本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

ROLLSROYCEHEADLINE

SILVER SPUR-2

 
  AUTO MAKER ROLLS-ROYCE  
  MODEL SILVER SPUR U 
  YEAR 1993 
  EXTERIOR WHITE


(ホワイト)
  INTERIOR St-James- RED LEATHER 

(セント・ジェームス・レッド
  PRICE \ ASK
  MILEAGE 124.325km
  AMMENITIES


ディーラー車 左ハンドル 



V8 OHV 6747cc  4速コラムAT







全長:538cm


全幅:189cm


全高:148cm


重量:2370kg


定員:5人




*装備:



パワステ、パワーウインド、Fシートヒーター+メモリーシート(4人分)+



ランバーサポート、オートエアコン、リア・パワーシート、ピクニック・テー



ブル 他フル装備






内外装機関共に走行距離を感じさせない極上車!






車検:2年付き渡し


 
  COMMENT


「シルバー・スパーU」





非常に貴重な「4速AT」93’モデル









解説:





1965年から1980年の間に生産された「シルバーシャドウ」の



後継モデルとして1980年に登場した通称「SZ系」モデル。



当個体は、ロング・ホイール(10cm)版「スパー」。







「シルバーセラフ」登場の98年までオーダーされた(99’シリアルまで



ある)、このモデルは、ロールスの社内コードに因み、「SZ系」



モデルと呼ばれる。




シャドウの丸みを帯びたボディラインから、一気にエッジの効いた



シャープなボディデザインに変更されたが、、



これで世界中の自動車メーカーの高級車が四角いカタチとなった



と言われている。





発売以来、「必要とあれば、即座に改良を加える」というロールス社



の伝統のとおり、「SZ系」モデルにも、毎年のごとく、改良が加え



られた。それは、書き出すことができないほど膨大。






発売から10年、1990年:「シリーズU」に進化する。




変更点:




*エンジンECUが、89’ターボRのボッシュ製「Kジェトロ」に。



*自己診断機能を備えたインフォメーションパネル(ボッシュ製)




*足回りには、100分の1秒で傾きを自動制御する「オートライ



 ド」機能付きサスペンション(自動可変ダンパー)が奢られる。




中でも「オートライド」は、「ロールスがロールしなくなった」の



名文句で有名である。






あと、ホイール素材が「アルミ」に、



それを わざわざクラシックに見せるため、ホイールカバーとホイー



ル・リングで隠す、、アルミ・ホイール本体は、僅かにしか見えない



これが、ロールス流だ。







インテリアでは:




この内装変更こそが「シリーズ2」人気の所以かもしれない。



全ての「バー・ウォールナット」化粧版に「象嵌細工」が施された。



しかも凝っている。




象嵌部分のウッドは、どうやら「ウォールナットの正目」で、その間



黄色っぽくみえる線、、ここは、線を書いているのではなく、



「つげ」の木だと思われる。



この職人芸が、なんとも贅沢で豪華。 



この室内空間こそが「シリーズ2」の魅力。



他、初めてエアバックをオプション採用、



*USモデルでは100%採用、ヨーロッパ仕様は100%無し。



 日本のディーラー物は、、日本仕様などなかった時代なので、まち


 まち。



他、サイドブレーキ(足踏み式)がオート解除になったりもしている










「スパー・シリーズU」は、1990年〜1993年の間に生産された






総生産台数は、「1658台」




ここからが大事。




「シリーズU」は、「前期型」と「後期型」に分類される。




前期型は、90年と91年モデル



後期型は、92年と93年モデル




後期型には、決定的な違いは、2つある。




1つは:




GM400の「3速AT」から、GM4L80-E の「4速AT」



に進化したということ。



イメージとしては、オーバードライブが追加された という感じで、



高速走行時には、その有益性が分かる。





二つ目は:




