本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTLEY HEADLINE

CONTINENTAL R400

 
  AUTO MAKER BENTLEY  
  MODEL CONTINENTAL- R400 
  YEAR 1997
  EXTERIOR
SILICA



(シリカ)

  INTERIOR

SANDSTONE&SOFT・TAN


Comb-Connolly

 
(サンドストーン&ソフトタン・コンビ・コノリーレザー)

  PRICE \ ASK
  MILEAGE 71.006km 
  AMMENITIES



「コーンズ」&「MPW」コラボ




6台・限定車!





「R400」専用装備:



・「コンチT」スペック・エンジン




・「コンチT」18インチ・ホイール



・ボディ同色・電動格納式ドアミラー



・ホイールアーチ・モール



・ボディサイド下「ステンレス・モール」



・「400」エンブレム



・ユニオンジャック・バッジ(Fウイング)



・コンビレザーステアリング



・ヘッドレスト・エンブレム刺繍



・「バーオーク」ウッド



・「バーオーク」シフトノブ



・「コンチT」タイプのメーター配置













ディーラー車・左ハンドル






V8  OHV 6747cc



水冷インタークーラー付きターボ・ハイパフォーマンスE/G




4速フロアAT(スポーツモード付)






馬力 :404ps/4000rpm





トルク: 
81.6kgm/2200rpm






最高速: 245km





全長:537cm


全幅:188cm


全高:146cm




車重:2440kg


定員:4人





装備:




Wエアバック、ABS、Fパワーシート(メモリーシート4人



分+ランバーサポート、シートヒーター)、電動チルトハン



ドル、オートエアコン、トラクション・コントロール、他









*HDDインダッシュ・ナビ・地デジTV



*バックカメラ連動



*ETC車載器







内外装機関ともに 超極上車!





車検:平成31年 6月29日


 
  COMMENT


ベントレー「コンチネンタル・R400」






解説:




