本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTLEY HEADLINE

EIGHT

  MAKER BENTLEY  
  MODEL EIGHT 
  YEAR 1991’
  EXTERIOR DARK OYSTER


(ダークオイスター・メタリック)
  INTERIOR ST・JAMES・RED- LEATHER 


(セント・ジェームスレッド・レザー)
  PRICE \ ASK
  MILEAGE 35.820km 
  AMMENITIES



ディーラー車 左ハンドル  
  






V8 OHV 6747cc  3速コラムAT 




馬力&トルク:必要にして十分





全長:528cm


全幅:189cm


全高:148cm



重量:2250kg


定員:5人





*装備:




AT、PS、PW、オートエアコン、シートヒーター(強弱)、



メモリーシート(4人分)、純正15インチ・アルミホイール、純正カーペット 他





*「バッジ・バー」




後付け:



・HDDインダッシュ、カロ「ナビ」「地デジTV」



・バックカメラ



・ステアリングに「Bバッジ」



・ドリンクホルダー



・ETC車載器






内外装機関ともに極上車!




車検:2022年 8月6日まで


 
  COMMENT



「エイト」!

 





解説:





「シルバーシャドウ」の後継モデルとして1980年に登場した 所謂SZ系モデル。




ベントレーでは、「ミルザンヌ」が一番最初のモデル(1980年〜)で,次いで、1982年に



「ミルザンヌ・ターボ」(85年に「ターボ」に名称変更)が、そして、1984年、当



「エイト」がラインナップに加わる。




「エイト」は、、ターボ付きなどにして高額化していく「ターボ」モデルとの差別化をはかる



ための、廉価版モデルとしての位置づけであった。





「エイト」の作りは、ロールス「シルバースピリット」をベントレー版にしただけ・といった



内容で、ウッドは「バー・ウォールナット」を使わず、リアのバニティミラーなしの



シンプルモデルとしてのコストダウンが施されていた。



また、グリルの内部も「シャッター」を使わず、「メッシュ」の網・・



通称「もち網」、、。




実は、この「簡素な作り」こそが、後に 大きな意味を持つことになる。






国内で、ベントレーの輸入が急速に伸びたのは、バブル景気の1989年からであるが



(1991年で終わり)、このころは、「ターボR」が大ブーム、、世界中のバイヤー取り



合いで、入手するのさえ困難という時代が3年間ほどあった。




そこで並行輸入業者やユーザーは、入手しやすく価格も安い「ミルザンヌ」や「エイト」の



グリルやエンブレムを変え、「なんちゃってターボR」に改造・ってのが流行った。



(:当社では1台も改造していないが、、)




これは、他のメーカーでも同じで、例えば、メルセデスの「なんちゃってAMG」、



BMWの「なんちゃってアルピナ」なんて本物より遥かに多かった。





ところが、月日は流れ、、、「本物」も激安となってしまったため、



今頃「なんちゃって号」を乗っていたのでは貧乏を宣伝して回っているようなものに、、。



で、すっかり「なんちゃって号」の需要はなくなってしまったのだが、、



困ったことが、逆に当個体のような「オリジナル」が少なくなってしまった。




「エイト」のメッキグリル、メッシュ、シンプルな室内造作、、



今見ると、実に上品なこと この上ない。そして玉数が少ない。





バカ売れした「ターボR」の極上個体を探すのは、現在でも、まだ何とか探せそうであるが、



こと「エイト」となると そうはいかない、、。



「エイト」は、90年に大幅な改良を受け(スパーがスパー2になった)、1992年まで



生産されたが、92年の製造ナンバーを持つ個体は、日本には1台もないはずである。




そうなると最終モデルは、90年と91年、、、91年があれば、ベストに違いないが、



どちらの年式にしても、オリジナルの極上個体が入庫することは専門店の当社でさえ、



もはや、数年に一度、、。







「エイト」は、いまや、ベントレーに詳しい方を唸らせる「センス好し」



のモデルとなったのである。 オリジナルに限るが、。






「エイト」生産台数:




1984年〜89年 : 1273台


1990年    : 239台


1991年    : 172台


1992年    : 50台    トータル:1734台





92年モデルは、国内にはないし、4速出始め年で、どっちにしてもやめといた方がよいから



ベストは、91年エイト。



とはいえ、それは、世界に「172台」*内、左は、87台




因みに、「ターボR」は、同じ、84’〜92’の間に「3688台」生産。






現在まで、生き残った極上ノーマルな個体は、2割というとこか、



探して見つかるものではないので、諦め・・



んっ? 