外装塗料が、「ラッカー」から「ウレタン」に変更になっ



た という点。



これは、圧倒的に有益だ。



ラッカーという古典的塗料を、91年の時代まで使い続けたロールス



社も 完全に どうかしているが、その理由は、塗装の深み が違う



から、、。確かに ラッカーは「深い」、しかし、欠点があり、



塗装劣化が早い = 塗装面にクラック(割れ)が出やすい。



そして、塗装するのに時間とコストが掛かる上、環境に宜しくない。



手間とコストが掛かることには問題のないロールス社であったが、



環境問題で やめるしかなかった。



ラッカー時代は、手吹きで8回塗り だったが、ウレタンなら、3回



ですむだろう。



ユーザー側としては、決定的に 管理が楽になった。



塗装が丈夫なのだ。



因みに、弊社でも、91年以前モデルのラッカー車を補修塗装する場合



ウレタンを使う。割れやすい箇所が決まっているから、ポイントさえ



押さえてウレタン補修された個体なら、ラッカー車とて大丈夫。











それでは、各年式ごとの「スパーU」生産台数をみてみよう。




1990年 :614台



1991年 :725台



1992年 :123台



1993年 :196台   トータル:1658台




更に、93年モデルの左右ハンドル比



左ハンドル :150台



右ハンドル :46台  トータル:196台




そう、前期型(90’91’)の時代は、まさにバブル期、



前期型 :1339台  後期型:319台



千台もの違い、、後期型の希少性が ご理解いただけよう。









更に、マニア的(私のような)には、各年式で、違いがあり、例えば



93’モデルではルームミラーが 自動防眩ミラーになった。





内緒(公表されていない)の箇所では、92’で採用された「4速AT」



に対応するため、93’モデルでは「ミッション・オイル・クーラー」が



改良されている。



全ての点において93’モデルは最強&ベストな「シリーズU」である。



ただし、



この93’モデルを国内で見つけるのは難しい。



なにせ、バブル崩壊直後、、92年時、ディーラーは、大量の売れ残り



在庫を抱えていたから、92年モデルは、この年発売の「コンチR」と



「ツーリング・リムジン」を除いて、オーダーのあった個体のみを



輸入、知る限り、92’シリアルの4ドアモデルは、1桁台数しかない。




93年になってもバブルを引きずり、93’「スパーU」の販売価格は



3050万円、、(スピリットは2750万円)



高い。これじゃ買いきれない。 



因みに、進化した「シリーズV」94’「スパーV」の新車価格は、



2580万円



なんと、500万円近くも安価になった。



いったい何台のディーラー物「93’スパーU」が、国内に住んでいるの



か不明であるが、もちろん、1桁台数であろう。






94年になると、ダイレクト・イグニッション・システムの採用により



「シリーズV」となる。



性能的には、僅かながら有りがたい進化であるが、これにより、



V8エンジンが採用された1959年当時からボンネットを開ける度、



オーナーの目を楽しませたV8の「美しいアルミ・ヘッド」はプラ



カバーで覆われ見ることはできなくなった。




アルミ・エンジンの造作美を堪能できるのは、93’モデルが最後。




これは、将来、大きな意味を持つことになると予想する。



クラシック・ロールスは、93年以前と以後モデルで分けられるかも、



コレクターズ・アイテムと呼ばれるクルマたちは、どれも愛でて美し



いものだ。











それでは当個体の お話





ディーラー物 左ハンドル



2オーナー時に弊社で販売させていただいた元「シーザー認定号」。



販売したのは、平成15年、それから、前オーナー様、ず〜と 



ご所有だった。今でも大好き というが、諸事情により、泣く泣く



再入庫。



走行距離:124.325km



前オーナー様の普段使いの車として延びた走行距離。



しかし、実車を診ると、、走行距離が信じられないほどキレイ!



機関系も心配後無用で絶好調!



