本文へスキップ

RollsRoyce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTEYHEADLINE

ARNAGE-T・MULLINER

  MAKER BENTEY 
  MODEL ARNAGE-T 
  YEAR 2008'
  EXTERIOR ARCTICA


(アークティカ・ホワイト)
  INTERIOR FIREGLOW-LEATHER
 

(ファイヤーグロー・レザー)
  PRICE \ ASK
  MILEAGE 23.375km
  AMMENITIES



ディーラー車 左ハンドル 






V型 8気筒 OHV 6761cc 



水冷インタークーラー付き「ハイパフォーマンス・ツイン・ターボ」





6速AT





507馬力/4200rpm




トルク:
102kgm/3200rpm




最高速:288km





0−100km :5.5秒




全長:540cm


全幅:193cm


全高:160cm


車重:2570kg



定員:5人




装備:





Wエアバック、サイドエアバック、電動チルトハンドル、ABS、



ESP、電動格納式ミラー(ヒーター付き)、



全席パワーシート+全席シートヒーター、Fメモリーシート(4人)



+Fランバーサポート、ウッド張りバニティミラー、



前後パーキングセンサー、ピクニックテーブル、



前後にツインカップ・ホルダー、ETC車載器、 他フル装備









*オプション装備:





・電動サンルーフ



・19インチ 純正オプション「T」ホイール   476.000円



・マリナー・オプション「4本出しマフラー」  403.000円



・Fバンパー下「ステンレス・マトリックス」  318.000円



・トランク内「ベントレー傘」 4本       25.000円



・「エンジン・チューンド・アルミパネル」   247.000円



・「ピアノ・ブラック」ウッド         無償選択



・「レッド」&「ホワイト」ステッチ



・ヘッドレストに「B」刺繍



・「アルミ・スポーツ・ペダル」         60.000円



・ウッド「バニティミラー」           50.000円



・「ピクニック・テーブル」          230.000円



・「ラムウール」マット             86.000円








*後付け




* 「カロ」HDDインダッシュ ナビ・TV




*  バックカメラ



* レーダー探知機 









内外装機関ともに超極上車!





車検:2年付き渡し






 
  COMMENT


「アルナージ-T」



 最終期モデル







2007年~2009年の間に「429台」だけ生産された最終期「アルナージT」!




「アルナージ物語」





1998年に登場した「ル・マン サーキット」の名物コーナーの名を持つ「アルナージ」



1980年から長きに渡って生産されていた「SZ系」モデルの新型後継モデルであった。



ベントレーは、「アルナージ」、ロールスは、「セラフ」



双方ともに、当時、買収先と決まっていたBMW製のエンジンを積んで発売される。




発売当初の「アルナージ」は、BMW製 V型8気筒 4398cc 



所謂「5シリーズ」のエンジンをツイン・ターボ付きにしたものを搭載していた。



過去の事例に基づけば、このモデルは、10年ほど生産されていたはずであるが、実際



には、2000年で生産中止となる。



その理由は、ロールス社の買収に VWグループが勝利するから。



最終、ロールスの商標だけは、BMWが買収することになるから、話が ややこしい。



まず、ベントレー・ブランドとクルー工場 及び 従業員を手に入れたVWグループが



したことが、BMW・エンジンを積むベントレーの生産中止だったわけだ。




そうして、「アルナージ」には、急遽、一旦 生産中止となっていた元のロールス製



V8 6.75Lシングルターボ付きエンジンが積まれる。




これが、1999年10月に発表、2000年から発売された




「アルナージ・レッドレーベル」である。




同時にBMW「アルナージ」は、「グリーン・レーベル」として改名



区別できるようにして2000年までオーダーは受け付けていた。



それも、2000年末には完全に生産中止となり、ベントレー 4ドア・サルーンモデル



は、なぜか、1959年から使い続けている伝統のV8を積む「レッド・レーベル」のみの



ラインナップとなる。



これは、一般的には、前代未聞なことであろうが、、



結果、「レッド・レーベル」は、「グリーン・レーベル」より、、



売れた。



そう、ベントレーファンは、多くの場合、あのV8エンジンのファンでもあったのだ。




一方、「セラフ」は、BMWとの取り決めにより 2002年で生産中止、



聖地「クルー」工場でロールスが作られることは、その後なくなる。





これにより、「クルー」工場で生産される車、、つまり、ベントレーの方が正道という



気運が高まる、、、



更に、2002年、エリザベス女王が歴史上初めてベントレーのステート・リムジンに乗り



パレードしたことによって、決定的に今後は、ベントレーこそ本流であることを世界中



に知らしめた。



英国王室が、今後、新車のロールスロイスを購入することは、もうなかろう。







新生ベントレーは、VWの大資本をバックに、2002年3月には、レッドレーベル



(シングルターボ)をツインターボ化、「アルナージ・R」に進化させる。





翌4月には、スポーツモデル「アルナージT」を追加。



これにより「アルナージ」は、2つのコンセプト分けされたモデルを持つことになる。



スポーツサルーンの「T」とラグジュエリー・サルーンの「R」だ。





このモデルは、単にモデル名の変更のみならず、大幅な改良が施されており、



それは、



・エンジンは、総計で 50%が新設計、残り 50%のうち、80%に見直し


 
 つまり、それまでのエンジンの90%に改良が加えられている。




・「レッド・レーベル」に比べ、ボディ剛性が、57%向上




・エンジン・パワーは、「レッド・レーベル」の405馬力から





 「T」の場合               


 
  457馬力/4300rpm


  89.29kgm/3250rpm



 
  最高速:257km



  0−100km :5.7秒





と、劇的に進化!



