本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

CAESAR COLLECTIONSHEADLINE

M.BENZ

  MAKER M.BENZ 
  MODEL 560 SEC
  YEAR 1990'
  EXTERIOR MIDNIGHT BLUE

(ミッドナイトブルー)
  INTERIOR BLUE-Leather 

(ブルー・レザー)
  PRICE \ ASK
  MILEAGE 143.582km
  AMMENITIES



ディーラー車 左ハンドル
 






水冷V型 8気筒 OHC 4速フロアAT 



馬力 :285ps /5200rpm


トルク:44.8kgm /3750rpm







全長:493cm


全幅:183cm


全高:141cm


重量:1720kg




定員:4人




*装備:



パワステ、パワーウインド、オートエアコン、前席パワーシート&シートヒーター



電動サンルーフ、本革シート、「ベッカー」カセットプレーヤー 他







内外装機関共に走行距離を感じさせない極上車! 



車検:2022年 12月20日まで




 
  COMMENT



メルセデス・ベンツ「560SEC」






1979年フランクフルトのモーターショーでデビューした「126」型、



メルセデスの地位を不動のものとした傑作モデル。



その頂点モデルが「560SEC」







「W126」は、1980年から1991年まで販売されたロングセラー・モデル。



「SEC」は、1980年、フランクフルト・モーターショーで 「380SEC」が、



お披露目、この年から販売された「クーペ」モデル。



1981年からは、「380SEC」と「500SEC」



1986年には、大幅なマイナーチェンジが行われ、




外装では、ボディサイドの波打った「サッコ・プレート」は、平らなものに、



バンパー形状の変更で、全長が「2.5cm」長く、



エンジンは電子制御のインジェクションに、




「380SEC」は無くなり、替わりに、「420SEC」と 当「560SEC」



これで、ラインナップは、「420」、「500」、「560」に。






「SEC」のデザインは、「ブルーノ・サッコ」作、当時、BMWの6シリーズと肩を並べ



て称された「美しいクーペ」だった。



美しさだけではない、優れたボディ剛性に、耐久性、それに豪華、、




「560SEL」は優雅さを楽しみためのモデルであるが、



「560SEC」は、違う。




 走り を楽しむためのモデルだ。




並のスポーツカーでは歯が立たない優れたポテンシャルを秘めている。



それを堪能する場合、理想的な「SEC」は、ディーラー車の場合、「1989年」以降



の最終期型である。



なぜなら、




本国(ヨーロッパ)仕様の「560」は、「300馬力」



当初の日本仕様はアメリカ仕様に準じており、排ガス規制の関係で同じ「560」でも、



馬力は、245馬力(実際には238馬力)しかなかった。


  

それが、89年からは、キャタライザーの変更もあり、「285馬力」にUP!



ディーラー物でも本国仕様に遜色ないパワーを手に入れたのだ。



だから、「89’」「90’」「91’」がベストな「SEC」となる。









無論、最終的には、コンディションこそが命。



この見極めは、プロに任せたほうがよかろう。



当社じゃなくても良いので、ちゃんとした「プロ」のいる販売店で購入するのが



絶対条件だ。







  
メルセデスは、新型モデルになればなるほど、がっかり物になっていったが、



「W126」は、ほんとに好かった。



ここまでかな、、ベンツじゃなくてメルセデスと呼べるのは、、。





なぜか、近年 また、積極的に扱いたくなったほどだから、、。



しかし、残念ながら、時すでに遅し、、



もはや、ときめくほどのコンディションを残す個体は、まず生き残っていない。



合わせて、時は、クラシックカー・バブル、、




「126」メルセデスも軒並み高騰を続けている。



特に「SEC」は大好きなモデルであるが、探し続けても ここ数年、うちで扱うほどの



個体には巡り合わなかった。極上個体のみは、それほどの絶滅危惧種。








では、やっと出合えた 当個体の お話








ディーラー車 左ハンドル   3オーナー



1990年3月製造、国内:90年5月 登録。





走行:143.582km!




通常なら扱わない距離 ながら、こいつは別格




よほど大事にされてきたのが分かる、、実にキレイ、実に好く整備さえれてもいる。





「記録簿」や「整備請求明細」は、三代目オーナーが入手した2009年以降からしか



残されていないが、その内容で、肝心な箇所は、ほぼ整備済みであることが分かる。




距離記入があるのは、2010年8月:85.631km で始まり、



全「28枚」、



大きな箇所だけでも、





・「109.851km」:ATオーバーホール(整備写真あり) 他



・「130.300km」:ラジエーター交換、ウォーターポンプ交換



・「134.600km」:ステアリング・ギヤBOX、アッシー交換




他、ローター交換やショック交換などなど




最後は、




・2021年5月:142.395km




現在:143.582km



まっ うちのメカが診れば、なにか「やるべし」を見つけるのだろうが、私が乗っても



絶好調~で、見つけきれないほどの◎機関系。





この距離ながら、昔で言う「バリ物」





外装は:





当時の2大人気カラー「ブルーブラック」と双璧を成した「ミッドナイトブルー」




もちろん、事故歴無し。 ◎コンディション!




ノーマルのままが好い。




全長:493cm




昔はデカく感じたが、今となっては、スマートボディ。




後世に残すべき「ブルーノ・サッコ」秀逸デザイン。









内装は、「ブルー」レザー






ディーラー車は、なぜか(一説には、梁瀬次郎さんが、ベロアのが好きだった)



ベロア内装のSECも多く輸入されたが、スポーツモデルの「SEC」であるから、



「本革」のが似合っている。 





内装においても、フル・ノーマルってのが、よろしい。



それどころか、オーディオは、「ベッカー」のカセット のままだ。





「革」の状態も極めて と言って良いほど、うまく残されている。



保管環境が悪いとガビガビになってしまう。



ありがちなダッシュの割れもなし。




「ウッド」には、数か所・表面クリアにクラックした箇所がある にはある。



が、これも「時代が合ってる」。リペアなど いつでもできる。



この写真を撮影時、「電動サンルーフ」は故障中で不動、、



「126サンルーフ」あるある修理で、必ず誰かが引くことになる貧乏くじ(ボラン



ティア活動)であるが、今回は、うち持ちということで、おめでとう。





走り出せば、





う〜ん 懐かしいっ



必要にして十分な性能、、これ以上はいらない。



「シャーシより速い車は作らない」か、、



確かに 素晴らしきボディ剛性。




ドアを閉めたときの ドスン は、しびれる。




今乗ってみても、やはり、実に 良い。



昔(1989年創業)から、商売で何台も扱ったけど、改めて乗ってみても、唸らせる。




海外じゃ すっかり高騰してしまった「極上SEC」も、日本なら、まだまだ安い。



どんどん高騰はしているものの、今の価格なら、お薦めできる。 




費用に対して満足度は絶大だから。






1990年、あれから、32年、



私は すっかり、年をとってしまったけれど、、



この子は、、



あのころのままだ、、。














まずは、写真「136」枚を、ご参考に、ご検討のほど!