本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

CAESAR COLLECTIONSHEADLINE

LANDROVER

  MAKER LANDROVER 
  MODEL







DEFENDER-110 Td5



Double Cab Pickup



「BLACK」




  YEAR 2002’
  EXTERIOR BLACK



(ジャバ・ブラック)
  INTERIOR BLACK-LEATHER
 

(ブラック・レザー)
  PRICE \ ask 
  MILEAGE 106.977km
  AMMENITIES



「ダブルキャブ・ピックアップ」



 
50台限定車「BLACK」





ディーラー車 右ハンドル





 

水冷直列5気筒 SOHC 2493cc  



「Td5」ターボ・ディーゼル エンジン




5速フロアMT 






馬力: 122馬力 /4200rpm




トルク:30.6kgm /1950rpm









全長:449cm!



全幅:178cm



全高:201cm





車輌重量:2040kg



定員:5名




装備




パワステ、Fパワーウインド、エアコン、Fシートヒーター、





「BLACK」限定車装備:





*「ダブルキャブ・ピックアップ」



*「ブラック」ボディ&ブラックグリル



*「ロール・ケージバー」



*「アルミチャッカープレート」



*「サイド・ストリップ」



*「サイド・プロテクションバー」



*「リアステップ・バンパー」



*「キャンパス・カーゴカバー」






*「ブラック」レザーの「ホワイト」ステッチ(通常はハーフレザー)



*「アルミ・シフト・スティック」



* 本革ステアリング



*「クロームベゼル・メーター」






後付け装備:





*「ヘッドライト・ガード」



* リア・牽引フック


  (キャンピングトレーラー:ブレーキ有り:1990Kgまで
   
               ブレーキ無し: 750Kgまで



*「ドナルドソン」シュノーケル



*16インチ「ホワイト・アルミ・ホイール」



* 235/80 タイヤ






*「カロッツェリア」CDオーディオ



*「カロッツェリア」スピーカー




*「ETC車載器」




内外装機関共に超極上車!







車検:1年付き渡し(1ナンバー・貨物・NOx・PM対策地以外限定)










