本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTLEYHEADLINE

TURBO RL

  MAKER BENTLEY 
  MODEL TURBO RL
 
  YEAR 1996
  EXTERIOR PEACOCK-BLUE


(ピーコック・ブルー)
  INTERIOR BEIGE- LEATHER
 

(ベージュ・レザー)
  PRICE \ ask
 
  MILEAGE 61.570km
  AMMENITIES


ディーラー車 左ハンドル 






V8 OHV 6747cc・水冷インタークーラー付き・ターボE/G  




4速フロアAT(スポーツモード付)、






馬力 :389馬力 /4000rpm



トルク:76.5kgm /2000rpm







全長:541cm


全幅:189cm


全高:148cm




車重:2440kg


定員:5人







装備:



Wエアバック、全席パワーシート、F:シートヒーター、F:シート



メモリー(4人分)+ランバーサポート、電動チルトハンドル、



ピクニックテーブル、リモコンキー、純正ムートンマット一式、



CDオーディオ、ETC車載器、フル装備。





*97’ アルミ・ホイール(17インチ)



*ウッド・シフトノブ






内外装美車、機関・当社にて完全整備渡し、超極上車。  








車検:令和5年(2023年)12月22日まで




 
  COMMENT




「ベントレー・ターボRL」










解説:





ベントレー・スタンダード・4ドア・サルーンの最高峰「ターボR」



のロング・ホイールベース(10cm)版「ターボRL」。






SZ系は、「シルバーシャドウ」(65’〜80’)=ベントレー「T」シリーズの後継



モデルで、1980年から1998年の間、実に18年間にも渡って生産されたロング



セラーモデルであった。




だが、一口に「SZ系」といっても、多種多様な進化を遂げ、その内容・改良点を



羅列すると2千箇所ほどにも及んでしまう。



これが、妥協という言葉を知らない ロールス社のすごいところでもある。




18年間の中で ロールス版モデルは、3度だけ、モデル名を変えた






それは、90年の「スパー2」、94年「スパー3」、96年「スパー」であるが、、



ベントレーモデルの場合、困ったことに、シリーズが更新してもモデル名を変えてい



なかった。




だから、「ターボRL」と言っても、どのシリーズのものなのかは分からない。



イギリスの販売店などでは、独自に「ターボR・シリーズ2」などと表記している店も



ある。




80年代の進化は、割愛させていただき、



90年代の「ターボR」、大きな進化箇所のみを おさらいしておこう








1990年: 




オートライド・サスペンションやインフォメーション・コンピューター・パネルの採用



で「シリーズ2」に





1992年:



3速ATから 4速ATへ





1993年:



ベントレー・モデルのみ、コラム・シフトからフロア・シフトに



この変更で、ベントレーは、完全にオーナードライバーズ・カーと認知される。





1994年:



ダイレクト・イグニッション・システム採用
      


ベントレー4ドア・モデルの「ボンネット」からセンターメッキモールが廃止される。



これで、見た目にも、ロールスとは違うモデルであることを強調。



内装デザイン変更。






1996年:



16年ぶりの 大型改良・ターボ・モデルは水冷インタークーラー付きとなり、



戦後初めて、馬力やトルクなどのスペックを公表する。
      



ボディも改良




・一体型ドア・ミラー採用、フェンダーデザイン変更     



・大型エアロ・スポイラー採用、グリル・デザイン変更、
       
      

・アルミ・ホイール・デザイン変更(17インチ)
      

      
・内装デザイン再変更。
      


・ロールス・ベントレー初の「チルト・ハンドル」採用
      




1997年:




・大型キャリパーのハイパフォーマンス・ブレーキをターボ・モデルのみ採用、



 これに伴い、96年ホイールでは、ホイール内側にキャリパーが当たってしまうため


 
 またも、ホイール・デザイン変更 (17インチ

      
       
 結局、96年ホイールと97年ホイールは、各1年間しか使われていない。
      


・セキュリティシステムの強化。
      


・カタログから、ショートボディの「ターボR」が消える。
     


「RL」のみ販売。






1998年:



「ターボRT」発売。(コンチT・スペックエンジン) 

  

「ターボRL」もカタログから消える。





1998年:新型モデル「アルナージ」にバトンを渡す。




と、こんな感じ。







ご理解いただけるとおり、18年の生産期間中、96年時の改良が もっとも大掛かり



であった。



それは、まるで、それまでに存在したユーザーの不満箇所を 全て解消した 



とも言えるもので、経営が悪化していた ロールス社の最後の「勝負」であった。



モデルとしては、SZ系・最終進化モデルの名にふさわしく、素晴らしい完成度で、



「勝負」には勝っている。



ただ、、「商売」では、そうはいかなかったようだ。



マニアにとっては、とてつもない進化・改良であったが、、一般の方には、??? 



