本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTLEY HEADLINE

TURBO RL

 
  AUTO MAKER BENTLEY  
  MODEL TURBO RL
  YEAR 1991
  EXTERIOR


BALMORAL GREEN



(バルモラル・グリーン)

  INTERIOR PARCHMENT-Leather


(パーチメント・レザー/スプルース・パイピング)
  PRICE \ ASK
  MILEAGE
31.463mile  (50.340km)
  AMMENITIES


本国仕様 右ハンドル



1991年モデル (国内登録92年)  







V8 OHV 6747cc  3速コラムAT ターボ E/G




全長:538cm


全幅:189cm


全高:148cm


重量:2330kg


定員:5人






*装備:



オートエアコン、ABS、ピクニックテーブル、Fパワーシート(シートヒータ


ー+メモリーシート4人分+ランバーサポート付き)他フル装備 





・リア・レース・カーテン



・インダュシュHDDナビ 地デジTV(パイオニア AVIC−VH9990)



・バックカメラ



・ETC車載器






内外装極美、機関、当社にて完全整備渡し、超極上車!



車検:2020年 3月4日まで


 
  COMMENT




ベントレー「ターボRL」





ご存知、



ロールス・ロイスとベントレーの生産比率(オーダー数)を逆転させた



伝説のホームラン王「ターボR」のロング・ホイールベース版



「ターボRL」。






1965年から1980年の間に生産されたロールス・ロイスの4ドア・



サルーン(シャドウ系)は、「30.057台」、これに対し、ベントレーの




4ドア・サルーン(Tシリーズ)は、その10分の1にも満たない、僅かに



「2.289台」であった。



誰もが、もはや、ベントレーブランド自体を忘れそうになっていた。




おそらく、日本でも「ターボR」発売以前に「ベントレー」というブラン



ドを よく知っていたのは、一部のエンスーな方だけであったろう。



この生産比率を逆転させる奇跡の原動力となったのが「ターボR」。



只者ではない。





ターボRの原点は、1982年に発表された「ミルザンヌ・ターボ」から


始まる。



82年から85年の間に生産された、このモデルは、キャブ車のターボで



正直、よろしくない。



トータル:516台生産されたが、今となっては、当社も扱わない。




85年からは、名称を「ベントレー・ターボ」とし、インジョクション式



のターボ付きとなるが、本当の快進撃が始まるのは、1989年式モデル



から、、



この年、エンブレムが「ターボ」から「ターボR」に、、外装を大型エア



ロパーツで武装、ヘッドライトが丸め四灯(以前はロールスと同じ角目)



となる。




シートはバケットシート、タイヤは、ロールスの235サイズに対し、255サ



イズ、サス、ショック共に「硬め」、最高速度は軽く200kmを超える、



明らかに、ロールスとは違う、スポーツサルーン



オーナードライバーズカーであることを強調。



しかも、時は、正にバブル絶頂期!




これが大ホームラン、名門「ベントレー」ブランドを見事、復活してみせた。





1989年、ロールス社は年間生産台数が3000台を超えた(3254台)。




1990年には、更に大掛かりな改良が行われ、シリーズ2へ進化、



これが当車両、、実際にベントレーがロールスの生産比率を超えたのは、この



1990年のことである。




これは、「ベントレーS1」(55’〜59’)以来、実に45年ぶりの快挙であった。



この年のロールス社の年間生産台数(3274台)は、89年をも上回り



ベントレー全盛期を迎えることになる。





90年当時のディーラー新車価格は、




ベントレーターボR  3100万円(税別)



ベントレーラーボRL 3400万円(税別)



R・RスパーU    3050万円(税別)



R・RスピリットU  2750万円(税別)







