本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTLEY HEADLINE

CONTINENTAL T

  MAKER BENTLEY  
  MODEL CONTINENTAL- T 
  YEAR 1997'
  EXTERIOR


COBALT-BLUE


(コバルト・ブルー)



  INTERIOR

BEIGE / FRENCH-NAVY --LEATHER
 


(ベージュ&フレンチネイビー・コンビレザー)



  PRICE \ ASK
  MILEAGE 43.221km 
  AMMENITIES



ディーラー車・右ハンドル






総アルミ合金 ロールス製 V8  OHV 6747cc



水冷インタークーラー付きターボ・ハイパフォーマンスE/G



4速フロアAT(スポーツモード付)






馬力 :404ps/4000rpm




トルク:81.6kgm/2200rpm




最高速:245km






全長:523cm


全幅:196cm


全高:145cm



車重:2430kg


定員:4人




装備:



Wエアバック、ABS、Fパワーシート(メモリーシート4人分



+ランバーサポート、シートヒーター)、電動チルトハンドル、



エンジン・スターターボタン、エンジンチューンド・アルミパネル、



オートエアコン、他フル装備






メーカー・オプション:





・「バー・ウォールナット・パネル」



・「メーター・メッキ・リング」







内外装機関ともに 超極上車!








車検:取得したばかり:令和4年1月27日


 
  COMMENT


ベントレー・コーチビルド・モデルにおける最後の大物




コンチネンタル・T」!





解説:




コンチネンタルTは、1992年に発売されたコンチネンタルRのハイパフォーマンス・



バージョンとして1997年から販売された。



歴代ロールス&ベントレーで、最強バージョンの頂点モデルである。


 



1995年に、ハイパフォーマンスにチューンされ405馬力を発生する「Sエンジン」を



積んだモデル(ターボS:60台、コンチネンタルS:39台、コーニッシュS:25台)



が限定販売されたがコンチネンタルTのエンジンは、このSエンジンの発展系である。




「T」は、1997年から2003年の間・7年間に






僅かに
「321台」が生産された。





内、左H:「217台」 右H:「104台」








コンチRのブリスターフェンダーにプラス、オーバーフェンダーが追加されたワイド



ボディ、、 その外観は、見るものを圧倒する。




全長は、コンチRの 537cmより、10cmショートホイールベース



で、全長では14cm短い523cm(都心に有りがちな530cmまでの立体駐車場にも



入るサイズ)、




全幅は、コンチR、188cmに対し、オーバーフェンダー分広く、



196cmとなっている。





ボディワーク(コーチビルド)は、



もちろん、世界一の匠の集団「マリーナ・パークウォード」。



(下記からMPWに略)







