本文へスキップ

RollsRoyce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTEYHEADLINE

CONTINENTAL-GT SPEED

  MAKER BENTEY 
  MODEL CONTINENTAL-GT SPEED 
  YEAR 2008'
  EXTERIOR CUMBRIAN GREEN


       (カンブリアン・グリーン・メタリック)
  INTERIOR SAFFRON&SPRUCU&-LEATHER
 

(サフラン&スプルース コンビレザー)
  PRICE \ ASK
  MILEAGE 41.221km
  AMMENITIES




ディーラー車 右ハンドル 





W型 12気筒 DOHC 48バルブ 5998cc「IC ツイン・ターボ」



6速AT (パドル・シフト付き)





610馬力 /6000rpm



トルク:76.5kgm /1750rpm




最高速: 324km




0−100km :4.5秒







全長:481cm


全幅:192cm


全高:139cm




車重:2310kg


定員:4人





装備:





Wエアバック、サイドエアバック、カーテン・エアバッグ、電動チルトハンドル、



ABS、ESP、電動格納式ミラー(ヒーター付き)、車速感応式パワステ、



16ポジション・パワーシート+シートヒーター、メモリーシート+



ランバーサポート、ETC車載器、ほか フル装備






「GTスピード」専用装備:






1、最初から「マリナーパッケージ」



 ・ ダイヤモンド・キルティング・ハイド



 ・ ベントレー刺繍(ヘッドレスト)



 ・ 20インチ・アルミ・ホイール



 ・ スポーツ・ギア・シフトレバー



 ・ アルミ・スポーツ・ペダル




2. 大型マフラーエンド






追加・オプション装備:




1. 「メッキ・Fバンパー・ダクト」



2. 「マドローナ」ウッド



3. ドア内張り4枚 & センターコンソール・ウッド張り



4. ウッド「ステアリング」



5. 内装コンビレザー










内外装機関ともに超極上車!





車検:2022年 7月16日まで





 
  COMMENT


「コンチネンタル・GT・スピード」









当社で最初に扱うことになる2007年発売「GTスピード」。



「コンチGT」の高性能版「スピード」も、いよいよ「費用 対 満足度」が



釣り合ってきた ということ。







ベースは、2004年から発売された「コンチGT」



「コンチネンタル」と名がつくモデルにして、最高速:312km!



当時の 2ドア・4人乗りモデルの世界最速モデル、、



それは、戦後ベントレーの最高傑作モデル「Rタイプ・コンチネンタル」以来、実に



52年ぶりに「世界最速2ドア4座クーペ」の称号を手にしたモデルであった。






エンジンは、VWが自社ブランドで挑んだ超高級車、03年から発売していた4ドア・



セダン「フェートン」のものを元にしている。



ただし、商売上手に抜かりはない、「フェートン」の450馬力に対し「コンチGT」



は、ベントレーの技術者も加え、根本から改良され、「560馬力」を叩き出す。




最大トルクは、「66.3kgm」と以前のベントレーモデルには劣るものの、感服せざる



おえないのは、その最高トルクを僅か「1600回転」で発生させてしまうことだった。。



最高速:318km




それを「停める」ブレーキも圧巻



当時世界最大の「405mm」巨大キャリパー



それはフェラーリ「チャレスト」の380mmをも凌駕するものだった。



おまけに、掟破りの「4WD」に「エアサス」



アウディでの成功と経験に基づかれた完成度の高さ、、



細かい芸も忘れちゃいない 任意で車高調整もできるが、例えば、速度が 161kmに



達すると 車高が 15mm下がったりなんかする。



ドアは、オートクローズ、、ボディデザインと一体化したリア・スポイラーは任意でも



飛び出す。



デュアル&サイドカーテン・エアバックにESP、安全面の装備も万全。





と、このモデルに、2007年、更なる高性能版モデルが追加される。








「コンチネンタルGTスピード」、当モデルである。




・「コンチネンタル」は、「大陸」 




・「GT」は、「グランド・ツーリング」




・「スピード」の名は、1920年代、サーキットで活躍した「WOベントレー」の



 
 レーシングモデル「スピード6」をオマージュ。





つまりは、長距離高速ドライブ用モデル。




・「コンチGT」の足回りを強化(エアサスの20%レート向上など)




・ 車速感応式パワステの反力変更




・ 車高が、F:10mm、R:15mm 下げ




・ 軽量コンロッド、専用ピストン、専用「エンジンECU」




・ マフラーエンド大型化




・ 20インチ・専用アルミ・ホイール (GTは、19インチ)





当個体には、有料オプションの





・カーボンセラミックブレーキ: 196万6000円





・馬力は、560馬力 から 「610馬力」に



・トルクは、66.3 から  「76.5kgm」に




・最高速は、312km から「326km」に




・0−100kmは、5.2秒から 「4.5秒」に




これにて、当時の世界最高速:「2ドア4座クーペ」。





新車時価格:「2570万円」 *当個体には、200万円以上のオプション+。




*「GT」が「2270万円」で、300万円 高



*オープンカーの「GTC」でも、「2470万円」で、100万円 高




超〜高級車であることは間違がない。









と スペックを書き並べてみたが、、



大事なのは、スペックではない。



「クルマ」というもの ドキドキ ワクワクして なんぼ である。




その要素に、色 は大きい。











当個体の お話






ディーラー車 希少・右ハンドル 3オーナー




走行:41.221km




うちが扱うのであるから、当然 ドきれい。




そして何より、内外装の「色」っ! が好い。










外装色: 「カンブリアン・グリーン」!




