本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

ROLLSROYCEHEADLINE

SILVER SPUR U

  MAKER ROLLS-ROYCE  
  MODEL
MPW-SILVER SPUR U 
  YEAR 1990
  EXTERIOR BORDEAUX

(ボルドー)
  INTERIOR MAGNOLIA- LEATHER/MAROON- PIPING 

(マグノリア・レザー/マルーン・パイピング
  PRICE \ ASK
  MILEAGE 28.141mile (45.026km)
  AMMENITIES



世界限定車 生産台数:71台








US並行輸入車 左ハンドル (国内登録 平成3年7月)  




V8  OHV 6747cc  3速コラムAT




全長:538cm


全幅:189cm


全高:148cm



重量:2350kg


定員:4人



*標準装備:



エアバッグ、パワステ、パワーウインド、全席パワーシート、


Fシートヒーター+メモリーシート(4人分)+ランバーサポート、オートエアコン、


ピクニックテーブル、ムートンマット一式





他フル装備






「マリーナパークウォード・スパー」専用装備







・ボルドーボディ同色バンパー



・サイド・ステンレス モール



・MPW ステンレス・ステップモール



・バッジ・バー



・RRマーク 刻印入りウッド・レール



・スライド式「ピクニック・テーブル」 左:「カード入れ」 右:葉巻入れ



・「ロイヤル・ドルトン」製 グラスセット(ボトル X4、グラス X 4)



・ドア内張り「ウッド」 X 4枚



・開閉式リア・センターBOX



・冷蔵庫



・シリアル・ナンバー刻印 プレート



・内装と同じ「マグノリア・レザー・書類ケース」









内外装機関共に稀に見る超極上車!




車検:2021年4月18日までに付き 2年付き渡し



(240項目 ご納車整備・無料)

 
  COMMENT


「MPW・スパーU」





解説:



マリーナ・パークウォード・スパー2」



スタンダードの「スパーU」を「MPW」が職人技で仕上げた豪華・世界限定モデル!




当モデルは、1990年と91年だけに生産され、総生産台数は、「71台」!











もはや、スタンダード・スパーの解説は 必要あるまい。



当モデル、71台の内、片手に余るほどの台数が日本にも住んでいる。



過去に僅かに当社でも扱ったことがある。



当モデルで特筆すべきは、その豪華装備、、



というより、「MPW」のセンスの良さと それを可能にする職人技を堪能できること



に尽きる。




とにかく、眺めていて飽きる事はない、、素晴らしい。






71台は、全て 内外装同じカラー、



外装:「ボルドー」(特注で、チューダーレッド有り)



内装:「マグノリア」&「マルーン」コノリー




当時、「スパーU」の新車価格が、3050万円だった時代に、



当「MPWスパーU」は、、たしか、3350万円だったと記憶している。



もちろん、そのプラス分300万円は、サービス的安価な設定で、仮に、1台だけ、



この装備を特注してたら、そんな金額じゃすまない。











当個体の お話






以前 当社で販売させていただいた「シーザー認定中古車」。



2002年以降は、ずーーと弊社管理下にある = 間違いのない1台。




走行距離:28.141マイル = 「45.026km」!





US仕様の並行車で、90年モデルながら、国内登録は、91年にずれ込んでいる。



が、おそらくは、90年の終わりごろ新車で輸入されてきたが、プレミアムの付け過ぎ



で売れ残った個体だと思われる。



90年時「スパー2」のUSモデルとEC(EU)モデルの違いは(日本仕様はない)、



外見上は、USモデルのみ、ヘッドライトが4灯であったこと(バンパーは同じ)、



内装では、スピードメーターが、外マイル、内キロのW表示パネル、



トリップ・メーターはマイル積算(デジタルトリップ計はKm表記に切り替えできる)



あと、外気温度計の表示が、「摂氏」と「華氏」で異なる。



そのくらいで、たいした違いはないが、USモデルのみ、100% 運転席「エアバッグ」



が採用されていたことは評価できる。




当個体は、当初弊社入庫後、ヘッドライトを2灯のヨーロッパ&本国仕様に交換した。




前オーナー様の優れた保守、管理の お蔭で コンディションは極めてよろしい。



僅かな飛び石あとなどは、すでにリペア済み。



で、キズなし・・ビカビカ!





「MPWスパー2」専用「ステン・サイド・モール」が、いかにも「MPW」物



これが あるとないとじゃ印象が大違い。



このモール、当時は、特注オプションであれば、注文することができた、



1本(1枚):60万円で(左右で120万円)




バンパーも専用「ボディ同色」




「バッジ・バー」も最初から装備。



その心は、「この手の特別なモデルにお乗りのオーナー様なら、当然、どこぞのクラブ



に所属されてますよね」である。



で、どこぞのデザインが好い「バッジ・バー」を見つけて取り付ける のが筋である。





トランクリッドには、「MPW・SPURU」バッジ、、これだけ欲しいくらい。




ドアをあけると、、





これまた、専用の「MPWステップ・プレート」、全ドアにある、、最高の お出迎え!



