本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTLEYHEADLINE

TURBO RL

  MAKER BENTLEY 
  MODEL TURBO RL
 
  YEAR 1996
  EXTERIOR ROYAL-BLUE


(ロイヤル・ブルー)
  INTERIOR SAND-STONE- LEATHER
 

(サンドスートン・レザー)
  PRICE \ ask
 
  MILEAGE 67.797km
  AMMENITIES


ディーラー車 左ハンドル 






V8 OHV 6747cc・水冷インタークーラー付き・ターボE/G  




4速フロアAT(スポーツモード付)、






馬力 :389馬力 /4000rpm



トルク:76.5kgm /2000rpm







全長:541cm


全幅:189cm


全高:148cm




車重:2440kg


定員:5人







装備:



Wエアバック、全席パワーシート、F:シートヒーター、F:シート



メモリー(4人分)+ランバーサポート、電動チルトハンドル、



ピクニックテーブル、リモコンキー、ETC車載器、フル装備。









内外装美車、機関・当社にて完全整備渡し、超極上車。  




車検:令和3年 2月22日まで








 
  COMMENT




「ベントレー・ターボRL」










解説:





ベントレー・スタンダード・4ドア・サルーンの最高峰「ターボR」



のロング・ホイールベース(10cm)版「ターボRL」。






SZ系は、「シルバーシャドウ」(65’〜80’)=ベントレー「T」シリ



ーズの後継モデルで、1980年から1998年の間、実に18年間に



も渡って生産されたロングセラーモデルであった。




だが、一口に「SZ系」といっても、多種多様な進化を遂げ、



その内容・改良点を羅列すると2千箇所ほどにも及んでしまう。



これが、妥協という言葉を知らない ロールス社のすごいところでも



ある。




18年間の中で ロールス版モデルは、3度だけ、モデル名を変えた






それは、90年の「スパー2」、94年「スパー3」、96年「スパー」



であるが、、ベントレーモデルの場合、困ったことに、シリーズが



更新してもモデル名を変えていなかった。




だから、「ターボRL」と言っても、どのシリーズのものなのかは分



からない。



イギリスの販売店などでは、独自に「ターボR・シリーズ2」などと表



記している店もある。




80年代の進化は、割愛させていただき、



90年代の「ターボR」、大きな進化箇所のみを おさらいしておこう








1990年: 




オートライド・サスペンションやインフォメーション・コンピューター


・パネルの採用で「シリーズ2」に





1992年:



3速ATから 4速ATへ





1993年:



ベントレー・モデルのみ、コラム・シフトからフロア・シフトに



この変更で、ベントレーは、完全にオーナードライバーズ・カーと



認知される。





1994年:



ダイレクト・イグニッション・システム採用
      


ベントレー4ドア・モデルの「ボンネット」からセンターメッキモー



ルが廃止される。




これで、見た目にも、ロールスとは違うモデルであることを強調。



内装デザイン変更。 「エアバック」を標準装備。






1996年:



16年ぶりの 大型改良・ターボ・モデルは水冷インタークーラー付



きとなり、戦後初めて、馬力やトルクなどのスペックを公表する。
      



ボディも改良・・一体型ドア・ミラー採用、フェンダーデザイン変更     


大型エアロ・スポイラー採用、グリル・デザイン変更、
       
      

・アルミ・ホイール・デザイン変更(17インチ)
      

      
・内装デザイン再変更。
      


・ロールス・ベントレー初の「チルト・ハンドル」採用
      




1997年:




・大型キャリパーのハイパフォーマンス・ブレーキをターボ・モデル



のみ採用、これに伴い、96年ホイールでは、ホイール内側にキャ



リパーが当たってしまうため、またも、ホイール・デザイン変更       


(17インチ)。
       


結局、96年ホイールと97年ホイールは、各1年間しか使われてい       


ない。
      


・セキュリティシステムの強化。
      


・カタログから、ショートボディの「ターボR」が消える。
     


「RL」のみ販売。






1998年:



「ターボRT」発売。(コンチT・スペックエンジン) 

  

「ターボRL」もカタログから消える。





1998年:新型モデル「アルナージ」にバトンを渡す。




と、こんな感じ。







ご理解いただけるとおり、18年の生産期間中、96年時の改良が 



もっとも大掛かりであった。



それは、まるで、それまでに存在したユーザーの不満箇所を 全て解



消した とも言えるもので、経営が悪化していた ロールス社の最後



の「勝負」であった。



モデルとしては、SZ系・最終進化モデルの名にふさわしく、素晴ら



しい完成度で、「勝負」には勝っている。



ただ、、「商売」では、そうはいかなかったようだ。



マニアにとっては、とてつもない進化・改良であったが、、一般の方



には、??? 



新たな顧客を開拓するまでには至らなかった。




個人的には、このモデルを92年ごろに発売していれば、もう少し会



社を延命できたのでは?と思えるほど、いい車である。





1904年創業ロールス社(=ベントレー)最後の純血統スタンダード



・4ドア・サルーン、、それが、96’〜98’SZ系モデルである。









96年時「ターボRL」生産台数:




僅かに「99台」のみ(左:53台、右:46台)




*ショートホイールの96’「ターボR」は、「281台」



*97’「ターボRL」は、生産中止を惜しむユーザーで「480台」


 
 もオーダーされた。




96’モデル「RL」は、貴重なのだ。


















さて、当個体の お話






ディーラー車・左ハンドル




以前、それも15年も前に弊社で販売させていただいた元「シーザー認



定中古車」。



随分長いこと ご愛顧いただいた。




走行距離:67.797km





弊社が、ずーーーと整備担当。




もう この段階で走行距離は関係なし。



令和元年2月にも弊社で「車検整備・取得」させていただいたばかり。





驚くべきことに、今も変わらずキレイ!




