本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

ROLLSROYCEHEADLINE

SILVER SPRIT

 
  AUTO MAKER ROLLS-ROYCE  
  MODEL SILVER SPRIT  
  YEAR 1989 
  EXTERIOR COTWOLD-BEIGE

(コッツウォルズ・ベージュ)
  INTERIOR Red- Leather 

(レッド・レザー)
  PRICE \ ASK
  MILEAGE 26.215km 
  AMMENITIES


ディーラー車 左ハンドル  



法人2オーナー!







V8  OHV  6747cc  3速コラムAT





全長:528cm


全幅:189cm


全高:148cm


重量:2230kg


定員:5人




*装備:



パワステ、パワーウインド、Fパワーシート、Fシートヒーター+メモリーシ



ート(4人分)、オートエアコン、バニティミラー、オーディオ、



ムートンマット一式



他フル装備






オプション装備:




*スペシャル・オーダー・カラー



*ピクニック・テーブル



*「ストレート・グレイン・ウォールナット」ウッド



*Cピラーに「RR」バッジ






後付:



*「ゴリラ」ナビ&ワンセグTV



* バックカメラ



*「ETC」車載器






内外装機関共に稀に見る超極上車!





車検:平成30年 7月18日

 
  COMMENT


「シルバー・スピリット」





 奇跡の1台、、








解説:



1965年から1980年の間に生産された「シルバーシャドウ」の



後継モデルとして1980年に登場した通称「SZ系」モデル。



当個体は、ショート・ホイール(10cm)版「スピリット」。







1998年登場の「シルバーセラフ」にバトンを渡すまで、長きに渡り



生産されたロングセラーモデルである。



*「スパー」は、国内では、97年まで(世界で2000年まで生産)


 
 「スピリット」は、国内では、96年まで(世界では1997年まで)






今回は、天然記念物級に珍しい「89’超極上スピリット」であるから、



解説を「シリーズ1」=「80年〜89年」に絞ろう。





まず、「シリーズ1」サルーン・モデルに乗るなら、



シリアルナンバー: 20001〜 が お薦めだ。



それは、= 1986年〜89年モデル ということになる。



その心は・・



単純、、、それ以前モデルは、「キャブ」車だから。



2万台シリアルから「インジェクション」となる。 



ボッシュの「Kジェトロ」だ。



北米仕様などは、81年位から採用されていたが、87年〜は標準装着と



なる。



例のごとく、毎年 こっそり改良を加える大将(ロールス社)のこと



だから、年式は新しいほど安心感がある。




2ドア・モデルであれば、「キャブ」は楽しめる、、が、



4ドア・サルーンでは、「インジェクション」の方が好い。



何も考えなくて良いから。





更に




この89年モデルには、他にも、メリット、、セールス・ポイントが



ある。



90年〜に採用される「インフォメーション・パネル」=「自己診察



機能つき」=「ボッシュのブラックBOX」=「コンピューター」が



89’には 付いてない。




良くできた「インフォ・・パネル」ではあるが、診断ランプの誤作動



点灯などで、いちいち心痛する必要がないのだ。



「シリーズ1」の最終モデル「1989’」で「スピリット」 これが、



「乗る」ならベストな選択 であることは世界の共通認識であろう。




「シリーズ1」の時代は、事実、「スピリット」は「スパー」より売れ



ていた。





「シリーズ1」生産台数  80’〜89’




「スピリット」 :8126台



「スパー」   :6240台







これが、バブル期頂点の「シリーズ2」の時代(90’〜93年)



になると、




その生産台数(オーダーされた台数)は逆転する、、




「スピリット2」 :1152台




「スパー2」   :1658台





要は、実質ではなく、高いほうが売れた時代なのだ。



オーナー自らハンドルを握るのであれば、ショートボディの方が乗り



やすかろう。



実用的モデルとして、89’ 最終「スピリット」は、最強なのだ。








さらに 当個体、、










ディーラー車・左ハンドル。



以前弊社で販売させていただいた「シーザー認定号」!



法人1オーナー、16.700kmほど走行時に販売させていただき、



法人2オーナー!





乗らずに放置していた個体ではなく、整備状況も万全で、記録簿は



13枚 残されている。



弊社入庫以前の最終記録は、平成26年の車検時:16.315km



「コーンズ」さんにて、しっかり整備されていた。



そこから、弊社担当(自社認証工場)




平成27年12月:16.360km



平成28年 6月: 18.332km




現在: 26.224km!






