本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

CAESAR COLLECTIONSHEADLINE

CITROEN

 
  AUTO MAKER CITROEN 
  MODEL ID20-Break 
  YEAR 1975
  EXTERIOR
Ivory



(アイボリー)
  INTERIOR  Beige

(ベージュ・ファブリック)

  PRICE \ ask 
  MILEAGE
  AMMENITIES


本国フランス仕様・並行車 左ハンドル  



(国内登録2001年) 





直列4 気筒 OHV  1985cc(2.0L) 4速コラムMT





全長:506cm


全幅:179cm


全高:154cm


重量:1410kg



定員:7人



*装備:



パワステ、クーラー、ステアリング連動首振りライト




弊社にて オールペイント済み!



内外装機関ともに超極上車!



車検:2年付き渡し

 
  COMMENT



シトロエン「ID20ブレーク」





1955年10月、、パリ・サロン



1台の自動車業界を根本から揺るがす衝撃的なクルマがデビューした。



そのクルマには、開催初日だけで、12.000台ものオーダーが殺到し、



全ての人が注文しきれないうちに閉館の時間となった。



結果、サロンの最終日を迎えたとき、オーダーされた総数は、8万台と



なっていた。



しかし、担当者は、苦い顔をしていた、、



早くも、、生産が追いつくのか心配になったのである。




そのクルマこそが、シトロエン「DS19」である。




マスコミは、こぞって世界中にニュースを流した。



「爆弾のように衝撃的なクルマ」



「見たこともない宇宙船のような・・」



「未来のクルマ」



「シトロエンは、1955年に1975年モデルを発売した」




そうして、最終こう謳われる、、



戦後10年間の3大ニュースは、




その1:終戦



その2:スターリンの死



その3:シトロエン「DS」のデビュー





この「DS」の評価が間違いではなかったことが、44年後に証明された。



1999年12月 ラスベガス




20世紀に最も影響を与えたクルマを決める権威ある、



「カー・オブ・ザ・センチェリー」



20世紀に作られた車の中から、厳選された700モデルが選ばれ、



最終選考でトップ5が発表された。






1位:Ford モデル「T」



2位:MINI



3位:シトロエン「DS」



4位:VW ビートル



5位:ポルシェ「911」





この中で桁違いに生産台数が少ないのは、「DS」である。





「DS」の先進性は当時から 未来の設計と評されたものだったが、



このクルマが与えた衝撃は 一般ユーザーにとどまらず、他メーカーにも



、それは、もはや 追い越そうという次元ではなく、まねよう だった。



天下のロールス・ロイスでさえ、ドイツの雄「メルセデス」でさえ、



しかり、、となる。




そう、「DS」が人々を驚かせたのは、そのデザインだけではなかった。




当時、誰も実用化できるとは思ってなかった油圧システム、、




「ハイドロニューマチック」は画期的な、いや、もはや、発明であった。




所謂「ボイルの法則」の応用、、体積をVとして、圧力をPとして、、



教科書で習った あれだ  が、完全に理解するには専門書を数冊読破



する必要がある。 



幸い当社は、この油圧システムを まねてくれた(一部を)ロールス・ロ



イスのエキスパートであるから、熟練メカニックにとっては、



理解しやすい ってラッキーがある。






システムの結果だけ説明するなら、



クルマは 空気バネに支えられ、荷重が どこに加わろうが、クルマは



一定の姿勢を保つ。



ブレーキは、ハイドロと連動していて、理想的な油圧で制御され、



しかも、このブレーキは、前後の荷重差に応じて自動でブレーキ圧を



補正する。ブレーキ・ペダルは、大きなボタンで、どんなにスピードを



出していても「力」は必要ない。軽く踏めば、どの速度でも、クルマが



ベストな油圧で制御してくれる。



車高も油圧を利用し、レバーで、上下する。(当個体も健在)



