本文へスキップ

RollsRoyce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

ROLLSROYCEHEADLINE

ROLLS・ROYCE

  MAKER ROLLSROYCE 
  MODEL


CORNICHE U



  YEAR 1988'
  EXTERIOR

WHITE Body


WHITE Top


(ホワイト)
  INTERIOR
WHITE・LEATHER




(内外装幌:トリプル・ホワイト)

  PRICE \ ASK 
  MILEAGE 95.720Km
  AMMENITIES





カナダ仕様 新車並行 左ハンドル




V8 OHV 6.75L 3速コラムAT




全長:525cm



全幅:186cm


全高:153cm




重量:2330kg


定員:4人




装備:




電動オープン、パワステ、パワーウインド、エアコン、パワーシート、他






純正オプション:





・ ドア内張り「鍵付きBOX」




・ 「TUDOR」製クリスタル・グラスX2、ボトルX1 左右



・ ロールス「4徳ナイフ」




・ リア「ピクニック・テーブル」




後付け:




・カロ「インダッシュナビ」 注)古すぎて使えない。



・「バックカメラ」には使えるけど、



・「ETC車載器」






内外装機関共に極上車!






:車検2年付き渡し




 
  COMMENT





ロールス・ロイス 




「コーニッシュU」












まずは、モデルの ご解説から、



「コーニッシュ」は、ロールス社のスタンダード・モデルではなく、傘下のコーチビルダー



「マリーナ・パークウォード」(以後、MPWに略)製作のモデルである。




この手のコーチビルダー製作のモデルを「コーチビルド・モデル」と呼び「スタンダード・



モデル」とは分けて分類される。





ロールスロイスとベントレー(1931年に買収)の戦前モデルは全て「コーチビルドモデ



ル」、、つまり、ロールス社は、シャーシと機関系(エンジン・ミッション・ブレーキなど



)のみを販売する機械屋だった。




戦後(1946年〜)、ロールス社は、自社でもボディ製作を始める・・



これが「スタンダード・モデル」である。



ただし、自社製といえど複雑なボディ製作は、不可能で、近年まで「コーチビルダー」に



託すしかなかった。



1960年代までには、イギリスに300社以上存在していたコーチビルダーの頂点にたった



コーチビルダー、ひいては世界一と評されるコーチビルダーが「マリーナ・パークウォード



」社である。



この会社の作るボディは、「工業製品」ではなく「伝統工芸品」である。












「コーニッシュ」、その歴史は、




・1967年に、4ドア・サルーンの「シルバー・シャドウ」をベースにMPWによって



コーチビルドされた「MPW・ドロップ・ヘッド・クーペ」に始まる。




当初の排気量は、「6230cc」、1970年〜「6.75L」に



その後、マイナーチェンジと共に、



・1971年「コーニッシュ」の名称となる。



コーニッシュのシャーシ・エンジンは、基本的に、その時代の4ドア・ショートボディが



ベースとなっているので、1967年から1976年までは、「シャドウ1」ベース



1978年から1980年が「シャドウ2」ベース、



1980年から1985年が、「シルバースピリット」の「キャブ」ベースである。



1981年までは、「コーニッシュ・クーペ」が存在したが、この年に生産中止となり、



以後、選択肢は、オープン・モデルのみとなる。






・1986年には、「シルバースピリット」がキャブから「インジェクション」へ進化した



のを きっかけに、室内のマイナーチェンジ(センターコンソールがダッシュに繋がるなど



)が行なわれ、「コーニッシュU」と名称を変える。(USは85’〜)






・1990年、更なる改良が行なわれ「コーニッシュV」、



・1992年、幌のフル電動化と4速ATへの進化で「コーニッシュW」



と、その外観を殆ど変えることなく進化し、1995年に惜しまれつつ全ての生産を終える











当個体は、シリーズU 生産台数は
「1226台」




*以前は、「1236台」説が有力だったのだが、85年の「1.5」を除き、

 
 
 1226台説が世界標準となった。






では、「コーニッシュ2」になっての外装・変更点





・テール・ランプのデザイン変更 (以前は、左右に1つづつ)



・ホイールにアーチカバー  (以前は なし)



・ホイール・カバー・デザインの変更 (シリーズ3と ほぼ同じ)



・バンパーが、ボディ同色カラーに



・ミラーが、ボディ同色カラーに






では、「コーニッシュ2」の魅力を!




