本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTLEY HEADLINE

AZURE

  MAKER BENTLEY  
  MODEL AZURE  
  YEAR 1996’
  EXTERIOR PEACOK BLUE/DARKBLUE・TOP


(ピーコックブルー/ ダークブルー・トップ)
  INTERIOR LIGHT GRAY & ROYALBLUE Leather


(ライトグレー & ロイヤルブルー コンビ コノリー レザー
  PRICE \ ASK 
  MILEAGE
48.172km 
  AMMENITIES



ディーラー車 左ハンドル  
 




8 OHV 6747cc  水冷インタークーラー付き ターボ・エンジン




4速フロアAT(スポーツモード付き)



全長:537cm


全幅:188cm


全高:147cm



重量:2600kg


定員:4人







最大馬力 :389ps/4000rpm



最大トルク:76.5kgm/2000rpm



最高速:241km



0-100km: 6.7秒





装備:




電動オープン、Wエアバック、電動チルトハンドル、F:パワーシート



+メモリーシート4人分シートヒーター+ランバーサポート、オートエアコン、



ムートンマット一式、



他フル装備






* 純正オプション:



・ 内装「コンビ・レザー」





後付け:





・ ボンネット「センターモール」



・ カロ「HDDインダッシュ・ナビ・地デジTV」



・ バックカメラ



・ 「ETC車載器」










内外装機関共に 稀に見る超極上車! 




車検:2021年 12月17日まで



 
  COMMENT


「アズール」






「アズール」は、1992年発売「コンチネンタルR」のオープン版で1996年に発売、



近代的でいてエレガントな この電動幌開閉システムを含むボディデザインはイタリア



の巨匠「ピニンファニーナ」が担当している。






「アズール」は、開発費用に、27億円を掛けた言うが、開発期間、僅か2年で販売



まで漕ぎ着けたのは、ひとえに「ピニンファリーナ」の お蔭であろう。



この最新の幌構造は、確かに、ロールス社の開発スタッフでは、、思いつかない。





で、幌の製作・取り付け工程は、ボディを わざわざ イタリア、トリノの「ピニンフ



ァリーナ」工場まで、送るはめになる。



そこで幌の骨組みが取り付けられた「アズール」は、クルー工場に戻り、



最終の仕上げは我らが「マリーナ・パークウォード」の出番となる。



この手法は、キャデラックの「アランテ」でも用いられたが、とてつもなくコストの



掛かっているモデルなのだ。




余談ながら、「アズール」の開発は、秘密裏に進められていたが、1995年、私が



ロールス社を訪問した際、こっそり観てしまった。シークレットゾーンにいたのは、



「アズール」だった。もちろん、観てないふりをしたが。





「ピニンファリーナ」&「マリーナ・パークウォード」 




 世界に誇る巨匠2社のWネーム!



この「Wネーム」で、量産、市販されたモデルは、ロールス・ロイス



「カマルグ」と、当「アズール」以外に無い。








「アズール」の名は、「南仏コートダジュールの紺碧の空」の意、、



「コーニッシュ」「カマルグ」に続く、南フランスをイメージさせる 



伝説のリゾート・シリーズである。





生産台数には、複数説あるが、もっとも正しいと思われるデータは:






まずは、生産年



1995年〜2003年



*1995年の生産台数は、「9台」のみ




国内には、96年モデルから輸入される。



・スタンダード「アズール」は、95’〜02’  :「1087台」



・2003年は「ファイナル・モデル」シリーズ :「65台」



・「アズール・マリナー」99’〜03’     :「155台」



・「アズール・ルマン」          :「4台」



・「ジャックバークレイ・アズール」    :「10台」



・「シンボリック・アズール」       :「24台」



・「カリフォルニア・エディション」    :「8台」



・他 スペシャル             :「2台」






トータル:「1355台」




* 内、「右ハンドル」は、「283台」




これが、最新の研究結果




「ジャックバークレイ」は英国、「シンボリック」は米国のRRディーラー、、



どれも ノーマル・モデルと大した違いはない。










それよりも、



問題は、国内に住んでいる台数だ。






国内生息台数は、ディーラーで新車販売個体が僅か
「50台」



そのほか、おそらく1ケタ台数の並行車が存在するのみ、、。





8年間も販売されたモデルの国内総輸入台数が、50台とプラスαしかないのである。



それもそのはず、、「アズール」は、1996年から2003年といういう国内景気が



最悪に近い状況の中では、なおさらに、べらぼうに高額なモデルであった。





1996年の販売価格   :3600万円(税込み 3780万円)


1997年       :3880万円(税込み 4074万円)


1998年       :4350万円(税込み 4567万円)


1999年       :4250万円(税込み 4462万円)


2001年       :3950万円(税込み 4147万円)