一時は200社以上存在したイギリスのコーチビルダーの「トップ2」



名門「HJマリナー」社と「パークウォード」社をロールス社が、完全に手中に収め、



合併(1959’)させて「マリーナ・パークウォード」社としたのは、活動が始まる



のは、1962年~




その後、数々の名車(コーニッシュ、カマルグ、ファンタム6、コンチネンタル、



コンチネンタルR、アズールなど)を世に送りだしてきたMPWであったが、90年代



に入ると本社であるロールス社自身の不況の煽りを受け、ついには、1992年、



伝統のMPWの専用工場(ロンドン郊外 にあったウイルスデンの工場)を閉鎖する



ことになる。





更に、その後の度重なるリストラにより、最盛期500人以上いたMPWの職人は、



数十人規模にまで減ってしまった。




ある資料によると、



92年の初めに、540人いたMPWスタッフを50人ほどまでに



リストラし、93年の段階では、ちょうど40人となった。とある。




94年8月、、正式に「ウイルスデン」の工場を売却する。



残った40人のスタッフは、本社「クルー」工場で、2003年までコーチビルド・



モデルを作ることになる。






結果、非常に残念ながら、ボディ全体のデザイン、製作から手掛ける いわゆる



「コーチビルド・モデル」は、続々と生産中止となり、



90年に ファンタム6、95年に コーニッシュとコンチネンタル、98年に



パークウォードリムジンが)、このコンチネンタル・シリーズ(コンチT、アズール



コンチR、コンチSC)が、最後のコルド・モデルとなった。





*現在のMPWは、、




「マリナー」のみの名称となり、VWグループが50億ポンドもの投資をし新たに生まれ



変わった「クルー工場」の一角で、スペシャル・オーダー部門として存在している。



世界中の わがままな顧客からの如何様な注文にも応じる。




総勢130人(92年以降、一時期40人にまで減っていたはずであるから、また、



90人ほど再雇用したものと思われる)、



もちろん、製造ラインなど存在しない。



カタログモデルとして販売する「コーチビルドモデル」は生産していない。



だが、量産さえできないものの、彼らの「腕」は、今でも、完全なコーチビルドモデル



を作り出すことはできる。




2002年に製造したエリザベス女王の専用車・ベントレー「ステート・リムジン」は、



「マリナー」の職人による作品だ。







*現行モデルで「マリナー」と付くモデルがあるが、それは単に名称を「ブランド」



 として使用しているだけで、「マリナー」のコーチビルド物というわけではない。







総生産「321台」中、



日本ディーラー車のコンチネンタルTは、



僅かに「39台」!








新車時価格:



・予約受付時  :3550万円


・97年 9月 :3880万円


・98年 6月 :4350万円


・99年11月 :4250万円


・01年 2月 :3950万円


・02年10月 :3995万円    




一番安いときと高いときで、差額が、800万円、、なんなんだ。



動く不動産的 販売価格。



普通の金銭感覚の人間に購入できる車ではない。




39人が 凄すぎる方々なのだ。






「コンチT」は、2003年まで生産され、翌年 発売された 後継モデルと称する



「コンチネンタルGT」の発売時価格は、1990万円、、半値、売れるはずである。





また、それは、まったく接点のないモデルであることも意味している



モデル名を引き継いだだけ、、他に引き継いだものは、、何もない。

 



「マリーナ・パークウォード」が最後に残してくれた歴史の遺産・



「コンチネンタルT」は別格なのだ。












さて、当個体の お話





ディーラー車 右ハンドル  2オーナー



前オーナー様は、旧知のロールス&ベントレー・エンスー様。



2000年から、ずっと、大切に ご所有された1台。




恐ろしく正しい「一時預かり人」で、当個体も「車検取得後」持ち込まれた。



その整備費用:「1.017.042円」 *記録簿も請求内容もあり。




そう、これは、前オーナー様より、次のオーナー様へのプレゼントだ。



ここまでできる方は少ない。




令和4年1月27日まで車検あり。




実走:43.221Km!





で、当社にも初入庫個体。




「コバルトブルー」の「T」など、初めて見たっ。



このボディカラー自体が珍しいのだが、、「T」で、このカラーは、おそらく



日本に1台だけであろう。



このオーナー様の個体は、全て ◎コンディション!










外装:「コバルトブルー」




いい色だ~ 最高だ〜



なんと表現してよいやら、このカラー、、不思議な色



ブルー系メタリックカラーには違いない。




この個体の最大の「売り」は、このカラーにあるかもしれない。



世界的に見ても、このカラーを選択した「T」は極めて少ない。



実車を観れるのは、この個体しかあるまい。




塗装コンディションも極めて◎! 










内装:「ベージュ」と「フレンチネイビー」の「コンビ・コノリーレザー」




これまた、ナイスなコンビネーション!




「コノリー」の質感がたまらない。



内装コンディションも当然 ◎!





「T」特有のアルミ・パネルを あえて選択せず、「バー・ウォールナット」に!



メーター廻りには、「メッキ・リング」、しかも、「右」ハンドル。




完全なるオーダー物。



全体でさえ、「104台」しかない「右・T」であるが、国内「右・T」は、ほとんど



ない。



当個体には、オーディオも含め、新車時の佇まいが残されている。



素晴らしい、、。






「コンチT」は、



1997年発売で、翌98年には、マイナーチェンジ馬力が20馬力ほどUP。



外装では マトリックス・グリルが採用され、内装デザインも一新される。




現時点でさえ、すでにコレクターズ・アイテムでもある「コンチT」であるが、



まだまだクラシックカーの仲間入りはしていない、



つまり、「中古車」のジャンル = 年式が新しいほど高額。




が、



将来、それは逆転する。 と予言しておこう。




その理由:




実は、97’モデルだけが、もっともコストの掛かっているモデルである・から。




1997年モデルだけに見られる、、内装デザインシート・デザインを後期型と



比べてみると分かる。



コノリーレザーの使い方、、



98’以降デザインは、97年モデルを見てしまえば、残念ながら、コストダウンもの。




この97年モデルのみが持つデザインこそ最高の贅沢仕様なのだ。





「1997’モデルのT」生産台数:133台!