この価格設定からも、ロールスよりベントレーの方が高級、、のイメージ



ができあがる。





因みに、91年モデル「RL」の生産台数:「318台」



内、左H「249台」、右Hは、僅か「69台」。



これが、ショートボディの「R」なら、生産台数:「768台」



内、左H「496台」、右Hも、「272台」となる。



「RL」、特に 右Hは、貴重なのだ。








89年から91年にかけては、日本もバブル景気の全盛期、、多くのベン



トレーが輸入されたが、、、




流石に時間が経ってしまった、、近年では、この年式の極上個体のR・R



ベントレーは、ほとんど、見なくなった。



車自体は頑丈なのだが、中古車の流通価格が安くなりすぎて大切に扱われ



なくなったのが、最大の要因であろう。




今や当社の仕入基準を満たす個体は、10台〜20台見て1台くらいであろうか、




仮に当社仕入れ基準の点数を、あと20点下げるなら、多くの90年前後



の個体を仕入れることが出来るが、、その個体は売らないほうが良いし、



買ってもならない。












さて、当個体の お話







91年モデル、本国仕様の右ハンドル、新車で輸入された個体であろうが



登録は、バブル末期に有りがちな1年遅れとなっている。



当時は、メーカーからの日本割り当て台数(ディーラー車)が少なく、



多くの個体が、世界中から、新車で輸入(新車並行車)された。



かくいう弊社も、新車で、2台ほどだが「ターボR」を輸入した。



1台は、輸送中の船の中で 売れた。 それほど需要があった。



が、もう1台の方は、バブルが突然終わり、売れ残りに、



翌年、辛うじて、売りぬけたが、、登録は当個体と同じように



1年遅れとなった。ありがち。



当個体




ファーストオーナーの某有名プロゴルファー様が、平成7年に手放した後



当社に入庫。 それから、現在に至るまで全て 当社管理下にある。




整備状況を 全て把握している。安心な1台。



平成30年3月には、弊社にて「車検・整備」も行っている。



当個体における最大のセールス・ポイント、、



実は、この弊社管理 にある。 コンディション◎は当然として。





実走:31.463マイル = 50.3408km




設計寿命 100万マイル=160万kmを誇る 当エンジンでは、



馴らし運転にもならないほどの走行距離である。



とはいえ、5万キロでエンジンが軽くなり、10万キロで、もっと



軽くなり、本領発揮 が、当エンジンのパターンである。








すでに、気になり始めていた塗装の劣化箇所、天井、ボンネット、



トランク、他一部は、弊社・塗装ファクトリーにて塗装し直し済み。



=ボランティア活動。



もちろん、ウレタン鏡面仕上げ塗料で、、これで、今後の管理は楽。









内装は、走行距離に比例以上にキレイ。



この時代のオリジナル・コノリーは、やっぱり、すごい。




これを知ってしまえば、他メーカーの超のつく高級車の「革」、、



鼻で笑ってしまう。






ウッドは、以前クラック箇所リペア済みで、これも、まだまだキレイ。



んっ? よく見れば、左Fドア・レール・ウッドにクラックとキズがあったり



なんかするが、風情的に悪くないレベル、、リペアはいつでもできるが、



そこだけ新品になると 他箇所と色目が合わなくなるし、、このままでよかろう。




機関系は、、言うまでもなかろう、。





英国車らしい「バルモラル・グリーン」に、



人気色「パーチメント」レザー、、「スプルース」のパイピングとくる。



「バルモラルG」は、グリーンのメタリックであるから、コキズが



目立たないし、内装の「スプルース」=緑のパイピングとの 見事な



マッチングが素晴らしい。






日本には、ロールス&ベントレーの右ハンドルは、10台に1台くらいの



割合しか輸入されてないので「右」を お探しの方には、お薦めできる。



前述のとおり、91’の「RL」で「右H」は、世界的にも貴重品なのだ。





新車時価格:3400万円は伊達ではない、、



今も その本来の価値には、いささかの変わりもない。



本物の高級車など、90年代〜現在に至るまで、他メーカーでは見たこと



がない。昔は、あったけど、、。





この「ターボRL」は、「本物」だ。



「本物」なのに、今現在の販売は、冗談みたいなものだが、、



価格で価値を判断してはならない。



つまり、費用対効果(満足度)は、絶大、、。





当社の場合、売値に関係なく、怒涛の「240項目、点検・整備」を



施した後、ご納車させていただく。




冗談のように安価な個体でも、冗談のように高価な整備が施されるのだ。



ただし、




1km走行当たり:100円



1000kmで、10万円


3000kmで、30万円ほど



の消耗品交換予算は、「覚悟」しておくべきだ。



この予算がない。もしくは、この費用は、もったない(高価すぎ)



と思っている方は、やめておいたほうがよい。



ロールス&ベントレーじゃなくても、どのメーカーの「高級車」であれば、



このくらいの保守予算はみておくべきであるから、最初から



乗らないのが賢明。 ミニカーから始めよう。








あとは、ご不明な点、ご心配な点等ございましたら、何なりと



お気軽にお問い合わせくださいませ。








このロールス&ベントレーの世界、、入るまでには度胸がいるが、




入ってみれば、楽勝、、楽しくってしょうがない。





しかも、ディープすぎて、生涯遊べる。






まずは、写真・怒涛の116枚を ご参考に ご検討を↓