本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTLEYHEADLINE

TURBO RL

 
  AUTO MAKER BENTLEY 
  MODEL TURBO RL
 
  YEAR 1996
  EXTERIOR DIAMOND-GRAPHITE

(ダイヤモンド・グラファイト)
  INTERIOR SLATE- LEATHER 

(スレート・レザー)
  PRICE \ ASK
 
  MILEAGE 112.135km
  AMMENITIES


ディーラー車 左ハンドル 



V8 OHV 6747cc・水冷インタークーラー付き・ターボE/G  




4速フロアAT(スポーツモード付)、




馬力 :389ps/4000rpm



トルク:76.5kgm/2000rpm







全長:541cm


全幅:189cm


全高:148cm


車重:2440kg


定員:5人



装備:



Wエアバック、全席パワーシート、F:シートヒーター、F:シートメモリー


(4人分)+ランバーサポート、電動チルトハンドル、ピクニックテーブル、



リモコンキー、他フル装備







*ビスポーク&オプション装備




・電動ガラス・スライディング・ルーフ



・電動開閉ミラー



・リア・シートヒーター(強弱2段階)







・ インダッシュ「HDDナビ・地デジ」ストラーダ CN−HDS965D



・ バックカメラ



・ レーダー探知機



・ ETC車載器





内外装美車、機関・当社にて完全整備渡し、超極上車。  




車検:平成29年10月11日まで








 
  COMMENT




「ベントレー・ターボRL」スペシャル仕様!










解説:





ベントレー・スタンダード・4ドア・サルーンの最高峰「ターボR」のロング・ホイー


ルベース(10cm)版「ターボRL」。






SZ系は,「シルバーシャドウ」(65’〜80’)=ベントレー「T」シリーズの後継モデル


で、1980年から1998年の間、実に18年間にも渡って生産されたロングセラー


モデルであった。



だが、一口に「SZ系」といっても、多種多様な進化を遂げ、


その内容・改良点を羅列すると2千箇所ほどにも及んでしまう。


これが、妥協という言葉を知らない ロールス社のすごいところでもある。




18年間の中で ロールス版モデルは、3度だけ、モデル名を変えた。


それは、90年の「スパー2」、94年「スパー3」、96年「スパー」であるが、、


ベントレーモデルの場合、困ったことに、シリーズが更新してもモデル名を変えていな


かった。



だから、「ターボRL」と言っても、どのシリーズのものなのかは分からない。


イギリスの販売店などでは、独自に「ターボR・シリーズ2」などと表記している店も


ある。




80年代の進化は、割愛させていただき、


90年代の「ターボR」、大きな進化箇所のみを おさらいしておこう。








1990年: オートライド・サスペンションやインフォメーション・コンピューター


       ・パネルの採用で「シリーズ2」に




1992年:3速ATから 4速ATへ




1993年:ベントレー・モデルのみ、コラム・シフトからフロア・シフトに


      この変更で、ベントレーは、完全にオーナードライバーズ・カーと認知さ       

      れる。




1994年:ダイレクト・イグニッション・システム採用
      

      ベントレー4ドア・モデルの「ボンネット」からセンターメッキモール       

      が廃止される。


      これで、見た目にも、ロールスとは違うモデルであることを強調。


      内装デザイン変更。






1996年:16年ぶりの 大型改良・ターボ・モデルは水冷インタークーラー付きと


      なり、戦後初めて、馬力やトルクなどのスペックを公表する。
      

 
      ・ボディも改良・・・一体型ドア・ミラー採用、フェンダーデザイン変更     

       大型エアロ・スポイラー採用、グリル・デザイン変更、
       
      

      ・アルミ・ホイール・デザイン変更(17インチ)
      

      ・内装デザイン変更。
      

      ・ロールス・ベントレー初の「チルト・ハンドル」採用
      




1997年 ・大型キャリパーのハイパフォーマンス・ブレーキをターボ・モデル


       のみ採用、これに伴い、96年ホイールでは、ホイール内側にキャ


       リパーが当たってしまうため、またも、ホイール・デザイン変更       

       (17インチ)。
       

       結局、96年ホイールと97年ホイールは、各 1年間しか使われてい       

       ない。
      

      ・セキュリティシステムの強化。
      

      ・カタログから、ショートボディの「ターボR」が消える。
     

       「RL」のみ販売。




1998年・「ターボRT」発売。(コンチT・スペック・エンジン) 

     
      「ターボRL」もカタログから消える。





1998年:新型モデル「アルナージ」にバトンを渡す。





と、こんな感じ。



ご理解いただけるとおり、18年の生産期間中、96年時の改良が もっとも大掛かり


であった。



それは、まるで、それまでに存在したユーザーの不満箇所を 全て解消した とも言え


るもので、経営が悪化していた ロールス社の最後の「勝負」であった。



モデルとしては、SZ系・最終進化モデルの名にふさわしく、素晴らしい完成度で、


「勝負」には勝っている。



ただ、、「商売」では、そうはいかなかったようだ。



マニアにとっては、とてつもない進化・改良であったが、、一般の方には、??? 


