本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTLEYHEADLINE

TURBO R

 
 AUTOMAKER BENTLEY 
  MODEL TURBO- R 
  YEAR 1991
  EXTERIOR CHROME-YELLOW


(クローム・イエロー)
  INTERIOR MAGNOLIA&TAN- LEATHER 

(マグノリア&タン・レザー))
  PRICE \ ask
 
  MILEAGE 52.835km
  AMMENITIES


ディーラー車 右ハンドル 




V8 OHV 6747cc・ターボE/G  




3速コラムAT 





スペック:「必要にして充分」







全長:528cm


全幅:189cm


全高:148cm


車重:2300kg


定員:5人



装備:



フロント:パワーシート、F:シートヒーター、



F:シートメモリー(4人分)+ランバーサポート、バニティミラー







*特注・純正カラー




*ピクニック・テーブル



*フライングBマスコット



*Cピラー・Bバッジ(本来はRLのみの)



*17インチ・ベントレー純正(97’〜)ホイール









内外装極美、機関・当社にて完全整備渡し、超極上車。  




車検:2年付き渡し


 
  COMMENT




「ベントレー・ターボR」










解説:





一時は無名に等しい存在になった「ベントレー」の名を世界中に知ら




しめた世紀末 救世主「ターボR」!




当個体は、世にも珍しい特注の純正カラーを持つ。





「ターボR」のベースモデルは、一般的にSZ系と呼ばれている




「シルバーシャドウ」(65’〜80’)=ベントレー「T」シリーズの後継




モデルで、1980年から1998年の間、実に18年間にも渡って



生産されたロングセラーモデルであった。




だが、一口に「SZ系」といっても多種多様な進化を繰り返している



その内容・改良点を羅列すると2千箇所ほどにも及んでしまう。



これが、妥協という言葉を知らない ロールス社のすごいところでも



ある。




18年間の中でロールス版モデルは、3度だけ、モデル名を変えた。



それは、90年の「スパー2」、94年「スパー3」、96年「スパー



」であるが、、



ベントレーモデルの場合、困ったことに、シリーズが更新してもモデ



ル名を変えていなかった。



だから、「ターボR」と言っても、どのシリーズのものなのかは分か



らない。



イギリスの販売店などでは、独自に「ターボR・シリーズ2」などと表



記している店もある。




ターボRと名が付くモデルは、1985年に誕生してるが、




80年代の進化は、割愛させていただき、



90年代の「ターボR」大きな進化箇所のみを おさらいしておこう







1990年: オートライド・サスペンションやインフォメーション



       ・コンピューター・パネルの採用で「シリーズ2」に




1992年:3速AT(GM400)から 4速AT(GM4L80−E)へ




1993年:ベントレー・モデルのみ、コラム・シフトからフロア・




      シフトに!!この変更で、ベントレーは、完全にオーナ




       ードライバーズ・カーと認知される。




1994年:ダイレクト・イグニッション・システム採用


      

      ベントレー4ドア・モデルの「ボンネット」からセンタ




      ーメッキモールが廃止される。


      
       これで、見た目にも、ロールスとは違うモデルである



       ことを強調。内装デザイン変更。Wエアバック採用






1996年:16年ぶりの 大型改良・ターボ・モデルは水冷インタ



      ークーラー付きとなり、戦後初めて、馬力やトルクなど



       のスペックを公表する。
      

 
      ・ボディも改良・・・一体型ドア・ミラー採用、フェン



       ダーデザイン変更、大型エアロ・スポイラー採用、



       グリル・デザイン変更、内装デザイン変更、
      

 
      ・アルミ・ホイール・デザイン変更(17インチ)
      

      ・内装デザイン変更。
      

      ・ロールス・ベントレー初の「チルト・ハンドル」採用
      




1997年 ・大型キャリパーのハイパフォーマンス・ブレーキをタ



       ーボ・モデルのみ採用これに伴い、96年ホイールで



       は、ホイール内側にキャリパーが当たってしまうため



       、またも、ホイール・ザイン変更(17インチ)。
       

      

      ・セキュリティシステムの強化。
      

      
      ・カタログからショートボディの「ターボR」が消える

     

       「RL」のみ販売。




1998年・「ターボRT」発売。(コンチTスペック・エンジン) 

     
      「ターボRL」もカタログから消える(生産中止)。





1998年:新型モデル「アルナージ」にバトンを渡す。





と、こんな感じ。




「ターボR」というモデルに乗ろうと思ったら、次ぐに考えるのが



この中↑の どのモデルに乗るか?となる。




正直、1988年以前の「ターボR」に乗る「意味」は、これから始め



る方にとっては、皆無である。



完成度が低いから、維持費も掛かるし、費用 対 効果が合わない。



間違いなく、89年〜のモデルに限る。




あとは、「ご予算」のみ。



うちで扱ってる個体であれば、「ハズレ」はないから、どれでもOK。







正直、どの年式にも、それぞれにセールス・ポイントはある。



では、当個体の「91年モデル」は、何が 売り か?



まず、一番良いのは、玉数が多いということ。



91年は、まさにバブル、、多くのターボRが輸入された。



だから、選り好みできる。



コンディションも色も予算でも。



しかも、驚くほど◎コンディションの個体が、これまた、驚くほど



安価!