 
  COMMENT





世界「150台」




内、国内「50台」限定車




「BLACK」






2002年9月~2003年7月の間に国内「50台限定」で発売されたモデル名



「ブラック」である。



内装は、↑前述「専用豪華装備」の通り「ダブルキャブ・ピックアップ」




で内外装ともに「ブラック」。



ベースは、「110 Td5」である。






名車「ディフェンダー」は、2015年、その生産に幕を降ろす。




さて、当個体解説の前に、、いつものように歴史から入ろう。



名車は、1日にして成らず 、その歴史を理解した上で乗るのが基本だ。




「ランドローバー」という車は、「ローバー社」が1948年に世に送り出し



た四輪駆動車であるが、その背景から、、






大戦末期、1944年6月、歴史に残る作戦が開始される。



そう、それは、「ノルマンディ上陸作戦」



歴史上でも最大規模、200万人の連合軍が英国からドーバー海峡を渡り、



ドイツ軍占領下、フランスのノルマンディ海外に上陸するという作戦で



ある。



この作戦により、アメリカから大量の「ジープ」が英国に持ち込まれた。



この「ジープ」の利便性に影響された英国自動車メーカーが「オースチン



」と「ローバー」だった。




「オースチン」は、「チャンプ」という4WDを作り、



「ローバー」が作った4WDが、「ランドローバー」だったのだ。




1948年 ランドローバー「シリーズ1」が販売される。




このとき作った最初のプロトタイプに付けられたナンバープレートが、



「HUE166」。 




それで、英国人は、このモデルを愛称で「ヒューイ」と呼ぶ。



スティールのラダーフレーム(ハシゴ型)に「アルミ」ボディ。



後に、軍用などでも各国で採用されることになるが、当モデルは、本来



戦後 荒れ果てた土地で困っていた 主に農民のために作られたモデルで



ある。



だから、頑丈で安価でなければならなかった。



当時は、鉄よりアルミの方が安価(航空機用が余っていたから)で、ラッ



キーなことに ローバー社には、戦時中 航空機を作っていた「ソリハル工



場」が焼けずに残っていた。




この工場であれば、アルミ工作は お手の物、航空機と同じように、アル



ミをリベット留めする方法で車を作ることになる。



必然の中で生まれ、見てくれなど気にしている時代ではなかったが、この



面白いほどに無骨なボディは世界中で絶賛され、実に67年という長きに



渡り生産されることになる。




この製作工程は、同じ「ソリハル工場」にて、67年後の最終モデルまで


引き継がれる。










「ランドローバー」は、初期の段階で英国「ジョージ6世」により、英国王



室ご用達許可証「ロイヤルワランティ」を得、その後、「女王陛下」



「皇太后」「エディンバラ公」「チャールズ皇太子」と王家4家の「ワラン



ティ」を獲得(皇太后亡き後3つに)するが、これは自動車メーカーでは



唯一の快挙である。



英国ロイヤルファミリーの中で、ロールスロイスはご所有でない方はおら



れても、ランドローバーを所有していない方はいない。






1948年〜 「シリーズ1」



1958年〜 「シリーズ2」



1971年〜 「シリーズ3」



1983年〜 「90」ナインティ、「110」ワンテンに改名



1990年〜 「ディフェンダー」に改名





*「90」インチ、「110」インチと、それぞれホイールベースの長さを表す。


  
 他 商業車用に「130」もある。





「ランドローバー」の経営母体は、ころころ変わった。





近年では「BMW」傘下になったり、その後は「FORD」、そして、



2008年からは、インドの「タタ・モータース」傘下、今は知らんけど、




お蔭で積まれる「エンジン」も ころころ変わった。




1998年〜  Td5 2.5L 直5ディーゼル・ターボ



2007年〜  英国FORD製  2.4L 直4ディーゼル・ターボ      



2012年〜  英国FORD&PSA共同開発 2.2L直4 ディーゼル・ターボ





今回は、「Td5」時代のモデル





限定車「ブラック」




英国「100台」



日本「50台」の限定車




「ダブルキャブ・ピックアップ」モデルを、前述のスペシャル装備で武装



する。




この時代、国内には、「ランドローバー・ジャパン」の正規ディーラー物



で、「110」が売られていた。




この限定車は、2002年9月~2003年7月の間に販売される。




当個体は、2002年2月 登録であるから、2003年モデルとして販売かも



だが、VIN10桁目が、「2」なので、2002年製造モデル。




さて、このまま 当個体のお話に入ろう。







ディーラー車 3オーナー 




走行:106.977km 




ディフェンダーとしては、ありふれた走行距離であるが、整備は、ばっち



り施されている。




コンディションは、下記写真をご覧いただければ、一目瞭然、◎!



こんなコンディションの「ブラック」を、もう数年前から探していた。



あるもんじゃない。



やっと、見つけた。



下廻り(写真参)を診ても、オフロードを走った形跡さえ見受けられない









外装:「ジャバ・ブラック」





ソリッドの黒




当社入庫後、気になる箇所は、すでに、リペア済み。で、ビカビカっ!





この「ダブルキャブピックアップ」というモデルは、粋な趣味人専用モデ



ルである。




このカタチが、たまらない。



なんて、お洒落なんだ、、。



110は、ロング というイメージは、間違い。




全長は、わずかに、「449cm」



高さが、「201cm」もあるので、大きく見えるが、ロールス屋のうちか



ら観れば、超小型車だ。





外装は、「ブラック」専用装備(前述のとおり)で武装され、あとから



装着した「ライト・ガード」や、ホワイト「アルミ・ホイール」、



「ドナルドソン」社シュノーケルも正解。






内装も 「ブラック」レザー




「ホワイト・ステッチ」が、効いてる。



内装も バツグンにキレイ!



よほど、大切にされてきたのが分かる。



これ以上は、望めまい。





当時のディーラー物「110」は、「SE」と「S」の2種があり、



「SE」が豪華版モデル






違いは、「SE」が、




・「16インチ・アルミ」 「S」は、ガンテツ



・「サイド・プロテクションバー」 「S」はなし



・「レザー・ステアリング」



・「レザー・シフトノブ」  「S」は共に合皮



・Fシートヒター      「S」はなし



・「ハーフ・レザー・シート」「S」は、布




てな違いだか、「ブラック」は、「SE」プラスの豪華仕様!



「ケージ・ロールバー」、「アルミ・チェッカープレート」各所、



「サイド・ストリップ」、「リアステップ・バンパー」、「アルミ・シフ



ト」「クロームベゼル」などなど




何より、標準モデルにはオプションにさえない「総本革シート」を持つ。







「フルタイム4WD」 センターデフ付



5速マニュアル



前後「コイルスプリング」



F:「ベンチレーテッド・ディスク」ブレーキ


R:「ソリッド・ディスク」ブレーキ



「ABS」に「4輪電子制御トラクション・コントロール」




最大・登坂角: 45度



渡河水深限界: 50cm





毎年のごとき起こる災害、、登坂角と渡河水深限界は、大事だ。




これからは、一家に一台、命を守るためのクルマが必要。














走ってみた:




ディフェンダーのお約束:スターターキーを差しこむ位置は、



ステアリング「左」にある。



これは、右手に「銃」を持って運転できるように、だ。





ブロロロン 聞き覚えのあるディーゼン音だ。



5速MT


トルクは十分、



2速発進も楽勝、



クセはないし、クラッチも重くないので、女子でも楽勝。




横長配置の大型「クーラー」の下には、カロの大型「スピーカー」



快適っ!