この時点で、「アルナージ・T」は、「世界最速4ドア・サルーン」



の座に君臨する。



(後に フライング・スパーに その座を追われるが、、)










そして、



2005年 :フェイスリフト、ヘッド・ライトがボディ一体型に



ボディ剛性は、さらに、65%UP!







2007年 :最後の改良




・ 排気量が、6747ccから 「6761cc」に!



・ 4速ATから ZF 6速ATに!



・ ターボ・タービンが「ギャレット」製から「三菱」製に!



・ 馬力は、457馬力から 怒涛の「507馬力」に!



・ トルクは、89.3kgmから 怒涛の「102kgm」に!



・ 最高速は、257kmから 怒涛の「288km」に!




・ 0−100km加速は、5.7秒から 怒涛の「5.5秒」に!










2007年以降モデルは、見た目で分かる。



可降式「フライングB」マスコットが付く。



このマスコット、新デザインで、以前と「B」の向きが 逆になっている。



逆にしたのは ある種 正解で、本物「ベントレー」=1920年代の「WOベントレー」



時代の「B」と同じ向きとなった。




これが、2009年で生産中止となった「アルナージ」の最終進化系モデルである。



その後は、「ミュルザンヌ」にバトンを渡す。







「アルナージ」は、この「6速AT」となった最終モデルで、その集大成を見る事が



できるが、07’〜09’ この間に新車を購入された方は極端に少ない。



当時は、そう、、安価な「フライング・スパー」の全盛期だった。










「アルナージT」は、2002年〜2009年の間に「2100台」の生産。



更に



最終期モデルである、07’〜09’モデルは、内「429台」のみ。



*2008年モデルは世界全体で「94台」





















さて、当個体の お話






ディーラー車 左ハンドル




2007年12月登録であるが、VIN 10桁目「8」の間違いない2008年モデル





走行距離:23.3372km!




*入庫点検走行などで、あと 5kmほど伸びるはず




にしても、いまとなっては、専門店の当社でも滅多に入庫しない低走行個体。







外装:正式名称「アークティカ」= 「北極」




この時代、白は、2色あり、以前の少しアイボリーの入った「グレイシャ(氷河)




ホワイト」と、真っ白ソリッドの「北極」。




傷なし◎コンディション!




ホワイトは、膨張色なので、車体がより巨大にみえる。これが好い。




「ベントレー」というクルマには、圧倒的な存在感が必要だ。




「マリナー・オプション」の「4本出しマフラー」も、ナイスな選択。




4本出し とはいえ、「音」が爆音になるわけではなく、少々 重低音の響きが




増しているていど。 あくまで、上品音。















内装色は、「ファイヤーグロー」レザー。





各部で、「レッド」と「ホワイト」のステッチ糸を使分けているのが にくい。




室内全体、ダッシュも天井内張りも、「ファイヤーグロー」、粋である。




赤系カラーであるが、さすがのベントレー、決して、派手はない。




室内に座ると、理解できる。落ち着いた空間





当個体には、前述のとおり、多数のオプションが選択されている。



メーカーオプションだけでも、「1.895.000円」





これに後付け装備を加えれば、200万円コース




しかも、当個体の販売価格に、この金額評価分は、加算していない。




それは、前オーナー様の おごり 、、ごっちゃんです!





現在、生産中止となった「カロ」のインダッシュ・ナビ&地デジは、バックカメラの




モニターとして、また、TVを観る、ハードディスク「CD」として有益。













やはり、特筆すべきは、07’〜モデルの「走行性能」



開発陣営が一生懸命考えて、もう これ以上 進化させる箇所はない



ってとこまで追求したモデルが、これ。




古き良き時代のベントレー継承シリーズである。





やはり ロールス&ベントレーってのは、馬力なんかより、トルク、




ずおおおぉぉぉ って感じで走らせて なんぼ車であるから、大トルクこそ命。



当モデルの、102kgmのトルク、、すごい!



走りも豪快、それでいて、長距離ドライブでも疲れない。







VWの大資本で「クルー工場」には最新の大規模製造ラインが作られ



そこで、「コンチGT」「フライングスパー」が、量産された。




しかし、当個体が生産された当時、、




工場の一角には、昔ながら、「ライン」のない場所が残っていた。




そこでは、私も工場見学に行った当時の風景を見ることができた。




熟練の職人が、ハンドビルドで組み上げていくエンジン、、



革職人、ウッド職人、塗装職人、皆、昔のまま、誇らしげに働いていた。




彼らが 作っていたクルマ



そう それが、「アルナージ」だった。



名車 と呼ばれる車の共通点は、職人の息吹が感じられることだ。






当個体のような最終期モデルになると、「道具」としても超一流、




「作品」としても超一流、そして所有したときの「満足度」も超一流




の三拍子が揃う。




しかも、この世界の頂点高級車が、トヨタのクラウン価格とくる。




このエンジンを引きついだ「ミュルザンヌ」のロールス製エンジンも昨年、4月に




生産中止、こののちのフラッグシップモデルは、「フライングスパー」が担うという。




もう「本物ロールスロイス・エンジン」が作られることは ない。






さて、あとは、実車を ご欄いただいて、、



その前に、怒涛の お写真「118枚」を ご参考に↓