本文へスキップ

RollsRoyce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

ROLLSROYCEHEADLINE

ROLLS・ROYCE

 
  AUTO MAKER ROLLSROYCE 
  MODEL


CORNICHE



  YEAR 1980
  EXTERIOR WHITE (DarkBrown・Top)


ホワイト
/ダーク・ブラウン幌
  INTERIOR DarkBrown・LEATHER



ダークブラウン・レザー
  PRICE \ ASK 
  MILEAGE 並行車のため、あえて不明(メーター上:53.332マイル)
  AMMENITIES





本国仕様 右ハンドル (国内 87’登録)




V8 OHV 6.75L 3速コラムAT




全長:519cm



全幅:183cm


全高:149cm


重量:2270kg


定員:4人




装備:



・電動オープン



・パワステ、パワーウインド、エアコン、パワーシート、他





スペシャル仕様!





外装:




・アイアン・バンパー (ウレタンから)



・ニーリングレディ



・アルミ・ホイールに (スピリット2の)



・ホイール・オーナメントを「92’コーニッシュ4アニバ」用に



・オールペイント済み



・「幌」骨組み木含め 総張替え



・「幌」カバーは、オリジナル




内装:




・「コノリー」レザーにて総張替え



・「ウッド」リペア



・「ナルディ」ウッド・ステアリング





・HDDインダッシュ・ナビ・地デジ



・カロッツェリア・スピーカー



・ETC車載器



・リモコン・ドア ロック




機関系:




・「SUツイン・キャブ」に (ソレックス・シングル・キャブから)



・オルタネーター・クーラーコンプレッサー交換 他一式整備



・HIDヘッドライト








内外装レストア済み、機関 当社にて完全整備渡し 超極上車



車検:2年付き渡し



 
  COMMENT





ロールス・ロイス 





「コーニッシュ」











まずは、モデルの ご解説から、



「コーニッシュ」は、ロールス社のスタンダード・モデルではなく、傘下



のコーチビルダー「マリーナ・パークウォード」(以後、MPWに略)