乗り降りするたびに、盛り上がる。



更に、このドア内張りウッド!



通常オプションのは、センターから2面取りウッド(左右で模様が同じのブックマッチ



製法)だが、MPW師匠は、4面取り!



しかも、最高級の杢を持つバー・ウォールナットで。



もち、1台づつに、異なる杢・模様、、しびれます。



ここで、、気を失ってはならない、、まだまだ つづく




通常のウッド象嵌も「MPW」師匠にかかると、金ライン入りとなり、ドア下レール



ウッドの中央には、真鍮の「RR」マークが埋め込まれる。




グローブBOXを開けると、シリアルナンバー刻印プレート。




内装コンディションも素晴らしい、、




もっとも ロールス・ロイスらしいカラーと云われた「マグノリア」コノリーは、



今でも、しっとり、スレやヤレなど ほとんど見受けられない。



ウッドの艶も有りあり だが、一部にクラック箇所があるにはある(写真参↓)、



当個体は、ノンレストア個体であるから、それが、風情。(いつでもリペアできる)




もっとも重要な「小物」、




「ロイヤル・ドルトン」クリスタル・グラス・フルセット、、残っている。




これは、超~貴重で、他モデルでも、オプションや特注で、「ロイヤルドルトン」グラ



スセットを積んでいる個体はあるが、当モデル、ボトル・キャップの頭に「MPW」の



刻印がある、、これは、このモデル以外で見たことがない = もう入手できない。



英国貴族は、これで、ウイスキーを常温ストレートで飲む。



「ごっこ」としては



ロイヤルワラント(英国王室御用達)のウイスキーを



例えば、「王のためのウイスキー」:「ロイヤルブラックラ」とか、「ラフロイグ」、



「ロイヤルロッホナガー」、英国以外では日本でしか買えない(皇室の繋がりで)、



「ロイヤル・ハウスホールド」とか、、 飲んでるフリね。



実際には、




温度調整機能付き「冷蔵庫」があるので、缶コーヒーでも冷やしておきましょ。



「冷蔵庫の」フタカバー裏ウッドも、ド級の杢を持つ 4面どり仕上げ。



センター下のフタも開くことができる 小物入れ。これも専用もの。





さあ、ピクニック・テーブル、広げてみてよっ



こちらも、ド級杢「4面取り」



おまけにスライド式で、、




右は、「葉巻入れ」



(残念なのは、「ダンヒル」の葉巻カッターがない)



左は、「小物入れ」 *新車時は「RRマーク入りトランプ」が2セット入っていた。




あと、「書類れ」も専用もので、「マグノリアレザー」製。



これだけでも、高く売れるし、記念になるので、残されていない例が多いが、この個体



は残されている。惜しい、純銀製RRマークがない。





当個体は、カロの「HDDインダッシュナビ&地デジTV」&「バックカメラ」も装備



即戦力!







生産台数:71台  




当個体のシリアル・ナンバーは「16」







スタンダードの「スパー2」が、「MPW」マジックで、ここまで芸術的な車に



仕上がっている。



このモデルは、、「コーチビルド」モデルに分類し、後世まで正しく残していくべき



モデルである。




やはり、「MPW」は、凄い、、。





「MPW」が、特注以外でカタログモデルとしてコーチビルドした「4ドア・セダン」



は、このモデル以外にはない。




本来、「MPW」は、「リムジン」と「2ドア・モデル」しか作っていないのだ。




その未来的価値は計り知れない。




が、今なら、まだ、中古車時代価格、、私なら信じられないほど安価。




今のうちに乗るべき1台。 費用 対 満足度 =  1 対 9 




「2003年」に その活動(コーチビルド)を止めてしまった「MPW」モデル。



もう二度と作ることはない。







「一時預かり人」募集!















さて、まずは、お写真、怒涛の「124枚」を ご参考に  ↓
















 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 

 素晴らしくキレイなエンジンルーム!






エンジンは、言わずと知れたロールス製・総アルミ合金・V8 OHV 6747cc。



1965年デビュー、ロールス製V8、当初6230ccであった排気量を1970年:6747ccに、、



それから基本設計を変えることなく使用され続け、2020年4月、ついに、生産中止となった。



ロールス本社工場(クルー)と「ベントレー」を買収した「VW」は、ついについに、ハンドビルドで、



コスト掛かりまくりの このエンジンをやめた。



これにて、ロールス&ベントレーの純血を継ぐパーツは、ひとつもなくなった。





伝説は、本当の伝説となった。




伝説に乗る か、、。



乗れば、分かる。