本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTLEYHEADLINE

TURBO R

 
  AUTO MAKER BENTLEY 
  MODEL TURBO R 
  YEAR 1994
  EXTERIOR DIAMOND-GRAPHITE

(ダイヤモンド・グラファイト)
  INTERIOR BEIGE- LEATHER 

(ベージュ・レザー))
  PRICE \ ask
 
  MILEAGE 38.196km
  AMMENITIES


ディーラー車 左ハンドル 



V8 OHV 6747cc・ターボE/G  




4速フロアAT (スポーツモード付)、





スペック:「必要にして充分」







全長:528cm


全幅:189cm


全高:148cm


車重:2380kg


定員:5人



装備:



Wエアバック、フロント:パワーシート、F:シートヒーター、



F:シートメモリー(4人分)+ランバーサポート、バニティミラー



オーディオ(純正カセット&CDチェンジャー)、ETC車載器、



他フル装備







内外装極美、機関・当社にて完全整備渡し、超極上車。  




車検:平成31年2月9日まで

 
  COMMENT




「ベントレー・ターボR」






解説:




一時は無名に等しい存在になった「ベントレー」の名を世界中に知ら



しめた世紀末 救世主「ターボR」!








「ターボR」のベースモデルは、一般的にSZ系と呼ばれている。



「シルバーシャドウ」(65’〜80’)=ベントレー「T」シリーズの後継



モデルで、1980年から1998年の間、実に18年間にも渡って



生産されたロングセラーモデルであった。




だが、一口に「SZ系」といっても多種多様な進化を繰り返していて



その内容・改良点を羅列すると2千箇所ほどにも及んでしまう。



これが、妥協という言葉を知らない ロールス社のすごいところでも



ある。




18年間の中でロールス版モデルは、3度だけ、モデル名を変えた。



90年「スパー2」、94年「スパー3」、96年「スパー」であるが



ベントレーモデルの場合、困ったことに、シリーズが更新してもモデ



ル名を変えていなかった。



だから、「ターボR」と言っても、どのシリーズのものなのかは分か



らない。



イギリスの販売店などでは、独自に「ターボR・シリーズ2」などと表



記している店もある。




ターボRと名が付くモデルは、1985年に誕生しているが、



80年代の進化は、割愛させていただき、90年代の「ターボR」、



大きな進化箇所のみを おさらいしておこう。








1990年:オートライド・サスペンションやインフォメーション


       ・コンピューター・パネルの採用で「シリーズ2」に




1992年:3速ATから 4速ATへ




1993年:ベントレー・モデルのみ、コラム・シフトからフロア・



      シフトに



      この変更で、ベントレーは、完全にオーナードライバー



      ズ・カーと認知される。




1994年:ダイレクト・イグニッション・システム採用
      

      ベントレー4ドア・モデルの「ボンネット」からセンタ


      ーメッキモールが廃止される。


      これで、見た目にも、ロールスとは違うモデルであるこ


      とを強調。


      内装デザイン変更。


      Wエアバック採用






1996年:16年ぶりの 大型改良・ターボ・モデルは水冷インタ



      ークーラー付きとなり、戦後初めて、馬力やトルクなど



      のスペックを公表する。
      

 
      ・ボディも改良・・・一体型ドア・ミラー採用、フェン



       ダーデザイン変更、大型エアロ・スポイラー採用、



       グリル・デザイン変更、内装デザイン変更、
      


      ・アルミ・ホイール・デザイン変更(17インチ)
      

      ・内装デザイン変更。
      

      ・ロールス・ベントレー初の「チルト・ハンドル」採用
      




1997年 ・大型キャリパーのハイパフォーマンス・ブレーキをタ


       ーボ・モデルのみ採用これに伴い、96年ホイールで



       は、ホイール内側にキャリパーが当たってしまうため


       またも、ホイール・デザイン変更(17インチ)。
       

       結局、96年ホイールと97年ホイールは、各 1年



       間しか使われていない。
      

      ・セキュリティシステムの強化。
      

      ・カタログからショートボディの「ターボR」が消え、
     

       「RL」のみ販売。




1998年・「ターボRT」発売(コンチT・スペック・エンジン) 

