本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

ROLLSROYCEHEADLINE

SILVER SPUR U

 
  AUTO MAKER ROLLS-ROYCE  
  MODEL SILVER SPUR U 
  YEAR 1991
  EXTERIOR WHITE

(ホワイト)
  INTERIOR St.James.Red -LEATHER 


(セントジェームス・レッド
  PRICE \ ASK
  MILEAGE 37.995km 
  AMMENITIES


ディーラー車 左ハンドル (92年8月登録) 






実質1オーナー





V8 OHV  6747cc  3速コラムAT



全長:538cm


全幅:189cm


全高:148cm




重量:2290kg


定員:5人



*装備:




パワステ、パワーウインド、全席パワーシート、Fシートヒーター+メモリーシート(4人分)+


ランバーサポート、オートエアコン、ピクニックテーブル、ムートンマット、オーディオ、他











内外装機関共に、稀に見る超極上車!




車検:2年付渡し


 
  COMMENT


「シルバー・スパーU」









サー・ヘンリー・ロイス曰く




「本物の価値は永遠に変わらない」








1965年から1980年の間に生産された「シルバーシャドウ」の後継モデルとして



1980年に登場した「SZ系」モデルのロングホイールベース「スパー」。






98年の前期まで輸入された(生産自体は99年まで)、このモデルは、ロールス社の社



内コードに因み、「SZ系」モデルと呼ばれている。




シャドウの丸みを帯びたボディラインから、一気にエッジの効いたシャープなボディデ



ザインに変更されたが、、これで世界中の自動車メーカーの高級車が四角いカタチとな



った・と言われている。




1980年以来、「必要とあれば、即座に改良を加える」というロールス社の伝統のと


おり、「SZ系」モデルにも、毎年のごとく、改良が加えられていく。








発売から10年、1990年、「シルバースパー」は、「シルバースパーU」に



進化する。




コンピューター制御のインジェクション(ボッシュ製)に自己診断機能を備えたインフ



ォメーションパネル、、足廻りには100分の1秒で傾きを自動制御する



「オートライド」機能付きサスペンションが奢られていた。



中でも、「オートライド」は、「ロールスがロールしなくなった」の名文句で



有名である。






内装造作も 豪華に変更され、伝統芸「バーウォールナット」張りにの縁には、



象嵌細工が施される。




外装では、大きな変化はないものの、こっそり、ホイールが「アルミ」になった。



これを わざとクラシックに見せるために、ホイールカバーとホイールリングで



覆う。 一見 アルミホイールには見えない。 



これが、ロールス社の「粋」!




こういうところが 好きだね。









シルバースパーUは、1990年から1993年までの間に、トータル「1658台」



を生産する。



1989年から1991年にかけては、日本バブル景気のピークで、過去最高の



ロールスが輸入されてきた。



中古車市場にも、10年ほど前なら、極上個体が ごろごろあったが、、



現在、極上個体を見つけるのは、至難の業となっている。



流通価格が安くなりすぎたために、保守、管理が デタラメな個体が増えてしまったた



めである。今でも、車自体は多く流通してる、、、



しかし、当社で扱うレベルにある個体は、10台〜20台見て1台ほどしかない。




たしかに、どんな状態の個体であろうが、金さえかければ「正しい」状態に戻すことは



できる、、それがロールス・ロイスであるが、



多くの場合、それをすると「売値」を超えてしまう。



車屋では救済のしようがないのだ。




車は、100年は持つのに、非常に惜しい。








「シルバ−スパーU」







ディーラー新車時価格:30.500.000円




これに、消費税、登録諸費用が別途、、



並みの高級車ではない。



10cmショートホイールの「スピリット2」が、「2750万円」であったから、



300万円高、、10cmで クラウンが買えた。





世界一の4ドア・サルーン。 いつの時代も。




「世界一」 ってのは、なんと言っても響きが心地よい。












さて、当個体、、






絶滅危惧種の「極上スパーU」だ!





当社初入庫個体。




それもそのはず、実質1オーナー! (自身の医療法人と個人名に登録変更しただけ)



流石に お医者様、大切に お乗りいただいたようで、稀に見る状態を現在に残す。





走行距離:37.955km!





ロールスにしては珍しく「記録簿」も9枚(新車時から37.563km時まで)有り。




無論、当社の場合、記録簿など関係ない、怒涛の整備を施すので、いらないけど。




この個体の最大の「売り」は、そのコンディションである。




よほどの保管環境がなければ、この◎状態で、、はない。




「ウッド」の艶などは、まさに それを象徴する 見所だ。





「コノリー」の質感も すごい状態、、。すれもやれも ほとんどない。




外装には 僅かにコキズなどがあったが、気になる箇所は、「シーザー認定号への道」




途中で、全てリペアした。



この個体が 当社に入庫した(仕入れた)のは、昨年のことだ。



やっと、「シーザー認定中古車」として販売できる「商品」となった。





当社に初入庫個体の場合、多くは 数ヶ月から数年の歳月をかけて、「認定号」に




仕上げる。




「シーザー認定号」になるのは、あまくないのだ。




当社が所有(在庫)している間は、当社が「一時預かり人」




その任は、責任を持って果たす。




すぐに販売して、すぐに納車するのが、一番儲かるけど、、、



そんなことするつもりは、毛頭ないね。











外装:ホワイト




キズなし、クラックなし、文句なし。






内装:セントジェームスレッド



個人的にも もっとも好きなカラーといえる。




このカラーは、ほんとに美しい。



シートに座ったときの ゴージャス感も堪らない。



この個体の場合、信じれないほどのコンディションを残しているから、



いっそう 盛り上がる。





ウッド・メッキ類:




艶々ウッドに 艶々メッキ類、、すごい。




機関系:




内外装にならって、エンジン・ルームも美しい。



94年以降モデルでは見れなくなった(カバーで)伝統のアルミ製エンジンのヘッドが



拝める。



名車というのは、エンジンでさえ、見ていて飽きない。




機関系の調子?