まっ ここまでは、ほかにもあるかも、、ながら、この個体が 



すごいのは、そのコンディション



まさに 奇跡の1台!



世界トップクラスのコンディションであることは間違いがない。



さらにさらに



私が もっとも感心したのは、ボディカラー、、



30年ロールス屋を営んできて、、この個体で初めて見た、



「コッツウォルズ・ベージュ」




新車時にオーナーさまが選択したスペシャル・カラーだ。




他に、もう1台あるという噂だが、、カラーコードで調べるまで、



名前さえ知らなかった。



なんというか、淡いシャンパン・ゴールド・メタリックにウグイス色



を混ぜたような、、といったところか。



塗装コンディションも 申し分ない。



おそらく、塗装クラックが入ったのであろう、、クラックが入りそう



なコーチラインから上部分は、ウレタンで、ほぼ塗装し直してある。




91’までは、クラックの入りやすいラッカー塗料が使われているので



誰かが、必ずボランティア活動で、ウレタン鏡面塗装を施す必要が



ある。



当個体は、ラッキーなことに、かなりな出費を要するボランティア



活動済み個体なのだ。



しかも、塗装した職人の腕が、素晴らしい。



これができる=私が納得する塗装職人は、日本に数人しかおりまい。





ボディサイド 2本のコーチラインの正式カラー名は、出生証明にて、



「GOLD」と断定できた。



そういえば、当個体、2度目の入庫にも係わらず、私は「スパー」だと



勘違いしていた。



それは、Cピラーに「RR」バッジが張られていたし、「ピクニック・



テーブル」もあるし、、。



それがあるのは、「スパー」の特徴だ。



この「RR」バッジも「ピクニック・テーブル」も新車時からオーダー



したものだった。












内装の選択も渋い。




「レッド」コノリー





オリジナル・コノリーの状態の良さは、驚愕 というに値する。




他社メーカーでは決して見ることのできない(現在の6千万円の新車



でも)最上級レザーだ。



今現在の当車輌販売価格は、このシート代金にも満たない。



世界最高のシート、、これに座りたくて、シートだけ買ったら、



いまなら、車本体も付いてくる。





この個体の内装において、最も注目すべきは「ウッド」であろう。





通常は、「バーウォールナット」が使用されているが、当個体は、、





遠目には、現在の「ピアノ・ブラック」のようにも見えるが、、



近くで見ると、しっかり木目が見える。




前回入庫時には、おそらく、「バーではないウォールナット」=



「ストレート・グレイン・ウォールナット」=「柾目部位」と推定し



たが、ひょっとすると(似ているので)「マコレ」か「マホガニー」



かも?  だったのだが(前オーナー様が「出生証明」を取り寄せて



調べてくださった)、「柾目」で正解だった。




そう、ファースト・オーナー様は、わざわざ、「地味」なウッドを



特注選択されたのだ。




わざわざ地味仕様にした個体は、極めて珍しい。



以前販売させていただいた 英国「マーガレット王妃」の「シャドウ



1」も地味ウッドを選択されていたが、、それ以来かも











全長:528cm




有りがちな「530cm」パレットの立体駐車場に入るサイズ。



「スピリット」は、完全に オーナードライバーズカー、




ハンドルを握っているのが、オーナーだ。




グリップの細い2本スポークのステアリング、、これが、英国流高級



車の証。






近年、これほどの「89’スピリット」は、国内は元より、世界の売り物



でも 見かけたことがない。当社以外ではね。 








新車時価格:2750万円の「価値」は、今も 変わらず、、



現在の売値は冗談のように安価だが、新車と同じ「満足度」が味わえ



る。 いや、費用 対 満足度 は安価な分、新車より遥かに上だ。




機関系は、うちが整備すれば、新車より調子よくなるし、、



こんな都合の良い個体は、そうはない。






孫の代まで乗れる ロールス入門車にして、



のちにコレクターズ・アイテムになるであろう、貴重な89’スピリット





1km走行当たり:100円



1000km走行当たり:10万円の 整備予算をかける覚悟と収入の



ある方なら、どなたにでも、お薦め。






まずは、写真75枚を ご参考に ご検討のほど。



あっと 



当社の販売車は、全車 ご試乗いただけますので、お気軽に!