本文へスキップ

RollsRoyce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

ROLLSROYCEHEADLINE

SILVER-WRAITH-U

 
  ROLLSROYCE 
  MODEL WRAITH-U
  YEAR 1979'
  EXTERIOR WHITE


(ホワイト)
  INTERIOR TAN・Leather
 

(タン・コノリーレザー)
  PRICE \ ASK 
  MILEAGE 35.792km
 



ディーラー車 左ハンドル 3オーナー






V8 OHV 6.75L 3速コラムAT 





全長:530cm


全幅:182cm


全高:152cm



車両重量:2230kg



乗車定員:5人




装備:



パワステ、パワーウインド、Fパワーシート、エアコン、





後付け装備:




・HDDインダッシュ(カロ)ナビ・地デジTV



・バックカメラ



・リア席・9インチ大型モニター



・ドライブ・レコーダー



・レーダー探知機



・ETC車載器







内外装機関ともに稀にみる超〜極上車!




車検:2020年 4月2日まで




 
  COMMENT




「シルバー・レイスU」





解説:






「最善か無か」




1965年に「クラウド3」の後継モデルとして登場した「シャドウ」の10cm



「ロング・ホイールベース版「レイス2」である。








「レイス2 物語」





まず「シャドウ1・モデル」とは、




ロールス・ロイス社初のモノコックボディに全輪独立懸架、全輪ディスクブ



レーキ、ハイドロ・システム(ブレーキとショックに)を持つ最新鋭機で、



1977年2月に「シャドウ2」にマイナーチェンジするまで、およそ17年



間で、トータル



「16.717台」のショートホイール・ベース



「2780台」のロングホイール・ベースが生産された。





この台数は、過去(シャドウまで)のロールス・ロイスのモデル中で最も多



く、そのボディデザインは、後の高級車マーケットにも大きな影響を与える



ことになる。





「シャドウ1」は、17年間の間に2000ケ所以上の改良を行なったという。



デビュー時のシャドウは、クラウドVの6230ccV8を改良(プラグ位置が



エンジン上部に移動し整備性がよくなったのは大きい)したエンジンを積み



ミッションも「クラウド同様」ロールス社製の4速AT(ただし、電気式セ



レクトレバーとなった)のままであったが、それこそ、発表もなしに毎年の



ごとく改良、進化をした。



書き出すには、膨大すぎるので個人的に、大きな?改良と思えるものだけ



羅列してみる。








1968年:GM400型の3速ATに変更


      変速時ショックが少なくなり、1991年まで引き継ぐ




1969年:室内デザインの変更



      発電機が、直流から交流(オルタネーター)に変更



      フロントサスのハイトコントロール・システムを廃止、後輪

   
      
      後輪のみに



      (整備性向上)、SZ系の最終まで引き継ぐ。





1970年:集中ドアロック機能追加。




      エンジンが、6230ccから6747ccに





1973年:US,カナダ仕様がシャドウ2に先行してウレタンバンパーに



       (マイルバンパー規制により)


       
      ホーンダクトの廃止(グリル左右にあった穴が無くなった)




1977年:「シャドウ2」に進化



       ウレタンバンパーに、


       パワステ機構がラック&ピニオンに



       室内デザインの大掛かりな変更 他








まっ、こんなところ、、乱暴に言ってしまえば、ほとんど手作りの車である



から作業慣れしてくる後期型になればなるほどメカ的完成度は高い。



   
さて、上の年表に「ロングホイール」版を:





最初の「ロングホイール・シャドウ」は、




1967年に英国「マーガレット王妃」が、特注した1台だ。



この個体は、のちに日本に持ち込まれ、某銀行が長く所有したのち、



弊社で購入、販売させていただいた。



今も、日本に住み、弊社で整備担当している。



「ロング・ホイール」が正式にカタログモデルとなったのは、



1969年4月から



モデル名称は、「シルバーシャドウ・ロングホイール」だった。



生産台数: 2776台



その後、



1977年3月:「シルバー・レイス2」に



1977年5月:「シルバー・レイス2」に「パーテーション」付きモデルが



生産台数: 2135台



であるが、「パーテーション付き」と「無し」モデルの内訳は、明確では



ない。



「あり」と「なし」は、外見が異なる。




「あり」の場合:



これは、= 運転手付きで乗る というであるから、= ロールスの



プロ運転手さんは、ルームミラーは、オーナーと目が合うので見ない =



リア・ウインドは、ほぼ必要としない = で、リア・ウインドが小さい



= 「スピリット・ウインド」とか「リムジン・ウインド」と呼ばれるもの



になっている。



さらに、多くの場合、天井には、「ラウンドトップ」が張られる。







「なし」の場合:




オーナーが自らハンドルを握る ということであるから、リア・ウインドは



通常通り広い。



そして、豪華さを演出するため、左右サイド・ウインド下のモールが広い。



分厚い といったほうが分かりやすいか、、とにかく、これが最高なのだ。




また、「レイス2」は、



「シャドウ2」と「ホイール」が異なり(写真・参)、「Cピラー」に



「RR」バッジがつく。これは、SZの時代でも引き継がれ「ロングホイー



ル」の証となる。










生産台数(1977年〜1980年)





*ショート・ホイール(シルバー・シャドウU)



:8425台





*ロング・ホイール(シルバー・レイスU)  



:2135台






ベントレー版





*ショートホイール(T2)   :558台



*ロングホイール(T2ロング): 10台







上記のとおり、桁違いに「ベントレー版」の生産台数が少ないが、、



この理由は、「シャドウ」のボディデザインには、ベントレーの丸いグリル



よりロールスのパルテノングリルの方が似合うと思った方のほうが多かった



ため。




平たく言うと、、この時代、ベントレーは、人気がなかった、、その人気が



復活するのは、数年後、、ターボRの登場を待つしかない。






前述のとおり、「シャドウU」になってから、「ロングホイールベース」版



(リアが10cm長い)を「シルバー・レイスU」と呼ぶようになる。






「レイス」のモデル名が、一番最初に使われたのは、、1938年(〜1939年)



の「25/30」モデルの改良版「レイス」。



次が戦後初のロールス・モデル、1946年(〜1958年)の「シルバーレイス」



この1958年で 一旦途絶えたモデル名を、シャドウのロング・ホイール版で



復活させたのだ。



そしてまた、、



現在、BMW率いるロールスの新型2ドア・モデルが、「レイス」





単に「レイス」と言われてても、モデルは特定できないことになってしまっ



た、戦前1938年から現行モデルまで、、4モデル。



まるで違うモデルが 同じ名前、よほど、「レイス」という名が好きらしい









近年、「シャドウ」の人気は世界的に高まっている。



ただし、それは、「極上個体」に限るが、。




生産中止から、40年近く、「シャドウ」もコレクターズ・アイテムの仲間入



りという訳だ。




ロールスというモデル、、「クラシック・カー」と呼ばれるようになると、



とたんに高額になる。



さらに、「ヴィンテージ」となると、手が出ないほど、、。




現在、「クラシック・ロールス価格」に属するのは「クラウド」以前モデル



だ。



「シャドウ」は、まだ かろうじて「中古車価格」で購入できる。



が、世界では すでに「極上個体」の価格高騰が始まっている。



今が最後であろう、



将来 手が届かなくなる名車を クラウン価格で入手できるのは、、








「シャドウ」というモデル、、




これ以後のモデルとは比べ物にならないほど コストと手間が掛かっている



モデルである。





例えば、




ボディ: フェンダーとAピラーが一体、、継ぎ目無し



これが、どれほど手間のかかる事か、、




以後モデル「SZ系」からは、この部分が、別々パーツで構成されることに



なる。







内装: まあ すごい!



シート・レザーの張り方



シートの廻り、ドア内張りまで、どーーんと1枚張り、、



この贅沢すぎる張り方も、スタンダード・モデルでは、シャドウが最後。






「シャドウ」を診たのちに、新車のショールームへ 行ってみると、、



勉強になる、、、コストダウンの歴史がね。







シャドウ・マニアともなると



「シャドウU」「レイスU」を前期型と後期型に分けたりなんかする。




79年、80年モデルに付く、「ヘッドライト・ワイパー」を持つのが後期型。



当個体には、「ある」ので、「後期型」



で、年式は、顔だけ見ただけで、79年か80年に絞られる。










さて、当個体の お話:




ディーラー車 左ハンドル 3オーナー



走行:35.792km!