新車以上の調子にして ご納車しましょ。





それにしても、この個体は、すれてない、、



オーディオも新車時のまま、、 どこも弄られていない。



まるで、田舎の良家の お嬢様ようだ、、。








日本中から「奇跡の1台」を見つけてくるのが、当社の仕事であるが、



この個体も、また、その奇跡の1台であることは間違いない。
















詳しくは、下記より、写真74枚で↓↓






 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  
エンジンは、言わずと知れたロールス製・総アルミ合金・V8 OHV 6747cc。







もはや伝説のハンドビルド・エンジンである。




100万マイルは持つと言われる このエンジン自体に もはや説明は不要であろう。


オーナー様より、長生きするエンジンなので、あれこれ考える必要はない。



当個体くらいの走行距離など、イギリス人にとっては新車のまま・だ。



論外は、機関系に、ほとんど、もしくは、まったく整備がされていない個体や、間違った整備がされている個



体、、たしかに、国内には、多く存在するが、当社は、扱わないので関係ない。




ロールス・ロイス(ベントレー)には、年式、モデル、走行距離ごとに、、整備ポイントがある。



と言っても書き出せば、相当な量になってしまうが、、



この年式の個体なら、、中でも重要なのが、全輪のブレーキとリアのサスペンションに使用されている油圧シ



ステムのパーツで、フロント・エンジン下部にある「メイン・アキューレーター」2ケとリアサス上部にある



「ガスショック」2ケ、であろうか、、どちらも、パーツ自体はグリーン色の鉄球であるが、、



もれなく、この4ケは定期的(2年に1度が理想的)に交換することになる。



窒素ガスと油が高圧で入った球体(スフィア)で構成される「メインアキュームレーター」は、スフィア内の



圧が、じょじょに抜けて、およそ2年ほどで交換時期がくる



この圧が、まったく無くなってしまうとブレーキが効かなくなるので、超重要。



もちろん、なくなる前、少なくなった時点で「インフォメーション・パネル」が、お知らせしてくれるので忘



れることはない。




リアの「ガスショック」も、同じような理屈のもので、エンジンVバンクの中央前後に2個ある油圧モーター



でオイルを送っている



、、、シトロエン(例えばDS)のように、全面的に依存したものではないので、圧がなくなったところで、



車体が完全に沈み込むようなことはなく、逆に上がる、、そうして、リアが跳ねる・・現象となる。



乗り心地も最悪となるので、これも重要パーツ。




文章で説明すると難しいシステムのように感じられるかもしれないが、、構造は、至って単純明快、ロールス



社らしい安全を重視したシステムで、、一部にシトロエンの特許を使用しているが、複雑なシトロエンの「ハ



イドロニューマチック」のシステムとは、似ているが異なる。



まっ、メカニズムに ご興味のある方は、当社のメカニックから、詳しーく、ご説明させていただく。



ご興味のない方は、当社にお任せ頂き、なにも考えないでOK。



ただし、この油圧システムの為に使用されるカストロール製の「ミネラル・オイル」だけは、定期的に補充す


る必要があるもの(インフォメーションパネルで教えてくれる)なので、オーナー自ら、「足す」作業をして



いただいた方が好い。



ご納車時には、必ず「予備オイル」をトランクに積んでおく・・・ラジエーター水を補充するのと同じような



ことなので負担はないし、オイル補充程度のことで工場まで持っていくのでは大変、だから、。




あと、もう一つのポイント、、エンジンをかけるまでに「3秒待つ」、、。



これが待てないと自己診断機能を持つ「インフォメーションパネル」を壊してしまう場合がある。



この2つのポイントさえ守っていれば、なんの問題も無い。



ロールスの場合、正直、車が頑丈なので、半年ごとの定期点検なんてのも必要ない。



なにか、「いつもと違う」音がするとか、オーナー自ら気がつく異変があったら、それが定期点検のタイミン



グ、、でも、なにもなくても、「精神的に」年に一回くらいは、点検に出した方が好い。




当個体も当社の240項目納車点検・整備の上、ご納車させていただくので、安い販売価格のせいで、




なにかを我慢していただくことは何もない












ロールス&ベントレー 維持費の目安




1km走行当たり:100円


つまり、



1000km走行で :10万円


3000km  で :30万円




車は壊れないが、この位の「定期交換部品」代を 覚悟しておいたほうが好ましい。



当社で整備すれば、これほどかけている方は 稀 であるが、



それでも、「覚悟」は必要。



年間予算を 50万円以内で 思っている方なら、年間走行を5000km以内にしておけば良いのだ。



その「覚悟」と「予算」さえあれば、



ロールス&ベントレーという 別次元の至福を味わえる。








車好きなら、、



乗らないで死ぬ案だけは、、ない。