本文へスキップ

RollsRoyce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

ROLLSROYCEHEADLINE

ROLLS・ROYCE

 
  AUTO MAKER ROLLSROYCE 
  MODEL


CORNICHE V



  YEAR 1990
  EXTERIOR WHITE (WHITE・Top)


ホワイト (ホワイト・幌)
  INTERIOR St-james-red・LEATHER



セント・ジェームスレッド・レザー(ホワイト・パイピング)
  PRICE \ ASK 
  MILEAGE 13.146km
  AMMENITIES

  
北米仕様 新車並行車(91'5月登録)  左ハンドル





V8 OHV 6.75L 3速コラムAT




全長:525cm
(実寸は、521cmほど)


全幅:183cm


全高:151cm


重量:2330kg 


(車検証上データ)


定員:4人



装備:



電動オープン、エアバッグ、Fパワシート(メモリーシート4人+シートシーター左右、


ランバーサポート左右、ABS、オーディオ 他フル装備






オプション装備:



*ロールス純正 アルミ・ホイール


*左右ドア小物入れBOX


クリスタル・グラス(チューダークリスタル社製 X 3 他 1) 


*クリスタル・ボトル (チューダークリスタル社製X 2)


*RRマーク ワインオープナー X 2














内外装極美、機関 当社にて完全整備渡し 超極上車!



車検:平成26年 8月21日まで



 
  COMMENT





ロールス・ロイス 



「コーニッシュ 3」











まずは、モデルの ご解説から、



「コーニッシュ」は、ロールス社のスタンダード・モデルではなく、傘下のコーチビル



ダー「マリーナ・パークウォード」(以後、MPWに略)製作のモデルである。



この手のコーチビルダー製作のモデルを「コーチビルド・モデル」と呼び「スタンダー



ド・モデル」とは分けて分類される。





ロールスロイスとベントレー(1931年に買収)の戦前モデルは全て「コーチビルド



モデル」であったが、



戦後(1946年〜)、ロールス社は、自社でもボディ製作を始める・・・




これが「スタンダード・モデル」である。



ただし、自社製といえど複雑なボディ製作は、不可能で、近年まで「コーチビルダー」



に託すしかなかった。



1960年代までには、イギリスに200社以上存在していたコーチビルダーの頂点にた



ったコーチビルダー、ひいては世界一と評されるコーチビルダーが「マリーナ・パーク



ウォード」社である。



この会社の作るボディは、「工業製品」ではなく「伝統工芸品」である。







「コーニッシュ」の名は、



南フランスのモナコ近郊を走るコーニッシュと呼ばれる湾岸道路の名に由来する。



地中海を望むリビエラ海岸の断崖沿いを走る「コーニッシュ」ロードは、息を呑むほ



ど美しい。



このロードを走るために存在する車が、「コーニッシュ」なのであるが、、それは、あ



くまでイメージ、、その辺りに別荘を持つ方だけに販売していたのでは、幾らも売れな



い、、。



重要なのは、そのコンセプト、、単に意味もなくドライブするだけで、至福のときを与



えてくれる車が「コーニッシュ」なのである。



だから、「コーニッシュ」に「使い道」を考えてはいけない。



使い道・などという次元とは関係ない「非日常」を楽しみための車なのだ。



極論をいうなら、、、よしんば乗らなくても、所有している・というだけでも満足感を



与えてくれる、、それが、「コーニッシュ」、そんな車など そうあるもんじゃない。




「コーニッシュ」に低走行車が多いのも そのためだ。



たまの休みに海外旅行にでも行ってストレス解消するのと同じように「非日常」を味



わうことこそ最高の至福のとき・ではなかろうか、、。







「コーニッシュ」、その歴史は、




1967年に、4ドア・サルーンの「シルバー・シャドウ」をベースにMPWによって



コーチビルドされた「MPW・ドロップ・ヘッド・クーペ」に始まる。



その後、マイナーチェンジと共に、1971年「コーニッシュ」の名称となる。



コーニッシュのシャーシ・エンジンは、基本的に、その時代の4ドア・ショートボディ



がベースとなっているので、1967年から1976年までは、「シャドウ1」ベース



1978年から1980年が「シャドウ2」ベース、



1980年から1985年が、「シルバースピリット」の「キャブ」ベースである。



1981年までは、「コーニッシュ・クーペ」が存在したが、この年に生産中止となり



、以後、選択肢は、オープン・モデルのみとなる。






1986年には、「シルバースピリット」がキャブから「インジェクション」へ進化し



たのを きっかけに、室内のマイナーチェンジ(センターコンソールがダッシュに繋が



るなど)が行なわれ、「コーニッシュU」と名称を変える。(USは85’〜)