製作のモデルである。



この手のコーチビルダー製作のモデルを「コーチビルド・モデル」と呼び



「スタンダード・モデル」とは分けて分類される。





ロールスロイスとベントレー(1931年に買収)の戦前モデルは全て



「コーチビルドモデル」であったが、



戦後(1946年〜)、ロールス社は、自社でもボディ製作を始める・・




これが「スタンダード・モデル」である。



ただし、自社製といえど複雑なボディ製作は、不可能で、近年まで



「コーチビルダー」に託すしかなかった。



1960年代までには、イギリスに200社以上存在していたコーチビルダー



の頂点にたったコーチビルダー、ひいては世界一と評されるコーチビルダ



ーが「マリーナ・パークウォード」社である。



この会社の作るボディは、「工業製品」ではなく「伝統工芸品」である。







「コーニッシュ」の名は、南フランスのモナコ近郊を走るコーニッシュと



呼ばれる湾岸道路の名に由来する。



地中海を望むリビエラ海岸の断崖沿いを走る「コーニッシュ」ロードは、



息を呑むほど美しい。



このロードを走るために存在する車が、「コーニッシュ」なのであるが、



それは、あくまでイメージ、、その辺りに別荘を持つ方だけに販売して



いたのでは、幾らも売れない、、。



重要なのは、そのコンセプト、、単に意味もなくドライブするだけで、



至福のときを与えてくれる車が「コーニッシュ」なのである。



だから、「コーニッシュ」に「使い道」を考えてはいけない。



使い道などという次元とは関係ない「非日常」を楽しみための車なのだ。



極論をするなら、、、よしんば乗らなくても、所有している・というだけ



でも満足感を与えてくれる、、それが、「コーニッシュ」、そんな車など



 そうあるもんじゃない




「コーニッシュ」に低走行車が多いのも そのためだ。



たまの休みに海外旅行にでも行ってストレス解消するのと同じように



「非日常」を味わうことこそ最高の至福のとき・ではなかろうか、、。







「コーニッシュ」、その歴史は、




1967年に、4ドア・サルーンの「シルバー・シャドウ」をベースに



MPWによってコーチビルドされた「MPW・ドロップ・ヘッド・クーペ



」に始まる。



その後、マイナーチェンジと共に、1971年「コーニッシュ」の名称と



なる。



コーニッシュのシャーシ・エンジンは、基本的に、その時代の4ドア・



ショートボディがベースとなっているので、1967年から1976年



までは、「シャドウ1」ベース



1978年から1980年が「シャドウ2」ベース、



1980年から1985年が、「シルバースピリット」の「キャブ」



ベースである。



1981年までは、「コーニッシュ・クーペ」が存在したが、この年に



生産中止となり、以後、選択肢は、オープン・モデルのみとなる。



その後



1986年には、「シルバースピリット」がキャブから「インジェクショ



ン」へ進化したのを きっかけに、室内のマイナーチェンジ(センターコ



ンソールがダッシュに繋がるなど)が行なわれ、「コーニッシュU」と



名称を変える。(USは85’〜)






1990年、更なる改良が行なわれ「コーニッシュV」、1992年、



幌のフル電動化と4速ATへの進化で「コーニッシュW」と、その外観を



殆ど変えることなく進化し、1995年に惜しまれつつ、全ての生産を終



える。








さて、今回の個体モデルの解説の前に




当個体は「コーニッシュ1」に属するが、「シリーズ1」は、専門書では



7種に分類している。 私も賛成の正しい分類だ。



覚えなくてもよい情報なので、各モデルの解説は、その個体が入庫した折



にでもさせていただくとして



分類のみ



1. 67’〜69’


2. 69’〜71’


3. 71’〜76’


4. 76’〜77’


5. 77’〜79’


6. 79’〜81’


7. 81’〜86’




「シリーズ1」の世界は深いのだ。





当個体は、分類6.に属する。



当モデルは、正しくは80’だけに分類されるモデルなのであるが、



上記の表(専門書 参考)6.の79’と81’の意味は、早作りと作り遅れだ。



生産台数は、「437台」 左:321台 右:116台








1980年モデル




この年には、「シャドウ2」ベースと「スピリット」ベースの2モデルが



混在する。



見分け方は、エンジン・ルームを開けて見るのが簡単だ。



「シャドウ」ベースであれば、ブレーキオイルに「RR363」が使われて



いて、タンクは、シルバー・スティールのカバー、



「スピリット」ベースであれば、ブレーキオイルは、「ミネラルオイル」



に替わり、タンクは、プラ製となる。



また、VINナンバーでも明確に認識できる。



1980年=「ミネラルオイル・コーニッシュ」は、



VIN:DRH50003 から始まり 最後は 50757



当個体は、VIN:DRH50308




無論、「スピリット」ベース・コーニッシュの方が信頼度が高い。



が、ここから85’までの「コーニッシュ」には、惜しい点がある。



それは、




1. バンパーがウレタンであること。



  これは、シャドウ1ベースのアイアン・バンパーを持つ76’モデルまで



  の方が かっこいい。




2. キャブが、「ソレックス」のシングルキャブであること。



   
  これは、熱に弱く、安定性に欠ける。






そう、、当個体は、この2つの惜しい点を無くした(改良した)スペシャ



ル・モデルなのだ。




バンパーは、前後共に、アイアン・バンパーに!