上記価格に更に登録時に掛かる取得税5%、他諸経費もろもろがプラス



この価格で、しかも、2ドアのオープンカー、、法人でも経費で落としづらいモデル



ときてる。



そう考えれば、国内に 50台は多いほうかもしれない。



「アズール」と並ぶ大御所「コンチT」は、ディーラー車「39台」。



「50台」対「39台」、この台数の違いは、「アズール」の方が、1年早く販売された



ためであろう。(コンチTは、97’〜)






国内での「アズール」の売り物の多くは、96’ 97’であるが、




それも、当然で「アズール」を買えるVIPは、発売と同時に購入するのが普通だから










「アズール」は、98年モデル以降「後期型」となる。



違いは、



・マトリックス・グリルの採用


・前後の大型エアロバンパー


・室内造作の変更


・アルミ・ホイール デザインの変更



などであるが、



この程度の変更では、わざわざ 買いなおすまでもない。



で、98’以降モデルは、極端に少ない。



それは、世界マーケットでも同じことで、



総生産台数の内、実に 96’と97’だけで「433台」が生産されている。




現時点では、まだまだ「アズール」は、ただの「中古車」のため、流通価格は、年式が



新しいほど高額となるが、



時がたち、「クラシックカー」に仲間入りすれば、それは逆転する。



つまり、初期型の方が高額となるのだ。



この現象は、ほぼ全てのメーカーのモデルに当てはまる。



近年の例だと、「テスタロッサ」なんか そう、、



数年前まで一番安価だった初期モデル(85’86’)が逆転して一番の高額モデルとなった





「アズール」の場合は、更に予想は簡単で、初期モデル(95’〜97’)だけ、




・内装のレザー張りにコストが掛かっていて、


 
 革のカット面積が、大きい = シボの悪い部位は使えない。



・「コノリー」の質も違う。




・ボディの「造り」は、次元が違う



 97年モデルまでは、前後バンパーを囲うような一体式ボディ構造となっているが、



 98年以降モデルでは、コストダウンされ、その部分が前後共カットされている。




要は、、今買うのが、一番 都合が良い。








それでは、





当個体の お話






ディーラー車 左ハンドル



全4オーナーで、逆に珍しいことに、過去に当社で扱ったことがない個体。



だが、整備写真(まるで当社の納車整備時にお付けするような)が びっしり残されて



いた。なるほど、この整備は、某有名専門店のもの、それも、おそらく、弊社に



16年間所属していたメカニックさんによるものだろう。



乗れば、なるほど だ。







走行距離は、実走:48.172km!



*デジタルメーターは、14.481kmを示すが、これは、14.481km前に、



 「インフォメーションパネル」を新品に交換したためだ。


 
 このインフォパネルは、「ボッシュ製」のブラックBOXで、要は、96年当時の


 
 パソコンみたいなもの、消耗品であるから、交換するのは普通であるが、少々お高い



 ので、なるべく壊さないように長持ちさせるコツはある。








外装は:




「ピーコック・ブルー」




孔雀色メタリック(孔雀の首部の色ね)




このカラーが、「アズール」のイメージカラーだ。



だから、「アズール」グリルのBバッジ、ホイールオーナメントの色も「ピーコック」




発売当時の広告カラーも、「ピーコック」



メタリック粒子が細かく妖艶に輝く このカラーは人気を集め、このカラーを



オーダーした方は多い。




塗装コンディションも◎!



だが、写真では映らないレベルの飛び石後がフロント回りにあるので、この↓撮影後



塗装して仕上げる。なんで、この写真は「ビフォー写真」




ボンネットにセンター・モールが張られているが、これは、あとづけ。



RR純正パーツ、この風情も悪くないと思うね。



嫌いなら取れば好いだけの話。







幌コンディションも ◎!




「ダークブルー」オリジナル幌。




スレも少なく、リア・スクリーンの透明度も◎!





内装は:





メインハイドに「ライトグレイ」コノリー




ダッシュ上部、シート・パイピング、センターコンソール、ドアとって部に



「ロイヤルブルー」を配す。




素晴らしきセンス。




この内装写真も「ビフォー写真」で、こののち、少々仕上げる。で、完璧。




で、今の↓写真は、ご参考程度に。





それとて(ビフォー時とて)、内装コンディションも一見の価値有り!