1997年に6台だけ 国内限定販売された「R400」。




=「世界・6台限定車」





ロールス・ベントレー国内正規ディーラー「コーンズ&カンパニーL



TD」が、ロールス社傘下のコーチビルダー「マリーナ・パークウォ



ード」に発注したスペシャル・モデルである。





ベース・モデルは、ベントレー「コンチネンタルR」



これに、97年発売の「コンチネンタルT」404馬力 ハイパフ



ォーマンス・エンジンを積み、プラス・前述のとおり、いろいろな専



用装備を持つ。






そんなわけで、当モデルを理解するのは「コンチR」と「コンチT」



二つのモデルを理解しておく必要がある。




コンチネンタル「R」は、1992年から2003年の間に生産されたコーチ



ビルド物・2ドアクーペで、トータル「1292台」が生産(オーダ



ー)されたモデル。





コンチネンタル「T」は、コンチRを10cmショート・ホイールにし



巨大なオーバーファンダー、ハイパフォーマンス・エンジンを積み



1997年から2003年の間に「321台」が生産されたモデル。




「R400」の400という数字は、コンチTの404馬力からとっている




ベース・モデルの「コンチR」を もう少しだけ詳しく解説すると、





「コンチネンタルR」は、1992年発売



ベントレーの最高峰モデル「コンチネンタル」の名と「R」の両方の名



が付くモデルは、あの戦後・最高傑作のベントレー・モデルとして有



名な「Rタイプ・コンチネンタル」(1952年から1955年)以



来、、実に40年ぶりの復活となる。



2003年式以前で、「コンチネンタル」の名を持つモデルは、その



段階で、スーパーモデルであり、100%コーチビルド・モデル、、



マニア心をくすぐるコレクターズアイテムであることが最初から決定



していた。





デザインは、ロールス社のチーフデザイナー「グラアム・ハル」率い



るプロジェクトチーム。



コンチRの社内プロジェクト名は伝統のとおり、アジアの小国名で



「ネパール」、、



ボディワークは、ロールス社傘下、世界一のコーチビルダー



泣く子も黙る「マリーナ・パークウォード」




いわゆるスタンダードモデルとは、区別して存在するコーチビルドモ



デルである。





コーチビルダーとは、直訳の通り、馬車製作屋、



馬車の時代から車の時代になり、車のボディ製作を手がけているのが



現在のコーチビルダー、、古い歴史を持つ会社が多く、例えば、



マリナー社の歴史は、1700年代までさかのぼる。



一方、「パークウォード」社は、自動車専門のコーチビルダーとして



1919年に設立された会社、、自動車コーチビルドの達人集団



この2社が、最終的に、イギリスのコーチビルド会社の頂点に起つ。





熟練された職人により製作された個体は、一台づつが、「作品」。



が、1904年のロールス社の創業以来、続いてきたボディ全体にま



で至る伝統のコーチビルドモデルは、当コンチネンタルR・シリーズ



(コンチT、アズールを含む)をもって最後となってしまった為、



1台づつの作品が貴重品。







1992年発売のコンチネンタルRも他のモデル同様、1994年、



機関系に やや大掛かりな改良が加えられ、エンジンがダイレクト・



イグニッション・システムとなり、エンジンルームの景観は一変する




更に、96年には、水冷インタークーラー付きターボとなり、戦後で



は初めて馬力等のスペックを公表することになる。マニア的には、



実力UPした以上に、記念すべきモデルだったりする、、。



(*、ドイツなどの一部地域は、以前より法律上、スペック公表を強



  いられていたが、、)






389馬力、、、この数値は、95年式以前より、かなりパワーUP



している。



水冷インタークーラーの恩恵は大きいようで、確かに乗リ比べれば違



いが分かる。



この年式以降、全てのベントレーモデルは、馬力等のスペックをカタ



ログに載せ、伝統の「必要にして充分」の表記はなくなる。



発売前から某有名誌で




「また1台、疑いなく将来、伝説的な名車になるであろう車



 が生まれた





と言わしめた「コンチネンタルR」、、





この「コンチR」をベースに、10cm・ショートホイールにし、ワイ



ドボディを身にまとった、よりスポーツ・タイプのモデルが、「コン



チT」。




最後の、、つまり、2003年が最後であるが、この年まで作られて



いたコーチビルド・モデルが、「コンチR」と「コンチT」と「アズ



ール」の3モデル。



自動車史に残る 最強の3兄弟(姉妹)である。



そして、当「R400」も、間違いなく血を分けた兄弟なのだ。







さて、「R400」の お話



ここまでで、ご理解頂いているとおり、イメージとしては、コンチR



の豪華版、もしくは、コンチTの上品版 といったモデル。




外装も興味深い仕様となっている。




コンチTの18インチ・アルミは、妙に似合っているし、、、



なんと言っても、フェンダー・アーチとボディサイドのステンレス・



モールが、効いていて、なんとも高級感のある佇まいをみせる。





内装で印象的なのは、やはり、使われている「ウッド」、、




「バー・オーク」



ロールス・ベントレーの一般的な「バー・ウォールナット」ではなく



オーク材の木の根っこ付近にできる瘤(こぶ)をスライスした「バー



・オーク」材を使用



ダークな色目の「バーウォールナット」に 慣れ親しんでいるものに



とって、この明るい こぶ目模様は 新鮮である。





そして、「R400」の真骨頂は、「走り」



コンチ「T」の404馬力は、必要にして十分であるし、なにより、



81.6kgmのトルクは、圧倒的で長距離運転でも疲れることは無い。






これほど、手間の掛かっている仕様の「R400」であるが、新車時価格



は、コンチ「R」の100万円UP、



これは、大変なバーゲンプライスである。




97年時、「コンチR」新車本体価格は、税込:3725万円




「R400」は、税込:3832万円




ただし、98年には、「コンチR」の新車本体価格は、なぜか(為替



?) 3900万円(税込:4095万円)に値上がりするので、仮に




「R400」が、98年に販売されていたら、計算上、価格は、



4000万円(税込:4200万円)だったことになる。



プラス100万円で、このスペックと装備は、信じられないほど安い



が、、



例えば、2004年 発売の「コンチGT」は、発売時の新車価格:



1990万円であったから、、「R400」は、その倍、、想像を絶する



高額モデルであることにはちがいない。









では、当車両 そのもの




以前、弊社で販売させていただいた元「シーザー認定中古車」、、



前オーナー様は旧知の(いっしょにクラシックカーラリーにも参加し



たほど)ロールス・ベントレー・エンスー様。



複数台ご所有だが、当個体は、平成18年から愛用いただいた。



車検・整備も全て弊社「シーザー・ファクトリー」担当。



内外装も走行距離(現在:71.006km)が信じられないほどキレイ



だし、整備状況も万全、オマケに、内外装カラーも最強!