ミッションも、油圧のセミオートマ(前進4速)。



また、この時代に、ステアリングもラック&ピニオンのパワステとくる。





「DS19」の発売から1年後




「ID19」というモデルが追加デビューする。



この「ID」は、いってみれば、「DS」の廉価版




高価な装備である前述のハイドロ系システムを大幅に削除したモデルだ。




残したのは、空気バネの足回りくらいで、ブレーキも通常の、



シフトも通常の4速コラムMT、パワステもなし(オプション)、



しかし、この「ID」は売れた。



最終(75年まで) 生産台数



「DS」:493.724台



「ID」:741.747台



ご覧のとおり、、



これは、安いから という理由だけではなく、当時から、先進的すぎる



油圧セミオートマやブレーキ・システムを不審に思っていたユーザーが



多かったからである。



だが、この「DS」と「ID」の装備の差は 後年だんだんと同じように



なっていくのだが、、。





「IDブレーク」が登場したのは、1958年10月の やはりパリ・サロン。




「ブレーク」の語源は、ご存知、英国の「シューティング・ブレイク」=




狩の獲物を積む荷車 = 車の時代になると狩用ワゴン車 =フランスでは




豪華なワゴン車といったところか、、。



で、このタイプには他に




「ファミリアール」 : 家族用3列シート




「コメルシアル」  : 商用ワゴン



「アンビュランス」 : 救急車 




この中で興味深いのは、救急車、多くが採用されたが、その理由は、



フランスのデコボコ道を、揺れることなく患者を運べたからである。



特に脊髄を損傷した患者には最適だったという。当然であるが。









もう一つ、意外な使い道で「DS」は大活躍する。



それは、「ラリー」。



誰もが想像していなかったが、、通常のサスを持つラリーカーが



スクラップになるような悪路でも「DS」は、難なく走破し、ドライバー



の疲労も最小限であったからだ。



1959年には、早くもモンテカルロ・ラリーで勝利する。



しかも、ノーマルの「DS19」、プラベート・エントリーで、、。



その後もラリーの分野で一世を風靡することになるが、



もっとも有名で歴史に残るレースが、1968年の「ザ・マラソン」であろう



このラリーは、壮大で、ロンドン・シドニー間(ヨーロッパ・アジア・



オーストラリアにまたがる12ケ国)1万マイル(16.000km)を、



250時間ノンストップで走破するという考えられない耐久ラリーだった。



このレースで、「DS」が本領を発揮したのは、レース後半のこと、、



他のクルマが、修理を必要としている中、「DS」はノントラブル、



おまけにドライバーの疲労もない。ダントツのトップにたつ。



ところが、



ゴールまで、あと160km(優勝まで、あと1時間位)のところ



で、突如、一般車(MINI)がコース上に飛び出してきた。



道路規制されたラリーコースで、一般車が飛び出してくるなどありえない




避けきれず、「DS」は、大破、、優勝は幻になった。



ただし、頑丈な「DS」ボディのお蔭で、二人のドライバーは軽傷だった。



「DS」は、その生産が終了するまでラリーで活躍し続け、74年には



ワールドカップラリーでも優勝した。












ところで、「IDブレーク」は、通常のセダン(ベルリン)に比べ、



最初から豪華装備&強化型で、、すなわち、ブレークは「DS」と同じく



マッシュルームペダルの油圧、大型ディスク(リアはドラム)、



ボディ強化(ルーフには固定のキャリアが付き80kgまでの荷物を積むこ



とができる)、サス強化、パワステも標準装備(72’〜)他、、




そうして、70年代に入ると、「DS」と「ID」の区別は、どんどん



分からなくなっていく。









シトロエンは、頑固な変態メーカーであるが、



この「DS」を生産するに当たり、頭が下がる、敬意を払わざるをえない



ことをしている。




それは「アリエール工場」の新設である。(パリ郊外:1954年〜)



この工場で、「DS」の油圧システムの部品を生産するためだが、、



この工場が すごい、、




当時、通常の自動車メーカーの部品製造誤差が、0.2mmほどあった時代に



「アリエール工場」では、その200倍という精度を誇った。



これは、パテック・フィリップをも上回る高精度である。



まさに超精密、、さらに恐ろしいことに、その 0.001ミクロン



(新聞紙の厚さの100分の1ほど)の公差で加工するパーツを



1日に4万個以上という生産能力を持っていた。



これは、異常、、スイスの超一流時計製造メーカーが舌を巻いて逃げ出す



ほど、、尋常ではない、、やはり、シトロエンは、



愛すべき変態メーカーである。














1962年 :ちょっぴりフェイスリフト



1967年 :思いっきりフェイスルフトして「キャッツ・アイ」となる。



バリエーションは、増え続けて、エンジンは、4種類、数字が排気量で




「19」「20」「21」「23」




おまけに、「イギリス」「ベルギー」「南アフリカ」「オーストラリア」



にも組み立て工場があった。




イギリスでは、「サファリ」の名で売られ、アメリカでは、「ワゴン」の



名で売られた。









当「ID20ブレーク」が登場したのは、1969年のこと。




翌年には、「DS」の名前さえ廃止となり、「ブレーク20」なんて



呼ばれるようになるから、ややこしい。




が、最終、ここだけが違う がある(見分け方)