外装・キズなし! 艶々。



内装・スレなし!*僅かに存在したスレ箇所が入庫後リペア済みだし




ありがちな、Fセンターコンソール「フタ」のスポンジ痩せ も



リペア済み。 芸が細かいでしょ。









1996年時の「RL」新車時価格は、2680万円



バブル期の「RL」は、3400万円だったから、随分弱気の価格設定



であるが、それでも、税金、諸費用を加えれば、3千万級のモデルで



あることには違いがない。



それが、いまなら、クラウンの半値ほどの価格、、



実に「都合が良い」。




今は「中古車」、時がたてば、「クラシックカー」に出世して再び、



価格は高騰するが、今なら、、。




「都合の悪い」中古車というのは、その本来の価値以上に高額で流通



しているモデルであるが、当個体は、確実に「都合が良い」。









外装:「ロイヤル・ブルー」





でましたっ 王道カラー!



ボディサイドには、内装に合わせたベージュ、2本のコーチライン。






全長は、541cmあるが、ハンドルがキレキレっなので、運転するのに、



大きさは気にならない。



「大型」クルーザーの乗り心地は、「小型」と比べようもない。







「RL」=ロング・ホイールのみ「Cピラー」に「Bバッジ」が標準



で、一目でRLと認識できる。





96’モデルと95’モデルまでのボディは、まったく違う。



似ているが、接点がない。



フェンダー形状まで異なるのを知る人は少ない。



つまりは、95’以前モデルを、96’〜モデルに改造することは不可能だ





この大掛かりな改良は、全て「空力」のため。



96’で採用された「水冷インタークーラー」により、馬力は随分UP



し、加速、最高速(249km)ともにスポーツカーのそれ、となると、



95’までのボディでは、風きり音的に限界だったのだ。



これは、高速道路を走ると、体感できる。 劇的 といってよい。











内装:「サンドストーン」コノリー





珍しい部類に入る内装カラー。




「マグノリア」や「パーチメント」と比べ、色が濃いので、汚れが



目立たず、管理も楽だ。




「コノリー」レザーの凄さは、この個体を観ても明らか、、



現行のロールスやベントレーに使われているドイツ(バイエルン)産



のレザーは、しばらく乗っていると革が、しわしわになってしまう、



が、どうよ、この個体の革は!



生産から22年が経過した今でも、革は、パーンと張りが良い。




これはね、「牛」がデカイのだ。



バイエルン産の「30ケ月の子牛革」とは、ぜーんぜん違う 厚さだ。





「コノリー」がないのは、本当に残念だ。



この革、この先、まだ、20年、30年と保つだろうから、恐ろしい。



当然ながら、当個体の現在の販売価格は、この「内装代」のみにも



遠く及ばない。






96’から内装デザインも全て変更された。



これも外してない。より豪華に、そして逆に クラシカルになった。






「バー・ウォールナット」



80年間 地下で暮らした「クルミの木の こぶ状の根っこ」スライス。



ノン・リペアものだが、艶は十分にある。



よく見ると数か所にクラックが発生しているが、まだリペアするには



早そうだ。 むしろ、このコンディションで、ここまでキレイに残して



いるのは、素晴らしい。前オーナー様の お陰。




「クラック」とは




ウッド表面に塗装されたクリアにヒビが入ること。



ロールス&ベントレーは、「ウッド」にも外装塗装のように、



何層も塗って鏡面仕上げを施す。



だから、外装の塗装と同じく、再塗装する時期が いつかはくる。



「ウッド」自体は、80年くらい持つ。それまで、「木」を張り替える



必要はない。あくまで表面の「クリア」のみ。



このリペアする際が、問題。




うちのような どうかしてる車屋になると、ロールス社級の「ウッド職人」



が必要となるが、私は、日本では、そんなスーパー職人を 一人しか知らない。



もちろん、弊社のウッドリペアは全て、お任せしている。



で、技術的には、なーーんの問題もなし。





「RL」には、この天然木が織りなす芸術的杢目を持つ「ピクニック・



テーブル」が標準装備されているが、これ ある のと ない じゃ



大違いで、、あると 異常に嬉しい。




あっ と、当個体、一昔前のナビが付いているが、これは、もうないものと



思ってください。骨董品として渋いが、、。









総評:




新車時価格なら考える必要があるが、



今は、こんな 冗談でしょ? って金額、ドキドキする必要もない。




本来の価値からは、かけ離れた、、もはや 可哀そうなくらい。





それで、世界一のクルマに乗れる。



しかも、シーザーファクトリーが、数ヶ月を要して行う怒涛の



「240項目・点検・整備」は、無料。




維持費は、1km走行当たり:100円の覚悟。



要は、年間に予算分だけ乗れば、困ることもない。



さて、あとは、何か ご不安があれば、何なりと!






「世界一」が、あなたを待っている。




だが、




そんな あなたも




当個体の寿命からすれば、所詮




一時預かり人に すぎないが、、








まずは、お写真「93枚」で、ご検討のほど  ↓