さあて、当個体級の逸材ともなると、「外装」「内装」「機関系」の




3項目に分け詳しく解説させていただこう。




それでは、写真85枚と共に、




「R400物語」の はじまり はじまり





 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 



外色は、「シリカ」。





実に、いい色だ〜



このカラーは、私の好きなロールス・カラー、ベスト3に入る。



「シリカ」とは、「二酸化ケイ素」のこと。近年、化粧品や医薬品で脚光をあびた、



あの「珪素」のこと。 そういや、うちの嫁も珪素水 飲んでた。




メタリック粒子は細かく、ギラついたカラーではない。



実に お上品、気品漂うカラーだ。




塗装コンディションも極めて◎!






「R400」の6台中、3台ほど過去に扱わせて頂いたが同じカラーの個体はなかった。




全長は、537cm、、「コンチR」と同じ



「R400」の魅力の一つが、このサイズであろう。



「コンチT」になると、10cmショート、、つまり、リア・シートが狭い。



が、「R400」は、Tエンジンでありながら、リア・シートも十分に広い=



実用度が高いのだ。




前述したが、「R400」のみの装備、、「ステンレス・モール」、、これがいい!



単純にキレイ、、眺めていて飽きない。



このパーツ・セットだけで、100万円はするはず、、。



あと、一目で「R400」だ・・と判断できる電動格納式ミラー、、形状からして他とは



異なる。



コンチGTが販売される2004年、、、それ以前のベントレーモデルでは、唯一、



このモデルだけが電動格納式である。



せまい日本、、残念ながら、あると便利、、



このミラー、内緒であるが、アウディのものを流用している。



だから、もし、壊れても アウディ・パーツで直せば安い。 秘密だけど、、。



ただ、ボディとの台座部分は、専用ハンドメイド物で、この部分は高そうだ。






このモデルで、最大の発見が、ホイール



97年の「コンチR」は、17インチ、7.5Jホイールにタイヤは、255サイズ



「R400」のホイールは、「コンチT」の18インチ、9.5Jホイール、「T」は、これ



に285サイズのタイヤを履いている。




当時(今でも)、この「T」ホイールのデザインは人気で、多くの方が、履き替えたい



と考えた、、、しかし、まずは、その価格を聞いて、9割の方が諦める、、、



残った1割の方も、、285サイズのタイヤのまま、コンチRやターボRに履いてしまう



と、フロントがタイヤを切ったさいにフェンダーに当たってしまう。で、諦めていた。





しかし、「R400」は最初から「T」ホイール、、なぜ?





