本文へスキップ

RollsRoyce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

CAESAR COLLECTIONSHEADLINE

M・BENZ

  MAKER M.BENZ
  MODEL 450SLC
  YEAR 1979'
  EXTERIOR
ASTRAL-SILVER
met


(アストラル・シルバーメタリック)
  INTERIOR BLUE・MB-TEX & FABRIC


(ブルー MB-TEX & ファブリック)
  PRICE \ ASK 
  MILEAGE 23.571km
  AMMENITIES



ディーラー車 左ハンドル


 





V型 8気筒 SOHC 4520cc



3速フロアAT








馬力: 225ps/5000rpm




トルク:38.5kgm/3000rpm




最高速:215km




全長:474cm



全幅:179cm



全高:133cm




車輌重量:1680kg



定員:5名











装備




パワステ、パワーウインド、オート・エアコン、オーディオ、他 




内外装機関ともに稀に見る超〜極上車!







車検:2年付き渡し




  COMMENT




「450SLC」!






3代目「SL」、「R107」型SLのクーペ版「C107」の「450SLC」。




初代SLは、300SL(ガルウイングとロードスター)及び「190SL」。



2代目SLは、タテ目SL




3代目が、当モデルであるが、基本的に当社が扱うモデルは、ここまでの



「SL」となる。



その後の「SL」は、、残念ながら、自分で欲しいと思わないので、特別



なことでもない限り 扱うことはない。





「R107」型SL(SLC)が登場したのは、1971年のこと、「SL」は



それから、なんと1989年まで18年間も作り続けられたが、「SLC」



は、1981年で生産中止となる。



後継モデル「SEC」にバトンに渡したのだ。







「SLC」シリーズは、1971年〜1981年の間に、トータル:




「62.888台」もの台数が生産されたが、いかんせん、それから、30年



以上の歳月が、、



今となっては、極上個体を発見することは稀中の稀となった。








「SLC」の種類と「生産台数」を:






*「280SLC」 :1974’〜81’ :185馬力 :「10.666台」  



*「350SLC」 :1971’〜80’ :200馬力 :「13.925台」



*「380SLC」 :1980’〜81’ :218馬力 : 「3.784台」



*「450SLC」 :1973’〜80’ :225馬力  : 「31.739台」



*「450SLC5.0」:1977’〜80’ :240馬力 : 「1.615台」



*「500SLC」 :1980’〜81’ :240馬力 : 「1.154台」





この6モデルが、存在する。



当個体は、「450SLC」:「31.739台」中の1台。






これを「エンジン」型式で分けるなら、3グループ




*直列6気筒 :280、



*「M116」V8:350、380



*「M117」V8:450、450(5.0)、500、





「SLC」のマニアが世界にどれほどいるのか疑問ではあるが、「SLC」は



よくできたモデルなのである。



「SLC」は、単に「SL」に屋根を付けてクーペにしただけのモデルでは



ない。




ホイール・ベースを、35cm延長している。



これに伴い、全長でも、36cm長い:475cm(車検証上は474cm)と



なっている。




これは、大人4人が楽々乗れる居住空間を確保するためであるが、天井の



形状も「SL」の逆反り(パゴタルーフ)とはせず、丸みを持たせたデザイ



ンに、、と芸が細かい。




全体のシルエットも、好い。なんともエレガントだ。



リア・サイド・ウインドの「オペラ・ガラス」と呼ばれるフィン付きウイ



ンドが「SLC」を際立たせる。




私自身、ここ数年、極上「SLC」を探していたが、「超極上」となると、



まず ない。



前述のとおり、280〜500まで、種類はあるが、贅沢は言っていられない。



「SLC」の中では、「500SLC」が、その生産年数の短さと生産台数



:1154台の少なさで、一番のコレクターズ・アイテムであるが、冷静



に考えれば馬力も最高速(500は225km)も大して変わらない。




当時の性能の違いなど、現在では、調子の良い個体の方が勝る。









「450SLC」の「M117」エンジンは名機中の名機。



古くは、71’「280SE 4.5」や「300SEL 4.5」で使われ、



後に、



450SEL、500GE、500SE(SEL、SEC)、560SE(SEL、SEC)、560SL



メルセデスの地位を不動のものにした名車たちに積まれていたのが



「M117」型エンジンだ。




使用された期間も、71’〜91’と 20年間にも及んだロングセラーエンジ



ンであった。





耐久性、整備性に優れた過剰品質エンジンで、しかも、大量生産されてい



るから、今後もパーツ供給に困ることもない。



このエンジンの整備ができないようでは、メカニックとは呼べない。



また、この「M117」、限りないポテンシャルを秘めており、ちょいと



チューンすれば、レースで優勝、懐かしのAMG「ハンマー」や、「AM



G6.0」なんかも「M117」からのドーピング物、



終いには、ツイン・ターボにして、グループCカーのエンジンに積んだの



が怪物マシン「ザウバーC8」だ。





まっ、ノーマルのまま乗っておくのが正しい。



そうすれば、生きてる間には困るまい。





「450SLC」生産台数:31.739台
















さて、当個体の お話。






ディーラー(ウエスタン自動車)車 左ハンドル




当社初入庫個体。





走行距離: 23.571km! 




そして、この走行距離以上の驚愕コンディション!




まさに、奇跡の1台!



 




全4オーナーであるが、



ファーストオーナーが、新車から2004年まで、なんと、「25年」ご所有、



記録簿の距離では、新車時〜「2003年11月: 20.087km」まで。



その間の「記録簿」が全て残されている。(下記・写真参)



これが、泣かせる記録簿で、、



おそらく お年を召したのであろう、、徐々に年間の走行距離は少なく



なっていく、、



最終は、年間 8kmほどしか走行距離が伸びていない



それでも、キッチリ 整備を施し続けている。



素晴らしき「一時預かり人」である。




その後の3オーナーの記録が残されていないが、「車検証上」で



2000年6月 : 22.400km



2008年2月 : 23.400km 



が確認でき



現在:    23.571km



実走である。



もちろん、実車を ご覧いただければ一目瞭然



こんなキレイな個体など滅多に観ることさえもできない。








外装:「アストラル・シルバー」メタリック





メルセデスの象徴カラー「シルバー」。




過去に塗装が施されているので、バリビカッ!




特筆すべきは、



「メッキ・モール」類の美しさ!



「オペラ・ウインド」の美しさ!




この美しさは尋常じゃない。





ホイール「カバー」も すごいっ!



タイヤ交換のたびに、このカバーは外されるわけだけど、ふつうは、



外すとき少しは曲げてしまうもの、、この個体、、凹みが、、ない。



どんだけ気を付けてきたのか、、。






内装は:「ブルー・MB-TX & ファブリック」




この個体のハイライトは、




なんといっても、この内装であろう。 バケモン



驚愕としか 言いようがない。



これは、お写真でも ご理解いただけよう。






「MB-TX」は、ベンツ流の「合皮」



これは、「革」より擦れることがない。



「ファブリック」布は、格子柄で、四季を通じて座り心地◎



夏は涼しく、冬は暖かい。



走行距離以上のコンディションも 見どころだ。





ウッドも当時のオリジナルであるが、艶も充分ありあり で、



クラックは、センコンソール下部端に1本だけ(写真参)という



これまた、ありえへん状態。





ダッシュボードの有りがちなクラックもなし。



下廻りにも腐りなし。



もち、事故歴なし。



リア・トレイのフタを開ければ オリジナル「救急箱」



開けてみると、、中の「救急セット」は、新車時のまま 開封もしていない



が、まるで、新品のようじゃないかっ!






トランク内もノン・レストアで、文句なし状態。



サビ・腐りなし



スペア「ホイール」も未使用、ビカビカ







そして、「メルセデスBOX」を開けて、更に驚いた、、



新車時グッズが盛りだくさん



・ヤナセ「日本マップ」



・ヤナセ「CRC556」スプレー



・ヤナセ「モップ」ロゴ入り



・ヤナセ「オプション・カタログ」



・純正「工具」



・純正「予備ランプ箱」





初めて見た「ヤナセ・グッズ」




これが恐ろしくキレイな状態で残されている。





骨董品屋さんが、いうとこの 「うぶ」




まったく、、あるとこにはあるんだね〜 



参りました、、





これよりキレイな「450SLC」が他にも(世界中で)あるなら、



ぜひ 教えてください。





お次の「一時預かり人」募集〜









まずは、お写真、怒涛の「146枚」を ご参考に↓




あっと「機関系」も、絶好調〜だが、どのみち ご納車前には、弊社




認証工場「シーザー・ファクトリー」で徹底したチェックチェック&



整備が施されるので、目に見えない箇所のご心配は不要です。