「DS」 = 油圧式セミオートマのシフト



「ID」 = 普通のコラムMT



どちらが好いかは、好みであるが、弩変態でなければ、「ID」を



お薦めする。安心だもの。





「DS」「ID」は、1975年まで生産された。



「ブレーク」は、トータル「93.919台」



セダンは、トータル:123万5千台ほど作られているから、やはり、



「ブレーク」は貴重なのである。



その中でも、もっとも「価値有り」が、、当個体








では、当個体の お話






1975年モデルの最終モデル



本国(フランス製)仕様




国内には、2001年に持ち込まれている。



国内3オーナー、前オーナー様は、大のシトロエン・マニアで、



以前当社に入庫していた「SM」も同じオーナー、しかも、当社で



仕上げ直した「SM」を、このオーナー様が、、、もう一度 買った。



どうかしている、、シトロエン・マニアは、完全に どうかしている。



この個体も、そのオーナー様が、探しまくって購入した拘りの1台で、



機関的にも十分に手が入っている。



曰く:塗装を完璧にし直せば、日本一の◎個体です。



で、



入庫後すぐに、オールペイントに出した。



因みに、購入したのは、2013年の7月のこと、、今やっと 売り物に、。



とにかく、塗装が大騒ぎ、、信頼の職人に任せたら、




バラバラに(写真参↓)




もはや、気持ちが良いほどのボランティア活動となった。




さて、当個体、コンディションが超極上なんてのは、むしろ当たり前



(うちで売る位だから)何が好い って、年式が好い。



最終の1975年モデル、で、本国物



そうすると、「トリプル75」仕様ができる。




1975年には「IDブレーク」は、「75台」しか生産されていないのだ。



さらに、他国での生産は終了していた為、全てフランス製



さらに、パリ市内在住の場合、クルマのナンバープレートは「75」が付く




1975年



75台



75ナンバー





これが、トリプル「75」である。



だから、当個体にもフランス「パリ」の「75」ナンバーがつけられている



残念ながら、当個体のナンバープレートは、フランス大統領専用プレート



のレプリカであるが、。



それでも、日本プレートの下に、ちらっとパリ「75」が見えるのは



心憎い演出だ。



「DS」であろうが「ID」であろうが、75年モデルを購入するのが



ベストであるが、、、探してあるものではない。




当個体、入庫時、前オーナー様より機関系もレクチャーして頂いた。



ラジエーター&キャブは、オーバーホール済み。



肝の「スフィア」も安価版でなく、オリジナルの「土星球」でリチャージ



*「土星球」は、シトロエン・フリーク用語でスフィア球が土星の形に



  似ているため。このスフィアは、リチャージして使うことができる。



  乗り心地も安価版とは違い腰がある そう。




まっ どちらにしても、ご納車前には弊社の怒涛の整備が無料で



施されるので、これほど安心なことはない。




「DS」「ID」って、カタチは好きな方が多いのだが、機関系を心配され




て、二の足を踏む ってのがパターンだと思う。



その前に、まともな「ボディ」の個体さえも少ない。



サビ・クサリの塊と化した個体が ほとんど。



だがだが、うちの当個体、塗装時、下地までやって処理済み。



もともとのコンディションのままでも、日本トップクラスであったが、



もはや、、世界トップレベルとなった。






ステアリング連動で 目玉がキョロキョロして愛らしいし、



当個体のように正しく整備された個体に乗ると虜になってしまうという



魔性のクルマであるが、、





無論、弊社は、まじめな変態会社であるから、



全ての方に、このクルマを お薦めはしない。



むしろ、条件を満たさない方は買わないほうがよい。



条件とは、こういう方




・過去に「DS」に乗ったことがある。= それなら「ID」は楽勝。



・昔から、どうしても欲しかった。  = そりゃ しょうがない。



・変態である自信がある。      = ピッタリ



・変態に憧れている。        = 専門書を2冊読んでから再考





上記の条件を満たした方には、お薦め!



極上個体、最終の75’モデル、「DS」じゃなくて安心の「ID」、



こんな条件を満たしている「ブレーク」など、あるわけない。






あと、当個体で悩んだのが、内装の張替え、何か やることがあると



それば、そのくらいなので、、、好きな色に張り替えよう



かなとも思ったが、、考えてみると、もしも、好きな色、好きな素材で



張り替えたいなら次のオーナー様に託した(好みで)ほうが良さそうだ。



当時のオリジナル素材は、ビニールレザーかファブリックであるから、



たかがしれている。






「DS」「ID」に乗らずしてシトロエンは語れない。



これが、シトロエンの最高傑作であるから、、。






それでは、まずは、写真77枚を ご参考に ↓