本文へスキップ

RollsRoyce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

ROLLSROYCEHEADLINE

ROLLS・ROYCE

  MAKER ROLLSROYCE 
  MODEL


CORNICHE V



  YEAR 1991’
 EXTERIOR FERN (GRAY・Top)


ファーン・グリーン  (グレイ・トップ)
 INTERIOR SPRUCE・LEATHER



スプルース・レザー
  PRICE \ ASK 
  MILEAGE 116.442km
 



本国仕様 新車並行車  右ハンドル




V8 OHV 6.75L 3速コラムAT






全長:527cm
(実寸は、515cmほど)




全幅:186cm


全高:152cm


重量:2310kg


定員:4人






装備:



電動オープン、純正ホイール(アルミ)、パワステ、パワーウインド、エアコン、



パワーシート、純正「幌カバー」、他






純正オプション:




・ピクニックテーブル



・運転席・ドア内張り 鍵付きBOX



・フロント・スポイラー



・フロント・フォグライト



・トランク敷き「ムートン」



・「バッジ・バー」



・「可降式フライングレディ」








後付け:




・カロッテェリア「HDDインダッシュ・ナビ・地デジTV」



・「バックカメラ」連動



・「ETC車載器」












内外装ともに走行距離を感じさせない美車!



機関 当社にて完全整備渡し 極上車!



車検:2年付き渡し



 
  COMMENT





ロールス・ロイス 「コーニッシュV」











まずは、モデルの ご解説から、



「コーニッシュ」は、ロールス社のスタンダード・モデルではなく、傘下のコーチビル



ダー「マリーナ・パークウォード」(以後、MPWに略)製作のモデルである。



この手のコーチビルダー製作のモデルを「コーチビルド・モデル」と呼び「スタンダー



ド・モデル」=(ロールス自社製ボディ)とは分けて分類される。





ロールスロイスとベントレー(1931年に買収)の戦前モデルは全て「コーチビルド



モデル」であったが、



戦後(1946年〜)、ロールス社は、自社でもボディ製作を始める・・・



これが「スタンダード・モデル」である。



ただし、自社製といえど複雑なボディ製作までは、不可能で、近年まで「コーチビルダー」



に託すしかなかった。



1960年代までには、イギリスに200社以上存在していたコーチビルダーの頂点に立った



コーチビルダー、ひいては世界一と評されるコーチビルダーが「MPW」社である。



この会社の作るボディは、「工業製品」ではなく「伝統工芸品」である。







「コーニッシュ」の名は、



南フランスのモナコ近郊を走るコーニッシュと呼ばれる湾岸道路の名に由来する。



地中海を望むリビエラ海岸の断崖沿いを走る「コーニッシュ」ロードは、息を呑むほど



美しい。知らんけど、、



このロードを走るために存在する車が、「コーニッシュ」なのであるが、、それは、



あくまでイメージ、



重要なのは、そのコンセプト、、単に意味もなくドライブするだけで、至福のときを与



えてくれる車が「コーニッシュ」なのである。



だから、「コーニッシュ」に「使い道」を考えるなど ナンセンス。



使い道・などという次元とは関係ない「非日常」を楽しみための車なのだ。



極論をするなら、、、よしんば乗らなくても、所有している・というだけでも満足感を



与えてくれる、、それが、「コーニッシュ」、そんな車など そうあるもんじゃない。




「コーニッシュ」に低走行車が多いのも そのためだ。








「コーニッシュ」、その歴史は、




1967年に、4ドア・サルーンの「シルバー・シャドウ」をベースにMPWによって



コーチビルドされた「MPW・ドロップ・ヘッド・クーペ」に始まる。



その後、マイナーチェンジと共に、1971年「コーニッシュ」の名称となる。



コーニッシュのシャーシ・エンジンは、基本的に、その時代の4ドア・ショートボディ



がベースとなっているので、1967年から1976年までは、「シャドウ1」ベース



1978年から1980年が「シャドウ2」ベース、



1980年から1985年が、「シルバースピリット」の「キャブ」ベースである。



1981年までは、「コーニッシュ・クーペ」が存在したが、この年に生産中止となり



、以後、選択肢は、オープン・モデルのみとなる。






1986年には、「シルバースピリット」がキャブから「インジェクション」へ進化し



たのを きっかけに、室内のマイナーチェンジ(センターコンソールがダッシュに繋が



るなど)が行なわれ、「コーニッシュU」と名称を変える。(USは85’〜)






1990年:




足回りに自動車高調整機能「オートライド」が採用され、「スパー」は、「スパー2」に



進化するが、この時、「コーニッシュ」のみは、この「オートライド」をあえて採用しな



かった。 その理由は、唯一、クラシック・ロールスの風情を残す「コーニッシュ」という



モデルに最新の乗り心地は不似合いと判断したためである。



このあたりが、さすがの「ロールス」社、しかも公表(自慢)さえしなかった。



「V」で変わったのは、ウッドに象嵌細工が施されたのと、ホイールが「アルミ」になった



くらい と考えてよい。





1992年、幌のフル電動化



と4速ATへの進化で「コーニッシュW」と、その外観を殆ど変えることなく進化、



94年には、 やることなくなって、「オートライド」採用。



1995年に惜しまれつつ、全ての生産を終える。






当個体は、その中でも 僅か2年間しか生産されていない「シリーズV」






 生産台数は
、「451台」




 内、左ハンドルは、「380台」



当個体のような右ハンドルは、僅かに「71台」!





ほとんど アメリカに輸出され、イギリス本国でコーニッシュを見かけることは稀である。



しかし、この日本に もっとも多く生息する「コーニッシュ」は、シリーズVだと思われる



、、バブル絶頂期と ちょうど 重なっていたからだ。









因みに、コーニッシュというモデルは、1年でも年式が新しい方がエライ(価値がある)。



モデルによっては、古い年式のモデルが評価される場合もあるが、こと 「コーニッシュ」



に おいては、古いモデルが 再評価されることはなさそうだ。



それは、昔のままの「作り」を最後まで 貫き通りしていたから、、



シリーズ1以前のモデルが、シリーズ3.4より 評価が上がるなんてことは ない




とっ 思っていたが、、間違っていた、、




近年では、専門店の当社でさえ、手を出しずらい「アイアンバンパー・コーニッシュ」の



高騰が始まっている。



とはいえ、メカ的な信頼度は 低いから、投資 の意味であろう。



乗るのは、よほど手を入れた個体以外、お勧めできない。








91年当時のコーニッシュV、ディーラー新車本体価格4100万円プラス消費税の他、



5%の取得税、登録諸費用が更に別途、、、



しかもオーダーしてから1年以上待ち・という状況であったため、即納できる並行車の場合



、プレミアムが付き、更に高額で取引される場合も多かった。







さて、当個体は、






本国(UK)仕様を新車で輸入してきた(初年度登録90年12月)100%新車並行車、



右ハンドル。




近年、弊社で販売させていただいた「シーザー認定号」!




この段階で、もう「距離」は、関係なし、心配することはない。







コーニッシュには、日本仕様など存在しない(当時は、日本など相手にしていなかった)



ので、新車保証期間(3年)の切れた個体であれば、コンディション重視で選ぶべきである



で、当個体、走行:116.442km と走行距離こそ外国並みに走ってはいるが、コンディ



ションは素晴らしい。




じゃなきゃ 扱わないが、、。





この伝説の「V8エンジン」が、本領を発揮するのは、10万キロを超えてからであるが、



(正しい整備条件)、それを体感したことのある日本人は少なかろう、、




走行距離:5万キロくらいで、やっと慣らし運転が終わり、エンジンの回転が軽くなる、、



そして、10万キロを超えてくると、さらに軽さを増し、別人へと成長する。



これを低走行時に「エンジン調教」して、軽くすることもできるし、実践しているオーナー



様もいるが、意外と大変で、それが趣味 じゃなきゃできまい。



10万キロを超え、やっと、これぞ「ロールス製V8」となる



が、都合の良いことに、そうなると、距離のせいで、安価となる。




この個体は、本気でラッキー。










そして、当個体、なにより内外装のカラーが好い。



キャンパス地の幌素材も極めて珍しいが、




特に、外色「ファーン」が珍しくも美しいっ





イギリス人が好きそうなカラーであるが、、ロールス屋を32年ほど営んできて、この色の



コーニッシュを扱うのは、これで、まだ2台目、、因みに、そのコーニッシュも「シリーズ



V」の右ハンドルであった。(内装はタンだった)





