本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTLEY HEADLINE

CONTINENTAL

  AUTO MAKER BENTLEY  
  MODEL CONTINENTAL  
  YEAR 1990'
  EXTERIOR BLACK & BLACK Top


(ホワイト)
  INTERIOR St James・Red・ LEATHER
 

(セントジェームス・レッド・レザー・ブラック・パイピング)
  PRICE \ ASK 
  MILEAGE 16.427mile (26.283km) 
  AMMENITIES



ディーラー車 左ハンドル 
 




V8 OHV 6747cc  3速コラムAT




全長:527cm


全幅:186cm


全高:152cm




重量:2300kg


定員:4人





*装備:




AT、PS、パワーウインド、Fパワーシート+シートヒーター+メモリーシー



ト4人分、オートエアコン、ABS、





・ 純正ムートンマット



・ 新車時「洗車セット・バック」



・ 純正「ボディカバー」






純正オプション装備




*ドア内張 「カクテル・キャビネット」 左右に



*フロント・スポイラー



*フライングB・マスコット




後付け装備:




*HDDインダッシュ・ナビ&地デジTV   



*バックカメラ







内外装機関ともに超極上車! 




車検:2年つき渡し


 
  COMMENT



「コンチネンタル」物語





解説:






ロールス・ロイス「コーニッシュ」のベントレー版「コンチネンタル」。





1965年、「シルバークラウド」に替わる新型後継モデル「シルバーシャドウ」



がデビューする。



スタンダードの4ドア・セダンであったが、1965年10月、このボディを最初に



「ジェームス・ヤング」が、2ドア・サルーンにコーチビルドする。



遅れること半年、1966年4月、今度は「マリーナ・パークウォード」も、2ド



ア・サルーン・クーペを発表。



その名は、「マリーナパークウォード・2ドア・サルーン」。まんま



更に、翌 1967年9月、このオープン版「ドロップ・ヘッド・クーペ」を発表



このモデルが、「コーニッシュ」「コンチネンタル」の始祖である。





ベース・モデルは、「シャドウ1」であるから、共に機関系は進化していく。




1968年:「4速AT」から、「GM400」の「3速AT」に。


     
    *「ジェームス・ヤング」版生産中止。



1970年:排気量、「6.23L」から「6.75L」に



そして、



1971年:モデル名が、「コーニッシュ」に改名される。



   「FHC」=フィクスド・ヘッド・クーペの言い方が、「クーペ」に



   「DHC」=ドロップ・ヘッド・クーペの言い方が「コンバーチブル」




ベントレー版は、「ベントレー・コーニッシュ」。



その後の進化は、「シャドウ2」、「スピリット」の進化に伴う。





「コンチネンタル」と改名されたのは、「コーニッシュ」が、「コーニッシュ



U」になった、1985年のこと。



この「コンチネンタル」の名は、歴史的にも大変重要、、




初めて使われたのは、戦前、1931年「ファンタム2」の高性能版として



「コンチネンタル」を = 「ファンタム2コンチネンタル」。




ここで使う「コンチネンタル」は、ヨーロッパ大陸を指してのことで、



要は、イギリス貴族が、ドーバー海峡をフェリーで渡り、南フランスあたりの



別荘まで高速ツーリングしていくためのモデル ということ。



もちろん、嫌いなフランス車を ぶち抜きながら であるから、速い ことは



必修となる。



そうして、追い越したフランス車に「君がテールを拝んでる車は英国車だよ」



と分かるように トランクには、「GB」=グレートブリテン・マークを張っ



ていた。




戦後になると「コンチネンタル」は、ベントレーで使われることになる。



そう、かの名車「Rタイプ・コンチネンタル」だ。1952年〜1955年。




その後、「S1コンチ」「S2コンチ」「S3コンチ」と名だたる名コーチビル



ド・モデルに その名を継承する。



が、1966年「S3コンチ」を最後に、「コンチネンタル」の名は途絶える。




その名が、20年の時が経ったのち、復活したのだ!