1. シリーズ中で、もっとも「足」として使える。



  その理由は:


   
  機関系がシンプルだから、



  シリーズ1の「キャブ」は、少々マニア向き



  シリーズ3になると「インフォメーション・パネル」が、余計な お世話。



  シリーズ4になると、「フル電動オープン」が 余計な お世話。



  もっとも、維持しやすいのが、「シリーズ2」ってわけだ。


  
  これは、ちょいと詳しい方なら、周知の事実、、だが、問題は、「シリーズ2」日本に



  は少ない ってこと。 


  
  シリーズ2の時代、まだまだ、日本はバブル道なかば、日本に一番多い「コーニッシュ



  」は、シリーズ3なのである。







2. 「作り」に気合が入っている。




  ロールス社自身も忙しくなるのは、89年の終わりごろから、



  例えば、当88’コーニッシュの「グリル」の「エッジ」を見ると分かるが、エッジの




  シャープさがハンパじゃない。



  ファンタム6のグリルを彷彿させるほど、、。


  

  60年代の「作り」を残すコーニッシュは、各担当職人に十分な時間をかけさせた方が



  良いものを作るに決まっている。






3. 乗って惜しくない。




  現時点で「コーニッシュ」は、後期型になればなるほど希少性を増す





  シルーズ「3.」「4」の極上個体は、もはや、コレクターズ・アイテムとなっている。


  
  そうなると乗るのも気が引ける。



  その点、「2」は、「1226台」、数もある。実際、「3」「4」を所有し、普段用に



  「2」を  なんてツワモノも当社の お客様には実際に数名存在する。
  



  注)これは、あくまで現時点での話し、将来は、クラシックカーのセオリー通り、



    年式が古いほうが逆転して高額となる。










さて
 当個体の お話






カナダ仕様(北米仕様でメーターがKM表示)の新車並行(88年11月登録)左ハンドル






以前弊社で販売させていただいた元「シーザー認定号」




2003年、3オーナー時に仕入れ・仕上げ・販売させていただき、その後、9年ほど、同じ



オーナー様が ご所有、整備も弊社担当の、管理個体。





極めて珍しい「トリプル・ホワイト」!



知る限り、この選択肢は、「北米仕様」にしかできなかった。



ほかの国では(日本でも)、「特注」となる。



中でも都合よき「カナダ仕様」であるから、速度計もトリップも、「km」表示。




走行距離: 95.720km




弊社管理で、この距離 ということは、ここからが、一番の本調子を堪能できる ってこと



これまでは、次のオーナー様のために、歴代オーナー様達が大切に慣らし運転してくれて



いた とお考えを。




今回は、入庫後、外装 気になるコキズ消し、内装リフレッシュ、幌補強などなど施し、



再びの「シーザー認定号」へ仕上げ済み。やっとHPにUP。



久しぶりの入庫個体であるから、この個体も、「外装」「内装」「機関系」と分けて



解説させていただこう。









それでは、下記より





怒涛のお写真「152枚」と共に、詳しく  ↓








   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   




「トリプル・ホワイト」!






外装は、「ホワイト」


 
幌も、 「ホワイト」



内装も、「ホワイト」




内外装ともに、リフレッシュ済み!





外装塗装も、◎コンディション、キレイ!



幌も、キレイ!




もちろん、幌の開閉も絶好調!