前回入庫時の段階で、ありがちな塗装クラックを数箇所に発見、、気に入らないので、



全てペイント、結果、クラック(塗装ワレ)やキズは一つも無くなった。




それは、現在も変わることなし、塗装は、しっとり とした輝きを放つ、。



塗装はウレタン鏡面仕上げ・としたので、今後の管理も楽である。




この作業(塗装リペア)・・91年式までのモデルに使用されている「ラッカー」塗装では



どうしても、クラックが発生しやすいので、誰かが いつかは施工しなくてはならない。



これは、その時の「一時預かり人」の使命なり。





どちらにしても、後世に「正しく」工芸品を残すには必要な作業である。



手前みそだが、うちで、ロールス塗装させたら、日本一うまい。







余談ながら、日本の御料車の「コーニッシュ」も当個体と同じ、1991年シリアルを持つ



右ハンドルの「コーニッシュ3」である。



1990年11月12日、即位の礼 祝賀御列(パレード)と



1993年6月9日の皇太子様と雅子様のロイヤルウェディングのパレードで使用された。



あの個体は、1991年、外色:ブラック、内色:マグノリア、幌色:知らない(オープン



時にしか見たことがないので)、右ハンドル、ヘッドレスト無し、ドアに菊の御紋が張られ



ている。



ロールス・ファンでなくとも誰しもが憧れる「コーニッシュ」、、





まずは、怒涛の写真「141枚」と共に、「外装」「内装」「機関」とに分けて更に詳しく↓












   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   




外装、「ファーン・グリーン」





「ファーン」とは、植物の「シダ」のことであるが、、文章では、なんとも表現のしずらい



カラーである。



淡〜いグリーン・メタリックには違いないが、何色に似ているとは言えない。



私も大好きな お勧めカラーで、ぜひ、実車を見ていただきたい。



メタリックの粒子は、かなり細かいので、ギラついた塗装ではなく、実に お上品。









幌は「グレイ」のキャンパス地(ロールス社的にはクロス)、、珍しいだけではなく、



雰囲気も非常に重厚で、高級感もある。




「コーニッシュ」における最注意ポイント:「幌のコンディション」も申し分ない。



リアスクリーンの透明度も宜しいが、惜しいかな、スクリーン右側に白い3cmくらいの



謎の線が入っている、キズではない、やぶれてもいないが、ある(写真でも見える)



実用度には関係ないが、ここまでキレイな個体となると、惜しい。







ほとんどの場合 残されていない「コノリー」レザーで作られた純正「幌カバー」も残さ



れている。




1960年代から変わらない造作(細かいディテールは年式で異なるが)で、、クラシカル



な「コーニッシュ」にはベストな素材と作り込みである。



幌を開閉するモーターは、トランク内右隅に隠されているが、、このモーター、、



えらく頑丈で、ごくたまに、専用オイル(クラバスオイル)を補充する必要はあるものの、



モーター自体を交換したなど記憶にない。




パルテノンに鎮座するフライングビーナス(正式名称:スピリット・オブ・エクスタシー)



は、手動可降式で、横や前後に倒すと、するりと下に落ちる。



これは、ヨーロッパの安全基準に基づいて・のことだが、いたずら防止などにも役立つ。




ある地方のお客様が おっしゃっていたが、




「うちの街じゃ、フライングレディを下に隠しておくと、なんの車か分からない」





純正オプションで




・フロント・スポイラー



・「バッジ・バー」



・Fフォグランプ



・ボディサイドの2本の「コーチライン」



 イエローゴールドみたない色





正解である。






   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   




内装は、「スプルース」レザー。




スプルースは針葉樹林の葉の色(松など)のこと、、ただの「グリーン」としないところが



ロールス社らしい。



外色に最もベストマッチしているカラーだ。



もっとも、このセンスは日本人にはないような気がする、、




本国仕様なだけあって、英国貴族のオーダーか、、









当個体、無論、オリジナル・コノリー!




前回入庫時、僅かにあったスレあとなどは、スーパー復刻職人にリペアしてもらった。



で、未だに。ご覧のとおり、元のコノリーの艶や質感も そのままに スレ後なども



ほとんど存在しない。






コノリー社製・最上級品レザーを十数頭分使用して張られている。



コノリー社の最上級「10%トップレザー」は、ロールス社にしか納品されない。



ウッドも最上級・・コブ目が細かい「バーウォールナット」=樹齢80年以上ものの胡桃の



木の根っこをスライスしたものを合板に貼り付け 磨く、、1990年モデルより、ウッド



の縁には、象嵌細工が施される、全て職人仕事、これがキレイなのも、コーニッシュV人気



理由の一つ、、ぐっと豪華になった。




オリジナル「ウッド」には、よく見れば、僅かなクラックが数か所にあるにはあるが、



このレベルは、「時代があってる」というやつで、逆に、風情がいいね~ が正しい。






室内純正オプション:




・右・ドア内張りに「鍵付きスライドBOX」



・「ピクニック・テーブル」表面「コノリー張り」




この2つ、実用度は??だが、



私なんぞは、あると異常なまでに、嬉しいっ。




トランク内も当時物・純正オプションの「ムートン」が敷かれているが、このオプション



を選択した個体は、ほぼ観たことがない。



これも惜しいかな、左上部に白いシミがある、バッテリー液でもこぼしたかな?



