本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

CAESAR COLLECTIONSHEADLINE

FIAT

  MAKER FIAT 
  MODEL MULTIPLA-ELX 
  YEAR 2004
  EXTERIOR NERO-SETA-Met

(ブラック・シルク・メタリック))
  INTERIOR BLUE-FABLIC 

(ブルー/ファブリック)
  PRICE \ ASK 
  MILEAGE 104.611km
  AMMENITIES


ヨーロッパ仕様・並行車 04年モデル(国内登録 05年) 左ハンドル   




直列4気筒 DOHC 16V 1596cc




5速MT




馬力: 103ps /5750rpm



トルク:14.8kgm /4000rpm





全長:399cm


全幅:187cm


全高:167cm


重量:1350kg


定員:6人



*装備:




Wエアバック、サイドエアバック、チルトハンドル、PS、F:PW、エアコン、


EBD付ABS、FPS火災防止装置、マルチファンクションデスプレイ、リモコン・キー、            




・CDプレーヤー


・ETC車載器




*社外アルミホイール



*「ノーマル・ホイール」4本あり




他フル装備






内外装機関共に走行距離を感じさせない極上車!




車検: 2023年 4月24日まで

 
  COMMENT


FIAT 「ムルティプラ・ELX」








2003年4月からと2004年11月までの1年半しか正規輸入されなかった貴重



「へんな顔・ムルティプラ」!





「ムルティプラ」とは、イタリア語で「増える」の意、、。



初代「ムルティプラ」は、1956年に(コンパクトな「FIAT600」をベースに)



登場する。



超小型バスの様相の丸っこい4ドア・・かわいらしい、このムルティプラは、その予想



以上の実用度も手伝い、イタリアで大ヒットし、60年の後半まで生産された。




その後、「ムルティプラ」の名とコンセプトを復活させたモデルが、



1998年に登場する。当「ムルティプラ」の初期型である。



日本への正規輸入は、、後期型モデル(カラードバンパーに装備充実)になってから、



、2003年4月からのことである。



しかし、



翌年、2004年の11月には、フェイスリフトされた新型ムルティプラに変更、まったく



普通の顔になってしまい、個性をなくしてしまった。





そんなわけで、国内に、当「へんな顔」ムルティプラが輸入されて期間は、僅かに 1



年と8ケ月のみ、並行輸入された個体が数十台あるが、、



当個体は、そんな並行輸入で持ち込まれた1台。




(と、思っていたが、ディーラーさんが、輸入した個体かもしれない)






フィアットが久しぶりに やってくれた、と思いきや・僅かな期間しか輸入されず、



残念。




おそらくは、その容姿に賛否両論が あり過ぎたのだと思われる。



しかし、もう新車が手に入らないとなると、不思議なもので、生産中止後、評価が高ま


った。



私自身も、そのくちで、当時は、興味がなかったのだが、、、ある日、当社顧客のロー



ルス・ロイス・オーナーがムルティプラに乗って遊びに来た、、、聞けば、日常の足に



は、このムルティプラを愛用しているという、、そして誉めちぎって帰っていかれた、



、で、1台,試しに仕入れて、乗ってみた、、、



なるほど、思わず唸ってしまった。




エンジンは、1.6リッターながら、その排気量が信じられないほど軽快な走りで、おそ



らく乗ったもの全員が びっくりするであろう。



驚くほど軽く回るエンジンで、正直「速い」と感じた。



足回りのセッティングも、このクラスとしては、特筆もので、コーナリング時に、その



良さが体感できるはず、、。




燃費重視のヨーロッパでは当たり前のマニュアルミッション仕様しかない(燃費がいい



って事)ってのも、いかにもイタ車っぽい。



ショートストロークで、小気味よく入るシフトは、扱いやすく、運転すること自体が



楽しくなる。



高速走行も試してみたが、まず、乗り心地が好い、、硬すぎず、柔らかすぎず・のベス



ト・セッティング、、マドも広く、目線も高いので長距離運転でも疲れない。



これは、お買い物仕様・だけにしておくのは惜しい。





他に類を見ない独創的なデザインであるが、ユニークなのは、ボディデザインだけでは



ない、室内アレンジも実に多彩でユニークな上、実用性も高い。



前席に横3列、後席にも横3列の6人乗り、もちろん、大人6人が乗っても十分な居住性



を確保することが出来る。



後席は、折り畳むことも、取り外すことも可能で、ラゲッジルームは通常でも430リ



ッターの容積、最大では1900リッターまでも広げることが出来る。




仮に、外見には、興味がない・・って方でも、この室内実用度には、参ってくれるはず






間違いなく近年フィアットの中で、最高傑作の1台。



当然、現時点では、当社が取り扱う唯一の近年フィアットは、このモデルの



「ムルティプラ」、しかも、極上個体のみである。



もう、覚えていないほどの玉数を扱ってきたから、このモデルには、少々、うるさい












さて



当個体の お話






以前、弊社で販売させていただいた元「シーザー認定号」




走行距離: 104.611km!



