージ」だった。



名車 と呼ばれる車の共通点は、職人の息吹が感じられることだ。






当個体のような最終期モデルになると、「道具」としても超一流、




「作品」としても超一流、そして所有したときの「満足度」も超一流




の三拍子が揃う。



しかも、この世界の頂点高級車が、クラウン価格とくる。




しかも、世界に10台しかない「8」となると、、




満足度は、計り知れない、、。








さて、あとは、実車を ご欄いただいて、、



その前に、怒涛の お写真91枚を ご参考に↓