     
      「ターボRL」もカタログから消える。





1998年:新型モデル「アルナージ」にバトンを渡す。





と、こんな感じ。




「ターボR」というモデルに乗ろうと思ったら、次ぐに考えるのが



この中↑の どのモデルに乗るか?となる。




正直、1988年以前の「ターボR」に乗る「意味」は、これから始め



る方にとっては、皆無である。



完成度が低いから、維持費も掛かるし、費用 対 効果が合わない。



間違いなく、89年〜のモデルに限る。




あとは、「ご予算」のみ。



うちで扱ってる個体であれば、「ハズレ」はないから、どれでもOK。



とはいえ、



今回は、94年モデルの個体・解説であるから、



少々加担して、当モデルより(褒める)に、書かせていただこう。





94年と95年は、同じモデルと言って良い。



逆に言えば、この2年間しか生産されていないモデル。



96年には、ボディが変わってしまう。



空力には優れているボディとなるが、反面、大切な「グリル」が小さ



くなってしまう。



昔から、ロールス・ベントレーにおける「巨大グリル」こそ、皆の憧


れの象徴だった。



特に グリルの縦寸は、大切



そびえたつグリルこそが、命。



そう、、



1980年から始まった「SZ系」ボディは、正確には95年に終わ


るのだ。



その観点からみると、94’ 95’モデルは貴重な最終ボディ。




さらに ダイレクト・イグニッション(プラグ・コードがない)と


なっているので、メカ的安心度も高い。



どうです? 悪くないモデルでしょ





「ターボR」の生産台数




1985年〜1997年 :4115台




因みに




当1994年モデルは、内: 196台



一見 多そうだが、、日本には少ない(バブル崩壊後のため)。






1994年 新車時価格




・「ターボR」:2678万円 (税込み)



これに、取得税5%、ほか諸費用などで、およそ3千万円




無論、世界一高級な「スポーツ・サルーン」であった。














さて、当個体の お話






ディーラー車・左ハンドル



以前、弊社で販売させていただいた「シーザー認定号」



前回、平成29年の車検取得整備も弊社担当。



もう この段階で間違いのない1台であること決定。



走行距離:38.196km!




世界的にみれば奇跡の1台にして、シーザー整備、、鬼に金棒。



当個体で、もう一つ珍しいのが、オーディオ、当時のコーンズ純正物



カセットテープ&CDチェンジャーが、そのまま、、



こんな個体は、滅多にない。純正マニアには、奇特な1台だ。






外装の「ダイヤモンド・グラファイト」は、ウレタン塗料になってか



らの新色カラー。



ラッカー塗料時代から「グラファイト」=「石墨」「黒鉛」という



定番カラーがあり、その継続版。



要は、ガンメタだが、そこはロールス純正色、朝、昼、晩と色を変え



ることは言うまでもない。




塗装コンディションも素晴らしい!




ワイルドに野ざらし保管でも問題ない。



内装は、「ベージュ」レザー。



「マグノリア」や「パーチメント」は多いが「ベージュ」というカラ



ーは珍しい。 かなり、いけてる。お上品。



現時点でさえ、即納できるほど絶好調であるが、変態な弊社は



そういうわけにはいかない。



ご納車前には、認証工場「シーザー・ファクトリー」で怒涛の



「240項目 点検・整備」が施される。



このあたりのモデルを診せたら、世界でもトップクラスの腕を持つ



熟練メカニックの整備は無料だ。








この年式モデルは、日常の足代わりに最適。



じゃんじゃん乗って「ターボR」の 何たるかを体感して欲しい。



世界のVIP、それも ピラミッドの頂点に君臨する方々を 唸らせ



た その実力は、ハンパなものではない。




で なければ、天下のロールス・ロイスとの生産比率を逆転させたこ



となど できるわけがない。




流通価格こそ安いが、物の価値は 値段ではない。



この「ターボR」を乗っていて、例えば、信号待ちで 隣に 現行・



新車のベントレーが停まったとしよう、、相手のオーナー様は、



あなたの10倍の値段でベントレーを入手したわけだが、、



はたして、どちらの車の方に 満足感があるのか??



10分の1の当個体には、




もはや入手不可能な最上のコノリーレザーが、隅々まで張られ、



芸術の域に達する熟練・職人のバーウォールナットの仕上げ技、



ビスの1本にまで妥協を許さなかった最善のクォリティ、、



この室内空間に掛かっているコストは、桁違いなのだ。



だから、「値段」など関係ない。





走ってみた:




今から、23年も前のクルマであるが、、車の進化とはなんなのだろう



SZは、本当に 好いクルマである。



ずおおお とトルクで持っていく走りは、これぞ ベントレーだ。



使っている材料の良さは、乗れば乗るほどに理解できることだろう。



自動車メーカーってのは、コストダウンの歴史なわけだが、ほか



メーカーほど顕著ではないにしろロールス社も、新型モデルでは、



必ずコストダウンが計られている。



だから、やっかいなことに古いモデルほど、すごい。



もちろん、本来の価値をなくしたしまった個体は少なくない、



というより、事故や間違った整備や管理、ヘタな塗装などで、ダメに



してしまった個体の方が多い と言って良い。



だが、弊社で購入する場合、その心配は ご無用。



当個体とて、日本どころか世界で自慢できる1台である。






サー「フレデリック・ヘンリー・ロイス」の言葉




「価格は 忘れ去られても、品質は存続する」












それでは、





写真59枚で 詳しく ↓