なにせ、前オーナー様、、知る人ぞ知る、スーパーメカニック。



フェラーリの12気筒ボクサー・エンジンをビスの1本まで分解して



完璧に組み上げきる職人も日本には少ない。



そう、前オーナー様は 本来、スーパーカーのメカニック。



そんなスーパーメカニックさんでも、ロールス・エンジンの頑丈さに



は 舌を巻いておられた。







外装は:




「ホワイト」 




ウレタン鏡面仕上げは、健在。



クラックもなく、塗装の艶も文句なし。



もっとも、キレイじゃなきゃ 最初から扱わない。




ウレタンだから、今後の管理に気遣いがいらないのは精神的にも助



かる。




全長は、538cmと長いが、持ち前のハンドルの切れの良さで、長さは




気にならない。












内装:「セント・ジェームス・レッド」




ロールス社を代表する人気色。



なんとも妖艶だ。




内外装のカラーマッチングは、ベストであろう。






伝説のスカンジナビア半島産「10%トップグレード・コノリー」が、



走行距離が信じられないほどの◎コンディションで生き残っている。



もちろん、張替えなどしていないし、この先も数十年不要である。



この革に勝る自動車内装革は、世界にない。



今、1億円の新車を買っても、そのクルマの革、、この革には 



遠く及ばない。





「バー・ウォールナット」の状態も悪くない。



保管環境が好かったせいだ。




80年もの間、地中に埋まっていた胡桃の木の根っこ、、



それをロールス社の熟練工が加工し、スライスし、象嵌細工を施し、



磨き上げる。



彼らは、自動車屋ではない、、伝統の技を継承するウッド職人だ。



内外装、エンジン、その全てが芸術作品。



それを、安いグレードの「プリウス」ほどの価格で購入できる。



世界最高の品物は、どんなものでも、それなり、もしくは、それ以上



の対価を払わなければ手に入らないものだが、、



この世界最高のクルマは、その価値に比べ、遥か(不当に)安価で



入手できる。



そんな「品」は、世界でも稀であろう。




当個体の走行距離も気にすることはない。



正しく整備された個体であるから、ロールス・エンジンの寿命、160



万キロの 13分の1 程度、、



人間に例えるなら、寿命が100歳として、7.5歳、、まだ小学1年生。



走行距離が大事なのは、車が新しいうちだけ、クラシックカーになっ



てしまえば関係ない。「クラウド」なんか走行距離関係ないでしょ。



要は、「現時点のコンディション」が「価値」を決めるのだ。





あとは、実車を ご覧頂き「費用対満足度」を想像してみてください








それでは、お写真61枚を ↓ ご参考に



         
           


              *機関系解説は、最下部


 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 

 