当時の新色、このカラー自体を扱うのも初めて、、極めて珍しい。



なんともいえないグリーンのメタリック。



太陽光の当たり次第で、濃くも薄くも見える。



この 誰も乗っていなそうなカラーが堪らない。




塗装コンディションも◎。



無敵塗料で、野ざらし保管でも問題なし。



フロントスポイラーのデザインが変更されているが、これで、空力14%向上してい。



巨大な「カーボンセラミック」のローターが目を引く。




ノーマルでさえ、すごいと評判の「効き」を、最強次元に。





全長:481cm



昔のロールス社(ベントレー)なら、間違っても作ることのない「小型モデル」



= ベントレーの歴史上、もっとも小さなモデル。




よく切れるハンドルと相まって、取り回しは抜群によい。



道幅の狭い日本向けモデルといえる。



同じコンチネンタルと付く、以前の「コンチR」なんかは、全長:537cmだから、



56cmも短い。






「コンチGT」の後に登場した「フライングスパー」は、単純にドアを2枚足して



4ドア・セダンにしました・感が強いが、「コンチGT」のボディ・デザインは悪く



ない。



それもそのはず、前述の最高傑作モデル「Rタイプ・コンチ」を研究し尽くして、



オマージュしたモデルであるから。



ボディデザインも、まるで「後継モデル」と言わんばかり。



だから、世界中のディーラー発表会は、2台の車を並べて始まった。



そう、、1台は「コンチGT」、もう1台は、「Rタイプ・コンチ」



日本でも、そうだった。当時住んでいたワイン色の「Rタイプ・コンチ」が舞台に



並んでいた。



現在、この2台には決定的な違いがある。



「Rタイプ・コンチ」は、もはや1億円超、、ドキドキして乗れたもんじゃないし、




世界196台を後世に正しく残す義務が生じる。



一方、「コンチGT」は、1台.2台、後世に残せば好いモデル、



気が楽だ〜。













内装は、





メインハイド(革)に「サフラン」、コンビ部に、「スプルース」緑レザー。



この色分けでが絶妙で、センスバツグン。



更に、有料オプションで、ウッドは、超〜希少で高級な「マドローナ」選択。大正解。



ステアリングも「マドローナ」、ドア内張りも「マドローナ」、リアセンターコンソー



ルも「マドローナ」、、




他製品で「バー・マドローナ」ウッドをみることが有るとするなら、高級「パイプ」位



ではなかろうか、、。





完全なるベントレー上級者仕様!




ふつう〜カラーの「スピード」なら、扱っていない。





内装レザーも、◎コンディション、どキレイ。



スレやヤレも ほぼ見当たらない。





最初にオーダーされたオーナーは、昔「ジャガー」にお乗りになっていたに違いない。




「グリーン」の「右」は、多くの場合、ジャガーから昇級されてきた方のパターン。



そして、その場合の多くの個体は、◎コンディションだ。



ジャガーは、大切に扱わないと壊れる、で、ベントレーになると、もっと大切する。



本当は、当モデル、アウディの超高性能モデルみたいなもの、お気軽にお乗りになって



なんの問題もなし。












乗ってみる:





「GTスピード」に乗るのは初めてだ。



キーレスエントリーだから、ジャックナイフ式のリコンキーをポッケにいれ、



「スターターボタン」を押す。




ヴぉおおおお、野太いエキゾースト音で、12気筒が目覚める。



マフラーが太いせいか、「GT」より、少し音が大きいような気がする。



とはいえ、深夜の住宅街でも迷惑なレベルではないから、深夜のお散歩ドライブOK。




6速のATで、「D」レンジの他「S」レンジもある。



「S」は、スポーツモード。 各ギア・シフトの間隔を長くするので = 速くなる。



さらに、ステアリングには、パドル・シフトも、、



左レバーが、マイナス・シフトで、右がプラス。



これを使いこなすと、かなり楽しめる。



そこいらの気取ったスポーツカーなど、ぶっちぎりだ。




もはや、「コンチGT」として完成の域、、これ以上の性能は必要ない。



というか使いこなせるものなど素人にはいない。




恐怖レベルの加速、だが安定感が、ものすごいから、運転がうまくなった錯覚、、



その恐怖を瞬時に消し去る最強ブレーキも、お見事。





これはね、じゃんじゃん乗るためのモデル。



通勤、レジャー、長距離ドライブ、雨の日も雪の日も、4WD、万能。



もちろん、この車は、2570万円 だから、それ当たり前。



当り前じゃつまらない。




もっと都合がよくなくっちゃ。



そう この個体のように、クラウン価格で、



おまけに、この洒落まくりカラーに、高価で有益でセンス◎のオプション付き



でなくっちゃ ね。










まずは、お写真、怒涛の「128枚」を ご参考に  ↓