あったわ ここに1台

















さて、当個体、





ディーラー車・左H 





当社初入庫個体





3オーナー、




走行:35.820km!




デジタル・トリップは、35.963kmを表示するが、それは計測方法が異なるため、


 
通常は もっと数値に差がでるものだが、わずか、143kmしか差がない という



ことは、当個体、高速道路などでの利用が多かったことが伺える。



市街地などコーナーすることが多ければ多いほど、数値は離れていく。





まだ、こんな個体が残されていたとは、、




となると、安価な個体に逆比例して、「外装」「内装」「機関」と分けて、詳しく



ご解説させていただこう。






では、お写真「115枚」と共に ↓ 物語を始めよう





 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   






外装色は、「ダークオイスター」






バブル期に人気だった 濃いカキ色メタリック。





この時代のベントレーの外装カラーは、標準で24色、




所謂、ガンメタ系カラーは、2色で、緑がかったのが「グラファイト」、茶色がかったのが、




「ダークオイスター」





91年式は「ラッカー塗料」の最終年である。



伝統の「手吹き」で、8回も塗り重ね、塗面が鏡面になるまで、バフで研磨される。



およそ、近代の自動車メーカーでは考えられない作業が施されていた。



その後の「ウレタン塗料」でも鏡面仕上げは変わらないが、塗料の特性上、作業工程は、ラッカーの半分



で済むという。




この「ラッカー」、ロールス・ベントレーらしい非常に深みのあるペイントとなるのであるが欠点が一つ、



経年変化とともに「クラック」=塗装ワレが発生する。



毎度も、書かせて頂いているが、この「クラック」が発生した場合、誰かが貧乏クジを引いてリペアする



しかない。(= ボランティア活動)




それも、もう一度「ラッカー」で塗るのではなく、しっかりクラック箇所を剥離して、下地を作り直して



「ウレタン」で鏡面仕上げするのが好い。




これなら、もう、ほとんど、クラックの心配が要らなくなる。



無論、リペアには塗装職人の「腕」と「経験」が必要になる。




ヘタな「腕」でリペア塗装するくらいなら、クラックがあったままの方が まだ、ましだ。




それを ふまえた上で




当個体、当社入庫後、気になる箇所は、塗装ファクトリーで、リペアを施した。



ボンネット、トランク、ボディ左右一部など、オリジナルの「コーチライン」は残し で、仕上げた。



薄いクラックは、あと天井などにも一部あるにはあるが、まだまだ塗装を施すレベルじゃない。




「エイト」は飾っておくクルマではない。じゃんじゃん乗って、その乗り心地の良さに酔うためのモデル、



必要以上にキレイにする必要は無かろう。










「エイト」




メッキのグリルに、メッシュのサッシ、



98年に販売された「ターボRT」で、もう一度「メッシュ」が採用されるが、非常に新鮮なデザインに



映った。



「エイト」専用デザインの15インチ・アルミ、タイヤサイズは、「235」でロールスと同じ。



足回りのセッティングも「ターボR」より、柔らかめ、、おそらく、ロールスと同じものではなかろうか、。





今見ると、「エイト」は渋い!




あえて「エイト」が好きで乗っています風・に乗るのが好い。




「エイト」は、酸いも甘いも噛み分けた 大人のためのモデルとなった。




 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 

 



内装は、、泣く子も黙る「セントジェームス・レッド」






ロールス社自慢のカラー




「コノリー」レザーのコンディションも◎!