エンジンは、言わずと知れたロールス製・総アルミ合金・V8 OHV 6747cc。



1959年デビュー、ロールス製V8、当初6230ccであった排気量を1970年:6747ccに、、



それから、2006年の「アルナージ」まで排気量、基本設計を変えることなく使用され



続けた もはや伝説のハンドビルド・エンジンである。



100万マイル耐久と言われる このエンジン自体に もはや説明は不要であろう。



オーナーより、長生きするエンジンなので、あれこれ考えて心配するのは 死んでから



で間に合う。




論外は、機関系に、ほとんど、もしくは、まったく整備がされていない個体、、、



たしかに、国内には、多く存在するが、当社は、扱わないので関係ない。






ロールス・ロイス(ベントレー)には、年式、モデル、走行距離ごとに、、整備ポイン



トがある。




と言っても書き出せば、相当な量になってしまう(弊社の車輌チェック項目は240項



目もあるし、、)ただ、この年式の個体なら、、中でも重要なのが、




全輪のブレーキとリアのサスペンションに使用されている油圧システムのパーツ



フロント・エンジン下部にある「メインアキュームレーター」2ケとリアサス上部にあ



る「ガスショック」2ケ、であろうか、どちらも、パーツ自体はグリーン色の鉄球であ



るが、、ほとんど、もれなく、この4ケは交換することになる。




窒素ガスと油が高圧で入った球体(スフィア)で構成される「メインアキュームレータ



ー」は、スフィア内の圧が、じょじょに抜けて、およそ2年ほどで交換時期がくる。



この圧が、まったく無くなってしまうとブレーキが効かなくなる(その遥か前に、警告



灯ランプが点灯するので、安心)ので、超重要。





リアの「ガスショック」も、同じような理屈のもので、エンジンVバンクの中央前後に



2個ある油圧モーターでオイルを送っている。




シトロエン(例えばDS)のように、全面的に依存したものではないので、圧がなくな



ったところで、車体が完全に沈み込むようなことはなく、逆に上がる、、そうして、



リアが跳ねる・・現象となる。



乗り心地も最悪となるので、これも重要パーツ。



文章で説明すると難しいシステムのように感じられるかもしれないが、、構造は、



至って単純明快、ロールス社らしい安全を重視したシステムで、シトロエンの特許を




一部に使用しているが、シトロエンの「ハイドロ・ニューマチック」のシステムとは、



異なる。






まっ、メカニズムに ご興味のある方は、当社のメカニックから、詳しーく、ご説明さ



せていただく。



ご興味のない方は、当社にお任せ頂き、なにも考えないでOK。




ただし、この油圧システムの為に使用されるカストロール製の「ミネラル・オイル」だ



けは、定期的に補充する必要があるもの(インフォメーションパネルで教えてくれる)



なので、オーナー自ら、「継ぎ足す」作業をしていただいた方が好い。



ご納車時には、必ず「予備オイル」をトランクに積んでおく・・・ラジエーター水を



補充するのと同じようなことなので負担はないし、オイル補充程度のことで工場まで



持っていくのでは大変、だから、。





あと、もう一つのポイント、、エンジンをかけるまでに「3秒待つ」、、。



これが待てないと自己診断機能を持つ「インフォメーションパネル」を壊してしまう



場合がある。 なぜ?って、インフォメーションパネル=ボッシュ製コンピューターが



バグってしまうから。




ロールスの場合、前述のとおり、、正直、車が頑丈なので、半年ごとの定期点検なんて



のも必要ない。



特に90年式以降モデルは、インフォメーションパネルで走行距離を記憶してあるので



、アナログ・トリップメーターと合致させることで、実走を証明できるから記録簿もい



らない。



当個体の目に見えない箇所(機関系)は、お客様は見る必要はない。



それは、当社のリスク。



ご納車が完了するまでは、当社が「一時預かり人」であるから、その責任を 240項



目の点検整備で 全うする。



それをしておけば、その後の「一時預かり人」が苦労することは極めて少ない。



もちろん無料の納車整備で、ここまでやっている販売店は、世界中で聞いたことがない







「維持費の覚悟」




1km走行当たり:100円



つまり、



1000kmで 10万円



3000kmで 30万円





じゃ 1年間で 1万キロ 走ったら、100万円



って、そんなこともない。



そんなに維持費をかけている方は、当社の お客様では、まず、いない。



車は、走っている方が 調子が良くなる。



10年間で 1万キロしか走らないから、逆に 10年で 100万円以上の整備代は掛けるべ


きだ。



つまり、乗ろうが乗るまいが、「定期交換部品」=「消耗品」は発生する。



ゴム類などが最たる例だ。



問題は、いかに正しい保守、管理をし、いかに正しい整備をしつづけるか、、



これで、維持費は、大きく異なる。



もちろん、「正しい整備」を いかに「安価」ですませるか が、当社の存在価値、、



パーツは、全て海外から、一番安価な場所から、仕入れ、



ロールスに精通した熟練メカニックが、的確でスピーディに整備(時間単価の節約)



そして、無駄な整備はしない(利益優先の)。



直せるものは、交換じゃなくて修理、、



なんでも新品パーツに交換すれば 良い ってものじゃない。



そのノウハウを蓄積しつづけて、29年、、



いまや、SZ系の整備なら、世界一的確で安価である自信がある。



当社は、あくまで、車の販売店であるから、



「整備」で 儲ける必要はない。




「整備技術」は、単に 当社の「誇り」であり、「責任」なのだ。







当個体は、ロールス入門車価格であるが、93’モデルを舐めてはいけない。



どこに行っても 誰にでも 自慢して良い。



例え、相手が 私クラスのエンスーだったとしても、



「わざわざ 93’モデル探して 手に入れた」と言っとけば、、




「さすが」  としか答えようがない、、。