まっ「工具」でも置いて隠しましょ。 このムートンは残しておくべき品。







後付けで



・「カロッテェリア」の「HDDインダッシュ・ナビ・地デジTV」



・「バックカメラ」連動(バックギア時)



・ ドラレコもついてる っぽいが、古いものなので、なし ということで。




今どき、ナビは、「スマホ」で だろうが、「地デジTV」と「バックカメラ」、



CD何枚分も記憶できるハードディスクは、超~有益!










   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   



V8 OHV 6747cc 総アルミ合金製エンジン





ついに生産中止となってしまった、伝説のアルミ合金製ハンドビルド・エンジンである



が、このエンジンの屈強さは、専門店として永年の歴史を持つ当社が一番よく知っいる。



もっとも得意なエンジン、機関系である。



100万マイル耐久と言われる、このエンジンの過剰な耐久性からすれば、当個体の走行距離



など、どうてことなし。




当個体、走行距離が伸びているせいで、価格は安いが、どこかが悪いわけでない、、



もち、機関系も問題ない。



本来、ロールスに走行距離を気にする必要はない。



例えば、「クラウド」=65年以前モデルでは、完全に走行距離は関係なくなり、今時点の



コンディションで評価され、価格が決まり、取引される。




何十万キロも走行している個体が大半であるが、、それを気にしている方はいない



反対に走行距離が、いくら少なくても、ダメな個体は、評価されない。








シトロエンの特許を一部に使用する油圧ブレーキとリアサス、、



ブレーキオイル・タンクは2つあり、一つが故障しても片方で75%のブレーキ性能を残す、



更に、ブレーキ・ホースは4輪全てに2本づつ配置、



一つのホースが仮に切れたとしてもブレーキが効くという懲りよう。



航空機のような発想と金の掛けようである。




正しい保守管理と正しい点検整備を怠らなければ、孫の代まで軽く乗れる。



もち、その間の維持費が高額過ぎるのでは悲しい、、



当社は、「販売店」であるから、整備部門においては、如何に、お客様に安く維持して



いただくか・が勝負、、腕の見せ所と心得る。




そのための日々の努力は惜しまない、、海外から如何にパーツを安く輸入するか、、



安価に代用できるパーツはないか、、オーバーホールできるものは新品交換する必要なし、



などなど試行錯誤を20年以上続けて現在進行形だ、、その進化は、、例えば、昨年の当社



のレベルではない。



とは言え、天下のロールスのパーツは、本当に良い(高い)素材、もしくはハンドメイドで



手間の掛かっているものなど・なので、決して国産車級に安価というわけにはいかない。



維持費=金の掛かり具合には、同じ金額でも心情的、金銭感覚的に個人差がでるのは必然。





「維持費の覚悟」として



1km当たり:100円



1000km当たり:10万円



3000kmで、30万円、5000kmで50万円




くらいの消耗品交換費用(=修理用貯金)を覚悟できない=高額と思われる方は最初から



ロールスに乗らないほうが賢明であろう。




例えば、



車検で、あちこち整備、消耗品パーツを交換して30万円・と聞いて「ひぇー高いっ」と



思うようなら、もう確実に止めておいた方が好い。




因みに、



ロールス、、特にコーニッシュ・クラスの重要文化財ともなると、正しく後世に残す必要が


ある、、所有者は、その車の永い寿命から考えれば「一時預かり人」でしかない、、



その任を所有している期間 遂行出来る人物こそがオーナーに相応しい。






当個体、機関系にも、正しい整備が施されていて絶好調であるが、そこは、こだわりの当社



納車整備時には再度、240項目のチェックシートに基づき点検、整備を施し、私自身が納得



した上で、ご納車させて頂く。







世界に「71台」の 右ハンドル「シリーズV」




国内に住む「コーニッシュ」の右ハンドルは、10台に1台




右ハンドルを お探しの方にはとっては、貴重な1台である。







「一時預かり人」募集中〜!