走り出せば、これぞ「ディフェンダー」! 妙に落ち着く。



バカッ速いわけじゃないし、鋭い加速を見せるわけでもない、、



このクルマは、「歴史に乗る」のだ。




いつもの木陰で一休み。



そして、狂ったように 写真を撮る。



絵になる、、実に 絵になるクルマだ。



ボディは、ベコベコ、リベットのあとだらけ、、こうじゃなきゃ。



しばらく眺めていると、無性に 惜しくなった。



このクルマの歴史が終わってしまったのが、、。






2016年 1月29日




「ディフェンダー」最後の1台が「ソリハル工場」で完成した。




限定の「ディフェンダー90ヘリテイジ」



その姿を一目見ようと、スタッフ、OB、総勢700名が終結。




最後の1台のデリバリーを祝福した。



その個体は、



最初の1台 「シリーズ1」と同じソフト・トップで同じカラー、、



そして、



ナンバーは、、「H166HUE」




そう、、最初の1台のナンバー「HUE166」のオマージュ。




これにて、67年の歴史は終る。










それでは、お写真、怒涛の「131枚」を ご参考に↓





注)




当個体は、「Nox・PM法」に適合しておりませんので、



「埼玉県」「千葉県」「東京都」「神奈川県」「愛知県」「三重県」



「大阪府」「兵庫県」1都、1府、6県の多くの地域では登録できません。




詳細「地域」は、最終ページに資料添付しております。









*最終章に「白洲次郎」登場





   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

さて、余談コーナー!




日本で最初に「ランドローバー」を乗った人物は「白洲 次郎」だと思われる。



1951年〜1959年の間、初代「東北電力」会長をしていた際、過酷な道路を走破する



必要のあるダム視察用にと「ランドローバー」「シリーズ1」を英国から輸入している



(当時正規輸入はなし)。



「ジープ」ではなく「ランドローバー」とは、いかにも英国好きの次郎の選択である。




次郎は、最終200台の「ランドローバー」を東北電力で購入した:と



ネット情報でされている(私には信憑性が謎なので、関係者の皆様ご教授ください)。



この次郎の選択が、後に ある国産自動車メーカーの運命を変えることになる。



東北電力は、この「ランドローバー」=四輪駆動車の利便性、必要を使用する中で



痛感していく。



そして、1970年、付き合いのあった「宮城スバル」に依頼する、、



こんなクルマはできないか? 



「ジープより快適で通年使用可能な現場巡回用車輌」



一説によれば、各ディーラーに声を掛けたものの 手を上げたのが1社だけだったと。




この1ディーラーのメカニックたちが四輪駆動車に挑む。




日産ブルーバードのパーツを リア・アクセルに使い、、工夫の末



1971年2月には試作車完成、走行テストで自信をつけた上で、本社富士重工に製作



を移管する。




1971年 秋 第18回「東京モーターショー」




冨士重工のブースには、2台の「バン」が展示されていた。



1台は、通常の「1300バン」



もう1台は、完成した「1300バン・4WD」であった。



だが、2台の違いは、僅か2cmの車高の違いにすぎない。



客が気がつかず、急遽ボディサイドに「四輪自動車」とデカデカと書くはめに。



このモデルは、反響を呼ぶ。




このモデルは、結局8台しか生産されていない(東北電力へ5台、他3台、現存する



のは1台だけ)。なぜなら、この翌年



新型モデルの発表が決まっていたから、、それが、



スバル「レオーネ」1400・エステートバン4WDである。



こうして、「四駆のスバル」は、世界へ羽ばたく一流メーカーへと成長していく。



実際、スバルの技術は、国内ピカ一だと思う。







そうして余談は、更に 続く:




国内最初の「4WD」モデルは、戦前、1936年に発表された「くろがね四起」である



が、その後、4WDの開発は海外に遅れをとることになる。



前述のスバル4WDより先に4WDを完成させたメーカーがあった。



1967年 ホープ社の「ホープスター4WD」である。



このクルマは、まったく売れなかった、、時代が早すぎたか、




だが、この「ホープスター4WD」の製造権利を買った人物がいた。



「鈴木 修」 そう、「スズキ」自動車の社長である。



無論、社内は大反対、、失敗したクルマの権利など買ってどうする、




このクルマは、改良され、1970年に新型モデルとして発表される。




その車こそ、初代:スズキ「ジムニー」。




結末は、皆様ご存知のとおり、私は「ジムニー」があるから「スズキ」が好きなくらい




無論、「ジムニー」では東北電力の「依頼」に答えられないから、




「スバル4WD」は、必要なモデルだったわけだ。




国内2メーカーの代表作は、「ランドローバー」と「ジープ」の多大な影響を受けて



完成していくという歴史、、






やっぱり、クルマは、「歴史に乗る」ものだ。