「ベントレー・コンチネンタル」



その名を聞いただけで、私のような中毒患者は、鳥肌がたつ。




「コンチネンタル」は、「コーニッシュU」同様、それまでの「キャブ」から



「インジェクション」に、、内装でもセンターコンソールがダッシュに繋がる



他、各部に改良が加えられたモデルで、「シリーズ2」と呼ばれる。




そして、1990年:「スパー」が「スパー2」、「コーニッシュ2」が、



「コーニッシュ3」になった進化に伴い、当「コンチネンタル・シリーズ3」と



なる。




「シリーズ3」は、1900年と1991年の2年間のみの生産であったが、日本の



バブル期と重なった為、国内には、シルーズ中、もっとも多くが住んでいる。





「シリーズ3」生産台数: 180台





台数比較




           「コーニッシュ」    「コンチネンタル」






1980年〜「シリーズ1」   1520台      22台



「シリーズ2」       1226台      195台



「シルーズ3」       451台       180台





ロールス版「コーニッシュ」の圧勝であるが、それでも、徐々に「コンチ」



の割合が増しているのが興味深い。



これは、「ベントレー・ターボR」の大ヒットの お陰でベントレー・ブラン



ドのファンが急増したことを物語る。



それでも、世界に「180台」しかないわけで、見かけることは稀であろう。



新車時価格:3900万円





「コンチネンタル・シリーズ3」と「コーニッシュ3」の違い:





外装:



*グリル(更にベントレーは、縦シャッターが、ボディ同色塗装)



*ボンネット(コーニッシュは、パルテノンのカタチに合わせプレスラインの



      エッジがたっている)




*ホイール(同じ15インチ・アルミ・ホイールだがデザインが異なる)



*エンブレム





内装:



*ステアリング ロールスは、 ヘの字の2本スポーク



        ベントレーは、T時の3本スポーク




このステアリングの違いは、実にロールス社らしい選択で、、つまり、



英国の貴族、、若いころはステアリングを握り運転、年をとると、後部座席に



座り、最後は、2ドア・モデルの助手席に座る というのがパターン。



で、ロールス版の への字ステアリングを握ると、、必然と もち手は、



4時40分、、=運転手もできる。



ベントレーの T字ステアリングは、2時20分の持ち手が しっくりくるように



なっている。 = 完全なるオーナードライブカー。




まったく、恐ろしいメーカーである。




ついで、「シリーズ2」と「シリーズ3」の違い:





外装:同じボディ



内装:



・3で、ウッドが象嵌細工入りとなる。= 豪華になる。



・シート・デザインの変更(但し、89’モデルとは、ほぼ同じ)



・「インフォメーション・パネル」採用=自己健康診断機能




ここでも、ロールス社らしいのが、



「コーニッシュ」「コンチ」だけには、他モデルで採用した「オートライド」



システム= サスペンションを100分の1秒で自動制御する



を採用しなかったこと。 



分かってるメーカーである。



「コーニッシュ」「コンチ」は、1960年代から、その作りを変えないクラシ



ックカー。 だから、近代的な足回りは、似合わない。



乗り心地は、ふわふわしてる方が好いのだ。



*「オートライド」は、やることがなくなった「シリーズ4」の後期モデル



  94年と95年モデルで採用される。












では、当個体の お話




ディーラー車  左ハンドル




いまや逆に珍しい弊社初入庫個体。



1991年1月 初登録、モデルが、「1990年」



型式:「E−BD」の 間違いない「ディーラー物」 



3オーナー




走行: 16.427マイル = 26.283km!



んっ?




ディーラー車で「マイル」




そう、当個体は、メーターパネルが、「外マイル・内キロ」のW表記。



1990年 てんやわんやのバブル真っ最中で、ロールス社のミス。




元より、当時「日本仕様」なんて ロールス&ベントレーはなかったのだが、




「コーニッシュ」「コンチ」もディーラー物には、ヨーロッパ仕様ベースと



北米仕様ベースの2種類が存在した。



これは、どちらが来るのか分からない ということ。




当個体は、北米仕様ベースなのだが、エンジン・ルーム内の「ミネラル・オイル」



取り扱いパネル(黄色い)は、ちゃんと 日本語の になっているし、



日本用「温度計」だし、北米仕様・特有純正装備の「エアバック・ステアリング」



も装着されていない。



スピードメーターだけ「km」にしなかったという、、忘れたのね。



こういうロールス社ミス物は、あえて貴重だ。



もち、実走行!




そりゃもうキレイ!




「外装」「内装」「機関系」、そして「コーニッシュ系」モデルの命 



「ほろ」のコンディションも申し分ない。




「コーニッシュ系」は電動・油圧開閉の幌を持ち、躯体自体は頑丈なスティ



ール製だか、幌を固定している箇所、前方部分と後部上下の2箇所は、



「木」で作られている。開閉する構造には関係しない「かざり」部分ながら



この「木」が腐ってしまうと、幌が剥がれてしまうので、幌張替えとなる。



これが、高い。



安価な幌張替えキットをアメリカなどで売っているが、それは、酷い品だ。



造作といい、耐久性といい、MPWの仕事とは、程遠い。



うちなら、オリジナルと寸分違わず 張りなおすことができる。が、



技術的には問題ない仕事ながら、幌純正の「エバーフレックス」を反物



で英国から取り寄せ、実車合わせでカット、おまけに、3次立体、こちらも



1台ごと合わせの「木」を船大工さんに作ってもらう、、張替えには熟練工を



必要とし(完璧な職人を私は、一人しかしらない)、完成までに数ヶ月、、



費用は爆発的となる。



それなら、最初から、幌の生きてる個体を買ったほうが良い のだが、



湿気の多い日本で、それを見つけるのは、想像以上に難しい。







外装は:





