本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

CAESAR COLLECTIONSHEADLINE

M.BENZ

  MAKER M.BENZ 
  MODEL 560 SEL 
  YEAR 1991'
  EXTERIOR MIDNIGHT-BLUE


(ミッドナイトブルー)
  INTERIOR BLUE Leather 

(ブルー・レザー)
  PRICE \ ASK
  MILEAGE 60.240km
  AMMENITIES


ディーラー車 左ハンドル   




2オーナー





水冷V型 8気筒  4速フロアAT 



馬力 :285ps/5200rpm


最高速:250km



全長:516cm


全幅:182cm


全高:144cm


重量:1790kg


定員:5人




*装備:



パワステ、パワーウインド、オートエアコン、前後パワーシート&シートヒーター



電動サンルーフ、本革シート、ETC車載器、他







内外装機関共に超極上車! 



車検:2年付き渡し


 
  COMMENT



メルセデス・ベンツ「560SEL」






1979年フランクフルトのモーターショーでデビューした「W126」型、



メルセデスの地位を不動のものとした傑作モデル。



当「560SEL」は、その頂点モデルである。










「W126」は、1980年から1991年まで販売されたロングセラー・モデル。



「560SEL」は、当初ラインナップにはなく、1985年、フランクフルト・モーター



ショーで お披露目、86年から追加販売された。







「W126」は、ボディの作りが好い。



と、、いうかスゴイと表現してよかろう。




ドイツの上質のスチールを、きっちり左右均等に組みあげた精密機械のようなボディ、



当時、この車のドアを閉めたとき、、、これは、日本車が 追いつけるレベルの車で



ないな・とすぐに直感した。



その鉄の厚さは、世界一の製鉄量を誇っていたドイツならではだったし、、



その精度は、もはや、日本車がブリキの おもちゃに見えるほど、次元が違っていた。



イギリス車に、この手法は、まったく そぐわない(無意味で正しくない)が、こと 



ドイツ車であれば、ドアを閉めれば、そのモデルの 良し悪しが分かる。








「W126」が販売された時期は、日本のバブル経済期と同じ時である。



思えば、あのときの日本は良かったし、メルセデスは、それを象徴する名車であった。



あのころ、「浜田省吾」は、「マネー」というヒット曲の中で、「・・・純白のメルセ



デス〜プール付きのマンション〜  最高の女とベットでドンペリニオンーー」



と唄った。 



そう、メルセデスは、成功者の証だったのである。





それを手に入れるために誰もが がんばり、、、手にしたとき、最高の喜びを感じた。



それが、いまや、どうだ、、メルセデスは、巷に 溢れかえっている。 



街を少し走っただけで、何台もすれ違う。



もはや、メルセデスに ステイタス性はない。 普通〜のクルマと化した。



ただ、勘違いしては、いけない、、、、昔のメルセデスは すごかったのだ。











さて、当個体の お話





1991年 ディーラー車 左ハンドル



2オーナー!




走行:60.240km!






ボディカラーは、当時「ブルーブラック」と人気を二分した



「ミッドナイトブルー」 ソリッドの「濃紺」




日本は昔から、景気が良いときは、珍しい色や濃い目のカラーが売れ、



景気が悪くなると、ホワイトが好まれる。



これは、国民性を表す。



景気が悪いときには、「色」で失敗したくない、「白」は最高に無難なカラーなのだ。



「白」であれば、間違いがない と思っている。



だから、日本中の道は 「白」いクルマで溢れている。



ただ、バブルのときは、日本が歴史上もっとも景気が好かったとき、、色で勝負



全てのメーカーで珍しい色、人が乗っていないようなカラーが売れた。




当時の頂点モデルである「560SEL」を購入した方は、絵に描いたような成功者、



当然、色で勝負である。



小排気量のベンツは、当時でも「白」人気であったが、「560」ともなると



「ブルブラ」か「ミッド」が定番。





入庫当時、ボンネットとフェンダー一部にスリキズ箇所があったが、うちの塗装ファク



トリーでリペア(塗装)した。



で、バリビカッ ◎コンディション!







内装は「コンレザー」



内装は、「ベロア」と「本革」の選択肢があった。



最上級モデル「560」ともなれば、多くのオーナーが「革」を選択した。




当個体のレザー、ノンリペア、オリジナル。



運転席の端にはスレあともあるにはあるが、これはこれで、風情が気にいったので、



あえてリペアしないことにした。



もちろん、リペアを ご希望であれば、楽勝でリペアできるが、まずは、



オリジナルの状態をご覧になったからの方がベスト。



これだけキレイに維持されてきた前オーナーに感謝。















エンジンは、名機「M117」



このエンジンの素晴らしさは、誰もが認めるところ。



ひとたびアクセルを踏み込んだだけで、理解できる。



それでいて、抜群の耐久性を誇る。



海外では、30万キロとか40万キロとか、それ以上とか走行した個体が、



普通に販売されているし、普通に走っている。



当個体の走行距離は、海外の方には 信じられないであろう。



桁を間違えてると思われる。 




当個体、残念ながら、「記録簿」が残されていない。



が、ファーストオーナーが地方(人口:8万3千人の街)「ヤナセ」でご購入し、



業者名義にならないまま、セカンドオーナーの元へ(人口:1万9千人の街)。



車が すれてない。 うぶ なのだ。



もちろん、プロが診れば、実走だと理解できる。




ちょうど車検が切れたので、ご納車時には、



当社自慢の認証整備工場「シーザートレーディング」の記録簿がつく。




これで、なにより安心。






「560SEL」新車時価格:1355万円(税別)



車屋的には、前期型と後期型に分ける。



前期型は、86’〜88’ :245馬力 :ハードレザー



後期型は、89’〜91’ :285馬力 :ソフトレザー



革の質だけでなく、デザインも異なる(前期型はシートのオリが縦)。



馬力が異なるのは、USと日本のみ、排ガス規制のためだった。



89’から緩和されたのだ。



88’までは、馬力を優先して、あえてヨーロッパ仕様の並行車を選ぶ方も多かったが、



馬力が関係なくなった後期型では、ヤナセ物の方が好ましい。







あのころでさえ珍しい極上物「ゴーロク・ロング」



昔 憧れた方にも、昔 乗っていた方にも、、いまこそ!




こいつのクオリティの高さ、現行Sクラスなど、、、遠く及ばない。






まずは、写真「101枚」を ご参考に  ↓