オリジナル「コノリー」は、歴代オーナー様たちの正しい保守管理のお陰で、



元気 生き生き、きれい に残されている。




地下で80年暮らした「バー・ウォールナット」は、まだまだ艶々っ



よく見れば、一部にクラックがあるにはあるが、リペアを要すレベルじゃない。




*「クラック」とは、ウッド表面に塗装されたクリアに割れが生じることで、



  これは経年変化と、車という 揺れる環境の中では必然と生じる。



  だが、いつでもリペアできる。専門の職人もいる。


   
  で、ウッド自体は、100年ほど持つ。







ディーラー物「50台」は今現在、全て日本に住んでるわけではない。



ご想像のとおり、海外に移住してしまった個体も少なくない(買われて)。



日本では、安価であるが、ヨーロッパじゃ高騰中、、海外の業者さんやユーザーに買わ



れてしまうのだ。



現時点で、50台中の何台が日本に残っているのかは調べようがない



が、希少性が増したことだけは間違いが無い。










シート・デザインも、「ピ二ンファリーナ」



Bピラーのないアズールの為にシートベルトを内蔵したシートをデザインしたのだ。




このシートは、98年以降、「コンチR」「コンチT」にも採用されることになる。



惜しいのは、98年以降では、シートのデザイン、革の素材、使い方が変更される。



これは、コスト・ダウンで、これが前述した将来の「逆転」を招く要因の一つとなろう







96’ 97’モデルまでに使われている「コノリー」レザーは最高品質物



1878年創業の「コノリーブラザーズ商会」の「革」には、「英国産」とデンマークの



「スカジナビア産」がある。




無論、有刺鉄線でなく電気フェンス、牛の角まで切り、キズなし、風土上、皮に穴キズ



を開けてしまう「うまバエ」もいない「スカンジナビア」物がベスト、価格も40%ほど



高額となるが、ロールス納品物は、そこから更に厳選、、選ばれるのは、全体の



「10%」ほど、、これが所謂「10%トップグレード」レザーだ。



残りの90%は、他の自動車メーカーや、二輪車メーカー、家具業者、製靴業者、



ファッションメーカーなどに供給される ということは、



「英国上院議会場」や「英国首相官邸」の家具やイスに使われている「コノリー」は、



ロールス社が使わない あまりの「革」ということ。




このレベルの「革」は、全自動車メーカーを通して、その後、使われたことがない。



なにせ、頼りの「コノリー」社は、ロールス社の身売りと共に、運命を共にし、



「自動車用革事業」を止めてしまった。



つまり、もう見ることもできない。




現行モデルのロールスもベントレーもドイツ産の革を使っているが、



それは、当個体の革とは、比べ物にならないほど残念な品だ。



いや、それでは失礼か、、言い方を変えよう、



当個体の 革が 凄過ぎただけのことか、、。



どちらにせよ、このような材料を使う自動車は、この先 作られることはない。










「アズール」






もはや、「幌」の骨組みに「木」は使われていない。



だから、「雨」も気にすることはない。



開閉は、スイッチ 一つ。



幌が閉まってる場合:スイッチを押すと、、まず、4枚のマドが全て降りる。



と 同時に幌が開きはじめる。完全にオープンになるのに、



僅か20数秒(閉めるときは30秒ほど)の物語。





「ピニンファリーナ」の最新技術、、流石の「作り」。



「幌」の優秀性を語るなら、もう一つ、、



「コーニッシュ」ではできなかった芸(気配り) それは、



リア・スクリーンのみでも「張替え」ができること。



表面からは見えないが、スクリーンはファスナーでとめてあるのだ。



これは、リア・スクリーンが将来的に曇ってしまい交換を要する場合には大助かり。



もっとも、コーニッシュよりアズールの幌キット価格の方が遥かに安価(工賃も)で



あるから、全張替えも怖くない。






当個体には、「カロッツェリア」のHDDインダッシュナビ・地デジTVが、



今どきは、「ナビ」として使う方は少なかろうが、



「バックカメラ」も連動されている(写真は撮り忘れたが)ので、「TV」と「バック



カメラ」用のモニターとハードディスクの「CD」「ラジオ」として使うだけでも有益。










実際に走らせてみると、



「ピニンファリーナ」にボディ剛性含め依頼したことが、大正解であったことが実感



できる。




「アズール」は、単に「コンチR」の屋根を切って作ったモデルではない。



ボディデザインごと新設計されていて、空力を考え、Aピラーの傾斜角度は、



「コンチR」より角度を寝かせている。



ボディ剛性を増したため、「コンチR」より車重が「200kg」ほど重くなっているが



替わりに、高速走行時の安定感も増している。



もちろん、200kg程度の重量増は、この過剰品質エンジンには、まったく関係なし。




なんのストレスも感じることなく、200kmオーバーの世界に導く。







とにかく、このオープンカーは、よくできている。



とはいえ、4千万円で購入したのでは、ドキドキして楽しめない、、



だが、当個体のように、安価で購入しておけば、もはや、何も考えることはなかろう。



弊社の場合、価格を ASK としているのは、安価だからだ。



当個体は、日本に残しておきたいから。








1559年から という気が遠くなるほどの歴史を持つ「マリナー」社が、その歴史の



最後(2003年)に残した集大成モデルが「四天王」




・ 「コンチR」


・ 「コンチT」


・ 「コンチSC」



そして、、



・ 「アズール」だ。







世界最高峰のコーチビルダー「MPW」



傑作中の傑作!




半永久に乗り継がれ、



未来永劫 語り継がれる この1台




「一時預かり人」募集!







「一時預かり人」は、生きた証である、、。








まずは、お写真「128枚」を ご参考に↓