1990年、更なる改良が行なわれ 当「コーニッシュV」、



1992年、幌のフル電動化



と4速ATへの進化で「コーニッシュW」と、その外観を殆ど変えることなく進化し、



1995年に惜しまれつつ、全ての生産を終える。






当個体は、その中でも 僅か2年間しか生産されていない「シリーズV」






 生産台数は
、「451台」




 内、左ハンドルは、「380台」



ほとんど アメリカに輸出され、イギリス本国でコーニッシュを見かけることは稀である。



しかし、この日本に もっとも多く生息する「コーニッシュ」は、シリーズVだと思われる



、、バブル経済絶頂期と ちょうど 重なっていたからだ。









因みに、コーニッシュというモデルは、1年でも年式が新しい方がエライ(価値がある)。




モデルによっては、古い年式のモデルが評価される場合もあるが、こと 「コーニッシュ」



に おいては、古いモデルが 再評価されることはなさそうだ。



それは、昔のままの「作り」を最後まで 貫き通していたから、、



シリーズ1以前のモデルが、シリーズ3.4より 評価が上がるなんてことは ないのだ。



もっとも、個人の 好き嫌いは別、、キャブ車が好きなら、85年以前のシーリズ1を



選択するしかない。














さて
 当個体の お話



北米仕様の左ハンドル 90年モデル



国内登録は、91年5月であるが、新車で輸入されてきた個体に間違いない。



この個体は、新車の時から 知っている。



当社も伊達に 1989年から、ロールス屋をやっているわけじゃない。



ファースト・オーナーは、紅白常連の大物歌手様だ。



当社で初めて入庫した(仕入れた)のは、99年 そのときは、2オーナーで 数千キロ



、新車同様の個体であった。



その後、ずっと当社管理下、整備も担当してきたから、この個体は 知り尽くしている。



あまりにもキレイすぎる個体であったことに加え、複数台数所有のオーナー様の お蔭で



今もって、走行距離は、13.146km!



圧倒的な保管環境の良さと的確な保守、管理、、



コンディションが それに伴うのは 言うまでもなかろう。













当個体、、と言うか日本の「コーニッシュ」は、ほとんど、車検証上の全長が 527cm



と記載されている(当個体は、525cm)が、、これは謎である。



確かに、コーニッシュには、北米仕様とヨーロツパ仕様があり、バンパーの大きさが異なる



のだが、、



そこで、今回、正確に実寸を測ってみた。



結果、ヨーロッパ仕様は、全長:515cmほど



北米仕様は、前後のバンパーが各3cmづつ長く、全長:521cm



凝っているのは、単純に長い・バンパーをつけているのでなく、バンパー上部の



ベロの部分のパーツまで違うものを使っていること、、(北米仕様が少し長い)。



このパーツのお蔭で、一見区別がつかない。



もちろん、日本仕様(日本ディーラー仕様)など存在しない(相手にしてない)から、



ごちゃまぜ、どっちも有り。









いまや 天然記念物級に 発見が珍しくなった 極上物「ホワイト・コーニッシュV」。




日本において、「コーニッシュ」と言えば、昔から「ホワイト」がダントツの一番人気。



当個体



外色:ホワイトで 内装:「セント・ジェームスレッド」・レザー、、



「ホワイト・パイピング」が なんとも粋だ。



この「ホワイト・パイピング」が、室内の雰囲気を がらりと変えている。




肝心の「幌」の状態も 見事!



雨天未使用と思われる。






この時代の「コノリー」レザーの品質は、ロールスの歴史上でも、最高レベルだ。



おそらく、「コノリー・ブラザース」社が最も多くの牛を飼育していた年であろうから、



最高品質のレザー(ロールス社専用 オートラックス・10%トップ・グレード)も 選り



取りみどり採取できていたに違いない。







「コーニッシュV」



新車時価格:4100万円(税別)



2ドアのオープンカーというモデルにして、この価格、、



ロールス・ファンの誰もが憧れるモデルであった。



1993年 皇室(雅子様)のロイヤル・ウェディング・パレードで、「コーニッシュV」



が使われたとき、もはや、天上人の乗る 雲の上の車というイメージさえあった。



*あの「コーニッシュ」は、91年モデルの当個体と同じ「シリーズ3」




あれから、時が経った。



長引いた不況で、天下の「コーニッシュ」も、ついに手の届く存在となった。



そして、ここまで 安価になると、オーナー様は、普通に乗り始める。



結果、走行距離は伸び、極上個体は 減少していく。



本来、日本人ほど高級車になればなるほど 「乗らない」国民はいない。



極上コーニッシュが、もっとも多く住んでいる国は、この日本だ。



そう、、今なら まだ間に合う、当個体のような極上個体が入手できる。



が、



当個体を入手するには、一つの条件がある。



それは、屋内駐車場で保管 できるか



これほどの個体、雨ざらしは、、ない。



濡らして幌に使われている「木」を腐らせてしまうのが、もったいない。



じゃんじゃん乗るのは、まったく問題ない。



人生楽しんだもの勝ち。




「コーニッシュ」は、まだ、これから、100年先まで残したい。



そのころには、今 このHPを ご覧いただいている方、全員、天上人となっている



だろうが、、我々には義務があるのだ。




「一時預かり人」として、正しく後世に残す、、




この文章を呼んでも ピンとこない方も多いと思う、、



だが、実車を ご覧になれば、意味が ご理解いただけると思う。




「MPW」の職人が作る車には、魂が吹き込まれている。




そいつが、語りかけてくる、、




「いつまでも大切に、、」 と














まずは、下記より 写真63枚を ご参考に ↓