この手術は簡単ではない。



バンパーを そのまま交換することはできない(造作的に)。



かなり大掛かりな外科的手術を必要とするため = 費用も莫大で



通常は 諦める。



当個体、外装はラッカーからウレタンで(=安心)オールペイントされて



いるが、おそらくは、そのときに手術したものと思われる。



厳密に、あえて当個体の欠点をいうなら、



オールペイントすると、しょうがないのだが、開閉部のアルミ部分とその



ほかのスティール・ボディ部分で素材による経年変化が異なるため、



色変化がアルミ部分のみ先に少しだけ黄色みを帯びている。



これは、鉄とアルミでできるボディの車なら、全てに当てはまるのだが、



これも、クラシックカーの味わいとするべきであろう。







アイアン・バンパーの風情はバツグンだ。



海外では「アイアン・コーニッシュ」の高騰が著しいが、「シャドウ1」



ベースは、よほどの個体でなければ(30台に1台くらいの確率)手を



出さないほうが賢明だ。





さらに「ニーリングレディ」の選択も渋い。



戦前戦後の僅かな期間のみ採用された「ひざまずくレディ」である。



ホイールの選択もナイス



80年モデルは、本来「ガン鉄」ホイールにカバーを付けてあるタイプ



当個体のは、かなりマニアック、、「スピリット2」用の15インチ



中身「アルミ」、表面には わざとクラシックに見せるため、メッキ・



リングとメッキ・カバー、、



しかも、この、、オーナメントが只者じゃない(ホイールの中心バッジ)



は、、1992年、コーニッシュのベース「シャドウDHC」誕生(1967’)



から25周年を記念して 僅か「25台」だけ販売した「92’コーニッシュ



4・アニバーサリー」の それだ。 分かる人が日本に何人いるだろう?






そして、「SUツイン」




これも素晴らしき改良だ。



本来の「ソレックス・シングル」は、熱だれしやすく、調整も やっかい



(うちなら分けないが)だ。



おそらく、交換したオーナーも苦しんだ末の選択だったのだろう。



「SUツイン」はロールス社も大好きで、「ファンタム6」においては



90年のファイナルまで、使い続けた。



整備性も好く(よしんば運転手でもできるし)、耐久性もバツグン。



他一式の総合的整備も含め、当個体は、世界でも稀に見る信頼度、安心度



の高い「アイアン・コーニッシュ」となった。







では、このまま 当個体のお話に入ろう。





1980年モデル 本国(英国)仕様 右ハンドル




国内 1987年登録 その後、5オーナー



平成25年に納車させていただいた「シーザー認定号」




もう この段階で過去は関係ない。



が、因みに



当個体の現在のトリップメーターは:53.332マイル=85.331km



記録簿は、96年時の35.941マイルから12枚残されていて、走行距離は



繋がっている。最後は、平成26年4月時:弊社認証工場により



:51.030マイル  並行車であるから、あえて不明とするが、



トリップメーターは、案外正しいものと思われる。








当個体に大掛かりな改良(ボランティア活動)を施したのは、国内3オー



ナー目の方、平成8年から平成20年まで長きに渡り、ご所有されていた。



ボランティア活動は、外装部だけではない。



内装も、「コノリー」で総張替え、そう 「コノリー」は、平成15年まで



本物が入手できた。



内装レザーの元色と同じ「ダークブラウン」コノリーで。



外装の元色は、「アイボリー」であるがオールペイント時に「ホワイト」



に、元色は どこにも見当たらない。



80年当時の塗装塗料「ラッカー」では現在まで持たない。



当個体は、「ウレタン」、だから長持ちする。



しかも、つい最近、前オーナー様のボランティア活動で、経年変化の診ら



れたドア開閉部などまで新たに塗装し直し(弊社塗装ファクトリーにて)







