本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTLEY HEADLINE

CONTINENTAL T

  MAKER BENTLEY  
  MODEL CONTINENTAL-T 
  YEAR 1998'
  EXTERIOR
WHITE


(アークティカ・ホワイト)


  INTERIOR BLACK-LEATHER 


(ブラック・コノリーレザー)
  PRICE \ ASK
  MILEAGE 54.368km 
  AMMENITIES



ディーラー車・左ハンドル






V8  OHV 6747cc



水冷インタークーラー付きターボ・(後期型)ハイパフォーマンスE/G



4速フロアAT(スポーツモード付)






馬力 :426ps/4000rpm





トルク: 89.2kgm/2200rpm






最高速:273km





全長:523cm


全幅:196cm


全高:145cm




車重:2470kg


定員:4人




装備:



Wエアバック、ABS、Fパワーシート(メモリーシート4人分+ランバー



サポート、シートヒーター)、電動チルトハンドル、エンジン・スタータ



ーボタン、エンジンチューンド・アルミパネル、オートエアコン、



他フル装備




*後付け「カロッツェリア」インダッシュナビは、骨董品(使えない)



*「ETC」車載器







内外装機関ともに 超極上車!





 車検:2年付き渡し







 
  COMMENT


ベントレー・コーチビルド・モデルにおける最後の大物




「コンチネンタル・T」









解説:




コンチネンタルTは、1992年に発売されたコンチネンタルRのハイパフォーマンス・



バージョンとして1997年から販売された。



歴代ロールス&ベントレーで、最強バージョンの頂点モデルである。


 



1995年に、ハイパフォーマンスにチューンされ405馬力を発生する「Sエンジン」を



積んだモデル(ターボS:75台、コンチネンタルS:18台、コーニッシュS:25台)



が限定販売されたが、コンチネンタルTのエンジンは、このSエンジンの発展系である





「T」は、1997年から2003年の間・7年間に






僅かに
「321台」が生産された。





内、左H:「217台」 右H:「104台」








コンチRのブリスターフェンダーにプラス、オーバーフェンダーが追加されたワイド



ボディ、、 その外観は、見るものを圧倒する。




全長は、コンチRの537cmより、10cmショートホイールベース



で、全長では14cm短い523cm(都心に有りがちな530cmまでの立体駐車場にも



入るサイズ)、




全幅は、コンチR、188cmに対し、オーバーフェンダー分広く、



196cmとなっている。




ホイールも専用もの



「18インチ・9.5J」X4



マフラーも専用もの



「でかい1本出し」





ボディワーク(コーチビルド)は、



もちろん、世界一の匠の集団「マリーナパークウォード」。



(下記からMPWに略)







一時は200社以上存在したイギリスのコーチビルダーの「トップ2」



名門「HJマリナー」社と「パークウォード」社をロールス社が、完全に手中に収め、



合併させて「マリーナ・パークウォード」社として、車を作り始めたのは、1962年



その後、数々の名車(コーニッシュ、カマルグ、ファンタム6、コンチネンタル、



コンチネンタルR、アズールなど)を世に送りだしてきたMPWであったが、90年代



に入ると本社であるロールス社自身の不況のあおりを受け、ついには、1992年、



伝統のMPWの専用工場(ロンドン郊外 にあったウイルスデンの工場)の閉鎖が決まる




更に、その後の度重なるリストラにより、最盛期500人以上いたMPWの職人は、



数十人規模にまで減ってしまった。




ある資料によると、



92年の初めに、540人いたMPWスタッフを50人ほどまでにリストラし、



93年の段階では、ちょうど40人となった。とある。




94年8月、、正式に「ウイルスデン」の工場を売却する。



残った40人のスタッフは、本社「クルー」工場で、2003年までコーチビルド・



モデルを作ることになる。






結果、非常に残念ながら、ボディ全体のデザイン、製作から手掛ける、いわゆる



「コーチビルド・モデル」は、続々と生産中止となり、



(90年に ファンタム6、95年に コーニッシュとコンチネンタル、98年に 



パークウォードリムジンが)、




このコンチネンタル・シリーズ(コンチT、アズール、コンチR、コンチSC)が、



最後のコーチビルド・モデルとなった。





*現在のMPWは、、




「マリナー」のみの名称となり、VWグループが50億ポンドもの投資をし新たに



生まれ変わった「クルー工場」の一角で、スペシャル・オーダー部門として存在して



いる。



世界中の わがままな顧客からの如何様な注文にも応じる。




総勢130人(92年以降、一時期40人にまで減っていたはずであるから、また、90



人ほど再雇用したものと思われる)、



もちろん、製造ラインなど存在しない。



カタログモデルとして販売する「コーチビルドモデル」は生産していない。



だが、量産さえできないものの、彼らの「腕」は、今でも、完全なコーチビルドモデル



を作り出すことはできる。




2002年に製造したエリザベス女王の専用車・ベントレー「ステート・リムジン」は、



「マリナー」の職人による作品だ。







*現行モデルで「マリナー」と付くモデルがあるが、それは単に名称を「ブランド」と


 して使用しているだけで、「マリナー」のコーチビルド物というわけではない。







総生産「321台」中、





日本ディーラー車のコンチネンタルTは、



僅かに「39台」!








