本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

ROLLSROYCEHEADLINE

SILVER SPUR

 
  AUTO MAKER ROLLS-ROYCE  
  MODEL SILVER SPUR  
  YEAR 1988' 
  EXTERIOR WHITE


(ホワイト)
  INTERIOR Red- Leather 

(レッド・レザー)
  PRICE \ ASK
  MILEAGE 39.520km 
  AMMENITIES



ディーラー車 左ハンドル  





V8  OHV  6747cc  3速コラムAT





全長:538cm


全幅:189cm


全高:148cm




重量:2240kg


定員:5人




*装備:



パワステ、パワーウインド、Fパワーシート、メモリーシート(4人分)、



オートエアコン、バニティミラー、オーディオ(CD)、ムートンマット一式



他フル装備





・「SPUR U」エンブレム



・「SPUR U」ホイール(中がアルミ)



・「SPUR U」ステアリング



・リア・カーテン










内外装機関共に稀に見る超極上車!





車検:平成32年 2月27日

 
  COMMENT


「シルバー・スパー」








解説:




「シルバーシャドウ」の後継モデルとして1980年に登場した通称



「SZ系」モデル。



当個体は、ロング・ホイール(10cm)版「スパー」。







1998年登場の「シルバーセラフ」にバトンを渡すまで、長きに渡り



生産されたロングセラーモデルである。



*「スパー」は、国内では、97年まで(世界で2000年まで生産)


 
 「スピリット」は、国内では、96年まで(世界では1997年まで)






今回は、88’モデルとして世界的に観ても「奇跡の1台」であるから、



解説を「シリーズ1」=「80年〜89年」に絞ろう。





まず、「シリーズ1」サルーン・モデルに乗るなら、



シリアルナンバー: 20001〜 が お薦めだ。



それは、= 1987年〜89年モデル ということになる。



その心は・・



単純、、、それ以前モデルは、「キャブ」車だから。



2万台シリアルから「インジェクション」となる。 



ボッシュの「Kジェトロ」だ。



北米仕様などは、81年位から採用されていたが、87年〜は標準装着と



なる。



例のごとく、毎年 こっそり改良を加える大将(ロールス社)のこと



だから、年式は新しいほど安心感がある。




2ドア・モデルであれば、「キャブ」は楽しめる、、が、



4ドア・サルーンでは、「インジェクション」の方が好い。



何も考えなくて良いから。





更に



87’には、内装デザインの変更など




この87’〜89’年モデルには、他にも、メリット、、セールス・ポイン



トがある。



90年〜に採用される「インフォメーション・パネル」=「自己診察



機能つき」=「ボッシュのブラックBOX」=「コンピューター」が



このモデルには 付いてない。





良くできた「インフォ・・パネル」ではあるが、診断ランプの誤作動



点灯などで、いちいち心痛する必要がないのだ。





「乗る」優先ならベストな選択であることは世界の共通認識であろう




それが、理由で「シリーズ1」の時代は、「スパー」よりも、よりパー



ソナル・カーである「スピリット」の方が売れていた。





「シリーズ1」生産台数  80’〜89’




「スピリット」 :8126台



「スパー」   :6240台  (87’〜89’:2407台)







これが、バブル期頂点の「シリーズ2」の時代(90’〜93年)



になると、




その生産台数(オーダーされた台数)は逆転する、、




「スピリット2」 :1152台




「スパー2」   :1658台





要は、実質ではなく、高いほうが売れた時代なのだ。




近年再評価が始まりつつある「SZ系」モデルであるが、日本にある



ディーラー車は、ほぼ 89'〜91’モデル、、= バブル。



この間に 3千台ほどのロールス&ベントレーが輸入されてきたが、



4ドア・サルーン・モデルで、「極上」とつく個体など、50台に



1台あればよいほうだろう。



あまりに安価になりすぎた流通価格のお陰で、正しい保守・管理が



なされた個体などなくなったのだ。



まして、当個体のような「88’」モデルで「超のつく極上」個体など



創業30年の専門店・弊社を持ってしても、、扱った記憶がないほど



珍しい。








では、当個体の お話、、







ディーラー車・左ハンドル。



3オーナー。




走行:39.520km!