以前、弊社で販売させていただいた「シーザー認定号」。



前回販売前には、莫大なコストをかけて、仕上げ・整備を施した。





ここまでの個体は、そう見るもんじゃない。



それじゃなくても、「レイスU」は、「シャドウU」の4分の一の生産台数



このモデルで、「パーテーション無し」&「低走行」&「超極上」なんて



個体は、世界レベルで探しても、見つけること自体、奇跡であろう。





外装:「ホワイト」




元色の「ホワイト」であるから、少々 象牙色の入った 今でいう「コーニ



ッシュ・ホワイト」。



ウレタン鏡面仕上げでオールペイント済み。 クラックなし。



= 今後の管理も極めて楽。



全長:530cm



のちの「SZ系」は、ロングで「538cm」、ショートでも「528cm」。



前述の「サイド窓下デカ・モール」が、見事に効いている。





内装:「タン」コノリーレザー




オリジナルのままの「コノリー」。



一部のスレ箇所は、再現職人によりリペアしたが、「革」は当時のまま。



それが、こんな◎コンディションで残されているのは、よほど保管環境が



良かった ということ。



前述のとおりの「贅沢な革の使い方」を見てほしい。



どんだけ贅沢か分かったら、シャドウ乗り の仲間入り。





全ウッドも「リペア済み」、これだけでも100万円コース。




今もビカビカ 艶々。





後付け装備も充実:




「カロ」の「HDDインダッシュ・ナビ・地デジTV」



バックギア連動「バック・カメラ」



リアには、「9インチ・モニター」、DVDが観れる。



「ドラレコ」「レーダー探知機」「ETC車載器」「LED照明」



即戦力!







この「奇跡の1台」は、まだ、100年は生きる。



「一時預かり人」募集中〜!




