本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTLEY HEADLINE

TURBO RT

 
  AUTO MAKER BENTLEY  
  MODEL TURBO RT 
  YEAR 1998 
  EXTERIOR AEGEAN-BLUE

(エイジアンブルー)
  INTERIOR ROYAL・BLUEーLEATHER 

(ロイヤルブルー・レザー)
  PRICE \ ASK
  MILEAGE 35.279km 
  AMMENITIES




ディーラー車 右ハンドル  




V8  OHV 6747cc  4速フロアAT  




水冷インタークーラー付きコンチネンタルT・スペック




ハイパフォーマンス・ターボ・エンジン 




馬力:404ps/4000rpm



トルク:81.6kgm/2100rpm




全長:541cm


全幅:189cm


全高:148cm


重量:2440kg


定員:5人






*装備:



Wエアバック、全席パワーシート+シートヒーター、Fメモリーシート4人分+



ランバーサポート、電動チルトハンドル、トラクションコントロール、ABS、



ピクニックテーブル、純正ムートンマット、、メッシュグリル、



純正17インチ・アルミ・ホイール 他





・インダッシュ式HDDナビ、地デジTV(ストラーダ CN−HDS960D)



・バックカメラ



・ETC車載器









内外装機関共に稀に見る超極上車! 





車検:平成30年 8月28日


 
  COMMENT



「ベントレーターボRT」





SZ系4ドア・セダンの最終進化系、コンチネンタルTスペックの




ハイパフォーマンスエンジンを積む「ターボRT」。




1998年、ベントレーアルナージが販売されるまでの僅かな期間に、最後の




純血統サルーン「ターボRT」が生産された。








生産台数は、「250台」



とするのが最新情報、内訳は






       左ハンドル   右ハンドル




98年      43台    202台    計:245台


99年       5台      0台    計:  5台




で 合計:250台



これは、全て ロングホイール




*カタログにはなかったが、特注で、ショートホイール「RT」も



 2台(〜7台説まであり)作られた。












この台数で興味深いのは、左Hと右Hの生産比率



圧倒的に右ハンドルの生産(= オーダー)が多い。



通常モデルでは、ありえない(左Hが圧倒的に多いから)割合、、




これは、なぜだろう・・



私の個人的見解であるが、




「ターボRT」は、ボディもエンジンも純血ロールス製「スタンダード



サルーン」の最終モデル、、



更に、ロングセラー「SZ系」モデルのファイナルモデル、、



このことに「重大な意味」を感じたのは、世界で一番 英国人が多かった




のではなかろうか、、








1998年時の日本国内へのベントレー総輸入台数は、僅か「57台」、



この台数の中に、「アルナージ」、「コンチネンタルR」、「コンチネン



タルT」、「アズール」、「ターボRT」、そのほか、中古輸入新規登録



されたベントレーの全てが含まれる。





内訳台数は不明ながら、おそらく、大半は、発売されたばかりのアルナー




ジ(グリーンレーベル)が占めるであろうから、、



「ターボRT」の国内生息数は、極めて少ない。




1980年に登場したSZ系モデル4ドアサルーンは(毎年、改良が重ね



られ)、16年後の1996年、内外装機関全てに至る大幅な改良が加え



られた上で、ベントレーモデルのみ、戦後初め、馬力などのスペックが



全世界に公表された。






96年と97年モデル・ターボRのスペックは、





最高出力:389ps/4000rpm



最大トルク:76.5kgm/2000rpm






98年「ターボRT」のスペックは、




最高出力:404ps/4000rpm



最大トルク:81.6kgm/2100rpm






もっとも、個人的には、ロールス・ベントレーは、パワースペックなどで



評価する車ではないので、数字には、まったく興味はない、、



以前の「必要にして十分」の表記が、大好きだったのだが、



、まっ確かに必要にして十分な数字ではある。







96年97年式「ターボR」と「RT」の違いは、





・エンジンがコンチネンタルTスペックのハイパフォーマンス




・室内では、ハンドル(グリップが太くなりホーンボタンの形状も異なる)




・外装では、前後のバンパーとヘッドライト廻りが、ボディと同色に、、




・グリル内がメッシュタイプ




・フロント・バンパー内スクープも メッシュ




・エンブレムが(TURBO RT)、




・ホイールが、96年の限定車「ターボRS」と



 
 同じ17インチ・アルミホイール




*97年には、「RL」は、カタログから外れ、ロング・ホイールは、「RT」



 のみ、ショートホイールは、「ブルックランズR」のみとなる。







さて、当個体の お話







ディーラー車 右ハンドル  




以前、弊社で販売させていただいた「シーザー認定中古車」



今回は下取車としての再入庫であるが、変わりなくキレイ。



弊社で扱う限り、コンディションが◎ なんてのは、当たり前、、



当個体、やはり 最大のウリは、ボディカラー!





「エイジアン・ブルー」




朝昼晩、その表情を変える このカラー、、




晴れた日に乗れば、それだけで気分は盛り上がるし、



夜は、いきなりセクシー



小雨の中で佇まれたら、、思わず 見惚れてしまう。






走行距離:35.279km




当然、内外装のコンディションも◎であるが、




ただ、走行距離が少ないだけではない。



しっかり、整備もされてきている。



ご納車前には、ご存知、怒涛の「240項目点検・整備」で念押し



機関系の心配は、世界一 ない。








内装は、「ロイヤルブルー」とくる。





外装色とベストマッチ、この内外装色で、右ハンドルとなると、最初からの



オーダー物だ。



「コノリー」の新車時の風合いが今も残る。



「バーウォールナット」の艶も申し分ない。






インダッシュHDDナビ・地デジTV、バックカメラ連動 = 即戦力!




身なりは英国の貴婦人



ながら、ひとたび アクセルを踏み込むと、、世界は一変する。



81kgの大トルクを持つスポーツカーに豹変




ロールスのステアリングは細いほうが正しいが、こいつは違う、



このマシンを操るには、この太いグリップが必要となる。





眺めて好し



乗って好し




歴史的観点から見ても、将来、コレクターズアイテムとなるのは決定事項






今はまだ、ただの「中古車」扱い、、で、価格は、その価値を大きく



下回るが、将来は、もったいなくて乗れなくなるはずだ。




今の時代に、「RT」に乗るのは ラッキーってこと。






伝説のコンチT・V8エンジン、



「コノリー」レザー




なにもかもが、、素晴らしい、、







最後の純血種4ドア・セダン(=開閉部アルミ)




それが、「ターボRT」である











まずは、写真79枚を、ご参考に ↓