それは、4本とも「255」サイズのタイヤを履かせていたから、、、



「ピレリー」の「Pゼロ」255・50サイズ。



それなら、確かに当たらない。





乗り心地は、タイヤが細い分 路面振動を拾わないので、「T」より、静か、シャープ



な乗り心地となっている。




この「R400」以降、「コンチT」でタイヤをサイズダウンさせるのが流行った。



乗り心地が格段と良くなるから。



当個体も、「ピレリー・Pゼロ・255」を履いている。





とはいえ、「T」は、タイヤが太いのがカッコイイという方も。   




そんな方に、お勧めする選択肢が、



275サイズ、45扁平 加重指数103Yのブリジストン「ポテンザ」の「RE050」。



このタイヤもフェンダーに当たらず、乗り心地も良し。






「R400」の豪華版コンチRのコンセプトは、マフラーを見ると分かる。



コンチTエンジンにも係わらず、「T」の大口径1本だしマフラーではなく、「R」と



同じ、デュアル・マフラー、、かっ飛び仕様ではなく、あくまで、ロング高速ツアラー



もしくは、街乗り仕様なのだ。




その気になれば、パワーありますけど、、それがなにか、、みたいな奥ゆかしさ、、



これが「R400」。





   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   





 内装は、メインハイドに「サンドスートン」、コンビ部に「ソフトタン」レザー。





「サンドスートン」は、ありがちな「パーチメント」や「マグノリア」などのカラー



より、濃い目のカラーであるから、管理は至って楽。





これに、ダッシュ上部とセンターコンソール内側とハンドルのコンビに「ソフトタン」



レザーとした お洒落上級者オーダー!




内装コンディションも文句なし。



スレやヤレもなく、どこを診てもキレイ。








ステアリング、コンチTはRより太いが、当「R400」は、「T」の太いハンドルであ



る。




レザーは、言わずと知れた「コノリー」社の最上級品、「10%トップ・グレード」



これ以上は、、ない。





ウッドは、「R400」専用装備の一つ  「バー・オーク」




コンディションも、お写真の通り=◎。




以前からオプションで、「カナディアン・メイプル」ウッドなどで 白っぽいウッド選



択は存在していたが、この「バー・オーク」というウッドは、このモデルで 初めて 



お目にかかった。



木目模様は、独特のもので、1台として同じものはない。



均一性がない、この木目模様、ウッドの場所により模様が異なる、、自然木が作った



わび さびの世界を室内にいる間中、鑑賞できる。



動く美術館状態。







   
   
   
   
   
   
   
   
   




1959年から基本設計を変えることなく、進化を続けてきた 



伝説のアルミ合金製V8エンジン。







97年に、「コスワース」と「ザイテック」との技術協力のもと、登場したコンチTの



ハイパフォーマンス・ターボ・エンジン。



最高速は、245km、正に「必要にして充分」。超過剰品質エンジン、



手組み、、爆発的に部品点数の多い、このエンジンは、完全にハンドビルドで組み上げ



られているのだ。



厳密に言うと、一台のエンジンは、2人で1チームとして担当、



1万分の1の公差まで測定して、組み上げられる この航空機のようなエンジンの耐久性



は、もはや「車」のエンジンの次元ではない。



組み立てに要す作業時間「80時間」。








ロールス社は、研磨技術に特出している。



だから、航空機のタービンも すごいの作るし、車のエンジンも信じられないほど耐久



性のあるものを作れる。



おかげで、ロールス製エンジン「コンコルド」は落ちなかった。





あっ  と、よくタイミングベルトの交換時期は?という ご質問をお聞きするが、



タイミングベルトなんて使っていないので ご心配なく、、。



ベルトの変わりにギアを使用していて、ほぼ半永久的に取り替える必要は無い。



ギアが磨り減って交換時期がくるのは現オーナー様の孫の代であろう。




メーカー自身も公式カタログに書いてあるが、




「1920年以降、製造されたベントレー(WOベントレーを含め)の内、約3分の2の



個体は現在も可動している」、、と。



これは、現存可動率といわれるが、もちろん、世界一の可動率を誇る。



これに、可動してない個体(ナンバーを外し博物館にある・とか自宅のガレージで放置



プレイ)まで入れる「現存率」になると、8割以上は軽く現存しているらしい。



ロールス社のエンジン、ボディは昔から、いくつもの伝説で彩られているが、このV8エ



ンジンが、おそらく最後の「伝説」になるであろう。




当個体、今、7万キロだから、あと3万キロくらい走ると本来のポテンシャルを発揮す



ることだろう。まだ、距離が若い。






「R400」




伝説の1台であるが、今なら本来の価値から比べ、不当に安価で乗ることができる。



将来は、お勧めできないほど高額となるだろう。



それが、「MPW物クーペ」モデルの宿命なのだ。 



全てが、そうなったのだから、希望的推測などではない。 統計的にだ。




それでいて




・パーツ供給に困ることも ない。   100年先くらいまでは。



・直せない修理も ない。       弊社が営業している限りは。