「ソリッドのブラック」



このカラーが、一番 鏡面仕上げ を愛でるのに適している。



オリジナル塗装を全面に残す。



ボディサイドの、内装色に合わせた赤色・手書き 2本のコーチラインも



オリジナルだ。



艶も まったく問題なし。艶々。



塗装の 深み が ハンパじゃない。




ながら、さすがに、Aピラー下あたりに塗装浮きが出始めている。



写真に映るようなレベルではないから、下記より の写真は、現状のままを



だが、まっ、これから うちが貧乏クジを引いて = ボランティア活動



= 一時預かり人の任務 = 「シーザー認定号」への道 



として 手直ししましょ。







内装:




ロールス社自慢の人気カラー、「セント・ジェームスレッド」!



完全オーダー物で、ダッシュも同色とし、これに、ブラックのパイピング



とくるね。 相当に渋いっ。




オリジナル・コノリーが、これでもかっ てくらい元気いっぱい!



これが、自動車内装レザーの頂点、噂の「コノリー・オートラックス



シリーズ中の10%トップ・レザー」だ!



あと数十年は持ちます。




「コンチ」の当時・有料オプションは、



外装で「フロント・スポイラー」と「フライングBマスコット」のみ、



両方選択。



内装で「ピクニック・テーブル」と「ドア内張・カクテル・キャビット」



当個体は、後者のみ選択。




しかも、当個体、中の「グラス・セット」が新車当時のままの紙に包まれたまま



残されていた。



英国「チューダー・クリスタル」社の 「ボトル」1つと「グラス」が2つ、



このセットが左右に収まっている。



さらに、ほぼ残されていない「RRマーク入り・ワインオープナー」まで ある。



この個体、、タイプスリップしたのか、、。




装備も「HDDインダッシュ・ナビ&地デジTV」に「バックカメラ」即戦力。




トランクの中も 見ものだ。




新車時の「書類」系はもとより、「洗車セット入りバック」が、まんま残されている。



このバックが残された個体を見るのは数年ぶりだ。







機関系も絶好調〜 であるが、どのみち、ご納車前には、弊社自慢の



怒涛の「240項目・点検・整備」が無料で 施されるので、見えない箇所は



診る必要などない。 餅は餅屋に お任せを!



因みに、「整備ができる工場を持つ車屋」で、ロールス&ベントレーは



買わないと、多くの場合、あとから苦労しまくることになる。




恐縮ながら、弊社「シーザー・ファクトリー」で整備するのは、



弊社で販売させていただいた個体限定(手が回らなくなるので)である。








PS:



そういえば、当個体の1990年モデルは、「陛下のコーニッシュ」と同じ



「シリーズ3」モデル。



最近、某・新聞の記事で「陛下のコーニッシュが修理できない」が



掲載され、議論となったが、 当然、そんなことは あるわけがない。



「コーニッシュ3」なんて人気モデルは、本国のロールス・パーツ屋でも



世界中からの需要があるので、ないパーツがないほど在庫している。



陛下のコーニッシュが仮に 不動でも、うちなら、半日くれれば直す自信が



ある。だいたいからして、戦前のロールスでも入手できないパーツはなし、



修理できない故障もありえない。



弊社は、平成元年から30年間、ロールス屋を営み、日本一多くの中古



「コーニッシュ」「コンチ」を扱ってきたが、困ったことなど一度もないのだから。








総評:




内外装機関系共に、これほど◎な個体は、「コーニッシュ」を合わせても



稀中の稀である。



少なくても、世界「180台」の中では、世界トップクラスのコンディション



であることは 間違いない。



海外では、すでに価格高騰してしまい、今後、輸入してくる案はない。



日本がコンディションで比べれば、一番安い国になった。



多くの車屋さんが、海外価格を加味して、高額価格をつけているが、



弊社は当個体を海外に売る気はないので、国内に住んでいてくれるなら、高額



にする必要はないと考える。日本価格ってやつね。




国内に住んでいれば、、 そう、、また いつかきっと、会える。





そんなわけで、当個体は、国内販売限定。







一時預かり人様 募集中〜







の前に、写真・怒涛の「97枚」を ご参考に  ↓