実用車であるから、距離は普通に伸びているが、コンディションは◎!



じゃなきゃ 扱わない。





ディーラーでは輸入しなかった貴重「左ハンドル」!



本国(ヨーロッパ)仕様で、2004年モデル



と思っていたが、ディーラーさんの「保証書」などが入っているので、ひょっとすると



VIP客に頼まれて、ディーラーさんが輸入した個体かもしれない。



まっ 今となっては、どうでもよいが、、。





国内登録は、2005年10月となっているが、おそらくは、売れ残りの新車が持ち込まれ



たものだと思われる。



この「へんな顔・ムルティプラ」、、実は、当時、売れ残りが 世界中にあった。



例えば、東京の某業者さんも、このモデルの売れ残り新車をアジアから輸入して



販売していたことがある。



それほど、新車時は 人気がなかったのだ。






国内ディーラーの「日本語・取説」も「記録簿」帳も ある。



実際の記録簿も、、




平成19年10月: 16.554km


平成20年10月: 27.074km


平成21年11月: 39.672km


平成22年10月: 50.842km


平成24年3月 : 72.284km




平成25年4月に前オーナー様に販売させてただき



その後の整備は、弊社ファクトリー担当。





イタリアで使われている同モデルは、数十万キロを軽く走破してるので、


この 程度の走行距離で おどろくことはない。




問題は、内外装のコンディションと機関系の状態である。




当個体、当社が扱うほどであるから、走行距離が気になるようなコンディションで



はない。むしろ、当個体は、奇跡的に きれいな内装を保っている。





前回販売時、「ムルティプラ」では 毎度のことながら、



入庫点検で気になった 有りがちなメーターやシフト廻りのプラスティック部分のベタ



ベタは、リペアした。




プラス、F左右ドア・ハンドルは、中も外も 新品に交換。



ホイール・キャップも 新品交換した上で、ご納車させていただいた。










当個体で もっとも気入ったのは、



見たこともない、このボディカラー!



カラーコードを見ると




「NERO・SETA・SM.MS.MET」



と書かれている???



イタリア語は分からないが、



読めるとこだけ、で、「ブラック・シルク・メタリック」とした。



実車は、マルーンを黒に近くまで濃くしたようなカラーだ。



このカラーが、なんとも渋い!










では、当個体の詳しい解説を下記より、




お写真「112枚」と共に ↓








 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  

「ブラック・シルク・メタリック」






国内ディーラーの場合、ボディカラーは、基本8色の中から選択できた。



が、「ウェイブルー」をメーカーがカタログカラー、、ひいてはイメージカラーとしていたため、「へんな



顔ムルティプラ」では「ウェイブルー」以外のカラーは少ない。



他7色は、「ワイン」「ホワイト」「イエロー」「シルバー」「ブラック」「グリーン系ブルー」「明るい



色目のブルー」、、輸入された半分以上は、「ウェイブルー」のはずであるから、、、カラーの選択枝は少



ない。



前述のとおり、当カラーは、輸入されていない。ってかディーラーさん「カタログ」に、この色はない。



当社でも初めて目にしたカラーである。



塗装コンディションも悪くないが、よくよくみれば劣化箇所があるにある。



が、実用車に、ドキレイを求める必要もなかろう。




社外ホイールは、好き好きあるだろう。いやなら、ノーマル・ホイールに戻せば好い。






写真で見ると随分大きな車に見えるかもしれないが、全長は、僅か4mしかない、、、ファミリーカーには、



持って来いのサイズでありながら、室内空間は、2クラス上、、想像以上に広い。



前述のとおり、着座位置が非常に高く、ロング・ドライブしても疲労は少ない。




マド面積は、異例に広く、サイドウインドなどは、ドアより広い、開放感抜群。






ヘッドライトは、3種類、バンパー下がフォグライト、通常位置がロービームライト、最も特徴的なAピラ



ー下に付くのが、ハイビームライトとなっている。



このフロント部分のデザインが、素晴らしく奇抜、、、こんなのない。




ある意味、ロールス、ベントレー、フェラーリより、街で注目される。



確かに、この車は、実用度も素晴らしいが、当社が取り扱う理由は、なんといっても このデザインの凄さ






これは、初代ムルティプラ同様、、歴史に残るって!