幌を開けるには、2ケ所のラッチを手で外し、センターコンソール上にある開閉用スイッチ



を押すだけ、、



スイッチを押してから完全にオープンになるのに「7秒」、



閉まるのにも「7秒」ほど。



この「幌」、、オープンカーの中でも、もっとも「お金」が掛かっていると思われる、



幌の厚みは Cピラーにあたる箇所では10cm以上、一番薄い部分でさえ5cm以上ある。




外張りは前述「エバーフレックス」のレザー風ビニール、内張りは、超のつく高級服にでも



使いそうなフランネル、、更に中には、ぶ厚い防音断熱材が入っている。





ロールス(コーニッシュも)は、維持するのに、想像するほどのお金はかからない




(当社が主治医なら)が、事故やイタヅラが恐い、、、幌でも裂かれたら大変、、



で、車両保険ご加入をお勧めする。






コーニッシュを「シルバーシャドウ」の2ドア版と思っていらっしゃる方がいるが、



それは大きな間違いである。




「シルバーシャドウ」は、ロールス社自身が製作したスタンダード・ボディ、、



「コーニッシュ」は、「マリーナ・パークウォード」が製作した「コーチビルド・モデル」



デザインは似ているだけで、どのデザイン箇所(ボディ面)にも接点はない。



フロント・フェイスが特に似ているが、良く見比べれば、フェンダーのカタチからして



異なる。



コーニッシュは、先端が丸くなっているが、シャドウは尖っている。



この時代には、まだ、ロンドン郊外にあった「MPW専用」の「ウイルスデン工場」も



あったから、作っている場所まで違う。



スタンダードモデルを作っていたロールス本社「クルー工場」は、230kmほど離れた場所



イメージ、「ウイルスデン工場」は、当社「調布」あたりにあり、「クルー工場」は、



「浜松」あたり。






「コーニッシュ」唯一無二な存在なのである。




当個体には、有料オプション「フロント・スポイラー」が選択されている。









   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 



内装は、「ホワイト」コノリーレザー。







オリジナルのまま、「コノリー」製レザー。



同じ「コノリー」でも、年代やモデルによって、革の厚さや「シボ」(革模様)は、



異なるが、当88年時の「コノリー」も、なかなかの良き時代の。



牛がデカイから、革も分厚い、鞣し技術も集大成もの。




で、30年以上の年月が経過しても、このとおり↓(写真参)、素晴らしい状態をキープ



している。



この「革」自体が破れて使えなくなるのは、遥か先のこと(生きてないかも)だから、



気にする必要なし。




「白革」は、汚れが目立ちそうだが、実質、「マグノリア」「パーチメント」と変わりなし



汚れたら、「激落ちくん」(消しゴムの様なスポンジ)を水に濡らして、軽くふけば、劇的



に汚れがとれる。



じゃんじゃん乗れば、5年先か10年先かに、革塗装がスレてきて、塗装リペアを要す時が



くるだろうが、その作業は、至って簡単、手先の器用な日本人の得意分野で、専門の業社



さんが、日本中にある。(弊社に依頼して頂くのが一番だが)







お約束の「バー・ウォールナット」のコンディションも◎!




気になるレベルのクラックも見当たらない。




しいてあげれば、運転席のドアレール上部にある小さまな粒粒クラック、、



これは、シートベルトを外した際に、ベルトの金具部が弾みで飛んで付くキズ。



ロールスあるある である。 リペアするのはいつでもできるが、この程度でリペアして



しまうのは逆に惜しい。 これは、風情の世界だ。






当個体には、有りがたき「有料オプション」装備が、3つ、選択されている。




その1、




「ドア内張り、カギ付きBOX」




その2.




「TUDER」製「クリスタル・グラス・セット」



英国の老舗「チューダー」製のクリスタル「グラス」X2が左右。ボトルも左右に。



運転席側のみ、ロールスの「5徳ナイフ」




ロールス社って、リムジンでは、「ロイヤルドルトン」製を使うが、なぜか、



「コーニッシュ」では、「チューダー」製を使う。



このセットは、「BOX」とは、また別の「有料オプション」



未使用の当時物。貴重〜





その3.




「ピクニック・テーブル」



基本、「US仕様」には、オプションとしてない品。



おそらく、訴訟王国アメリカだから、急ブレーキ時や事故時に、「ピクニック・テーブル」



で怪我でもさせたら面倒 だと考えたせいだと思う。




当個体の「カナダ」は、別ね。



実際問題、使い道は、、微妙〜だが、有ると無いとじゃ、ありがたみが全然違う。






この時代、「日本仕様」なんて、ロールス・モデルはない。




「コーニッシュ」もしかり。だから、日本のディーラーものは、なんでもあり。



新車並行もディーラー物も同じこと。








「カロッツェリア」のHDDインダッシュナビがついてはいるが、古すぎて、ナビもTVも



映らない。唯一、「バックカメラ」は映るが。写りが悪い。




次のオーナー様次第であるが、通常のオーディオに戻した方が良さそうだ。 






   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   



V8 OHV 6747cc 総アルミ合金製エンジン








伝説(すでに生産中止)のアルミ合金製ハンドビルド・エンジンであるが、このエンジンの



屈強さは、33年も専門店をしている当社が一番良く知っている。



機関系の心配をする日本人は多いが、




世界の共通常識として、




イメージとしては、ロールス・ベントレーは、アストンの2グレード上、ジャガーの



5グレード上の車である。



使っているビス1本から値段もクォリティも遥かに上だ。




パーツも100年供給、「コーニッシュ乗り」は世界中にいて、実は、他モデルより、



「コーニッシュ」のパーツは入手しやすい。なぜって、需要があるから、「パーツ屋」が



いつでも豊富に在庫を持っているから。



「陛下のコーニッシュ」も、うちなら 秒で直せる。







「シリーズ2」は、それまでのSUツインキャブorSOLEXのシングルキャブから



「ボッシュ」製インジェクションとなった。




これにより、夏場の「オーバーヒート」「パーコレーション」の心配は劇的に減った。




そして、メンテも、はるかに楽になった上、流通価格が安価(費用対効果にも)である



から、もっとも、お気軽に乗れるのが「シリーズU」。




ただし、「コーニッシュ」の価格高騰はすでに始まっている。




将来乗ろう なんて考えない方が好い。



心配しなくても高すぎて買えなくなるから。



「MPW」師匠の作品で、過去に「クラシックカー」に分類されたのち、価格高騰してない



モデルなど 1モデルもないが、まして、それが、「オープンカー」なら、他メーカーの



モデルを見ても歴然。









さあ、これ以上のご説明は必要なかろう、




「トリプルホワイト・コーニッシュ」、これに乗れば、いやなことなど吹き飛ばしてくれる




僅か、3桁万円で、確実な幸せが手に入る。








「一時預かり人」募集〜!