幌もオールペイント時だと思われるが、総張替えされている。




その際、中身の骨組み(ウッド)も新品に交換しているそうだ。



今も幌コンディションは、万全 ◎コンディション。




珍しいことに、オリジナル幌カバーが残る。



分厚いコノリーで作れた この幌カバーは、今や入手できない。



更に珍しいことに、この幌カバー、今も使える(ちゃんと被せる)。



通常は、収縮してしまっていてカバーとして使うことはできない。




「ウッド」も同時期であろう、リペア済み。今もキレイ。



最新のHDDインダッシュ・ナビ&地デジTV、



リモコン・ドアロックは、ドアだけでなくトランクまで同時ロックできる



優れもの。




最高の状態で、「アイアン・コーニッシュ」を堪能することができる。



これは、大変貴重なモデルだ。




レストア費用は、軽く1千万円オーバー、



そこから、更に「シーザー認定号」として仕上げ、



おまけに、「シーザー・ファクトリー」での怒涛の整備。



これ以上の「アイアン・コーニッシュ」は、世界にあるまい、。






では、写真79枚を ご参考に↓



*機関系の解説は、一番最後に記載






   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   



V8 OHV 6747cc 総アルミ合金製エンジン






エンジン自体は、「コーニッシュ2」も「3」も「4」も同じ、




ガソリンの供給方法や足回りのセッティングが異なるに過ぎない。





もはや伝説のアルミ合金製ハンドビルド・エンジンであるが、このエンジ



ンの屈強さは、当社が一番良く知っている。



よく、機関系の心配をされる方がいらっしゃるが、全く心配ない。



イメージとしては、ロールス・ベントレーは、アストンの2グレード上、



ジャガーの5グレード上の車である。




使っているビスの1本から値段もクォリティも遥かに上だ。




徳大寺先生曰く、



「ジャガーのパーツに5倍のコストを掛けたらベントレーになる、、」




その通りである。










*コーニッシュ1・HOW TO試乗記





ここまで貴重で信頼度の高い「アイアン・・」であるから、いついつまで




も後世に残したい、、




乗るのは、晴れの日に限る、雨の日は、もったいない、、。




幌の見えない箇所には、木が使われているので、この木を いかに長持ち



させるかが、ポイント。



突然の雨は、しょうがないとしても(その程度は問題ない)、最初から



どしゃ降りの中を車庫から出す なんて考えられない。








一体で成型された丸みのあるMPW得意のドアノブのボタンを押し、ドア



を開ける・・



ドアの厚みは18cmほどもあり分厚いが、ドアはアルミ製(開閉部は全て



アルミ製)、思っているほど重いものではない。



開けるときは、普通に・であるが、閉めるときには、ロールス流の流儀が



ある。



6インチというから・・およそ15cm手前から、手を添えたまま、押すよ



うに閉める・・である。



ドアの閉め方を見ると、正しいロールス乗りであるか理解できる。




これが、メルセデスのドアを閉めるがごとく、凄い勢いで、バンッ・・



なんて閉めるようでは、よろしくない。



かっこも悪いが、ドアはアルミ製、振動で内部のロッドが外れたりして、



壊してしまう場合がある。



あくまで、やさしく・・ドアとボディの面が合わせる所まで、カチャリと



閉める・である。



ただ、この年式のドア・キャチャーは、のちの「2」「3」「4」より



コストが掛かっていて、頑丈にできている。少し強めに押し込むが正解。






キーを右に廻す・・まだ、セルを廻してはならない・・約3秒ほど待って



からセルを廻す(この間に燃料ポンプがガソリンを送る)、、




「シーリズ3」以降は、これに「システムチェック」がプラスされるので



絶対的儀式となるが、「1」は アバウトでOK。







エンジンをかける、、



キュルキュルとセルモーターが回って6747ccのV8エンジンが目覚める。



オートチョークであるから、チョークを引く必要など無い。



エンジンは温まると勝手に回転を下げる。





この時代でも「2」と同じ、インフォメーション・パネルがある。



大事なことは ぼ〜としていても、このインファパネルがお知らせして



くれる。





ランプは、10個



上から、(2列5段)




1段目:「1.ブレーキ・プレッシャー」&「2ブレーキ・プレッシャー」



    
     *油圧の溜まり具合ランプ 消えるまで待ってスタート



      しばらくぶりに乗るなら、3分ほど掛かる。


    
      このランプが走行中に点滅(ついで点灯)するようなら、



      アキュームレーターの交換時期=弊社にお持ちください。



      一般的には、車検のおきに交換するもの。





2段目:「パーキング・ブレーキ」&「ブレーキ・フリュード」



   
     *サイドブレーキ解除で消える &ブレーキオイルが少ないと


      
      点灯するので、補充する。(トランク内にオイル積んでる)
      