*96’に2台作っていて、合わせた「135台」が、「前期物」だ。


 
 この「135台」、のちに 家宝となる。









そして、「コノリー」のレザーは、このMPW作品 2003年を持って、二度と



「自動車」に張られることはなくなった。





ロールス社に納品されていた「コノリー」社の頂点グレードレザーオートラックス・



シリーズ、その名も「10%トップグレード」、、




スカンジナビア半島の石垣と電気線で囲まれた牧場で育てた巨大牛。



その中でも、最高の選抜メンバーが、ロールス社に献上される。



「オートラックス」シリーズ、実は、10段階ほどのレベルに分類されていて



1番は、「ロールス」社へ、他イメージ、2番「アストン」3番「ジャガー」



10番「フェラーリ」





今のところ、これ以上に すごい革が自動車に使われているのは見た事がない。



つまりは、内装の豪華さ という観点のみで見るなら、2003年までのロールス



&ベントレーが頂点 ということになろう。



「コノリー」レザーの 本当の 凄さは、使い込んでみないと分からないかもしれ



ないが、オーナーになり、分かってしまえば、、



もはや、どんな高級新車を見ても、鼻で笑っちゃうレベル と分かる。




とにかく、ないもかもの次元が違う。



本物の「高級品」とは、こういうものだ! と気づかされる。



こんなクルマ、今 作ることはできない。



しかも、走りまで、楽しすぎるっ とくるから、始末に負えない。




「クラシックカー」になるまでの「安価」なうちに乗っておくべき1台で



間違いない。








さて、それでは、ご検討の参考に 写真・怒涛の「98枚」を↓



*機関系解説は、末尾に





 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   



V型8気筒 OHV 6.75L 総アルミ合金  シングルターボ






97年に、「コスワース」と「ザイテック」との技術協力のもと、登場したコンチTのハイパフォーマンス・



ターボ・エンジン。



最高速は、245km、正に「必要にして充分」。



オーナーが生きているうちに心配は無用の超過剰品質エンジン、



手組み、、爆発的に部品点数の多い、このエンジンは、完全にハンドビルドで組み上げられているのだ。



厳密に言うと、一台のエンジンは、2人で1チームとして担当、



1万分の1の公差まで測定して、80時間をかけて、組み上げられる この航空機のようなエンジンの耐久性



は、もはや「車」のエンジンの次元ではない。









メーカー自身も公式カタログに書いてあるが、




「1920年以降、製造されたベントレー(WOベントレーを含め)の内、



約3分の2の個体は現在も可動している」、、と。



これは、現存可動率といわれるが、もちろん、世界一の可動率を誇る。



これに、可動してない個体(ナンバーを外し博物館にある・とか自宅のガレージで放置プレイ)まで入れる



「現存率」になると、8割以上は軽く現存しているらしい。



ロールス社のエンジン、ボディは昔から、いくつもの伝説で彩られているが、このV8エンジンが、おそらく



最後の「伝説」になるであろう。





そして、



2020年4月をもって、この「ロールス製・V8エンジン」生産中止のニュースが、、。




ついに、そのときが来た。




ロールス製・自動車エンジン 終焉のときが、、




これで、ベントレーは全て「VW製」



ロールスロイスは、全て「BMW製」















総評:






ベントレーは、本来、スーパースポーツカー・メーカーだった(1920年代)




しかし、長い間(1965年以降)、ロールスの「グリル違い」の車であった。



走ってもロールスと同じ、、それでも十分に満足できはしたが、多くのベントレ



ー乗りが思っていたはず、、昔のベントレーのように「走り」が堪能できたら、、。




それが、やっと 80年代の「ターボR」、92年発売の「コンチR」によって、



「走り」を重要視した本来のベントレーモデルが登場する。




その集大成、「ザ・ベントレー」が、「コンチネンタル・T」である。



このモデル、正しく後世に残していかなければ「MPW」の職人さんに顔が立たない。







前述のとおり、この車が「クラシック・カー」と呼ばれるようになったとき、、



とんでもない高額希少車となっていることであろう。





更に「ヴィンテージ」と呼ばれるようになるころには、博物館に展示されているか、



一部の大金持ちコレクターが所有、、もはや、庶民に手が届く車ではなくなっていることは決定事項。





これは、将来の株価を予想するより はるかに たやすい。



それは、統計で分かる。





なにせ、、「MPW」コーチビルドの2ドア・クーペ・モデル、、、




過去に 外したことがためしがない。




=「中古車」から「クラシックカー」になったのち、値上がりしてしなかったモデルはなし。






宇宙の宝「コンチT」




「本物」の「ベントレー」ここにあり





一時預かり人 募集中〜