本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

CAESAR COLLECTIONSHEADLINE

M.BENZ

  MAKER M.BENZ 
  MODEL BRABUS 「G・B-11」(G500L)
  YEAR 2003’
  EXTERIOR ARMY・GREEN



(アーミー・グリーン)
  INTERIOR BEIGE & BLACK- COMBI-Leather
 

(ベージュ & ブラック・コンビレザー)
  PRICE \ ASK
  MILEAGE 81.988km
  AMMENITIES


本国仕様 新車並行 (エリート・スポーツ物) 左ハンドル







水冷V型 8気筒 SOHC 24V  4965cc  5速フロアAT 



馬力 : 330ps /5800rpm (ノーマルは、295ps/5500rpm)



トルク:48.0kgm (ノーマルは、46.5kgm)






全長:449cm


全幅:181cm


全高:197cm




重量:2410kg

.
定員:7人




*装備:



パワステ、パワーウインド、オートエアコン、Fパワーシート、デフロック、



電動サンルーフ、本革シート、Wエアバック、ABS、ESP、ウッド・コンビ・ステアリ



ング、他フル標準装備。





「BRABUS」コンプリート





・「B-11」チューニング(ハイカム、強化バルブスプリング、メタルキャタライザー含)



・「B-11」エンジン・カバー(レッド)



・「BRABUS」ディスクブレーキ(イエロー)









「エクステリア」




・「BRABUS」フル・エアロ



・「BRABUS」ルーフスポイラー



・「BRABUS」モノグラム・19インチ・アルミホイール



・「BRABUS」スポーツ・エグゾースト(サイド2本出し)



・「BRABUS」グリル



・「BRABUS」エンブレム各所





「インテリア」




・「BRABUS」フロント「レカロ・シート」(ブラバスにて コンビレザー張り)



・「BRABUS」リア・シート&ドア内張り(ブラバスにて コンビレザー張り)



・「BRABUS」エントランス・プレート



・「BRABUS」リアゲート・エンブレム



・「BRABUS」ペダル



・「BRABUS」シフトレバー



・「BRABUS」サイドブレーキ



・「BRABUS」「280kmスピードメーター」



・「BRABUS」「ETC車載器」



・「BRABUS」エンブレム各所






「国内にて」




・元色「オプシディアンブラック」から「アーミーグリーン」に全バラシの上


 
 オールペイント(元色なし)




・「G63」ワイドフェンダーに(弊社にて)



・「カロ」HDDサイバーナビ(古いと思う)



・「パイオニア」「TS-WX99A」(カロッツェリア・サブウーハー・500W)



・ タイヤ新品(4本)交換済み(ピレリー・スコーピオン・275/55)







 





*外装:弊社 塗装ファクトリーにて仕上げ済み!バリビカッ



*内装:入庫時からキレイながらクリーニング済み!バリビカッ



*機関:ご納車は無料にて、ご安心を





稀に見る超極上車!







車検:2年付き渡し


 
  COMMENT





ブラバス・コンプリート




「G・B-11」








1998年8月から2004年8月まで生産されたタイプの「W463」「G500L」ベース




「ブラバス」コンプリート、「エリートスポーツ」で新車販売した「本物GB-11」!




「エリートスポーツ」さんは、弊社からも近い「BRABUS正規販売元」




が、当個体を販売した2003年時は、まだ「正規」にはなっていなかった。




当時は、「三井物産」と「エリート」の2社がメインで「BRABUS」が輸入・販売



されていた。



2003年ごろには「三井物産」で100台、「エリート」で120台ほどの台数が輸入された




そうで、結果、販売力のある「エリートスポーツ」さんが、「正規」を勝ち取る。




だから、当個体も「正規物」みたいなもの。





「GB-11」の特徴は、前述の(赤字記載)の通り。





「外装」「内装」「機関」ともに、「ブラバス」の手が入っている。




「BRABUS」社は、1977年創業のドイツのチューナー。




「AMG」のように、ダイムラー傘下にはならず、独自路線を歩んできた。




専門は、「メルセデス」で、従業員350人ほどの規模ながら、外装塗装から内装レザー



張り、機関系チューニングまで、全てを自社ファクトリーでおこなう。



広大な敷地内には、テストコースまであり、一般の自動車メーカーとかわりない。




ドイツ本国での人気は、チューニングメーカーの中でも、ダントツで、



「8年連続・ベストチューニングメーカー」(エリートスポーツさんHPより)











「外装」は、ぐるりと「ブラバス・エアロ」で武装。




このエアロ、よく観ていただきたい、実に芸が細かい造作、、



ホイールもマフラー(サイド2本出し)もブレーキも「ブラバス」



リア・ワイパーにまで「BRABUS」ロゴ。








「内装」は、



当個体の場合



フロントシートは、オプションの左右「レカロ・シート」!




これをブラバスでレザー張り、リア・シートもドア内張りもブラバスで 張り。



小粋なコンビレザー。



各シート(5席)、全てに「ブラバス」マークが型押しされている。



シフトレザー、サイドブレーキ、灰皿、ペダル、ETC車載器に至るまで、



どこもかしこも「BRABUS」ロゴ、。






「機関」




「B-11」チューニング:




ざっくり、ご説明すると、



ハイカムシャフトに交換することにより拡大したバルブスプリング荷重を、強化バルブ



スプリングで対応し、メタルキャライザーにより、排気効率を高めたチューニング。



ノーマルの「295馬力」から「300馬力」へ、



トルクも、「46.5kgm」から「48.0kgm」に、パワーUP!