3段目:「エンジン・オーバーヒート」&「ロー・クーラント」




     *ラジエーター水を補充していないなどすると最初に



      「ロー・クーラント」が点灯する=ラジエーター水補給



      それでもほっておくと「オーバーヒート」点灯、



      このランプが点灯したら、即座に安全な場所に車を停車し、



      ラジエーター水(水道水で良いので)を補給するべし。



4段目:「ウッシャー・フィールド」&「ストップランプ」




     *ウインド・ウォッシャー液補充 &ストップランプ玉切れ




5段目:「ICE」&「ロー・ヒューエル」




     *「ICE」アイス=外気温度が0度以下=路面凍結注意



      「ロー・ヒューエル」=ガソリン少ない




エンジンを掛けたら上記ランプの内、サイドブレーキのランプ以外、



全て消えるまで待つ。油圧を溜めているのだ。






音は、、今となっては、決して静か・とは言えない。



大体、ロールスのエンジンは静か・と言われていたのは、直列6気筒まで



の時代の話、V8エンジンになってからは、静か・が売りではなく



「好い音」が売りだ。



この快適な「音」のお陰で、音楽なしでも、飽きずに車を走らすことが



出来る。



それが証拠に、この時代の「コーニッシュ」、マフラーは左右2本だし。








「3」までも同じ、GM400型の3速AT、屈強な上、トルク感満点、



キャブ車であるから、のちのインジェクション(2以降)より、遥かに



レスポンスがよい。



出足の俊敏性を味わうと 病み付きになる。



これが キャブ車の醍醐味だ。








幌クローズで走行、、3重構造の分厚い幌は、イギリス車にありがちな



傘程度・のものではない・・バタつき感もほとんどない。




エンジンがかかっていなくてもオープンにすることはできるが、バッテリ



ーの減りとモーターの負担を考えれば、エンジンがかかっている時に



オープンにしたほうが良い。



2ケ所のフックを外し、オープン用スイッチを押す、スイッチを押してか



ら、ものの7秒ほどで幌が完全にオープンとなる。



これは、「2」も「3」も同じ。





オープンにするときのコツは、スイッチを押しながら、手で少しだけ幌を



上に持ち上げてあげると好い。



スムーズにオープンになるし、なによりモーターへの負荷が軽減され



、モーター自体の寿命を延ばす。



最初の30cmくらいを持ち上げるときにモーターの負荷は最大となる。




閉めるときも最後は、少し手で支える、、これは、幌のフック(留め金)



でボディをキズつけないようにするため。



この開閉時の所作、、その優雅さが、コーニッシュ乗りの経験値を表す。






オープンにして走り出す。




うーん、やはりコーニッシュは、オープン走行が堪らない、、。



風の巻き込み具合は、まぐれ・であろうが奇跡的に絶妙だ。



オープンカーは数あれど、コーニッシュならではの、この感覚が味わえる



車を他に知らない。




当個体の足回りは、同年の「シルバースピリット」と同じであるから、



当然 柔らかい。



かと言ってシステムが異なるので、「シャドウ」よりは僅かに硬い。



絶妙なのだ。




もはや、完全なるクラシックカーにして、バツグンの安定性。




短距離でも長距離ドライブでも快適、、日常の足でも問題なし。







ハンドルのキレがよく、着座位置が高いため、目線も高く、いたって乗り



やすい。



グリルに鎮座する「ニーリングレディ」はデカイ。



これが、好い水先案内人となる。





個人的には、日本で一番多くの「コーニッシュ」を運転した と自負して



いる。



そして、こいつばっかりは、いつ乗っても、何台乗っても飽きるという



ことがない。



もっとも、日本にも多くのダメ・コーニッシュが住んでいる それに



当たったら、通常モデルより悲惨な目にあう。



だから、ダメ・コーニッシュは、最初から仕入れない。



随分ボランテァ活動も行ったが、やはり、レストアってのは、1千万円〜



、、合わない。



完成品を購入するに限る。




当個体は、そういう意味でも 実に都合が好い。



レストアに要した費用以下で入手できるのだから。



しかも完成度は、極めて高い。




ウレタンバンパー・コーニッシュを当個体のごとく「アイアン」に など



考えないほうが良い。



その費用と 要す期間、、想像しただけでも、、ぞっとする。






さあ、世界的にも貴重な「乗れるアイアン・コーニッシュ」




一時預かり人 募集中〜!