新車時価格:



・予約受付時  :3550万円


・97年 9月 :3880万円


・98年 6月 :4350万円


・99年11月 :4250万円


・01年 2月 :3950万円


・02年10月 :3995万円    




一番安いときと高いときで、差額が、800万円、、なんなんだ。



動く不動産的 販売価格。



普通の金銭感覚の人間に購入できる車ではない。




39人が 凄すぎる方々なのだ。





「コンチT」には、「前期型」と「後期型」がある。



生産年でいうと





96年   「2台」



97年 「133台」



計:「135台」が「前期型」:



404馬力で、トルクは、81.6kgm、最高速:245km




残り「186台」が「後期型」:




426馬力で、トルクは、89.2kgm、最高速:273km





見た目も




「前期型」




・グリルが「縦シャッター」



・内装には、ウッドとアルミを使う。




「後期型」




・グリルが「マトリックス」に



・内装シート・デザインも一新



・パネルは、アルミのみ(オプションでウッドのみ選択は可)



・メーター配置も変更



・シフトレザー回りがクロームに



などなど





マニア的には、大きな違いであるが、でない方にとっては、大して違わない。




前述のとおり、1997年モデルだけで、全体の40%がオーダー(生産)されている。



国内でも、「39台」中、その大半が、97年モデルである。



これは当然で、新型モデルを売り出せば、ディーラーさんは、VIP顧客に速攻で



営業する。で、買うべき方は、97年にオーダーする。



後期型モデルになろうとて、買ったばかり、もしくは まだ、納車もされていない、



さらに、買い替える方ほどの違いはない。



で、当社にも、98年モデル「ディーラー物・後期型T」は、久しぶりの入庫となる。




98年モデル自体、世界に「83台」しかないのである。








「コンチT」は、2003年まで生産され、翌年 発売された 後継モデルと称する



「コンチネンタルGT」の発売時価格は、1990万円、、半値、売れるはずである。





また、それは、まったく接点のないモデルであることも意味している



モデル名を引き継いだだけ、、他に引き継いだものは、、何もない。

 



「マリーナ・パークウォード」が最後に残してくれた歴史の遺産・



「コンチネンタルT」は別格なのだ。












さて、当個体の お話





ディーラー車 左ハンドル





以前弊社で、それも、平成12年時、仕入れ、販売させていただいた「元・シーザー認定



号」であるが、その後は、弊社管理下から外れていた。



久しぶりに戻ってきたので、認定号を忘れ、もう一度 最初から「認定号への道」




で、実は、まだ、その道途中なのであるが、写真を撮る分には関係ない箇所(機関系)



なので、まずは、お披露目を




走行距離:54.368km!




ちょうど良き、慣らし運転終了程度



ちょうど車検も切れたので、ご納車時には、車検整備も含め、弊社認証工場で、



怒涛の「240項目・点検・整備」を施こす。




これは、通常の車検整備項目など遥かに凌駕する「量」と「質」を誇る。



世界中の中古車で、これほどのことを無料でおこなう車屋を知らない。







外装:「ホワイト」





人気の「ソリッド・ホワイト」




塗装コンディションも極めて◎! 




全長:523cm



全幅:196cm



短く、広い。



この全長、全幅は、コーナリング時など、「走り」を極めるため。



が、なにより、単純に、デザインが かっちょいい!