っても、何より、カッコいいのは、「エンジン・ルーム」内の風景。



レッド「BRABUS」の文字が なんとも盛り上がる。



この「B-11」チューニングは、同じ「V8」の「5.0L」エンジンを積む




「SL500」「E500」「CL500」「S500」にも存在する。



「チューニング・エンジン」とはいえ、



無理をしてないので、ただ、乗りやすくなっただけだ。













さて、当個体の お話:






「エリート・スポーツ」販売、新車並行・左ハンドル





走行距離:81.988km!




楽しくて、テスト試乗という名目で、乗っちゃうから、82.000kmにはなると思わ



れる。





最初にお伝えしておきますが、当然ながら、「この色」が気に入って仕入れてます。




いくら「ブラバス・コンプリート」君とはいえ、色が「黒」だ、「白」だ、「銀」だ、




じゃ興味ありません。(コンディション◎は、全ての取り扱い車に共通)








で、まずは、「外装」:




前述のとおり、元色「オプシディアンブラック」から、「アーミーグリーン」に




オールペイントされている。




元色が どこにも残らない全バラシのオールペイントで、これは相当な費用を要す。




塗装職人さんの「腕」も一流で、メルセデス純正塗装に勝るとも劣らない。




とはいえ、入庫時、さすがに、あちこちに、飛び石後、スリキズ、コキズが、、




で、弊社塗装ファクトリーで大掛かりな仕上げ(塗装)を施しました。




費用掛かりましたよ〜、、で、バリッ の、ビカッ!




更に〜、個人的な趣味も含めて、フェンダースポイラー(4か所)を「G63」の




「ワイド・フェンダー」に取り換え(塗装含め)!




で、全幅は、「181cm」から「G63」と同じく「186cm」に。




*「車検証上」もサイズ変更します。





この軍系グリーンカラーは、近年の「BRABUS」自身も純正で使い始めている。



他チューナーでも採用しているメーカーが増えている。



無骨な「G」に似合うもの。







タイヤも入庫後、4本とも新品交換済み!(ピレリー・スコーピオン・275.55.19)




19インチ「BRABUS」アルミホイールは、当時物じゃなくて、後から装着したもの。






まあ なんて かっこいい!




大正解のボランティア活動(お値段据え置き)となりました。




眺めているだけでも飽きませんな。








「G500ロング」ベース





「G」ショートに比べれば、45cmも長いが、それでも、全長:449cm は、短い。




高さが、197cmもあるので、一見 巨大に、、更に、「18インチ」から「19インチ」




ホイールにサイズUPしてるし、ワイドフェンダーも加わり、見た目の巨大さUP”。




それでも、全長は、あくまで、「449cm」、小型車に変わりなし。










「内装」は、





ブラバス・オリジナルのまま「コンビレザー」!




洒落まくってます! まくってます。




フロントの最上級「レカロ・シート」は、高額なブラバス・オプション!




入庫時からキレイだったもののクリーニングし、更にキレイに。




この「ベージュ&ブラック」のコンビカラーが、たまりません。




シート全5席にBマーク刻印、自慢。




ステアリング中央のメルセデスマークがいらない なにせ そこ以外、ブラバスマーク




「丸B」マーク、探してみよう っと。







シートの座り心地を語るのは、「レカロ」師匠に失礼ってもん、、




恐れ多くも「レカロ」師匠は、1906年創業というロールス級に古い歴史と格式を持つ。



1963年までは、ボディ製作(コーチビルダー)も行っており、「フェルディナント・



ポルシェ」博士から依頼され、「ポルシェ356」の最初の1号車を製作したのは有名な



お話。



63年以降は、「シート専門」、世界一のエキスパート。



人間工学に基づき設計された 文句なしの乗り心地。



ベンツ・シートも敵いません。






後付けで、「サイバーナビ」、まだ使える。




リアゲートは、折り畳みシート、「7人乗り」。




「パイオニア・サブウーハー TS-WX99A 500W」



大音量で パリピごっこ もできる。




うむ、天井内張りもキレイ。






「機関系」:





前述「B−11」エンジン




エンジンフードを開けたときの 盛り上がりは、なかなか、、




このくらいエンジンルームがキレイじゃないとテンションダウン。





「G500」日本語取説もあるし、




「記録簿」も、全「11枚」残り




最後は、2018年10月: 77.481km 時




現在、81.988km





よく整備されて様子は「記録簿」をみても伺え、絶好調だが、、



うちのメカが診れば、まだまだ やるべし事があるに違いない。











さあて、走りだそう:





セル一発、厳ついサイドマフラーで、野太い低音を奏でるが、五月蠅くはない。




ロード用の「ピレリー・スコーピオン」タイヤだから、乗り心地もソフト。




まっ 装甲車であることには変わりないが、、目線が高いので、乗りやすい。




サスは、4本とも「コニー」に交換されているが、これが「ブラバス純正」なのかは



知らない。ノーマルモデルより、車高が少し低い。ノーマルより、ソフト。




鉄板「V8」エンジンに「ブラバス・チューン」で、レスポンスUP!




十分過ぎる速さとトルク。




このモデルは、本気でオフロードを走らせるのじゃなく、街乗りが主戦場。




とて、デフロックまでついた本格フルタイム四駆、万が一の災害時など、大いに




役立つだろう。 この安心感は、保険&お守り みたいなもの。







「メルセデス」の良心を現在に 唯一受け継ぐモデル、それが「Gクラス」。




更に、「メルセデス・ベスト・チューナー」良心の塊「ブラバス」コンプリート物。





鬼に金棒コラボ!






お次のコラボ先 求む!






因みに、




ご想像のとおり、「BRABUS」のパーツは高額、ノーマル「G」を、当個体と同じ



「仕様」にすることも可能だが、その場合、当個体の現在販売価格を大きく上回る。











まずは、お写真、怒涛の「139枚」を ご参考に↓