前オーナー様は、昔からのロールス乗りで、今も「クラウドU」を



足に使っているほど。



それも、足の使い方が、ハンパじゃない。



九州でも北海道でも、一人で弾丸ドライブに出かける。



しかも、年に何度も、、。



当「スパー」が、いざっ・という時用で、「クラウドU」が「足」な



のだから、普通の方とは真逆、、生粋のエンスー様だ。




因みに、前オーナー様が、以前お乗りだった「クラウドU」も弊社で



仕入れさせていただいた。 この方のクルマは、間違いがない。





整備状況も万全だ。




前オーナー様が入手したのが、平成26年、



某ロールス専門工場から購入、しっかり整備した後、納車



このときの走行距離(記録簿あり)が、なんと:6.233km!



新車同様の個体だったという。



その後、毎年、その専門工場で整備(記録簿あり)





平成26年: 6.233km



平成27年:18.020km



平成28年:25.340km



平成29年:30.806km



平成30年:37.400km (2月)




で、現在: 39.520km





考えてみると、およそ4年半で、3万キロほど走行したわけだから、



いざっ て時は、結構 多いらしい。




整備状況も素晴らしいが、もっと素晴らしいのは、内外装のコンディ



ション!






外装:「ホワイト」





一番人気の「ホワイト」






ボディサイドには、ゴールド(タン)のコーチラインが2本。



さすが、、このコーチライン、右リア最後の30cm以外、全て



新車当時のオリジナルを残す。*もち、30cmも事故などで塗られた



ものではなく、クラック発生に伴うものだ。



そう、当個体、クラック発生がしたであろう箇所は、すでにウレタン



塗装済み、しかも、うまい。



だから、クラックなし!



でもでも、この写真撮影時の段階では、フロント廻りに細かい飛び石



あとが、と、右リア・バンパー角に、スレ後がある。



この箇所、これから、日本一のロールス塗り 弊社・塗装ファクトリ



ーで、キレイにする。 このボランティア活動を持って、当個体は、



世界でもトップ・クラス、超のつく極上 となる。








当個体、トランクのエンブレムを「SPURU」に、



ホイールも「スパーU」のものに交換してある(ステアリングも)





エンブレムは、どうでも良いが、ホイール交換は正解であろう。



88’本来は、ガン鉄ホイール、スパーUは、アルミ製だ。



さびないし、バネ下加重も、かなり軽くなっている。















内装:「レッド」コノリー





オリジナル・コノリー!




状態の良さは、目を見張るものがある。




他社メーカーでは決して見ることのできない(現在の6千万円の新車



でもね)最上級レザーだ。




今現在の当車輌販売価格は、このシート代金にも満たない。



世界最高のシート、、これに座りたくて、シートだけ買ったら、



いまなら、車本体も付いてくる。




さらに、驚くべきは、




「ウッド」の状態、、




リペアもしてないのに、、



クラックなし



おまけに、「艶」が、尋常じゃない。



いったい、、どんなところに住んでいたら、こんな状態が保てるのだ



ろう??



少なくても、私よりは、良い環境の場所に住んでいたに違いない。



メーター下のスイッチ類には、いまだに新車時のプラカバーが付いた



ままだし。











新車時価格は、「スパー」の歴史上でも最も高額だったと思われる



:3250万!



この価格付けは、滅多に売れないから、利幅がないとやっていけない



というディーラーさんも思惑だったように思う。



無論、その価値は、いまだ変わりない。



それほど、コストが掛かっていたモデルなのだから。





現在の売値は冗談のように安価だが、新車と同じ「満足度」が味わえ



る。 いや、費用 対 満足度 は安価な分、新車より遥かに上だ。




機関系は、うちが整備すれば、新車より調子よくなるし、、



こんな都合の良い個体は、そうはない。






孫の代まで乗れる ロールス入門車にして、「超が つく」





1km走行当たり:100円



1000km走行当たり:10万円の 整備予算をかける覚悟と収入の



ある方なら、どなたにでも、お薦め。




じゃ、1年に1万キロ走ったら、100万円掛かるのか?って



そんな人は、ほぼ一人もいません。



あくまでも 掛かるかも知れないので、その費用と覚悟があります?



ってことです。




ベンツは、維持費的に所有できないが、ロールスならできる って方



だって少なくないのです。







まずは、写真75枚を ご参考に ご検討のほど。




注)写真撮影技術の未熟さで、内装「赤」が、オレンジ色っぽく




  写っている写真があるが、実車は、ボルドーのような赤です。





あっと 



当社の販売車は、全車 ご試乗いただけますので、お気軽に!