ロールス社の広報の方に直接聞いたことがある



「マグノリア」と「セントジェームス」は、色の配合が難しく自慢のカラーで、お勧め だと







廉価版といえど、例えば、ロールスの「スピリット」と比べても、コストダウンされているのは



「ウッド」とリアの「バニティミラー」がなく、「ピクニックテーブル」なし・程度のものだ。



この程度のコストダウンで廉価版と評されたのは、少々可哀想である。




そう、今なら、このウッド選択は、むしろ正解だろう。




マーガレット王妃が特注した「シャドウ1」のごとし、引き算の美学。



このウッドは、「ウォールナットの柾目」部位、、



シンプルで、実に 渋い。



ウッドは、ノンリペアで、キレイ。










全体に、今となっては奇跡的なコンディションを誇る。



こんな◎個体は、世界広しといえど、日本でしか見つからない と思われる。



世界の金持ちは、長く乗るためにベントレーを買う。 そして、元を取るため、乗り倒す。



だから、必然と 走行距離は伸びる。 これが、当たり前、だが、日本人は 逆に高い車は、



もったいながって、、乗らない。








自動車室内用レザー供給会社としては世界一有名で高品質な「コノリー」社は、2002年末を



もって自動車用レザー供給の事業から撤退した。



その理由は、



ロールス社が他資本になったことと大いに関係があるものと推察するのが普通であろう。




良いものに正当な価格を出すメーカーがなくなったのだ。




ロールス・ベントレーの代名詞「コノリー」レザーが使われることは もうない。





当個体の時代には、「コノリー」社の中でも最上級ブランド「オートラックス」シリーズの



そのまた、頂点「10%トップグレード」レザーが、贅沢に使われていた。



1台あたり、牛16〜18頭分ほどを要し。




注)巨大な牛の革だったので、逆に、この程度の頭数分で足りた。





その贅沢さ加減は、現行のロールスやベントレーとは、比較にならない。




現在は、BMW率いるロールスも、VW率いるベントレーも自国、ドイツ産レザーを使用している。



コノリーなき後、確かに、「ドイツ産」は一流ではあるが、




「10%トップ・グレード」とは、次元が異なるほど、比較にならない、、コノリーが凄すぎ。





当個体を購入した方は、ディーラーにロールスの新車を見に行くと好い。 




7千万円位の新車を、、




革を 撫でて、摘んでみると分かりやすい。  




鼻で笑っちゃうに違いない。




当個体、カロのHDDインダッシュ「ナビ」「地デジ」&「バックカメラ」(今は、映らないけど直す)が



奢られている。




即戦力!





 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  




1959年から基本設計を変えることなく、進化を続けてきた 



もはや伝説のアルミ合金製V8エンジン。




そして、2020年4月、「ミュルザンヌ」で継承された、このロールス製エンジンは、完全に生産中止に。




もはやから 本当の伝説エンジンとなった。








当然、絶好調。



ベントレーが正式に馬力やトルクなどのスペックを公表するのは、96年モデルからで、この年式は、



相変わらず「必要にして十分」。



オーナーが生きているうちに心配は無用の過剰品質エンジン、



爆発的に部品点数の多い このエンジンは、完全にハンドビルドで組み上げられている。



厳密に言うと、一台のエンジンは、2人で1チームとして担当、



1万分の1の誤差まで測定して、組み上げられる この航空機のようなエンジンの耐久性はハンパじゃない。



組み立てに要す作業時間「80時間」。




あっと、よくタイミングベルトの交換時期は?という ご質問をお聞きするが、タイミングベルトなんて



使ってないので ご心配なく、、。



ベルトの変わりにギアを使用していて、ほぼ半永久的に取り替える必要は無い。



ギアが磨り減って交換時期がくるのは現オーナー様の孫の代であろう。





当個体には、ディーラーさん「記録簿」が10枚ほど残されていて、正しい整備が施されていたことが



伺えるが、



どのみち、弊社でご購入車輛の場合、目に見えない箇所は観る必要は無い。



替わりに、容赦のない熟練メカニックが「240項目・点検・整備」の中で診てくれる。数か月を要して。







いまだに、こんな声を聞く:




「91年モデルって、30年近く前の車、、そんな古いの壊れないの?パーツは入手できる?」





ロールス&ベントレー社に代わって代弁しよう:




日本車をベースにロールス&ベントレーを想像してはいけない。




だいたい、パーツは製造から100年供給、加えて、戦前モデルさえ、普通に乗ることができるというクルマ




において、91年モデルなんて




私からみても、昨日今日 作ったばかりの近代モデル、、心配するほうが??




(弊社・認定号に限るが)





注)この無料整備代金は、販売価格に含まれる(上乗せした)ものではありません。


  
  なんの整備もしない今、この現状で、この販売価格の価値がある と判断し値付けしています。


   
  整備するのは、あくまでも弊社の「一時預かり人」としての使命だと思って施しているものです。


   
  なので、0円の好意に、文句をいうのは野暮ってもんです。


  
  あとは、次のオーナー様が「一時預かり人」なのです。よろしく お願い申し上げます。









数年前なら、「エイト」は、ベントレー入門車に最適 と ご紹介したものだが、、




少々時代は変わった。




「エイト」は、王道モデルとなった。





シンプルで、クラシック・ベントレーの香り漂う「エイト」は、一生ものの お宝だ。







さあ、走りだそう、、




乗れば分かる




なんて、優雅な、、




こいつは、まさに ベントレー版、ロールスだ。