本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

ROLLSROYCEHEADLINE

SILVER SPRIT

  ROLLS-ROYCE  
  MODEL SILVER SPRIT  
  YEAR 1989’ 
  EXTERIOR ROYAL-BLUE


(ロイヤルブルー)
  INTERIOR BEIGE- LEATHER 

(ベージュ・レザー)
  PRICE \ ASK
  MILEAGE 39.212km 
  AMMENITIES


ディーラー車 右ハンドル  







V8 OHV 6747t 3速コラAT






全長:528cm


全幅:189cm


全高:148cm


重量:2230kg


定員:5人




*装備:




パワステ、パワーウインド、Fパワーシート、Fシートヒーター+メモリーシート



(4人分)、オートエアコン、他フル装備




・新車時「取説」「保証書」



・「記録簿」15枚




オプション装備:



*ピクニックテーブル





・後付け



・「ケンウッド・CDオーディオ」






内外装機関共に稀に見る超極上車!






車検:令和7年(2025年)10月26日まで




 
  COMMENT


「シルバー・スピリット」物語











「シルバーシャドウ」(65’~80’)の後継モデルとして、1980年に登場した通称



「SZ系」モデル。



当個体は、ショートホイール(10cm)版「スピリット」。(長いのは、スパー)







1998年登場の「シルバーセラフ」にバトンを渡すまで、、



「スパー」は、98年までオーダーされた(99’シルアルまである)が、「スピリット」



は、1996年で生産中止(シリアルは、97年まで)された。






今回は、天然記念物級に珍しい「89’ 超極上スピリット」であるから、



解説を「シリーズ1」=「80年〜89年」に絞ろう。





まず、「シリーズ1」4ドア・モデルに乗るなら、



シリアルナンバーが 20001〜 が お薦めだ。



それは、= 1987年〜89年モデル ということになる。



その心は・・



単純、、、それ以前モデルは、「キャブ」車だから。



2万台シリアルから「インジェクション」となる。 ボッシュの「Kジェトロ」だ。



北米仕様などは、81年位から採用されていたが、87年〜は標準装着となる。



例のごとく、毎年 こっそり改良を加える大将(ロールス社)のことだから、



年式は新しいほど安心感がある。



2ドア・モデルであれば、「キャブ」は楽しめる、、が、



4ドア・サルーンでは、「インジェクション」の方が好い。何も考えなくて良いから。





更に




この89年モデルには、他にも、メリット、、セールス・ポイントがある。



90年〜に採用される「インフォメーション・パネル」=「自己診察機能つき」



= 「ボッシュのブラックBOX」 = 「アホなコンピューター」が、



89’には 付いてない。




余計なお世話な「インフォ・・パネル」の、診断ランプの誤作動点灯などで 



いちいち心痛する必要がないのだ。



「シリーズ1」の最終モデル「1989’」で「スピリット」 これが、「乗る」なら



ベストな選択 であることは世界の共通認識であろう。



「シリーズ1」の時代は、事実、「スピリット」は「スパー」より売れていた。





「シリーズ1」生産台数  80’〜89’




「スピリット」 :8126台



「スパー」   :6240台







これが、バブル期頂点の「シリーズ2」の時代(90’〜93年)になると、




その生産台数(オーダーされた台数)は逆転する、、




「スピリット2」 :1152台




「スパー2」   :1658台





要は、実質ではなく、高いほうが売れた時代なのだ。



オーナー自らハンドルを握るのであれば、ショートボディの方が乗りやすかろう。



実用的モデルとして、89’最終「スピリット」は、最強なのだ。




1989年 製造「スピリット」生産台数:




左H:232台



右H:366台



  合計:598台




当個体は、世界に散らばった「右:366台」中の1台。










さらに 当個体が、すごい










ディーラー車・右ハンドル。




「右」は、新車時のオーダーである。




法人1オーナー時に当社で販売させていただいた(現在トータル:3オーナー)




バリバリの「シーザー認定号」!