新たな顧客を開拓するまでには至らなかった。




個人的には、このモデルを92年ごろに発売していれば、もう少し会社を延命できたの



では?と思えるほど、好いモデルである。





1904年創業ロールス社(=ベントレー)最後の純血統スタンダード・4ドア・



サルーン、、それが、96’〜98’「SZ系」モデルなのである。









96年時「ターボRL」生産台数:




僅かに「99台」のみ! (左:53台、右:46台)




*ショートホイールの96’「ターボR」は、「281台」



*97’「ターボRL」は、生産中止を惜しむユーザーで「480台」もオーダーされた。




96’「RL」、実は かなり貴重なモデルなのである。






















さて、当個体の お話






ディーラー車・左ハンドル




当個体、2003年、法人1オーナー時、弊社で仕入れさせていただき、その後、ずーーと



管理下にある。



主治医は、弊社であるから、整備は万全。





走行距離:61.570km




ちょうど良き距離だと知り尽くしている。




総アルミ合金、80時間を要すハンドビルド、飛行機精度、100万マイル耐久、




異常なまでの過剰品質




それが、今は無き「ロールス・ロイス製エンジン」。



このエンジンを他メーカー、まして、国産メーカーエンジンと同列で考えてはいけない



国民性からして違うし、最たるロールス社様になると、




「お客様、ご購入されたら、100年は、お乗りになりますよね」 とくる。



そのための「作り」をしているから、



5万キロなど、慣らし運転、10万キロくらいから、やっと本調子 ってな塩梅。












外装:「ピーコック・ブルー」





この96年に追加された当時の新色だ。



そう、このカラーは、96’発売「アズール」のイメージカラーとして採用された。



孔雀の頭から首、胸元、羽の一部に見られるブルー色。



変態動物マニアでもある私は、孔雀にも五月蝿いが、孔雀青は、メタリックのように



シャープな色だ。



それを細かいメタリック粒子と複雑なカラー配合で見事に再現している。



世界的にも、4ドア・モデルで、このカラーをオーダーした個体は少ない。




塗装コンディションも極めて◎。



この時代の塗料は、91年までに使われていた「ラッカー」とは違い、「ウレタン」、



全天候型。気が楽だ〜




全長は、541cmあるが、ハンドルがキレキレっなので、運転するのに、大きさは気に



ならない。







そういえば、当個体、ホイールが、「97’」のだ。



96’と97’ホイールは、同じ「7スポーク・アルミ」だが、デザインが異なる。



このホイールは、「97年」にしか存在しない(使っていない)。



前述のとおり、97年に、フロント・ディスクの径を大きくしたもんだから、96’ホイー



ルだと内側が当たってしまう。で、わざわざ、作ったのが「97’ホイール」、が、



「RL」は、97年で生産中止、98’には「RT」となり、ホイールも別物に(96’RSホ



イールに)。



ねっ、実は貴重品ホイール。








「RL」=ロング・ホイールのみ「Cピラー」に「Bバッジ」が標準で、



一目でRLと認識できる。





96’モデルと95’モデルまでのボディは、まったく違う。



似ているが、接点がないほど異なる。



フェンダー形状まで異なるのを知る人は少ない。



つまりは、95’以前モデルを、96’〜モデルに改造することは不可能だ





この大掛かりな改良は、全て「空力」のため。



96’で採用された「水冷インタークーラー」により、馬力は随分UPし、



加速、最高速(249km)ともにスポーツカーのそれ、となると、



95’までのボディでは、風きり音的に限界だったのだ。



これは、高速道路を走ると、体感できる。 劇的 といってよい。











内装:「ベージュ」コノリー





「マグノリア」や「パーチメント」と比べ、色が濃いので、汚れが目立たず、



管理も楽だ。




「コノリー」レザーの凄さは、この個体を観ても明らか、、



現行のロールスやベントレーに使われているドイツ(バイエルン)産のレザーは、



キレイなのは新車のうちだけで、しばらく乗っていると革が、しわしわになってしまう



使っている「牛」が、小さいから、しょうがない。(ドイツの規制で)






が、どうよ、この個体の革は!



生産から26年が経過した今でも、革は、パーンと張りが良い。



「コノリー」がないのは、本当に残念だ。



これが、この先、まだ、20年、30年先までと保つだろうから、恐ろしい。



個人的には、コノリー張替えの時期は、生産から、50年が目安と



思っている(経験値)。




96’から内装デザインも全て変更された。



これも外してない。より豪華になった。



必要以上に高い、純正の「ウッド・シフト」も効いている。





総評:




新車時価格なら考える必要があるが、



今は、ベンツの底辺「Aクラス」も買えない価格、ドキドキするまでもない。



それで、世界一のクルマに乗れる。



おまけに、「シーザー・ファクトリー」で車検整備したばかりなんで、



当社では極めて珍しい「即納車」。



っても、もう一度、点検し直しますけどね。慎重派なんで。




維持費は、1km走行当たり:100円の覚悟。



要は、年間に予算分だけ乗れば、困ることもない。




全長:「541cm」が入る「車庫」が確保できるなら、




とりあえず、買っておいて後悔はあるまい。




世界最高の1台 が、実は、この世界の入門車、、




「ロールス&ベントレー道」、、奥の深さはハンパじゃない。




この世界に、33年住んでいる私でさえ、まだまだ、底は、まったく見えない。



残念でしかたないが、おそらく、私が生きているうちに、底をみることは できまい。



私が知る限り、日本人で、もっとも底に近づいた、もしくは見えた方は、1名のみ。



20歳のときから乗りはじめ、現在、80歳代、60年以上、初期の「シルバー・ゴース



ト」から、時々の最新モデルまで、膨大な台数・モデルを乗り継がれている。



経験値が違う、言葉の重みが違う。 



つまりは、若くから入門するべきだ。



私が、身銭で初めて購入したのは、29歳のとき、「ベントレーのT1」であったが、



遅すぎた と後悔している。








どのモデルを入門車にするか? と聞かれたら、



私なら、「87’~98’の間のSZ系」、もしくは、「アルナージ」と答える。(今なら)














まずは、お写真、怒涛の「127枚」を ご参考に ↓