新たな顧客を開拓するまでには至らなかった。



個人的には、このモデルを92年ごろに発売していれば、もう少し会社を延命できたの


では?と思えるほど、いい車である。





1904年創業ロールス社(=ベントレー)最後の純血統スタンダード・4ドア・サル



ーン、、それが、96’〜98’SZ系モデルである。



いい車なのだが、、販売した時代も厳しかった、、国内では、数十台しか売れていない



、、もう あの時には、戻れない、、。








近年、「SZ系」モデルは、早くも再評価されてきている。


「アルナージ」、「フライングスパー」などの新型モデルに乗りついだユーザー様が、


SZ系モデルに戻ってきているのだ。


事実、うちの お客様でも、そんな方は多い。


それは、ある種、当然といえば当然で、天下のロールス・ベントレーといえど、モデル


・チェンジは、他メーカー同様、コストダウンを伴うのを否めないから、、


SZ系の最上級品質を知り、体感したのちに、それ以下の品質のもので、満足するのは


難しい。


特に エンスーと呼ばれる方たちなら、、、許せなくなるはず、、で、戻ってくるしか


ない。



だが、単純に戻るのも、これまた難しい、、なにせ、生産中止から、20年近くが経過


、極上個体が激減してしまった。


不景気で、流通価格が暴落し、扱いも乱雑になってしまったためであろう。



いまや、絶滅危惧種に指定したいほどである。













さて、当個体の お話






ディーラー車・左ハンドル




以前弊社で販売させていただいた「シーザー認定中古車」




= 間違いがない。




3オーナーで、走行距離こそ伸びてはいるが、それを感じさせない◎コンディション!



もっとも そうでなければ扱わないが、、。



それにもまして当個体が すごいのはーーーー




なんなんだっー この個体は?というほど 見たこともないスペシャル仕様!



こんなスペシャル・オーダーが96年時に可能だったとは知らなかった。




一番の驚愕装備は、




* 電動開閉式ミラー!



これは、97’のコーンズ限定車「MPWスパーターボ」と「R400」で各6台づつに



だけ採用されたスペシャル装備であるが、まさか96年に特注できた?とは、、。



ひょっとすると、後から作らせたのか?? *その場合 もっと高くつくが、、。



このミラーの開閉操作は、ハンドル・ポスト右下にワンメイクで造作(革張り)された



BOXの専用スイッチで行う。ここには、レーダー探知機も埋め込まれている。



こういう特注でのワンメイク物は、、、我々庶民には 想像を絶する追加価格となる。




ただし(内緒であるが)このミラー、アウディの物を流用し改造して取り付けている。



これは、前述限定車の「MPWスパーターボ」や「R400」も同じことで、



つまり、中身の機械が壊れたところで、アウディのパーツ代で修理できる。



狭い日本、この装備は有益だ。







*電動ガラス・スライディング・ルーフ




これもオプションには存在しないビスポーク(特注)装備。



ロールス社が、サンルーフをオプション装備に加えていなかった最大の理由は、



ボディ剛性が僅かにおちるから。



死なせないクルマを作るのがロールス社の信条だったのだ。



だが、いざ、お客様からの要望とあれば、話は別、、他メーカーでは、ありえない



どんなものでも特注に応じていた。、、昔はね。




このサンルーフ、、作り手も大変、、おそらく、いま現在と同じように、



難易度の高いビスポークとして「MPW」の職人が作ったのではなかろうか??



サンルーフの装置を天井に収める ということは、天井の内張り構造、造作から



全て一から作らなければならない。もちろん、ラインなどないから、手作業でだ、、。



その完成度たるや、、内張りのショードも付き、ポップUPもできる優れもので、



まるで、違和感がない。



ただし、これも内緒だが、、このサンルーフの機械部分は、BMW製だ。



電動ミラーは、アウディ、サンルーフは、BMW、、



まっ こういうデザインや味わいとは関係ない見えない機械部分は、信頼のドイツ製で



よかろうかと思う。



そんなわけで、サンルーフの修理もBMWのパーツ代となる。








1996年時の「RL」新車時価格は、2680万円




これに、消費税、取得税10%プラスだけで、2940万円



更に、ビスポーク代、、無理やりオプション装備した(本来はスパーのオプション装備



)と思われるリアのシートヒーターなど、、一体 いくら掛かったのか??





当個体、世界的に見ても、非常に奇特で貴重な1台であるから、



将来、SZ系モデルが再評価されたとき(確実に再評価される)には、



化けそうだが、、今は、残念ながら、一番 安価な時代の「中古車」。



「中古車」時代には、走行距離が価格に反映してしまう。



これが、時が経ち「クラシックカー」時代になると、もはや距離など関係なし、



今現在のコンディション:で、価格となる。



そんなわけで、今は、お買い得な1台とならざるをえない。





外装:ダイヤモンド・グラファイト



内装:シーラス・レザー




外装も文句なし。



内装のオリジナル・コノリーも、走行距離が うそのようにキレイ。




それにしても、趣味人というのは、実に渋いカラーを選択するものだ。




 
「ターボRL・スペシャル」、、



 世界に1台だけの天使は、必ず あなたに幸福をもたらす








それでは、





写真81枚で 詳しく ↓