 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  

内装は、ブルー・ファブリック




このムルティプラのシート素材は、水濡れに強い特殊素材のファブリック・1種類のみ、カラーは「ワイン




」か「ブルー」のみ(しか見たこと無い)となる。



よくできたシート素材で、内装丸ごと ジャブジャブ水洗いできる。



これなら、海水浴帰りに 濡れた体のまま 乗り込んでも問題なさそうだ。




この走行距離にして、このコンディション、シートのスレやヤレも少なく、大切にされてきたことが窺える。







ムルティプラ、、というよりイタリア車全般に言えることかもしれないが、、室内における最大の弱点は、



各所に使用されている特殊プラスティック、、、メーター廻りや灰皿、シフトノブ、ドアとって、、各部に



使われているが、



この素材、リサイクルできる特殊素材で、なんだか、表面が べたついた感じ、表面が解けた感じに、



数年でなってしまう。



この症状、フェラーリなどでもなってしまうが、「ムルティプラ」でも、ほとんど なってしまう。



当個体も、メーター廻り、灰皿廻りなどが、そうなっていた  で、前述の通り、前回販売時、リペア済み。





この作業は、個人レベルでは大変(取り外し・取り付けを含め&金銭的にも)、施工後の個体を購入した方



が賢明であろう。















流石に安全対策先進国の車だけあって、装備欄でも、ご覧いただけるとおり、安全面の装備は充実している。



これなら、お子様がいらっしゃるご家庭も安心。



ボディ自体の強度も国産同クラスでは比較にならないほど頑丈。



計器類、スイッチ類のデザインは、流石にイタリア車、、このデザインの実用性と遊び心は、まだまだ日本



人ではマネできない。



*センターパネルをイタリアカラーで塗装しているが、これは、前オーナー様によるもの。




遊び心ね。





配置も◎で、全てが手に届く範囲に配置されている。



小物入れ、ポケットの数は、10ケ所ほどにあり、便利なこと、このうえない。



リヤシートの多種アレンジは、女性の方でも簡単にすばやく行う事ができ、いかような使い道にも対応でき


よう。



前後の中央シートは、前に倒すとテーブルとして使用できる。




前後、横3例シートの6人乗りは、面白いだけではない。








例えば、、




ご夫婦に子供1人、、普通なら、子供は、後ろの席に1人寂しく、、この車なら子供を真ん中に、横3人、



、この極楽絵が想像できるだろうか、、。



しかも、その場合、リアには、フルフラットの広大なラゲッジルームが残されている、、さて、大量の荷物



を積んで、キャンプにでも出かけますか、、。





例えば、、




たまには親孝行・・広大なリヤシートに、ご両親をお乗せして、、リア・センターシートを前に倒してテー



ブル(ドリンクホルダー付き)に、、リムジン気分満点で、温泉旅行にでも、出かけますか、、。







例えば、、




仲間6人で・・ワイワイがやがや、、この車なら、2列シートに6人、誰一人孤立する席がありません。



さて、話が弾むドライブにでも、出かけますか、、。



ネットで調べてみるとわかるが、自動車評論家の方々も ことごとく、この車を絶賛している。それは、



デザインであったり、エンジンであったり、足廻りだったり、ハンドリングだったり、実用度だったり、、、



1・6Lのエンジンは、驚くほど軽快で、




0−100km 12.6秒



最高速は170km、



この車の使用目的から想像しても必要以上、、燃費は、通常使用で11kmから14kmというから経済性も



悪くない。



イタリア国内では、大量にタクシーとして使用されているが、これは、室内空間の広さに加え、燃費の良さ



、信頼性、耐久性、安全性の高さが認められているからこそ、、タクシーでは数十万キロを走る。



この個体の走行距離、、日本人には気になるところなのは重々理解できるが、そろそろ 目を覚ます時だ。



ちゃんと整備してる・が条件であるが、心配することなどない。




フィアットを整備してくれるディーラーも それこそ日本中に隈なくあるので、日本中どこへ行っても、



どこで乗っても、これまた安心。






お洒落な「ムルティプラ」に乗って、イタリア人を気取ってみる ってのどう?






余談ながら、当「へんな顔」を弊社で扱うのは、この先、僅かな台数だけだ。




もはや、うちで扱うほどの◎個体が残っていないのだ。




いやさ、この1台で最後になるかも、、



事実、もう数年も、「へんな顔」、仕入れていない。




寂しくなるな、、