 



走行距離:「39.212km」






新車時からの「記録簿」ありあり。15枚



しかも、直近の3枚の「記録簿」は、弊社・認証工場にて、



令和2年 4月:「33.100km」



*その前が、ファーストオーナー様にての令和元年8月8日車検取得時:32.946km




令和3年10月:「36.207km」



令和4年10月:「37.500km」






正しく管理されし、「奇跡の1台」



相当に◎な「車庫」で保管してないと、こんな状態では残せない。






外装:「ロイヤルブルー」




ロールス社のコーポレットカラー 王道 「濃紺メタリック」





ボディ側面全てに オリジナル「コーチライン」を残す。



前回入庫時、左右Cピラーにあった ありがちなクラックだけ気になったので、



その箇所は塗装してキレイにした。



現時点でも、各部にクラックなし。



もちろん、オリジナル塗装を多く残すので、極近くで観察すると、塗装の経年劣化が



見られる箇所もあるにはあるが、クラックが発生しているわけでもなく、これは「味」



の世界。








内装:「ベージュ」コノリー




オリジナル「コノリー」レザーを全て残す。



しかも、とんでもない◎コンディションで。



他社メーカーの どんな高級車をもってしても、決して見ることのできない最上級レザ



ーだ。 これが、噂の「10%トップグレード・コノリー」なり。





今現在の販売価格は、このシート代にも満たない。



世界最高のシート、、これに座りたくて、シートだけ買ったら、車本体も付いてくる。







ウッド:




80年間 地中で暮らした「クルミの木の根っこ」スライス:「バー・ウォールナット」




これほど、、クラックなしに艶々で残す方法を知りたい。



この年式で、ここまでキレイなウッド状態は、まず見ることはできまい。



オプションの「ピクニック・テーブル」のせいか、「スパー」に見える。



クラック(表面に塗られたクリア層のワレ)箇所は、3所だけ




・右「ピクニックテーブル」裏に、1本のクラック



・左「ピクニックテーブル」裏に、1本のクラック



・右F「ドアレール」に、1本のクラック




これは、奇跡的  ありえへん 






メッキ類:




これも、素晴らしきかな、



例えば、、、シガライターなんか新品の時から、使っていないんじゃない。






全長:528cm




有りがちな「530cm」パレットの立体駐車場に入るサイズ。



「スピリット」は、完全に オーナードライバーズカー、




ステアリングを握っているのが、オーナー様だ。




グリップの細い2本スポークのステアリング、、これが、英国流高級車の証。



ステアリングは、90年から、もう少し太くなってしまうが、本来は



細ければ細いほど正しい。






近年、これほどの「89’スピリット」は、国内は元より、世界の売り物でも



極めて稀中の稀。



新車時価格:2750万円の「価値」は、今も 変わらず、、



現在の売値は 冗談のように安いが、新車と同じ「満足度」が味わえる。



それどころか、もはや いくら金を積んだところで、「ロールスロイス製エンジン」を



積む新車は、買うことはできない。



「89’」は、まさに「これぞ ロールス・エンジン」を大満喫できる。



こんな都合の好い話はない。







走られてみた:





入庫した車輛は、全て、私自身で、試乗する。



90年モデルからは、インフォパネルの静電気防止のため、キーの持ち部がプラになる



が、89’までは、昔のまんま、なんの飾り気もない安っぽい鉄キー、、これ好い。



キーのギザ部を上にして差し込み、右に回すと、キュキュルドン、セル一発始動。




3速AT、シフトは電気接点、やさしく「D」レンジへ、



アクセルを踏みこむと、トルク感がハンパなし。



やっぱね、89’は、よいです、、「シャドウ」の乗り心地を疑似体験できるのは、



この年式までね。 これが、「ザ・ロールス・ロイス」の それ。



通常、1周の、いつもの お散歩コースを3周も しちゃうほど。



90年モデルからの「オートライド足回り」は、高速コーナーでは有効だけど、



街乗りじゃ、いらんね。



乗り心地最高!



おまけに、よけいな装備も少ないから、整備性バツグン=維持費も安い とくる。



これほど、優れたモデルなのに〜  例えば、1989年同年のメルセデスの「560SEL」



や「560SEC」「560SL」より遥かに安価だもの。



安価と言えど、新車時価格は、倍以上、まったく次元が違うのです。



ただ単に、株価といっしょで、買いたいと思う人が人が少ないから安価なだけ。



売ってる当社が言うのもなんですが、、不当に安価ですから、ご安心を。



ただのラッキー














孫の代まで乗れる ロールス入門車にして、



のちにコレクターズ・アイテムになるのは、確実、貴重な 89’スピリット。





「今だからこそ、あえて(探しに探して)、89’スピリット乗ってます」って



言い切ってください。 



海外セレブの方々の間でも、超極上ネオ・クラシックカーに乗るのが流行り始めてます



この動きは、金出せば どんな新車でも誰にも買える が、私は、見る目があるので、



こんな奇跡的な極上個体を見つけてきたぜ。センスいいだろ~  ということです。









まずは、お写真、怒涛の「140枚」! を ご参考に ご検討のほど。




あっと 



当社の販売車は、全車 ご試乗いただけますので、お気軽に!





「一時預かり人」募集!