当個体など、最たる例。




まっ、この年式で、うちで扱うほどの(極上もの)個体は、今となっ



ては、20台に1台ほどでしかなくなったが。



それは、逆に言えば、ほとんどの方が、ハズレを引いている という



こと。



実は、この年式モデルの査定は、ロールス・ベントレーの歴代モデル




の中でも、もっとも難易度が高いのだが、そんなこと分かっている



業者さえいないので、ミソクソいっしょに流通しているのが現状だ。



今は、ネットで検索して「価格」だけ比べられてしまう時代、、



残念ながら、世界一うるさい専門店の弊社とて、安価で販売するしか



ない。



本当は、良いものと悪いものでは、数倍の価格差があって当然だと



思うが、、、致し方ない。



つまりは、良いものを購入してる方のが少ないわけだから、



そのオーナーにおけるロールス・ベントレーの評価は 宜しくないだ



ろう。= 悪く評価する人の方が多くなる。



しょうがない、、そこまでは面倒みれない。



正しいロールス・ベントレーに乗り、至福の一時を体験できるのは、



一部の方(良いものを購入した)だけの特権なのだ。













生産台数をみてみよう。






「ターボR」の生産台数




1985年〜1997年 :4447台(他4115台説あり)




「ターボRL」の生産台数




1985年〜1997年 :1524台





年代別に





      「R」    「RL」



1990年   921台    147台



1991年   761台    318台



1992年   168台     76台



1993年   141台     62台






当個体の「91年」は、761台。




左H:「496台」



右H:「265台」




日本でも世界でも、90年と91年モデルだけでは、選り好みできる台数



があることが、ご理解いただけよう。











さて、当個体の お話






ディーラー車・右ハンドル 「ターボR」




1990年9月登録であるが、91年モデル(VIN、10桁目がM)



この個体は新車のときから知っている。



旧知のエンスー様が、ディーラー経由で特注した個体だ。



なにが特注って、それは外装色。




私も、初めてみたときはビックリしたものだ。



カラー名:「クローム・イエロー」



当時、オーナー様から、コーンズのカラー見本にないカラーを



特注したと聞いていたが、今回、調べ直してみたら、、



スペシャル・カラーとして存在していた純正カラーだということが



分かった。




当時の「コーンズ」カラー見本は、私も持っているが、確かに存在



しない。だが、世界には、このカラーをオーダーした人が数人いる



ようだ。



因みに、このスペシャル・カラー「クローム・イエロー」は、



「シャドウ」時代にも一時存在し、ロールス社として各地のディーラ



ーに、主に、「コーニッシュ」を購入するオーナーに、お薦め!



としていた。という。




それでは、改めて






外装は:




「クローム・イエロー」




素晴らしき塗装コンディション!




クロームとあるが、ソリッドのカラーである。



とてつもなく変わったカラーで、太陽光のもとでは、レモン・イエロ



ー風に淡い黄色に見えるし、曇りの日に見ると、とても濃い黄色に



見える。なんと表現して良いか分からない黄色だ。




どちらにせよ、ロールス社に「色」の外しはない。



全てのカラーが正解。



うちでは、当個体、「幸せの黄色いR」と呼ぶ。







特注カラー以外のエクステリアでは、



・フライングB



・CピラーにBバッジ(本来はRLだけの)



そして、17インチ純正アルミ・ホイール



もちろん、これは、97年以降「コンチネンタルR」モデルのものだ



から、近年交換したのであろう。



このホイール・デザインは秀逸で、ぐっと新しいモデルにみえる。




このタイプのホイールを数年前から頼まれて世界中で探しているが、



未だに見つからない(あってもプレミアムがついて べら棒に高額)








内装は:





「マグノリア」レザーに「タン・パイピング」。




この内装もオーダーしたもの。



当時、腰を抜かすほどのクルマ・コレクションを所有しておられた



ファースト・オーナー様は、相当にセンスが良い。




上品な「マグノリア」コノリーに、ダッシュ上部の「タン」&パイピ



ング「タン」が効いている。



美しい、、




「コノリー」も活き活き、ウッドの艶も文句なし、



オプションの「ピクニック・テーブル」も好き風情。










当個体で、一番驚くべきは、このカラーではなく、




この目を見張るほどの飛びぬけたコンディションである。




内外装どこをみても、なんだか、当時と変わらないほど綺麗なのだ。



ファースト・オーナーを含め、3オーナーであるが、



皆さん、一時預かり人の任務を きっちり果たしている。



もはや、感動だ。







更に〜




これほどの個体に 、ご納車時には、認証工場「シーザー・ファクトリ



ー」で怒涛の「240項目 点検・整備」が施される。



このあたりのモデルを診せたら、世界でもトップクラスの腕を持つ



弊社自慢の熟練メカニックの整備は無料だ。





この年式モデルは、日常の足代わりに最適。



じゃんじゃん乗って「ターボR」の 何たるかを体感して欲しい。



と、いつもは書くが、、




この個体は、大切に後世に残すべきだ。



この個体は、のちに価値がでる。



因みに、私の予想は、外したためしが無い。



91年モデルは、最後の3速ATモデルであるが、玉数があるので、



後世に残すのは、厳選した個体だけでよい。



この個体は、その厳選した個体の中の 1台だ。



とはいえ、乗らずにガレージに後生大事に仕舞っておいて 



という意味ではない。



クルマは、乗らなきゃ意味がない。



大事に お乗りください:という意味だ。






それほど、好い、、この個体は、、






「幸せの黄色いR」は、きっと あなたを幸せにしてくれる。








それでは、





写真66枚で 詳しく ↓