眺めているだけでも飽きない。




「後期型」の特徴、「マトリックス・グリル」が効いている。



Fウインカーとサイドマーカーの「ホワイト・レンズ」は、社外品。



ホワイト車には、似合っている。







内装:「ブラック」コノリー





のちの「ベルーガ」ブラック・レザー。



内装は、入庫時、気になる箇所は、リペア済み(認定号への道)!キレイっ




「T」特有のアルミ・パネル張り = 「エンジン・チューンド・アルミ・パネル」



これは、エンジン(総アルミ)に使われている「アルミ」と同素材という意味。



ものすごく高価なアルミ加工物なのだが、これが、室内空間を一気に引き締めている。



アルミに施されている鱗模様は、1920年代の「WO.ベントレー」レーシングカー・



パネルをオマージュしたもの。




「コンチR」に比べ、10cmショートボディとはいえ、運転席空間には関係なし。



狭くなったのは、トランク容量とリア空間、で、リアシートは「R」より狭い。



とはいえ、通常の2ドア・スポーツカーのお飾り的な「席」よりは広い。





当個体




・「カロッツェリア」のインダッシュナビが取り付けてあるが、これは骨董品で



  使い物にならない。今すぐ外したいところだが、絵ずら的に、次のオーナー様が


  決まるまで残しておく。 



・室内ルームライトは、「青色LED」に交換されている。



 もち、ノーマルランプに戻せるが、夜乗ったら、意外と雰囲気が好かった ので、


 次のオーナー様の お好み次第で




・ 「タイヤ」は、4本とも新品交換



   柔らか目選択で「ヨコハマ・アドバンスポーツ 275・45サイズ」で。



   新車時は、ピレリー「285・45」サイズ



   だが、今の時代、乗り心地を優先するべきだと思う。







「コノリー」のレザーは、このMPW作品 2003年を持って、二度と「自動車」



に張られることはなくなった。





ロールス社に納品されていた「コノリー」社の頂点グレードレザー



オートラックス・シリーズ、その名も「10%トップグレード」、、



今のところ、これ以上に すごい革が自動車に使われているのは 見た事がない。



つまりは、内装の本質的な豪華さ という観点のみで見るなら、2003年までの



ロールス&ベントレーが頂点 ということになろう。



「コノリー」レザーの 本当の 凄さは、使い込んでみないと分からないかもしれない



が、オーナーになり、分かってしまえば、、



もはや、どんな高級新車を見ても、鼻で笑っちゃうレベル となる。





車の値段など、その車の 価値を表すものではない。




当「98’ コンチT」、現在の販売価格は、この車が持つ本来の価値には遠く及ばず、、



安い。



新車時には 釣り合っていた「販売価格」と「価値」は、今や、まったく均衡が取れて



いない。



MPWの職人さんには、申し訳ないが、、。







それって つまり、いまが買い時 ってこと。




さて、それでは、ご検討のご参考に、写真怒涛の「136枚」を ↓




*機関系解説は、最終章で



 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   



V型8気筒 OHV 6.75L 総アルミ  シングルターボ






97年に、「コスワース」と「ザイテック」との技術協力のもと、登場した「コンチT」のハイパフォー



マンス・ターボ・エンジン。



最高速は、「前期型」の245kmから「273km」に、「必要にして充分」以上。



オーナーが生きているうちに心配は無用の超過剰品質エンジン、



手組み、、爆発的に部品点数の多い、このエンジンは、完全にハンドビルド、手で組み上げられているのだ。



厳密に言うと、一台のエンジンは、2人で1チームとして担当、



1万分の1の公差まで測定して、組み上げられる この航空機のようなエンジンの耐久性は、もはや「車」



のエンジンの次元ではない。









メーカー自身も公式カタログに書いてあるが、




「1920年以降、製造されたベントレー(WOベントレーを含め)の内、約3分の2の個体は現在も



可動している」、、と。




これは、現存可動率といわれるが、もちろん、世界一の可動率を誇る。



これに、可動してない個体(ナンバーを外し博物館にある・とか自宅のガレージで放置プレイ)まで入れる



「現存率」になると、8割以上は軽く現存しているらしい。



ロールス社のエンジン、ボディは昔から、いくつもの伝説で彩られているが、



このV8エンジンが、おそらく最後の「伝説」になるであろう。




そして、ロールス製エンジンは、2020年4月、生産中止、、終わった、、










総評:






ベントレーは、本来、スーパースポーツカー・メーカーだった(1920年代)




それは、戦後も引き継がれ、1952年には、戦後ベントレー最高傑作「Rタイプ・コンチネンタル」を誕生



させる。そのモデルは、「2ドア・4座モデル」として「世界最高速」を誇った。



「コンチ」の流れは、1955年「S1コンチ」に、「1959年」「S2コンチ」に、1962年「S3コンチ」と



継承されていった。



だが、その後、、



長い間(1965年以降)、ロールスの「グリル違い」の車となる。



走ってもロールスと同じ、、それでも十分に満足できはしたが、多くの「ベントレー乗り」が思っていたはず



昔のベントレーのように「走り」が堪能できたら、、。




それが、やっと 80年代の「ターボR」、92年発売の「コンチR」によって、「走り」を重要視した



モデルが登場する。




その集大成、「ザ・ベントレー」が、「コンチネンタル・T」である。



このモデル、正しく後世に残していかなければ「MPW」の職人さんに顔が立たない。







前述のとおり、この車が「クラシック・カー」と呼ばれるようになったとき、、



とんでもない高額希少車となっていることであろう。





更に「ヴィンテージ」と呼ばれるようになるころには、博物館に展示されているか、



一部の大金持ちコレクターが所有、、もはや、庶民に手が届く車ではなくなっているであろう。





これは、将来の株価を予想するより はるかに たやすい。







なにせ、、「MPW」コーチビルドの2ドア・クーペ・モデル、、、




過去に 外したことがためしが、一度もない。






地球の宝「コンチT」





「一時預かり人」 募集中〜