まずは、写真 怒涛の「102枚」を ご参考に ↓





 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 





エンジンは、言わずと知れたロールス製・総アルミ合金・V8 OHV 6747cc。




伝説のハンドビルド・エンジンである。




100万マイル(160万キロ)耐久と言われる このエンジン自体に もはや説明は不要で



あろう。



オーナーより、長生きするエンジンなので、あれこれ考える必要はない。





「シャドウ」で特徴的なメカニズムは、やはり、ブレーキとリアサスに使用されている



油圧システムであろう。







よく、シトロエン特許の・・・と書かれてしまうので、シトロエンの「ハイドロニュー



マチック」をそのまま使用している・・と勘違いしている方がいらっしゃるが



そうではない。



シトロエンが特許を持っているのは、「油圧調整バルブ」の部分のみであって、全体の



油圧システムは、ロールス独自のものである。





ブレーキ系統は、ほぼ完全に油圧に依存しているが、サスペンションは、フロントには



使用なし(68年で廃止)、リアには、自動車高調整も加え、油圧システムが使用され



ているが、完全に依存しているものではないので、シトロエンのDSのごとく、エンジ



ンを切ると車体が、ぺったんこに下がってしまうものではなく、5cmほどリアが下が



るのみである。




ただし、



ロールス社にとって、この特許は確実に使用しなければならなかったため、「シトロエ



ン」社に許可とロイヤリティの交渉にロールス社の幹部がフランスへ渡る。




グロッサーメルセデス600の油圧に対向するためで、自社で開発する時間とノウハウがなか



ったのだ。




「シトロエン」の返答は、、、



「ロールス社が使用するのであれば、ロイヤリティは無料で結構です、、、



その代わり、エンジンルームの片隅でもよいから、シトロエン特許と書いたプレートを



張っておいてください」 であった。



これは、事実であるが、、あの頑固な「シトロエン」を持ってしても、天下のロールス



社が自身の特許を使用してくれるのが名誉であった・・という逸話である。







また、シャドウ系と80年からのSZ系では、理屈は同じながら、油圧システムは変更



されている。



使用するオイルも、



シャドウ系は、植物系のカストロール「RR363」



SZ系以降は、鉱物系のカストロール「ミネラルオイル」




双方、逆に入れてしまうと、オイルラインは全滅し(ゴムが溶ける)、大変な費用を



要すことになるので最大の注意が必要。



ロールス社は、植物系のオイルから鉱物系のオイルに変更した際、、





「鉱物系の方が植物系より、より製品にバラツキが少ないから・・」と説明した。



流石。






この油圧システムに、ご興味がある方がいらっしゃれば、実車を見ながら ご説明させて



いただく、、それのが、分かりやすい・・・





文章で書くと、、例えば、、




エンジンをかけると、エンジンVバンク前後にあるオイルモーターが作動し、NO1,



NO2のオイルタンクからオイルが循環しはじめ、、一つのオイルラインは、メインア



キュームレーターへ入り、そこから、全ブレーキに2本づつのオイルラインへ(1本が



ダメになってもブレーキを効かせるため)、で、、もうひとつのオイルラインは、リア



サス上部にある「ラム・シリンダー」へ、、これをロールス社は「ガス・ショック」と



呼び、更に、、、







なんて、分けがわからなくなってしまいそうだが、実際には、そんなに難しくはない。




飛行機会社ならではの安全面を重視した、素晴らしく好く考えられたシステムである。




特筆は、




「シャドウ」では、ブレーキに繋がる油圧ラインが、2本 別々、個別に繋がっている



のに対し、SZ系では、ブレーキ手前で、2本は1本に繋がる。



これも、コストダウン。





ここで使用される「メイン・アキュームレーター」は、SZ系とは、パーツが異なり、



シャドウ(SY系)は、オーバーホールキットが出ているのでオーバーホールすること



が出来る。



SZ系の1.5倍〜2倍ほど長持ちするが、3年位おきにはオーバーホールしたほうが好い





この油圧のサスペンションが、天使の乗り心地を支えている。




海原を滑走する大型クルーザーのごとし、。









基本、シャドウの(全てのロールスの)維持費は、




1km走行当たり:100円は最低でも覚悟しておくべし!



つまり、



1000kmで、10万円


3000kmで、30万円


5000kmで、50万円



じゃ、年間で1万キロ走ったら、100万円 って可能性は極めて少ないが。



あくまで、「覚悟」。



予算に限りがある方は、年間に、予算分だけ走ればよいのだ。



注)弊社で整備させていただいた場合の費用で、これが、ディーラー整備だと



  まったく、費用の話はかわる。




勘違いしないで頂きたいが、もちろん、



このくらい分 故障する わけではない。 



消耗品代。



ロールスは、使用されてるパーツ点数が爆発的なのだ。











「レイスU」の走り:




セルをONして、3秒ほど待つ。



この間に、燃料ポンプからキャブにガソリンを送り込む。



「SUツイン・キャブ」、ロールス社が絶対的に信頼する。



セルを回す、キュルキュル位で、V8エンジンが目覚める。



エンジン音は、静かな部類に入るが、この時代のロールスは、わざとエンジン音を



聞かせたい節があり、マフラーは、デュアル管だ。



「オート・チョーク」



エンジンが暖まるまで、アイドリングは自動で高い。



暖まった合図、、アクセルを一度 踏み込むと、アイドリング適正回転数に落ちる。




ロールスは、トルクで乗るクルマ。



アクセルを踏み、少し加速しただけで、そのこと = 大トルクが体感できる。



現在のクルマたちに混ざっても、十分に速い。



最高速は、185km





サスペンションは、柔らかい。 



だが、柔らか過ぎない。 絶妙。いい塩梅。



この乗り心地が「シャドウ」の魅力の一つ。



アクセルを踏み込む、、




瞬時にリアが少し沈み加速を始める。



このレスポンスの良さは、当然、のちの「インジェクション」モデルより、上。



反応が違う。 出足の良さは、すこぶる気持ち良い。 これが、キャブ車の醍醐味。




しかし、この個体は、調子よい なんてもんじゃない。 素晴らしい!



う〜ん、総評して、当個体は、まだまだ安価すぎるな。



本来の価値は、今のロールス新車の同格モデル=「ゴースト・ロングホイール」と同じ



が正しいと思うが、それって、4000万円か、、。





今のうちに乗るべし。